氾濫 マップ。 鶴見川の洪水浸水想定区域図(想定最大規模)

長崎市│洪水ハザードマップ(河川洪水情報マップ)

氾濫 マップ

長崎市の洪水について 長崎市は平坦地が少なく、斜面地にも住宅地が広がっているという地形的な特徴から、 集中豪雨時の河川の溢水、市街地の冠水、斜面地の崩壊等に際して被害を受けやすい都市構造となっております。 長崎大水害(昭和57年7月23日) 昭和57年7月23日に長崎市を襲った集中豪雨は、降り始めから25日までの3日間に573mmもの降雨量をもたらし、尊い命と多くの財産を奪うとともに、経済活動・都市機能などに甚大な被害をもたらしました。 洪水時の避難行動 洪水は「立退き避難」が基本! 災害発生する前に、避難所などの安全な場所に避難をしましょう。 逃げ遅れた場合には「屋内安全確保」を! 周辺がすでに増水していたり、夜間で視界が悪く、屋外に出るとさらに危険な場合は、自宅の2階以上へ避難しましょう。 洪水ハザードマップ(河川洪水情報マップ)について 災害時の避難行動や避難方法、洪水浸水想定区域や浸水深さを洪水ハザードマップで確認することができます。 日頃から洪水ハザードマップを家族や地域の皆様で話し合い、災害時に落ち着いて避難行動がとれるようにしましょう。 中島川洪水ハザードマップ 想定し得る最大規模の降雨による中島川洪水浸水想定区域の指定(平成30年8月31日告示)に伴い、平成31年3月に中島川洪水ハザードマップの改訂を行いました。 浦上川洪水情報マップ 長崎大水害規模の降雨による浦上川の洪水情報マップは以下のとおりです。 想定し得る最大規模の降雨による洪水浸水想定区域が指定された際は、洪水ハザードマップの改訂を行います。 防災情報について 防災情報について、以下から入手することができます。 (新しいウィンドウで開きます) (新しいウィンドウで開きます).

次の

洪水ハザードマップ|西宮市ホームページ

氾濫 マップ

2020年6月10日 2020年6月5日 2020年6月3日 2020年5月15日 2020年4月13日 2020年4月10日 2020年3月30日 大規模盛土造成地について、新たに757市町村のデータを追加しました。 2020年3月17日 洪水浸水想定区域(想定最大規模)について、新たに県管理河川のデータ(北海道の38河川・栃木県の2河川・鹿児島県の4河川)を追加し、栃木県の荒川を更新しました。 ため池決壊による浸水想定区域について、新たに145箇所(山梨県の17箇所・静岡県の35箇所・長崎県の45箇所・熊本県の26箇所・鹿児島県の22箇所)を追加しました。 2019年8月30日 土砂災害警戒区域について、富山県を更新しました。 2019年8月8日 洪水浸水想定区域(想定最大規模)について、新たに県管理河川のデータ(鹿児島県の3河川)を追加しました。 2019年6月10日 ため池決壊による浸水想定区域の公開を開始しました。 洪水浸水想定区域(想定最大規模)について、新たに県管理河川のデータ(12県)を追加しました。 2019年5月27日 津波浸水想定の凡例を洪水浸水想定区域(想定最大規模)の凡例と統一し、よりわかりやすくなりました。 さらに、北海道・新潟県・石川県・岐阜県・鳥取県・島根県の津波浸水想定のデータを追加しました。 2019年1月7日 重ねるハザードマップの道路防災情報から車両の滞留が発生する前に予防的な通行止めを行い、集中的・効率的に除雪作業を実施する区間(予防的通行規制区間)が確認できるようになりました 2018年12月20日 2018年12月18日 2018年12月13日 2018年10月25日 道路防災情報のピクトグラムを追加しました。 2018年10月23日 重ねるハザードマップから地理院地図に掲載されている指定緊急避難場所が確認できるようになりました。 2018年10月3日 2018年10月3日 2018年9月10日 重ねるハザードマップの土砂災害警戒区域等のデータを更新(国土数値情報 土砂災害警戒区域データ(平成29年度)を反映) 2018年6月8日 2017年6月6日 2017年6月2日 想定最大規模降雨による洪水浸水想定区域データを更新しました 2016年11月10日 本サイトのバナーはです。 ご自由にご活用ください。

次の

長崎市│洪水ハザードマップ(河川洪水情報マップ)

氾濫 マップ

足立区洪水ハザードマップ(平成31年3月改訂) 「洪水ハザードマップ」は、大雨で河川が氾濫した場合などの水害リスクや避難に関する情報等をまとめたもので、区民の皆さまが日頃の備えや水害時の避難の際に活用されることを目的としています。 足立区では、想定しうる最大規模の降雨等による浸水想定を踏まえた「足立区洪水ハザードマップ」(下記PDFファイル参照)を作成し、冊子を区内全世帯に配布するほか、以下の窓口にて閲覧、販売しています。 【閲覧】• 企画調整課(区役所北館4階)• 区政資料室(区役所中央館2階) 【販売】• 区政資料室(区役所中央館2階) 1部100円 また、洪水ハザードマップについてより理解していただけるよう、解説動画を公開しています。 お住まいの地域の浸水想定などをご確認いただき、水害に備えてご活用ください。 また、浸水継続時間を示す図も現時点では作成しておりません。 想定最大規模の浸水想定区域図等が公表され次第、改訂する予定です。 緊急避難建物について 避難するとき 避難の9つの心得 いざというときのために 大雨・災害情報について 避難行動メモ 関連情報 足立区洪水ハザードマップは、河川等の各管理者が作成した以下の浸水想定区域図及び浸水予想区域図に基づいて作成しています。 なお、荒川、利根川、江戸川、中川、綾瀬川、芝川・新芝川、高潮については、想定される最大規模の降雨等を前提とした浸水想定区域図が公表されています(令和2年5月時点)。 荒川 : 国土交通省(平成28年5月)• 利根川 : 国土交通省(平成29年7月)• 江戸川、中川、綾瀬川 : 国土交通省(平成29年7月)• 芝川・新芝川 : 埼玉県(令和2年5月)• 内水氾濫 : 東京都(平成15年5月) : 東京都(平成18年6月)• 高潮 : 東京都(平成30年3月).

次の