フロー 図 エクセル。 無料のフローチャートテンプレート

わかりやすい業務フロー図の書き方とエクセルテンプレート

フロー 図 エクセル

・新しくインストールする必要がある ・ソフトウェアをインストールしていないパソコン以外で使えない ・自分でカスタムできない(機能追加や削除ができない) これらの問題を抱えているため、フリーソフトを使うのは効果的とは言えません。 しかし、エクセルで作成ツールであれば上記の課題を解決することができます。 メリット1|エクセルをインストールしていれば無料 ウェブで公開されているフリーソフトを使うとき、ソフトを新しくインストールする作業が発生します。 しかし、これにはいくつかのリスクがあります。 例えば、フリーソフトをインストールすろとパソコンの容量が必要です。 容量をくうと、パソコンが重くなってしまうことがあります。 フローチャート作成にしか使わないソフトに容量を使って、パソコンが重くなってしまっては問題です。 また、インストールしていたけれど、アプリそのものをどこに保管したのか忘れてしまうこともあります。 これでは使い勝手がいいとは言えません。 しかし、エクセルであれば新しくソフトウェアをインストールする必要がないため、上記のリスクは低いです。 メリット2|会社やチームで簡単に共有可能 ソフトウェアをインストールすると、そのソフトやアプリをインストールしていないパソコンではソフトを使用できないことがあります。 これは、フローチャートを共有するのに一手間かかることを意味しています。 例えば、フローチャートをチームで共有したいとき、チーム全員が同じソフトをインストールする必要が生じます。 しかし、エクセルであればほぼ全員がインストールしています。 そのため、全員が使用し共有することが可能です。 ドロップボックスなどを使用すれば、共有して全員で編集追記も可能です。 メリット3|マクロを編集できればカスタム可能 ソフトを使えば、ラクにフローチャートを作成できるようになります。 しかし、自分でカスタムすることは基本的にできません。 つまり、自分の欲しい機能を追加したり、不要な機能を削除したりできないのです。 ただエクセルであれば、自由に編集追加ができます。 このとき、エクセルマクロVBAを使えば、フローチャート作成の作業を一部自動化できるようになります。 実は、本記事でダウンロードできるエクセルファイルには、マクロを組み込んでおり、フローチャート作成に必要な各パーツを自動で作成できるようにしています。 もし、自分でマクロを書けるようになれば、マクロのコードをを追記したり削除したりすれば自分好みのフローチャート作成ツールを作成することができます。 その結果、より作業を早くスムーズに終わらせることができるようになります。 エクセルマクロについては、以下の記事で紹介しています。 合わせて読んでみてください。 エクセルマクロVBAで作成したフローチャートのテンプレートを無料ダウンロード 以下のフォームにメールアドレスを入力いただくと、返信メールからエクセルファイルをダウンロードできます。 [1] 雛形「自動販売機」をクリック [2] 雛形「自動販売機」が出力される サンプルを設置してから、ボタンを押してパーツを呼び出したり、サンプル内のパーツを削除したりしてフローチャートを作成していきます。 エクセルマクロVBAのコードを知りたい人はダウンロードして覗いてみてください ここで紹介しているエクセルファイルにはマクロを組み込んでいます。 もし、そのコードを知りたいならサンプルをダウンロードしてプログラムを確認してみてください。 さらにレベルの高いフローチャートを作成したいなら この記事では、フローチャートを作成できるエクセルを紹介しました。 ここで紹介したエクセルを利用すれば、フローチャートを手軽に作成できるようになります。 また、エクセルで作成することで、チームメンバーにも簡単に共有できます。 何より、フローチャート更新のときも簡単に修正可能です。 しかしデメリットもあります。 それはカスタムです。 なぜなら、周囲からの要望も増えるからです。 例えば、「各パーツの色を変えてほしい」や「フローチャートに限らず、他にもできるのでは?」といった依頼が来るのです。 このような依頼を満たすには、マクロを勉強して自力でマクロを編集できるようになる必要があります。 もし、自力でマクロを編集できるようになれば、今より仕事の効率はグッと上がります。 実際、私も自力でマクロを書けるようになってからは、仕事の生産性が一気に上がりました。 他の人が30分~1時間かけて行う仕事が、ボタン一つで終わらせることができるようになったのです。 その結果、周囲からの信頼も増し、仕事で高い評価を得られるようになりました。 ただ、要望に応えるようになるためには、マクロを学ぶ必要があります。 まずは無料でマクロを勉強してみる ウェブや書籍で勉強すれば、マクロを習得できると考えている人は少なくありません。 しかし、仕事で使えるマクロを習得したいなら、仕事で使える部分に特化した教材で学ぶことをお勧めします。 なぜなら、ウェブや書籍には仕事に関係しない部分まで提供していることが多いからです。 例えば、マクロ初心者なのに難易度の高い配列から学ぼうとする人がいます。 しかし、配列なしでも仕事で使えるマクロを書くことは可能です。 このように、マクロ初心者ほど「全ての知識が必要だ」と考えて、無駄な学習に時間を使ってしまうのです。 詳しくは、こちらの記事で紹介しています。 そこで、私がお勧めするのは仕事に直結するマクロ教材です。 仕事で使えるマクロを重点的に学ぶのです。 ここで、とくにお勧めするのは、の無料オンライン動画です。 仕事に直結する部分に絞って、エクセルマクロを学ぶことができます。 マクロの作り方・考え方から解説しているので、教材をしっかり学べばここで紹介したマクロをゼロから書けるようになります。 マクロ初心者が、仕事に直結したいマクロを学ぶなら、まずはの無料オンライン動画を試すのがいいです。 ただ、この無料動画だけではマクロを「自由自在に」書けるようになりません。 より詳しく学びたい人は有料の講座を学ぶことをお勧めします。 お勧めはです。 業務手順書を一緒にフローチャートを書こう ここで紹介したフローチャートのエクセルを使えば、より楽にフロー図を書けるようになります。 しかし、フローチャートはただ書けばいいわけではありません。 ポイントを意識することで、より見やすいフロー図を作成できます。 そのポイントについては、こちらの記事で詳しく解説しています。 合わせて読んでみてください。 仕事を自動化できればフローチャートは要らない ここまで、フローチャートの書き方のポイントについて記載してきました。 しかし、フローチャートを作っても確実に仕事が早くなるわけではありません。 なぜなら、フローチャートは人にわかりやすく説明するためのものに過ぎないからです。 人が説明な仕事にしている限り、どうしても人為ミスが発生してしまうのです。 たとえば、月末処理で何百、何千といったデータを処理する仕事があります。 このような仕事は、フローチャートで仕事の流れがわかっても必ずミスが生じます。 例えば、ダブルチェックをしたり確認部署をフロー図に入れる場合があります。 たしかにフローは分かりやすいですが、 フロー図があっても、人為的ミスがゼロになることはありません。 人がやるから以上、ミスはついてまわります。 このようなケースは、エクセルマクロのような自動化ツールを活用して、人の作業そのものを減らすことを検討するといいでしょう。 エクセルマクロについては、こちらの記事で解説していますので、あわせて読んでみてください。 フローチャートに加えて、業務手順書も作成してみよう フローチャートは、仕事全体の概要を図にしたものです。 しかし、仕事全体で引き継ぐことを考えるなら、手順書や業務マニュアルを作成しておくことをお勧めします。 そうすれば、仕事の引き継ぎが簡単になります。 以下の記事で説明していますので、合わせて読んでみてください。 仕事のスピードをあげたいなら、業務効率化のスキルを磨こう フロー図の作成方法を紹介しましたが、フロー図作成の目的は仕事を早く行うことにあります。 そのため、フロー図作成以外の仕事の速度をあげるスキルを学んでおくと、さらに仕事をスムーズにこなせるようになります。 もし、仕事を早く行うためのコツやポイントを知りたいなら以下の記事もお勧めです。 gene320.

次の

標準フローチャート記号と使い方

フロー 図 エクセル

この図を誰が見るのか どの業務の図を書くのか という2点だけをしっかりと決めてください。 例えば、要件定義用の業務フローなら、ユーザーに確認してもらうためアイコンを使ってわかりやすい概略図を書くことが求められます。 基本設計の段階でプログラミングのために必要な業務フロー図ならアクティビティ図やUML図を使った詳細な業務フロー図の方が適しているかもしれません。 このように相手と目的によって、どのように書くのか、どの程度詳しく書くのかが定まってきます。 業務フロー図で使う記号 まず初めに業務フロー図を作るときに使う記号です。 業務フロー図を作るときの記号については、いろいろな種類がありますが、この記事では一般的に使われることが多い、JIS規格の記号について紹介します。 エクセルやパワーポイントでも「図形」の中にこのフローを書くための記号が標準で入っているので便利です。 業務フロー図の定義を決める 2. 業務に必要な部門を設定する 3. 業務に必要な処理をおおまかに決める 4. 処理を線でつなぐ 5. 詳細が必要な部分を増やす 1. 業務フロー図の定義を決める 業務フロー図を書くためには、まず誰に向けて、何を目的として書く決める必要があります。 ユーザーに向けてなら、詳細を簡略化した概略を、製造に使うなら製造に必要な詳細な業務フローが必要になってきます。 目的を定めると、どの部分まで業務フロー図を作成すればいいか決めることができます。 目的を定めないと、不要な処理を多く書くことになるので、時間がかかったわりには、わかりにくい業務フロー図になってしまいます。 業務に必要な部門を設定する 次に、その業務を行うのにかかわる部門を設定します。 営業部門と製造部門だけなのか、顧客、営業、総務、配送といった複数の部門をまたぐ処理なのかで業務フロー図のフレームがかわってきます。 部門をまたがない処理の場合は、この区切りは必要ありません。 業務に必要な処理をおおまかに決める いきなり処理を書いてしまうと、全体がどのようになるかわからなくなるので、最初は下書きに必要な処理を書いてどのような全体像になるか把握しておきます。 その際、初めから細かくしすると効率が悪くなるので最初はおおまかに処理を決めてA41枚に収まるようにフローを考えます。 大まかな処理が決まったら、実際に処理を図に入れていきます。 処理を線でつなぐ 処理を配置したら、各処理を線でつないでいきます。 その際に、業務の流れとデータの流れは別の線を使用します。 通常は、処理の流れを実線、データの流れを破線で表現します。 詳細が必要な部分を増やす これで一通りの業務フロー図ができましたが、特に説明が必要な箇所や詳細を記載した方がいい部分は処理の流れを増やします。 わかりやすい図を書くことはもちろんですが、目的を達成できる図にすることはもっと大切です。 わかりやすい業務フロー図を書くコツ 業務フロー図を書くときに以下のような点に気を付けるとわかりやすい図を書くことができます。 ・フローが交差しないようにする ・部門を跨いだり、顧客のやり取りが発生する場合は分ける ・最初は大まかに、必要があれば詳細を書く ・A4用紙 1枚に収めるように工夫する フローが交差しないようにする フローが交差すると処理の流れをつかみにくくなります。 どうしても交差する部分がでるのはしかたありませんが、できるだけ配置を工夫して交差しないように心がけるだけでもわかりやすさが変わってきます。 部門を跨いだり、顧客のやり取りが発生する場合は 1部門だけで処理が簡潔する場合は不要ですが、部門間での処理や顧客とのやりとりが発生する場合は、部門別にエリアを区切るとわかりやすくなります。 処理の区分については、必須ではありませんがわかりやすくなる場合は入れた方がいいでしょう。 目的のために必要な処理だけを書く 結構やりがちなのが、業務フロー図をしっかりと書こうという意識が強すぎて、あまり業務に必要がない部分まで細かく書いてしまうことです。 業務フロー図の主目的は全体の流れを把握することなので不要な部分を細かく書きすぎると逆にわかりづらくなってしまいます。 A4用紙 1枚に収めるように工夫する 業務フローが多くなってしまってもできるだけA4用紙1枚に収まるように処理は10前後で記述するとわかりやすい業務フロー図になります。 ごちゃごちゃと多くの記号を入れた方が、なんだかすごそうに見えますが概略を把握するために、できるだけ不要な処理は省いた方がスッキリとした図になります。 業務フロー図のエクセルテンプレート 業務フロー図を作成するためのフレーム部分のエクセルテンプレートをダウンロードできるようにしました。 以下の画像では参考の記号のサンプルが表示されていますが実際には印刷されないように範囲からはずしてあります。 業務フロー図の作成ツール エクセル、パワーポイント以外の業務フロー図を作成できるツールを紹介します。 エクセルやパワーポイントでは、処理の線が扱いにくい、図形以外のアイコンを使用したい場合は自分で調達しなければならないという欠点もあるので、以下のツールで作成した方が効率がよくなる場合もあります。 オンライン クラウド で使えるツール オンラインで業務フロー図を作成できるサービスは以下のようなものがあります。 使い勝手は、ローカルのソフトの方が高いですが、チームで共有したり、テンプレートが豊富だったりと便利な機能も多いです。 Googleスライド 図形の業務フローを作成するなら、Googleスライドが無料で簡単にできます。 作図ツールなので、図形描画、線を引く、図形を揃えることが非常に簡単にできます。 googleアカウントを持っていればすぐに始められるのでとりあえず簡単なフローチャートを作りたいという場合に適しています。 LucidCahrt 豊富なフローチャートの種類と図形、テンプレートが魅力のオンラインツールです。 フローチャート専用テンプレートや、フロー図記号一覧ガイド、フローチャートの基本作成ステップ&書き方ガイドなども提供しコンテンツが豊富です。 ユーザー1名までは無料で使用できます。 draw. io とにかく、サンプルやテンプレートが豊富なのでどのように業務フロー図を作成すればいいのかイメージがわきやすいです。 PNG、SCG、PDF、HTMLなど豊富なエクスポート機能もあるので作ったけど展開できないといった悩みも不要です。 Cacoo Cacooも業務フロー図のテンプレートやサンプル、図形の種類も豊富です。 フローチャートの他にもワイヤーフレーム、AWS構成図、マインドマップ、組織図などのテンプレートと図形が多くあり、いろいろな用途で使用できます。 ローカルPCインストール型 最近ではオンライン型が主流ですが、やはりローカル環境でしっかりとした業務フロー図を作成したいという場合には以下の2つのツールが簡単で効率がいいです。 もちろん、エクセルやパワーポイントでも業務フロー図は書けるのですが、以下のツールはフロー図を描くのに特化しているのでアイコンが豊富だったり、処理の流れを示す線が引きやすいといった特徴があります。 Viso ローカルで業務フロー図を書くならMicrosoftのVisoが有名です。 エクセルやパワーポイントよりも、図を書くことに特化しているので簡単に作図することができます。 Edraw Edrawは、200種類以上のダイアグラムを作れるツールです。 簡易的な業務フローから、アイコンをつかったビジュアルなものまでレベルに合わせて使用できます。 特にアイコンの種類が豊富にあるので、自分でアイコンを探す手間が省けます。 体験版は15日間無料で使用できます。

次の

無料のフローチャートテンプレート

フロー 図 エクセル

・新しくインストールする必要がある ・ソフトウェアをインストールしていないパソコン以外で使えない ・自分でカスタムできない(機能追加や削除ができない) これらの問題を抱えているため、フリーソフトを使うのは効果的とは言えません。 しかし、エクセルで作成ツールであれば上記の課題を解決することができます。 メリット1|エクセルをインストールしていれば無料 ウェブで公開されているフリーソフトを使うとき、ソフトを新しくインストールする作業が発生します。 しかし、これにはいくつかのリスクがあります。 例えば、フリーソフトをインストールすろとパソコンの容量が必要です。 容量をくうと、パソコンが重くなってしまうことがあります。 フローチャート作成にしか使わないソフトに容量を使って、パソコンが重くなってしまっては問題です。 また、インストールしていたけれど、アプリそのものをどこに保管したのか忘れてしまうこともあります。 これでは使い勝手がいいとは言えません。 しかし、エクセルであれば新しくソフトウェアをインストールする必要がないため、上記のリスクは低いです。 メリット2|会社やチームで簡単に共有可能 ソフトウェアをインストールすると、そのソフトやアプリをインストールしていないパソコンではソフトを使用できないことがあります。 これは、フローチャートを共有するのに一手間かかることを意味しています。 例えば、フローチャートをチームで共有したいとき、チーム全員が同じソフトをインストールする必要が生じます。 しかし、エクセルであればほぼ全員がインストールしています。 そのため、全員が使用し共有することが可能です。 ドロップボックスなどを使用すれば、共有して全員で編集追記も可能です。 メリット3|マクロを編集できればカスタム可能 ソフトを使えば、ラクにフローチャートを作成できるようになります。 しかし、自分でカスタムすることは基本的にできません。 つまり、自分の欲しい機能を追加したり、不要な機能を削除したりできないのです。 ただエクセルであれば、自由に編集追加ができます。 このとき、エクセルマクロVBAを使えば、フローチャート作成の作業を一部自動化できるようになります。 実は、本記事でダウンロードできるエクセルファイルには、マクロを組み込んでおり、フローチャート作成に必要な各パーツを自動で作成できるようにしています。 もし、自分でマクロを書けるようになれば、マクロのコードをを追記したり削除したりすれば自分好みのフローチャート作成ツールを作成することができます。 その結果、より作業を早くスムーズに終わらせることができるようになります。 エクセルマクロについては、以下の記事で紹介しています。 合わせて読んでみてください。 エクセルマクロVBAで作成したフローチャートのテンプレートを無料ダウンロード 以下のフォームにメールアドレスを入力いただくと、返信メールからエクセルファイルをダウンロードできます。 [1] 雛形「自動販売機」をクリック [2] 雛形「自動販売機」が出力される サンプルを設置してから、ボタンを押してパーツを呼び出したり、サンプル内のパーツを削除したりしてフローチャートを作成していきます。 エクセルマクロVBAのコードを知りたい人はダウンロードして覗いてみてください ここで紹介しているエクセルファイルにはマクロを組み込んでいます。 もし、そのコードを知りたいならサンプルをダウンロードしてプログラムを確認してみてください。 さらにレベルの高いフローチャートを作成したいなら この記事では、フローチャートを作成できるエクセルを紹介しました。 ここで紹介したエクセルを利用すれば、フローチャートを手軽に作成できるようになります。 また、エクセルで作成することで、チームメンバーにも簡単に共有できます。 何より、フローチャート更新のときも簡単に修正可能です。 しかしデメリットもあります。 それはカスタムです。 なぜなら、周囲からの要望も増えるからです。 例えば、「各パーツの色を変えてほしい」や「フローチャートに限らず、他にもできるのでは?」といった依頼が来るのです。 このような依頼を満たすには、マクロを勉強して自力でマクロを編集できるようになる必要があります。 もし、自力でマクロを編集できるようになれば、今より仕事の効率はグッと上がります。 実際、私も自力でマクロを書けるようになってからは、仕事の生産性が一気に上がりました。 他の人が30分~1時間かけて行う仕事が、ボタン一つで終わらせることができるようになったのです。 その結果、周囲からの信頼も増し、仕事で高い評価を得られるようになりました。 ただ、要望に応えるようになるためには、マクロを学ぶ必要があります。 まずは無料でマクロを勉強してみる ウェブや書籍で勉強すれば、マクロを習得できると考えている人は少なくありません。 しかし、仕事で使えるマクロを習得したいなら、仕事で使える部分に特化した教材で学ぶことをお勧めします。 なぜなら、ウェブや書籍には仕事に関係しない部分まで提供していることが多いからです。 例えば、マクロ初心者なのに難易度の高い配列から学ぼうとする人がいます。 しかし、配列なしでも仕事で使えるマクロを書くことは可能です。 このように、マクロ初心者ほど「全ての知識が必要だ」と考えて、無駄な学習に時間を使ってしまうのです。 詳しくは、こちらの記事で紹介しています。 そこで、私がお勧めするのは仕事に直結するマクロ教材です。 仕事で使えるマクロを重点的に学ぶのです。 ここで、とくにお勧めするのは、の無料オンライン動画です。 仕事に直結する部分に絞って、エクセルマクロを学ぶことができます。 マクロの作り方・考え方から解説しているので、教材をしっかり学べばここで紹介したマクロをゼロから書けるようになります。 マクロ初心者が、仕事に直結したいマクロを学ぶなら、まずはの無料オンライン動画を試すのがいいです。 ただ、この無料動画だけではマクロを「自由自在に」書けるようになりません。 より詳しく学びたい人は有料の講座を学ぶことをお勧めします。 お勧めはです。 業務手順書を一緒にフローチャートを書こう ここで紹介したフローチャートのエクセルを使えば、より楽にフロー図を書けるようになります。 しかし、フローチャートはただ書けばいいわけではありません。 ポイントを意識することで、より見やすいフロー図を作成できます。 そのポイントについては、こちらの記事で詳しく解説しています。 合わせて読んでみてください。 仕事を自動化できればフローチャートは要らない ここまで、フローチャートの書き方のポイントについて記載してきました。 しかし、フローチャートを作っても確実に仕事が早くなるわけではありません。 なぜなら、フローチャートは人にわかりやすく説明するためのものに過ぎないからです。 人が説明な仕事にしている限り、どうしても人為ミスが発生してしまうのです。 たとえば、月末処理で何百、何千といったデータを処理する仕事があります。 このような仕事は、フローチャートで仕事の流れがわかっても必ずミスが生じます。 例えば、ダブルチェックをしたり確認部署をフロー図に入れる場合があります。 たしかにフローは分かりやすいですが、 フロー図があっても、人為的ミスがゼロになることはありません。 人がやるから以上、ミスはついてまわります。 このようなケースは、エクセルマクロのような自動化ツールを活用して、人の作業そのものを減らすことを検討するといいでしょう。 エクセルマクロについては、こちらの記事で解説していますので、あわせて読んでみてください。 フローチャートに加えて、業務手順書も作成してみよう フローチャートは、仕事全体の概要を図にしたものです。 しかし、仕事全体で引き継ぐことを考えるなら、手順書や業務マニュアルを作成しておくことをお勧めします。 そうすれば、仕事の引き継ぎが簡単になります。 以下の記事で説明していますので、合わせて読んでみてください。 仕事のスピードをあげたいなら、業務効率化のスキルを磨こう フロー図の作成方法を紹介しましたが、フロー図作成の目的は仕事を早く行うことにあります。 そのため、フロー図作成以外の仕事の速度をあげるスキルを学んでおくと、さらに仕事をスムーズにこなせるようになります。 もし、仕事を早く行うためのコツやポイントを知りたいなら以下の記事もお勧めです。 gene320.

次の