アラジン ジャスミン 歌。 実写版『アラジン』ジャスミンが歌う新曲に大反響

実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

アラジン ジャスミン 歌

先週7日(金)よりついに日本公開となったの名作を実写化した映画『』。 公開するや否や初登場No. 1を記録、週末3日間の成績は動員96万人、興行成績約14億円に達し、17年に公開された『美女と野獣』のオープニング成績を超える大ヒットとなっている。 この度、アグラバーの王女ジャスミンが、新曲「 スピーチレス〜心の声」を熱唱する本編映像が解禁された。 ナオミ・スコット演じるジャスミンの歌声に感涙必至! 公開された映像には、本作でジャスミンを演じたが高らかに「スピーチレス〜心の声」を歌いあげる映像が映し出される。 衛兵に付き添われ宮殿を後にするジャスミンは、自らの心の声を歌にして叫ぶ。 「声を上げよう! 負けない、力の限り叫べ!!」と力強く歌い上げるジャスミンの姿に、思わず強く胸を打たれる映像となっている。 王国を乗っ取ろうと企む大臣 ジャファーの罠によって幽閉されそうになるジャスミンが、自らの信念を貫くべく衛兵の手を払いのけてソロで歌い上げる、感動的で力強い楽曲だ。 この新曲を生み出したのは、アニメーション版の楽曲も手掛け、アカデミー賞8回、ゴールデングローブ賞7回、グラミー賞11回の受賞歴、そしてトニー賞やローレンス・オリヴィエ賞も手にしている音楽界のレジェンド、アラン・メンケンと『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞とゴールデングローブ賞の主題歌賞W受賞を果たし、『グレイティスト・ショーマン』の楽曲も担当したべンジ・パセックとジャスティン・ポールの最強コンビだ。 ベンジとジャスティンは「アニメーション版を改めて観かえしていた時、ジャスミンがジャファーと結婚させられそうになるシーンで、ジャファーが「喜びで声も出ないようですな」とジャスミンに言うんだ。 それがヒントになったんだよ」と、なんと本作の敵役ジャファーの一言が新曲誕生のきっかけとなったことを明かす。 ベンジ&ジャスティンとタッグを組んだアランは「私はこれまでにたくさんの曲を書いてきて、どの曲も愛しているが、我ながら驚く瞬間がある。 「スピーチレス〜心の声」のデモを聴いた時言葉を失ったよ! 本当に特別な曲に仕上がったね!」と、制作に携わったアラン自身さえも驚くほどの出来栄えだったことを語りながら、「ベンジとジャスティンとの仕事は最高でした! 私が曲を作り、彼らは作詞を担当していました。 彼らと同じ部屋にいるだけで、私の曲作りに影響を与えるのです。 彼らはポップ・チャートにずっと多く触れていますから、とても素晴らしいコラボレーションになりました」と制作の秘話を明かした。 SNSにあふれる、楽曲への感動と称賛の声! SNS上には、早くも本作の鑑賞者から『アラジン』の楽曲に心を奪われている声が続出している。 「スピーチレスにハマってずっとリピ!」や、「スピーチレスのシーン見て泣いたし、やっぱりジャスミンが好きになった!」など、本楽曲に関するものから、「脳内ずっとホール・ニュー・ワールドしてる!」や「フレンド・ライク・ミーのシーンに鳥肌 立った!」など、本作のロマンスパートの顔ともいえる「ホール・ニュー・ワールド」や、ジーニーのご機嫌なナンバー「フレンド・ライク・ミー」に対する熱いコメントもあふれている。

次の

【全13曲】実写版『アラジン』の主題歌&挿入歌まとめ!英語版と日本語版を聴き比べよう!

アラジン ジャスミン 歌

週末3日間で興行収入約14億円を記録し、大ヒットとなっている映画『アラジン』より、王女ジャスミンが歌う新曲「スピーチレス〜心の声」の本編映像が解禁となった。 ・ 本作は、1992年に公開され、全米興行収入第1位、世界興収第1位となったディズニーのアニメーション映画『アラジン』の実写版。 映像には、本作でジャスミンを演じたナオミ・スコットが高らかに「スピーチレス〜心の声」を歌いあげる姿が映し出される。 衛兵に付き添われ宮殿を後にするジャスミンは、自らの心の声を歌にして「声を上げよう! 負けない、力の限り叫べ!! 」と力強く歌い上げる。 真摯なジャスミンの姿に強く胸を打たれる映像となっている。 「スピーチレス〜心の声」は、この映画のために新たに制作された曲。 王国を乗っ取ろうとたくらむ大臣ジャファーの罠によって幽閉されそうになるジャスミンが、自らの信念を貫くべく衛兵の手を払いのけてソロで歌い上げる、感動的で力強い楽曲だ。 この曲を生み出したのは、アニメーション版の楽曲も手掛け、アカデミー賞を8回手にした音楽界のレジェンドであるアラン・メンケンと、『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞とゴールデングローブ賞の主題歌賞W受賞をはたし『グレイティスト・ショーマン』の楽曲も担当したベンジ・パセックとジャスティン・ポールの最強コンビだ。 パセックとポールは「アニメーション版を改めて見返していた時、ジャスミンがジャファーと結婚させられようとするシーンで、ジャファーが『喜びで声も出ないようですな』とジャスミンに言うんだ。 それがヒントになったんだよ」と新曲誕生のきっかけとなったことを明かす。 また、彼らとタッグを組んだメンケンは「私はこれまでにたくさんの曲を書いてきて、どの曲も愛しているが、我ながら驚く瞬間がある。 『スピーチレス〜』のデモを聴いた時言葉を失ったよ! 本当に特別な曲に仕上がったね!」と喜びを語った。

次の

『アラジン』ジャスミンの歌声に誰もが涙|挿入曲「スピーチレス〜心の声」本編映像が公開

アラジン ジャスミン 歌

あらすじ 人生を変えるチャンスを待つアラジンと、 新しい世界に飛び出したいジャスミンの、 身分違いのロマンスと3つの願いをかなえるランプをめぐる冒険が今はじまる。 今なお語り継がれるディズニー不朽の名作をついに実写映画化。 『アラジン』挿入歌の名前と流れたシーンについて 『スポンサーリンク』 この段落では、挿入歌についてどのシーンで使用されたのか楽曲の名前と、場面の紹介をします! 曲名がわからない!という方はぜひご参考まで。。。 アラジンが魔法の洞窟でジャファーに裏切られ、ランプでジーニーを呼び出した際にジーニーによって歌われるのはアニメ同様。 歌の内容の大体はランプの説明。 「こんな友達いるはずない」が日本語ではおなじみ。 アラジンの主題歌。 リプライズ版なのでもとのひと足お先にとはちょっと違った感じです。 スピーチレス~心の声(ジャスミン:木下晴香) アグラバーの国王となったジャファーがジャスミンをとらえた際にジャスミンが声を上げて歌い出す曲。 すごくいいシーンで流れたので、この曲にめちゃくちゃ感動させられた人は多そうですね。 流れたシーンはアニメ同様にアラジンとジャスミンが魔王のじゅうたんで世界を見て回るシーン。 デュエット曲で、エンドロールの際にも流れました。 そのときにはZAYNとジャヴァイア・ワードという方が謳う洋楽になっています。 また、エンドロールで流れるフレンド・ライク・ミーはウィル・スミスとDJキャレドが歌っています! 実写映画『アラジン』の楽曲を無料で聴く方法 『アラジン』の劇中に使用された楽曲である ・「ホール・ニュー・ワールド」 ・「フレンド・ライク・ミー」 上記2曲はAmazon musicでフルで聴くことができます。 Amazon musicは30日間無料の音楽配信サービスなので、期間中に解約してしまえば料金は一切かかりません。 劇中歌はもちろん、主題歌、エンドロールソングまで全て収録されているので結構お得でしょうか。 アニメ『アラジン(1992年)』と今回実写化された『アラジン』を見比べてみても面白いです。 ちなみに、 アニメ『アラジン(1992年』はU-NEXTで配信されているので、よければチェックしてみてくださいまし。 どこで流れたのかもちょろっと記載したので、名前がわからなかった!という方の参考になれたら幸いです。 映画もすごくよかったので、観ていない方はぜひみてみてください! ではでは、映画をみるよー!という方も、そうではない方も、良い映画ライフをお過ごしくださいませ! 『スポンサーリンク』.

次の