仁王2 おすすめ防具。 【仁王2】神器の装備の入手方法

【仁王2】神器の装備の入手方法

仁王2 おすすめ防具

今回は仁王のおすすめ防具シリーズを紹介したいと思う。 武器と比べてどうしても防具は後回しになりがちかと思うが、装備を意識するとかなり攻略がラクになることがクリアしてから分かった。。 さまざまな防具があって迷うところだが、実際に使える揃え効果を発揮する防具をチョイスしてみた。 一押しの「最後の名将の鎧」シリーズ 真田幸村着用の鎧で、デザインもカッチョイイし、特筆すべきは5つ揃え効果の「体力0で九十九武器発動」のスキルである。 守護霊「朱雀(すざく)」と同じ効果があることから、朱雀をチョイスしてなくても他の守護霊で保険を掛けることができる。 揃え効果での攻撃面と守備面のバランスもとれていることからおっさんはこのシリーズを愛用している。 ただし注意しなければならないのは装備に必要な能力もそれなりに必要になるということだ。 このシリーズの着こなしには「体」は19「武」は20の能力が必要になってくる。 この値がないと効果は発動しないので注意してほしい。 攻撃的な「独眼竜の中鎧」シリーズ 伊達政宗着用の独眼竜の中鎧。 揃え効果は攻撃に関するものが多く、二刀でバッサバッサ切り刻む姿が似合っている。 二刀使いならコイツで決まりだ。 鎧のデザインも黒を基調としていてカッチョイイ。 おっさん的にはどうしてもあの兜を見ると「ザンボット3」を思い出してしまう。。 このシリーズには「体」17「武」18の能力が必要になってくる。 動きを軽快にするためには「武」と共に「剛」も上げておく必要があるだろう。 二刀使いは軽快に動けることが必要になるからだ。 守備特化の「楯無」シリーズ 「楯無」シリーズは防御に特化した揃え効果を発揮するため、守り重視で攻略したい人にはおススメだ。 その名のとおり楯が必要無いくらい防御力高いとされているため、見た目も重厚ないで立ちとなっている。 このシリーズには「剛」17「武」17の能力が必要になってくる。 当然の如く重いので、「剛」も「武」もそれなりに上げておかないとすぐスタミナ切れになってしまう。 この鎧には大太刀か斧と大筒で豪快に攻めるのが似合うと思う。 肉を切らせて骨を断つようなプレイスタイルで挑んでみてはいかがだろう。 軽量級のおススメは「猿飛の忍び装束」シリーズ 「猿飛の忍び装束」シリーズは軽量の忍者系でおススメしたいシリーズだ。 ダッシュで接近しつつ旋棍(トンファー)での連続攻撃を叩きこむために開発されたような揃え効果で、使いこなせば相当強いと思う。 また、麻痺効果も加わることから、耐性が無い相手には一方的に連続攻撃で押し切ることも可能である。 旋棍(トンファー)使いならコイツで決まりだ。 このシリーズには「体」17「技」18の能力が必要になってくる。 軽くて速く動ける分防御力は鎧より劣る場合が多いので、ガードやかわしのスキルが重要になってくる。 前に出ながらかわしつつ連続攻撃で一気に決めるようなスタイルになるだろうか。 軽量級最強?「隼流忍び装束」シリーズ 「隼流忍び装束」シリーズは他のゲームでも活躍している某「隼」の装備シリーズだ。 7つ揃えの「真・龍剣」は名前だけでは分かりづらいが、気力回復と攻撃力が上昇し、軽い、速い、高い(攻撃力が)というスキの無い揃え効果となっている。 刀(龍剣)と鎖鎌(隼流鎖鎌)使いならコイツで決まりだ。 このシリーズには「体」20「技」20の能力が必要になってくる。 要求レベルも高いことから、高レベル帯で上級者が好んで使用していることが多いようだ。 ちなみに「無尽手裏剣」は無限に手裏剣を投げられるものの、そのままだとほとんどダメージが与えられないので一工夫する必要があるようだ。 【番外編】おっさんとハヤブサ おっさんの中でハヤブサは、1988年ごろにゲーセンでプレイした「忍者龍剣伝」のハヤブサのイメージが強い。 独特の体術で敵を倒しながら進むのだが、難易度もかなり高くて途中までしか進めなかったゲームである。。 というかこのゲームをクリアしている人を見たことがない。。 それぐらい難易度の高いゲームであったが、二人同時プレイや独特の動きが面白かったので、当時は結構プレイしていた。 このゲームでハヤブサと一部の敵は独特の突きや蹴りを出すのだが、これは当時格闘技界で話題になっていた「骨法」を意識していたものであったと記憶している。 「浴びせ蹴り」を使ってくる敵もいたりして当時は「ウオー!」とか喜んでいたのが懐かしい。 骨法は他のゲームキャラの技でも採用されたり、漫画に出てきたり、実在のプロレスラーが修行したりと、一時的なブームとなったが、紆余曲折あって格闘技界から姿を消していった。。 興味がある人はググってもらうといいと思うが、当時はおっさんも本を買ったり、友達に「掌打」とか「浴びせ蹴り」をしたりして遊んでいたものであった。 当時のハヤブサはこんな感じで、誤解された忍者を極限まで煮詰めたようなイメージでなかなか面白かった。 突っ込めばキリが無いのだが、昔のアーケードゲームにはイロイロと遊び心があったような気がする。 時間があれば紹介していきたい。

次の

【仁王2】神器の装備の入手方法

仁王2 おすすめ防具

仁王の最強装備「赤鬼の軽鎧」は、鳥のように軽く、ハガネのように固い。 その軽さと、揃え効果が合わさって、きょういてきなスタミナ回復速度をほこる、仁王で一番強い防具だ。 2周目「強者の道」のミッションを攻略するなら、伊賀上忍装束シリーズのがおすすめです。 手裏剣やクナイで1発1000~2000ダメージを与えて、連射できて、揃え効果や守護霊の効果で、ほぼ無限に投げれます。 対人戦「仕合」では、 重装備で、鎖鎌を使うのが最強です。 楯無シリーズは、人気があるので、の血刀塚で敵をたおしていると、すぐ手に入ります。 しかし、楯無シリーズはめちゃくちゃ重いです。 (なので西国無双の鎧を胴につけて、やさかにの勾玉で揃え効果-1が必要になる) つまり 、楯無シリーズで重装キャラを作るには、かなりのレベルと鍛冶で武器と防具の強化が必要になります。 最低でもレベル200以上は必須。 なので、強者の道上がりたてのレベル100台では、低レベルでも作れて、強者の道全クリできる性能で、仕合でもそこそこ戦える、(忍者)をおすすめします。 赤鬼の鎧シリーズは、1周目を全クリするには十分な性能があります。 1周目では、軽くて使いやすいのでおすすめです。 【長くなりましたが、追記終わり。 防御力は下がっていない。 むしろ上がった。 何かがおかしい。 セットとなる武器は、「赤鬼の三角槍」。 槍スキル"磊落"をおぼえるだけで、そのまま主力武器として使える。 揃え効果「井伊の赤鬼」 揃え効果 くわしい内容 2つ揃え 攻撃で受けるダメージー1. 装備の重さが軽ければ軽いほど、スタミナ回復速度が上がる。 赤鬼の軽鎧シリーズの手に入れ方 赤鬼の軽鎧シリーズは強いので、多くのプレイヤーが装備している。 オンライン状態にして、すぐに集まるだろう。 出現時期は、だいたい 「東海編」「関ヶ原編」に入ったあたりだ。 近畿編でも見かけるが、まだその頃は「西国無双」シリーズのプレイヤーが多いので、効率よく集めたいのなら「東海編」までメインミッションを進めよう。 製法書は? 近畿編のサブミッション 「井伊の赤鬼」で、井伊直政をたおすと、かなり低い確率(100回に1回くらい)で"赤鬼の軽鎧、赤鬼の三角槍の 製法書"を落とす。 製法書がなくても、血刀塚で他のプレイヤーからもらえば良いので、あとは鍛冶屋で 「打ち直し」すれば、ゲームクリアするくらいには十分な性能の装備品が手に入る。 揃え効果が発動しない! 揃え効果を発動させるには、その装備品の必要ステータスをみたす必要がある。 装備品画面で、装備品ステータスらんの一番下に必要なステータスが書かれてある(上の写真) *仁王の最強装備について、新たな情報が入り次第、このサイトですぐにお知らせします。

次の

【仁王2】中盤最強防具「ソハヤ衆鎧シリーズ」を簡単に集める方法まとめ!誰でも楽々周回可能│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

仁王2 おすすめ防具

もくじ• 薙刀鎌の特徴 薙刀鎌は リーチが長く、癖が少ないので、誰にでも扱いやすい武器です。 初心者から上級者まで使用率が高く、最強武器候補として評価されています。 上段は高威力でリーチがあるため、雑魚敵相手には無双することができます。 中段は振りが速いので、強敵相手にも隙を見せず戦って行けます。 そして、 薙刀鎌は「呪」を上げることで攻撃力が伸びるため、陰陽術との相性が最高です! 陰陽術は武器に属性を付与したり、遠距離属性攻撃をしたり、非常に強力な「遅延符」や「結界符」等など。 陰陽術の恩恵を最も受けられるため、最強候補になっていると言えるでしょう。 使う武器を迷ったら、まずは薙刀鎌から使ってみて下さい。 おすすめのステ振り 薙刀鎌は「呪」で攻撃力が上がるため、「呪」を中心に伸ばしていくのがおすすめ。 呪は陰陽術にも対応しているため、同時に陰陽術の効果や術容量を伸ばせます。 また、 薙刀鎌は「軽装」を使っていくため、10程度まで「勇・技」を上げるだけで構いません。 防御力が不安になりそうですが、陰陽術で強力なサポートも出来るので気になりませんね。 振り方としては、 「体10、心10、勇10、技10」は固定で、後は呪に特化した振り方をすると強くなります。 Lv50以降になったら、少し体も上げておくと安心ですね。 中盤ではソハヤ衆鎧シリーズがおすすめ 中盤で入手できる 「ソハヤ衆鎧シリーズ」は、揃え効果がかなり強力な中装防具です。 基本的に軽装な薙刀鎌ですが、中盤ではソハヤ衆鎧シリーズがおすすめですね。 「体9、武9」で特殊効果が発動するので、武に少し振れば性能が発揮できますよ。 しかも、集めるのが超簡単なので、以下の方法を参考に周回して見て下さい。 どんな武技・スキルを習得すべき? 薙刀鎌は基本的に 上段と中段の切り替えで戦うので、下段の武技はそこまで必要じゃないです。 上段は「涅槃裁、衆生裁」、中段は「応報、印堂鋒」が早期習得ができて使いやすいのでおすすめ。 常時発動スキルでは、 「葉陰、不動心、武器術の練磨」辺りを優先的に習得しましょう。 奥義スキルでは、 「転変燎原」がかなり強力です。 まとめ 陰陽術の恩恵の大きさに加え、武器自体も扱いやすく強いのが薙刀鎌の良さですね! 自分はしばらく槍で戦っていましたが、限界を感じて薙刀鎌にした途端に難易度が下がりました 笑 攻略に困っている人ほどに、薙刀鎌はおすすめの武器なので、陰陽術と共に使ってみて下さい。

次の