物理のエッセンス 解説。 【おすすめ勉強法】短期間で物理の点数が上がる「物理のエッセンス」の使い方や超具体的な勉強法を解説【何周やるか】

物理のエッセンスがわかりにくい?評判や難しいと感じる原因と3つの解決法をご紹介!!

物理のエッセンス 解説

村田 明彦 話を聞くだけで、成績アップの秘訣や、どう生きれば成功と幸福を同時に手に入れられるのかがわかる、と評判の人気講師。 『大逆転勉強法』『限界突破勉強法』による受験指導の後継者。 全国の高校から、受験生と受験生を持つ親御さん向けの講演依頼が殺到しており、講演参加者は、のべ数千人以上にのぼる。 こんにちは。 ミスターステップアップの村田です。 今回は、 『 物理のエッセンス』の紹介をします。 この教材は、〝力学・波動編〟〝熱・電磁気・原子編〟の二冊に分かれていますが、 初学者向けに書かれ、序盤期にやるのに適しているテキストです。 ただ、それだけではありません。 まず、第一にとても解説が分かりやすく、なにより、解説と演習量のバランスがとれているのが良いです。 この記事の目次• 1.物理のエッセンスをやるレベル このテキストは、大学受験物理の初学者向けです。 偏差値40代から55未満の方は、まずはこのテキストから初めてみることをオススメします。 もっと偏差値が高い人にとっても、一通り内容が網羅されているので、このテキストに目を通しておくと良いでしょう。 では、このテキストを使った勉強法です。 先ほどもお伝えしたように、このテキストは「力学・波動編」「熱・電磁気・原子編」の2冊に分かれています。 とても分かりやすい点は、 物理の概念から問題の順で構成が作られているところです。 例えば「力学編」では「速度と加速度」から説明が始まっていて、そこから問題へと発展していき、その問題自体もとても簡単なレベルから出題されてます。 まずは概念からしっかりと理解した上で、問題を解いていけるような形式のテキストです。 概念の説明と問題演習の割合としては、問題演習の割合がやや多いので、本当に全く理解できていない人は教科書も用いることをオススメします。 教科書を読んでからエッセンスを解いてみると、理解が早まりより習得しやすくなるのではないかと思います。 2.物理のエッセンスでどの大学ま対応できる? 志望校はどこまでカバーできるかですが、センターはもちろん、関関同立やMARCHなどの 難関私大、地方国公立まで対応できます。 難関私大や地方国公立であっても、この一冊を完成させて、過去問の研究と解きまくりで、だいぶ得点できるはずです。 (時間に余裕があれば、別の参考書をもう一冊やりましょう) そして、さらにそれ以上の、旧帝大や医学部を目指す場合は、これよりもレベルの高い問題集を数冊やることが必要です。 3.物理のエッセンスで「デキる人の感覚」を学ぶ 物理のテキストの中には、問題数が少なく、解説はやたらと冗長なもの、その反対に、圧倒的に解説が少なくて、やたらに問題数は多いものなど解説と問題演習のバランスが悪いものもある中で、この『物理のエッセンス』は、とてもバランスが良いテキストです。 また、ページ途中や巻末に〝 物理の周辺知識〟がまとめられており、具体的には、〝単位〟〝単位系〟〝次元〟〝有効数字〟など、物理を勉強していくうえで 必ず知っておくべき知識が網羅されています。 あまり、• 「単位とは、そもそも、どういうものか?」• 「どういうルールのもとで成り立っているのか?」• 「方程式の右辺と左辺を合わせ、次元を合わせていくとは、どういうことか?」 などなど、物理の問題を解いていく上で、 デキる人が大切にしている、 意外にバカにできないポイントが網羅されているのです。 そういう意味で、はじめから、物理における、重要な考え方、基本的なルールをしっかり押さえた上で、問題演習をすすめて、解説もしっかり理解したいという人にとっては、このテキストはイチ押しです。 もちろん人によってスタートした時期は違うとは思いますが、遅くとも受験を迎えた年の9月までに終わらせることが必要です。 10月から過去問演習に入っていけますので、そこからセンターでも私大でも対策していくことができます。 『物理のエッセンス』で合格できるのは、センターだと8〜9割取れますし、私立大のMARCHや関関同立も過去問演習で補っていただけるレベルです。 ただ、旧帝大や医学部を目指す場合は、もうワンランク上の『体系物理』を解いた方が良いでしょう。 そのため、過去問演習や『体系物理』に移っていく流れを作るためにも、やはり遅くとも9月までには終わらせておきましょう。 10月から過去問演習をやっていけばいくほど成績も上がっていきます。 その演習で解けなかった問題がある際には、『物理のエッセンス』の考え方で解けなかっただろうか、と必ずフィードバックして確認していくことが大切です。 とくに、難関大学を目指す受験生は、この後に、多くの問題演習をこなし、多くの解法モデルを習得すべきなので、やはり受験の序盤の時期に終わらせることが理想です。 (もちろん、このテキストのみで網羅できる場合は、この1冊のみで構いません) そして、問題数ですが、力学114題、波動70題、熱力学33題、電磁気95題、原子40題で、問題の総数は〝352題〟になります。 ですから、仮に、すべての問題を10回反復するとして、単純計算で3,520回、問題に目を通すことになります。 実際は、すべての問題をやりこむ必要はありませんが そしてそれを、4ヶ月で完成させるとなると、 1 日〝約30題〟に目を通す計算になります。 1日に30題は多くてデキないと感じる受験生もいるでしょう。 しかし、それゆえ、ミスターステップアップでは、 〝セルフレクチャー〟という勉強法をススメています。 セルフレクチャーとは、問題とその解法を、紙に書きだすことなく、 ぶつぶつと声に出して勉強する方法です。 実際に、手書きで問題を解くのは、もちろん良いのですが、その代わり、時間がかるというデメリットがあります。 数学や理科などの科目は、実は、解法の方針の決定と立式さえ出来たら、あとは計算するだけという場合が多いです。 ですから、手書きで問題を解くのは、5回に1回ほどにとどめ、残りはセルフレクチャーで、解答の方針と立式を声に出して勉強するのが効率的です。 こうすれば、1日30題すすめるのも可能ですね。 そして、セルフレクチャーをはやく進めていくためには、問題をすすめていく中で、できる問題とできない問題を仕分けして、 やる必要のない問題を削ぎ落していくことです。 そうすれば、やるべき問題が明確になり、ムダな時間が省かれ、時間短縮につながります。 解説を読んでも分からない、解けないとなった場合大事なのが、まずは「どこが分からないのかを分析すること」です。 なかなか勉強ができるようにならない人は、「どこが分からないのかも分からない」「全てが分からない」と話す特徴があり、分析ができていない場合が多くあります。 例えば「解説の1行目2行目までは分かる」「4行目からは分からない」といったように、 分かったところまでは印をつけておくこと、 また、急に分からなくなったところはどこなのか、問題文の意味がわからないところはどこなのか、 分からないところにはきちんと線を引いておき「?」と書いておくこと。 これが分からなかったところがあった時のポイントになります。 そこから教科書に戻って調べてみたり、物理の詳しく調べられる参考書で調べてみたりしても良いでしょう。 しばらく寝かせてみるのも良いです。 全ての問題や解説書にも言える話ですが、一読して全てが完璧に分かるというのはなかなかないもので、どこか一部分でも分からないことはあるものです。 その 分からない問題などは少し時間を置いて寝かせておきます。 そうすることで、一度解いたということで問題に対する意識はずーっと蓄積されていくんです。 そしてしばらく時間を空けてまた考えてみることで、いつの間にか分かるようになっていたとか、他の知識と繋がることがあります。 ただし、あまりにも分からないところが多すぎる場合や、全く分からない場合は、根本的に物理が苦手なタイプなのだと思うので、教科書を何度も通読することがオススメです。 そうすると次第に理解できるようになっていくのではないかと思います。 そうすると、分かる問題が必ず増えてきます。 どうしても分からない場合は人に聞いた方が良いと思うので、分からないところやできなかった問題は学校の先生や塾の先生や家庭教師の先生にどんどん質問してみることです。 そういった人がいない場合は、理解している友だちに聞くなどして解決していきましょう。 5.物理のエッセンスが終わった後 『物理のエッセンス』が終わった後はどうしたら良いかをお伝えしていきます。 終わった時期によっても違うのですが、9月の末にちょうど終わった人で、 センターやMARCHや関関同立や地方の国公立を志望している人は、 センター対策や入試問題の過去問をどんどん解いてみてください。 旧帝大や医学部を目指すというのであれば、 『体系物理』を解くのが一番です。 『体系物理』を解くことによって、物理のモデルを覚えることができます。 「物理のモデル」と言われてもピンとこないかもしれませんね。 例えば、「力学」の「ばね」の問題で「ばね」のパターンが色々あったとします。 並列に繋がれているとか、直列であるとか、滑らかな斜面上のばねというように、ばねの問題であっても様々なパターンがあります。 このようなパターンのことを「モデル」と言います。 それぞれのモデルには決まり切った問題の出し方と解き方がセットです。 簡単に言ってしまうと、 知ってさえいればあっさり解けるものが、知らないとどうしようもない場合があるということです。 こればかりは知らないとどうしようもないので、本気で物理の上級者を目指すのであれば、できる限り多くの物理のモデルを学ぶ必要性があります。 ということで網羅性を高めるためにオススメなのが、この『体系物理』というテキストです。 400題くらいありますから、時間が許す限り 様々なモデルに触れながら網羅性を高めていってください。 10月以降からであればこの『体系物理』をやってみてください。 もっと早くに『物理のエッセンス』を終わらせられるのであれば、8月や9月から『体系物理』を進められると良いです。 ただ焦って『物理のエッセンス』が中途半端なまま『体系物理』へ進むのだけはやめましょう。 『物理のエッセンス』のテキストを繰り返し7回以上反復して、勝手に手が動く、スラスラ解けるという状態を作ってから『体系物理』へ移るのが非常に理想的です。 今回は、物理のエッセンスについて紹介しました。 受験生の間でも、とても人気があり、僕自身、多くの受験生が、このテキストに取り組む姿を見てきました。 ぜひ、これから物理のエッセンスに取り組む人は、このテキストをセルフレクチャーで何度も反復し、このテキストから吸収しつくして、デキる人の感覚を身につけて下さいね。 物理のエッセンスを動画で解説!.

次の

物理のエッセンスの電磁気について解説|不登校から早稲田へ

物理のエッセンス 解説

導入部分(公式の説明など)• 問題演習ゾーン• コラムゾーン 導入部分ゾーンとコラムゾーンは実力がついてくると、「すっごい良いこと書いてあるやん・・・」と気づけるようになります。 物理のレベルが上がったら、もう一度読み直すとGOODです。 難易度(レベル) 力学の赤いほうでも言えることがあります。 それは、 物理のエッセンスは基礎レベルじゃなくて「受験基礎レベル」になってます。 導入部分もややあっさりめです。 なので、物理のエッセンス前に何か入門レベルの参考書か映像授業から取り組むことをおすすめします。 物理を0からエッセンスで勉強するのは効率悪いです。 到達レベル 物理のエッセンス電磁気をやることで、電磁気の受験基礎レベルが身に付きます。 もう少し詳しくお伝えすると、入試問題を解くためのパーツが集まります。 数学で言うところの青チャートみたいなイメージです。 やってみて難しかったところ ぼくは電磁気を0から勉強したんですが、オームやキルヒホッフの法則などの部分に苦戦しました。 電流の流れ方や電荷の動き方のルールを知る部分が多分ほとんどの人にとって難しいと思います。 逆に言えば、電流部分さえ分かってしまえば、それ以降の単元は比較的スンナリと理解できるはずです。 例えば、以下のような単元になります。 どっちかで、エッセンスの電磁気に取り掛かる前のインプットをしましょう。 問題演習や解説を熟読することがすごく大事です。 STEP2:エッセンスの導入部分を読む 入門レベルの参考書で単元ごとにまぁまぁできるようになったら、物理のエッセンスの導入部分を読んでいきましょう。 最初はナニイッテンダコイツ状態なのが定番ですが、それでよいのです。 それが勉強です。 手が動く場合は、解いていきましょう。 STEP4:解説を読む 別冊の解説を読みましょう。 図の描き方、式の立て方、変形などの意味を意識して読むと効率上がります。 解説を読んでも意味不明な場合には、以下の3つのどれかでOK• 人に質問• 入門レベルの参考書で調べる• 一旦放置 多分、解説を読んで理解する部分が1番苦戦します。 逆に言えば、解説さえ理解できたらあとは再現して反復して定着させる作業ゲームになって簡単です。 STEP5:反復作業 理解できたら、大学受験定番、反復作業です。 そしたら、次のレベルの参考書へGOです。 Q:難しくて理解できない。 分かりにくいんだが? 物理のエッセンスの電磁気を買ってみたけど、理解できねーよ! って場合について。 A:入門は別の参考書から取り組めばOK.

次の

物理のエッセンスがわかりにくい?評判や難しいと感じる原因と3つの解決法をご紹介!!

物理のエッセンス 解説

東大塾長の山田です。 あなたは「」を知っている、もしくは使っているでしょうか?あるいは「存在は知っているけど、使おうか検討中」でしょうか? 物理の勉強はじめは 「この参考書でいいのかな…?」 「本当に理解できているんだろうか…?」 など、いろいろと不安になることがあると思います。 私自身は独学でこの「物理のエッセンス」を勉強し、これだけでセンター試験満点まで到達できました。 東大の物理が解けるまでのレベルアップにおいても、この参考書のおかげで盤石な基礎力ができたと感じています。 この記事では、受験物理参考書の王者である「物理のエッセンス」について、徹底解剖しています。 難易度や使い方、効率的な勉強方法まで網羅しているのでぜひ参考にしてください。 1 「物理のエッセンス」とは まずは「物理のエッセンス」とはどのような参考書なのかを解説していきます。 1 参考書内部はこんな構成になっている 参考書の内部構成は以下のようになっています。 各部分の内容や特徴はこんな感じです。 導入解説• どんな現象を扱うのか、平易な文章で説明してくれています。 直観的な理解をサポートするための図も載っています。 解法の提示• その分野の問題を解くときの「手順」を簡潔にまとめてくれています。 この手順でやれば、演習問題は普通に片付きます。 解法についての解説• いきなり「この手順で解きますよ」と言われても理解できません。 なので、扱う物理現象について、本質的な部分を説明し、なぜそのように解くのかの解説をしてくれています。 例題と解説• 具体的な例題を用いて、公式の使い方や実際にどうやって解くのか(解法)を説明しています。 「Miss」…多くの人が間違えやすいポイントを説明しています。 出題側が狙うポイントでもあります。 「ちょっと一言」…ちょっとした注意事項や補足。 いろんなパターンの問題を解くことで、その言わんとすることが分かってきます。 「High」…レベルを上げて抽象的な解説をしている部分です。 後に入試問題に取り組むときに効力を発揮します。 ここにも本質的な理解のタネがつまっています。 「知っておくとトク」…問題を解く上で有利になる知識です。 解法パターンをさらに発展させたものです。 演習問題• 本質的な理解を深めるための問題演習です。 まさにエッセンス(本質)です。 さすが王道と呼ばれる参考書だけあって、 「これ読んでおけばOKでしょ」といえる完成度を誇っています。 2 「物理のエッセンス」の難易度やレベル感について 物理のエッセンスの難易度やレベル感ですが、「初心者~センター試験満点レベル」と考えてください。 物理をまだ勉強したことのない人でも分かるように構成されています。 事実、私は高2のときエッセンスを始めたのですが、教科書を読まずエッセンスだけで勉強していました。 また、 エッセンスを仕上げたうえでセンター対策本などをやれば、センター満点レベルまで到達できます。 詳細なやり方は後述します。 3 「物理のエッセンス」に取り組むべき人とは? センター試験で9割を超えている人はやる必要は無いですが、それ以外の人は全員取り組んだ方が良いです! もっと具体的にいうと• まだ物理を勉強したことがない人• 学校で物理の授業が始まった高校1年生or2年生• 学校で配られる問題集に苦戦している人 などは、最初から物理のエッセンスで勉強した方がスムーズにいきます。 4 解説が微妙?!独学は可能なのか? 物理のエッセンスに対して「解説が少ない。 不親切。 」という批判があるようなのですが、人によってはそう感じてしまうのかもしれません。 ただ、物理のエッセンスをマスターすれば物理の磐石な基礎力が身に付きますし、センター試験での高得点も狙えます。 かならずマスターしておきたい参考書なので、ウチの塾生には基礎事項からすべての演習問題の解説まで私が授業しています。 2 「物理のエッセンス」の効率的な勉強法について ここでは、独学を想定して、効率的な勉強をするための知識をお話ししていきます。 1 必ず「順番に・全ての」文章を読むこと 文字どおりなのですが、本文は「順番に」「すべての文章を」読みましょう。 というのも、 話の流れや、例題、演習問題の順序が考慮されているからです。 順番通りやることで最大効果の勉強ができます。 これは物理を勉強し終えたから分かるのですが、「この問題をやった上で、間違えやすいポイントを指摘すると理解しやすい」といった構成になっているのです。 2 単元毎に区切ってループする(復習法) 単元ごとに区切って、その単元をマスターしてからまた次の単元へ行く、という流れでやると良いです。 3 問題の解き方はすべて書いてある! 演習問題をやり、解答を確認するときの話です。 「解説分かんねぇ…」となってしまった時は、その単元の「解法」と「解説」のところをもう一度読みましょう。 解説では、基本的にその解法の通りに立式しているに過ぎません。 しっかり読めば必ず理解できるようになります。 3 具体的な勉強スケジュールモデル では、勉強法に前提知識を押さえたうえで、ここからは具体的な勉強スケジュールのモデルを紹介します。 実際の計画は一日何時間かけられるのかによって変わってきますし、他の科目との兼ね合いも個々人で違います。 なので、ここで紹介するモデルを自分の状況に合わせて使ってみてください。 1 単元内の勉強方法 まず、単元毎に区切って勉強を進めるのでしたね。 その単元毎の勉強の流れです。 ある程度理解したと思えるまで2度3度と読み返していきます。 読む範囲は例題や演習問題も含めます。 演習問題に関しては、最初は解かずに、いきなり解答を見ていいのでサクサク読み進めていきましょう(もちろん解けそうなら解いて構いません)。 そ の後、例題と演習問題については、解答を写経します。 公式、解法を噛みしめながらノートを取っていきましょう。 単元内のすべての本文と問題を読み、写経したら、また単元のはじめに戻って2周目に入ります。 「あ~そうだったなあ、こうやってと解くんだったなあ」と。 なお、勉強スピードを重視したいので、2周目では写経はしなくて構いません。 単元内の問題を一気にやりましょう。 またダメだったら、もう一度理解し直しです。 2 次の単元へ、そして分野毎復習 1つの単元が終わったら、次の単元も同じ要領でこなしていきます。 分野内の単元がすべて終わったら、その分野を丸ごと復習します。 具体的にいうと、「例えば力学の単元をすべて終えたら、力学分野の演習問題を1からすべて解いていく」ということです。 こうして「力学」「波動」「熱力学」「電磁気」「原子」の5分野をマスターしていきます。 4 「物理のエッセンス」が終わったら次にやること エッセンスで物理の基礎力を固めた後は、何をやっていけばいいのでしょうか? ここでは目的別に合わせて、「物理のエッセンス後のルート」を紹介します。 1 まずは「センター試験満点」を目指そう 志望大学によらず、全員共通でやっておきたいことが「センター試験を満点レベルに仕上げること」です。 というのも、 センター物理は基本的に単問で構成されていて、各分野の典型問題や計算、知識を効率よく鍛えることができるからです。 国立を受験する予定がない人でも、センター物理で実力を鍛えることをおすすめします。 具体的な勉強内容については、エッセンスで鍛えた基礎力があるので、センター物理対策問題集を一通りこなせばOKです。 「短期攻略!センター物理」などがおすすめです。 その後、各予備校が題しているセンター模試の過去問で点数をチェックしましょう。 もし点数が良くなければ、再度「物理のエッセンス」や「短期攻略!センター物理」に戻って弱い部分を復習し、再度模試に挑戦。 これを繰り返していき、センター物理で満点を取る実力を蓄えてください。 MARCHや東京理科大、あるいは中堅国立大学を志望する場合は、 「」をおすすめします。 この「良問の風」は、物理のエッセンスと同じ著者が書いています。 なので、公式や解法を参照する場合もスムーズで、解説の仕方も一貫性あります。 要するに勉強しやすいということです。 3 さらなるレベルアップは「名問の森」 さらに上のレベルを目指す場合は 「」をおすすめします。 この「名問の森」も物理のエッセンスと同じ方が書いています。 シリーズの最上位版です。 実際に解いてみて解説を読めばわかりますが、エッセンスから踏襲している「イメージを大事にしながら、基礎を積み上げて問題に対処する」という姿勢で解説がなされています。 難関大の問題をさほど難しさを感じずに勉強を進めているでしょう。 4 物理をマスターしたい人に推奨する別ルート 最後に、物理を超得意科目にしたい人への別ルートを紹介します。 それが「標準問題精講」のマスターです。 詳しくは別の記事 をご覧ください。 5 さいごに 5. 1 「物理のエッセンス」で必ず報われる 「物理のエッセンス」をマスターすることで、物理の基礎が固まります。 センター物理の攻略がとてもスムーズにいくことに驚くはずです。 難関大の物理対策に入った段階でも、本質的な現象理解や、物理現象がイメージできるかどうかが非常に大切です。 ぜひ「物理のエッセンス」を使って、あなたの勉強を加速させてください。

次の