ドアノブ 首吊り。 自殺の種類

完全自殺マニュアル「首吊り」編

ドアノブ 首吊り

ドアノブで首吊りをするには大きくわけて2つあるようだ。 ひとつは直接ドアノブから首を吊り、体制が斜めになるようにする方法。 気をつける部分として、お尻が地面につかないように。 こちらは手っ取り早く、準備も簡単。 動いているうちにお尻が地面についてしまうと失敗してしまう。 もうひとつは裏側のドアノブに紐をかけてドアの上から通し、自分が浮く状態になるもの。 先ほどの直接吊る方法よりも高さを得ることができる。 お尻も地面につきにくくなる。 首吊りとは体重で紐に力を加えて、 その力で首付近にある頸動脈洞と椎骨動脈を締める方法。 体が地面についている面積が多ければ、 それだけ自分の体重が紐にいかなくなっ てしまう。 お尻をつけたままでも自殺は可能だけど、 つけないようにすることで、より死ねる確率が上がる。 お尻がついていても、しっかりと首にかかっている紐が後部上方に引っ張られて力が入っていれば大丈夫そうだ。 瞬時に動脈を全て塞ぐことにより 一瞬にして意識を失うことができたら大成功。 首を締めるだけでは苦しんでしまう。 xyz02.

次の

自殺の種類

ドアノブ 首吊り

私達は天国(非物質世界)と 物質世界を往復しながら生きています。 輪廻転生と言いますが これを繰り返しながら成長しようとしています。 成長には時間と苦しみも必要で 苦しみの経験が無ければ魂は成長出来ず それまでに作ってしまったカルマの浄化が出来ません。 解り難いかも知れませんが 苦しむ事で人は成長しています。 過去のカルマの解消しようとしていると言う事で 苦しむと言う事は 成長する絶好のチャンスなのです。 これが普通に生きていると解り難いのです。 自殺に関しては簡単な法則があります。 この法則そのものが在るとか無いについては別の話になってきますが 倫理的な問題なのです。 「人の物を盗ったらダメ」と言うのは解りますよね これが罪と言うもので 罪が在るのは解りますよね。 私の言っているのは、警察に捕まるとか言う 今の法律に照らし合わせた罪では無いです。 倫理的な問題としての人としての在り方(生き方)を言っています。 盗ろうと思えば盗る事は可能ですよね。 盗れる状態にあっても 自分の自由意志で 人の物を盗る事も出来るし、 盗らないでやり過ごす事も出来ます。 法律が無かったら盗るかどうかです。 法律が無かっても盗らない方が良いと思う 心の「良心」の事を話しています。 「良心」に耳を傾けられない人 或いは、聞こえない人は盗るでしょう しかし、取らない方が良いと思う人の方が多いですよね。 これは、特に日本では こう言った時に盗らないと考える人が多い事に嬉しく思っています ですから日本人は世界から賞賛される民族になっていますね。 私達には自由意志と言うのがあります。 盗らないと言う事は、物欲を理性が押さえると言う ハードルを一つ乗り超え「浄化」した事になります。 もう一つ理解して置いて欲しい事に 人は死んでもそのままの意識を維持していると言う事です。 自殺をした人の多くは、自分が死んだ事が解らず 何回も自殺を試みるそうです。 この話は長くなるので、ここでは次に進めますが 自殺すると言う事は 取り締まる法律もないし取り締まりも出来ません 法的には被疑者死亡の殺人事件ですね。 死後の世界まで追いかけて行って殺人罪で起訴できません。 自殺と言うのは 自分の肉体を自分で殺害し、それより先の大切な経験を 自分の愚かな考えで奪ってしまったと言う事です。 本人に将来起こるであろう経験的な学びが解らないですよね それまでの経験からだけで結論を出してしまっているような事です。 来年に起こる経験が予測も出来ないし 今後どんな事を学ぶのかも解っていないし 今回の人生でどんな事を学ばないと 天国に進めないかも理解できていないと言う事です。 そのまま生存していれば、 将来もっと多くを学べた事柄・・・いや、 学ばなければならなかった事を 途中で逃げて止めてしまう事になります。 自分が自由に出来るからと言って「殺人」を犯して 良い筈がないですよね。 罪は罪です。 本来なら生きていた残りの時間を もう一度やり直す事に必ずなります。 親が自分の自由だからと言って 小さい自分の子供を殺すのと同じです。 この行為が「罪」になって霊体(自分)は 後(天国)で大きく反省する生活を送ることになります。 この反省は長い期間が必要で 再度、理解して挑戦して カルマの解消を計ろうとするまで続きます。 このカルマの解消には再生が必要で さらに同程度の負荷も必要になります。 この事を無間地獄と言う人も居ますが 地獄では無いです。 全て自分の自由意思で進んで体験しようとする 行為です。

次の

ドアノブでの首吊り

ドアノブ 首吊り

あとなぜか日本は解雇のことをクビというので、 それも悪いイメージ作りに加担してると思う。 しかし、自殺法という観点でいえば、 首吊りは相当に有力な手法といえるようだ。 なぜ有力かというと• 簡単にどこでも出来る• 見つからなければ確実に死ねる からである。 首吊りは優秀な自殺法 首吊り自殺の原理はこうである。 通常、柔道技などで首を絞める時、これは頸動脈を絞める。 絞められたことがある人はわかるだろうが、うまくロックされたら確かに一瞬で 気が飛びそうになるが、それでもタップするだけの時間はある。 脳には、2本の動脈で血流を送っている。 頸動脈の他には、もう一本、椎骨動脈というのが通っている。 首絞めでは、この一本が締まらないため、タップするだけの余力がある。 首吊りでは、この椎骨動脈まで絞まってしまい、 脳への血流がすべて途絶える。 だから、タップをする暇もないほど一瞬で、意識がなくなる。 よく、刑事ドラマとかで首吊り時にくるしいいいいいと言って 首を掻きむしるようなシーンがあるが嘘である。 首を絞められた場合(つまり他殺)は、椎骨動脈が生きてるのでそういうこともあるようだが、 自殺で使う首吊りの場合は、一瞬にして意識が消えるため、何の苦しみもない。 むしろ逆に、快感ですらあるようだ。 首が絞まっていくのは気持ちいいというのは絞められたことがある人間ならわかるだろう。 首絞めセックスなんかがそこかしこで行われているのも、これが理由だろう。 しらんけど。 リア充はそのまま死ねばいいのにね。 おそらく、社会的な影響を考えて、このような描写にしているのだろうと思う。 もし、首吊りで死んだ死体が幸せたっぷりな笑顔なら、自殺してしまう人が増えてしまうからだ。 自殺したい社会にしているお前ら適合者が悪いんだろとおれは思うんだけど。 首吊り死体が糞尿を垂れ流すというのは事実のようである。 しかしこれは、死ぬ前にしっかりと出しておけば良いようだ。 むしろ驚きだったのは、男の場合は射精してしまう場合もあるということだ。 しかしこれも死ぬ前に出しておけば良いことだ。 賢者モードになったら自殺をやめてしまいそうだが。 なぜ椎骨動脈が締まるかというと、 頚椎が斜めに歪むからである。 これによって血流が遮断される。 従って、首吊りでは縄を斜めにかけて頚椎を歪ませることが要点となる。 しかし、それは非常に簡単なことのようだ。 通常の人間であれば、 椎骨動脈は16. 6kgの圧力がかかれば締まる。 頸動脈は3. 5kgらしいから、それに比べると5倍ほど高いが、 縄を使って部分的にでも体重をかければうまくいきそうだ。 例えば、死刑のように踏み台から何メートルも下に落とさずとも、 例えばドアノブを使って正座した状態でロープを首に懸け、 そのまま倒れるというのでもうまくいく場合がある。 病院や刑務所などで死ぬ場合はこのケースのようだ。 確かに、大層な首吊り場なんかこさえることは出来ないからどうしてるのだろうと 不思議に思っていた。 彼らは、正しい自殺の方法をどうやってかはしらんが学んでいる。 唐澤弁護士の弟の例 数々の殺害予告など、ネット中傷の被害にさらされている唐澤弁護士が、 弁護士を目指そうと思ったきっかけは、 弟の死だという。 1つ違いの弟とは別の高校に行ったが、 弟はそこで不良グループから目をつけられて、 存在しないパーティのパーティ券を売るようにいわれ、 それが出来なかった弟は、リンチにあった。 その日、弟は遺書を書くと、自室で首を吊って死んだ。 しかし、不良グループは摘発されず、今はのうのうと生きている。 こういう不条理と戦うためには力を付ける必要があると考えて、弁護士を目指そうと思ったということである。 親が死んだことや、 子供の頃に医者が病気を治してくれたことがきっかけになって 医者を目指すというケースはよくある(だろうが)が、 弟がリンチされて自殺されたことがきっかけで弁護士を目指すというのはなかなか 稀な例だとはいえそうだ。 だが、首吊りはそう稀な死に方ではない。 さらに唐澤弁護士は著書の中で、「弟は首吊りで苦しんだ」と思い込んでいるが、 首吊りは非常に優秀な自殺法であり、意識自体は早急に消失する。 だから安心してほしい。 意識を失ってから痙攣することなどはあるようなので、 それを以って苦しんだと思ったのだろうが、あなたの弟が首吊りによって苦しんだ可能性は低い。 首吊りの欠点 このように最強の自殺法「首吊り」であるが、一つだけ欠点がある。 それは、見つかった場合に未遂に終わりやすいことである。 しかも悪いことに、脳への障害はほぼ確実に残る。 なぜかというと、長い間脳への血流を遮断してるからである。 自殺したいと思って最後の勇気を振り絞って首を吊ったのに、 自殺は悪いことだ!!!とか強迫的に信じている適合サイドの人間によって さらなる地獄に突き落とされてしまうのだ。 あいつらは悪魔だ。 見つかって未遂に終わらないように、 この本では青木ヶ原樹海への入り方や、気をつける点について紹介している。 しかし自殺時に見つからないためだけに樹海に行くのはやりすぎだと思うし 却って失敗率を高めることにもなるだろうからどちらかというと、 遺骨を家族にも見つけられたくないとか、この世から完全にいなくなりたいという 思いがある人向けだろうと思った。 同じ墓に入りたくないという人はいる。 おれは、遺骨は麻布学園の桜の木の下に埋めてほしいと思っているので (親はどうせチキってやってくれないだろうけど。 おれがある手術を受けた時、その手術が納得出来るものだったか自分の目で確認したいから 取り出した組織について写真をとってくれないかと父親に頼んだが、やってくれなかった。 それ以来おれは手術結果に対して懐疑的になり、ノイローゼになった。 親というのはそういうものだ。 どうせ何もしてくれない) 発見されないのはさすがにやばく、なんなら海外で安楽死も厳しいと思っているので、 樹海での自殺は選択肢にはない。 さらに詳しく知りたい人は買いましょう。

次の