コンテン ジェンシー プラン と は。 「コンティンジェンシー」の意味と使い方・理論の特徴・プランの特徴

コンティンジェンシー理論とは

コンテン ジェンシー プラン と は

と言われてもさ。。。 どういう意味で使ってるのか、マジで分からなかった。 話の流れからも理解。。。 しょうが無いので、聞かぬは一時の恥と、泣く泣く聞いちゃいましたよ。 「 すいません、今言ったコンテンジェンシー的って、どういう意味なんですか?(いや単語の意味は知っとるがね、偶発的って何さ?)」。。。 で、ですね〜」(うぉ、話が先に進んだぞ??なぜ質問を無視するのだ?) っーか、自分でも理解してない言葉を使うのは止めて欲しいなぁ〜。。。 すごーく善意にとらえるとコンティンジェンシー・プランとかの意味の危機管理(計画)とか緊急時対応(計画)のつもりで使ってるみたい。 けどねー、、、人と組織の話をしてるときに言うと誤解を招くと思うのだが、、、組織論、リーダ論の方のコンティンジェンシー理論的にほげほげって言ってるのかと思ってしまって、でも話の流れでそんなことを言っているはずもなく、っーか、おめ、知らねーだろ、という気もし、でも、こいつ文系だしな・・・という恐れもあり、部とかで教えんのかな?という流れで、いっそう言っている意味が取れず、まぁ、確認した方が無難だなとなった訳ですが・・・。 本人も良く分からず使っていたようで、説明してもらえませんでした。。。 dot0.

次の

【解説】コンティンジェンシープランとは? BCPと何が違う? 意味や効果

コンテン ジェンシー プラン と は

ここでは大災害などの不測の事態が起こった時に企業にとって大いに助けとなる「コンティンジェンシープラン」について解説します。 現代は企業活動を進めるうえで予測できない事態がいつでも起こりうる時代です。 「コンティンジェンシープラン(Contingency Plan)」とは、不測の事態が起こった時にできる限り迅速に通常業務に復旧させその被害を最小限に留めることを可能にする、リスク発生時に企業や従業員が取るべき行動指針や事前対策を定めたもののことです。 【社員の管理に、お困りではありませんか?】 「カオナビ」は使いやすさで選ばれる、人材管理システムです。 多様化する社員の個性も一目で把握、活用が進む人材マネジメントを実現します。 高度情報化社会における企業活動ではいつ、何がリスク要因となるかはわかりません。 リスクは多種多様化しており、対応を誤った場合には企業は莫大な損害を被りかねません。 つまりリスクに対して対策を練らないことは、最悪の場合、企業の存亡危機につながりかねないとも言えるのです。 それゆえコンティンジェンシープランを策定して、従業員への事前教育を徹底することはリスク社会における企業活動にとって必要不可欠なことであると考えられるのです また、不測の事態に備えてコンティンジェンシープランを策定することは企業だけでなく社会一般にとっても非常に意味のあることでもあります。 たとえば、金融業界や生活インフラ業界の企業活動は社会インフラ的な意味もあるため、不測の事態が起こったときに企業活動が全てストップしてしまったら一般生活者にも多大な影響を与えてしまいます。 また、生活インフラに関らず、あらゆる企業活動はクライアントとの関係によって成立しています。 そのため、もし企業活動が長い期間にわたり機能不全に陥ってしまったらクライアント及びその関係者にも被害を与えてしまいます。 つまり、コンティンジェンシープランを用意してリスク発生時の被害を最小限にとどめることは、当該企業だけではなくそのクライアントにとっても意味のあることだとも言えるのです。 コンティンジェンシープランはBCPと何が違うのか? コンティンジェンシープランと混同されがちなのが「BCP(事業継続計画)」です。 これはリスク発生時の企業活動が制限された状況下でも最低限の企業活動を継続させるために事前に策定したリスク発生時の行動指針のことです。 コンティンジェンシープランと何が違うのでしょうか? 最も大きな違いは、業務を停止させることでどのような影響が出るかを把握してリスク発生時における継続業務と停止業務を決定する「事業インパクト分析(BIA)」を行うかどうかだと言えます。 BCPでは事業インパクト分析を行って継続業務を決めますが、コンティンジェンシープランでは行わずに継続業務を決めます。 しかし近年では事業インパクト評価を行ってコンティンジェンシープランを策定する企業も出てきていることから、BCPとコンティンジェンシープランの腑分けは徐々になくなっているとも言えるでしょう。

次の

コンティンジェンシープラン(Contingency Plan)|リスク管理Navi [用語集]

コンテン ジェンシー プラン と は

システムでは事前に予想できない事故・障害・災害が発生することは防げない。 よってこれらの場合に被害を最小限に抑える対応を事前に準備することが必要である。 (問題が発生してから対応策を検討すると、被害が拡大してしまう。 ) 例えば事象としてコンピュータシステムのダウンの場合を検討する。 コンピュータシステムが突如ダウンした場合、まずは復旧を試みる。 その場合チェックポイントを設定し(例えばシステムダウンから1時間 、1時間経過しても復旧不可能の場合にはコンチプラン発動となる。 コンチプランとしては、障害発生システムの切り離し、スタンバイシステムの起動などがある。 コンチプランには全面ダウンの想定も必要である。 この場合には遠隔地の災害対策システムの稼動などが必要である。 ご注意 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。 あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル 非公式 な内容です。 内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。 いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。 このページへの直接リンクも可能です。 Copyright c TOOLJP. COM 1999-2020 [].

次の