子猫 食事 回数。 子猫が我が家にやってきた!生後2ヶ月~3ヶ月までの育て方ガイド

猫の食事の回数と与え方

子猫 食事 回数

猫の食事管理はどうして大切なのか? 食事管理は飼い主さんだからこそきめ細やかに対処してあげられる、大切なお世話のひとつです。 猫を飼っていると美味しそうにオヤツを食べる姿が可愛くて、ついつい求められるがままに与えてしまうこともあるかもしれません。 しかし、こうした生活を続けていると猫を肥満体型にさせてしまい糖尿病などの病気にかかりやすくなるほか、を与える原因にもなります。 肥満体型になると体を動かしづらくなるため、運動をしなくなる子も少なくありません。 猫は狩猟本能を持ち合せたハンターでもあるので、思うように運動ができなかったり体が動かせなかったりすると大きなストレスを感じます。 だからこそ飼い主さんが食事を適切に管理してあげることは、猫の心身の健康を保つためにとても大切なことなのです。 猫の適正な食事量・回数・間隔とは? 1日に与える食事の量、回数、間隔は猫のや状態に合わせて検討するようにしましょう。 <子猫期> 1歳になるまでの子猫期は体づくりが行われる大切な時期で運動量が多いため、キャットフードを多めに与えても肥満にはなりません。 そのため、キャットフードのパッケージに記されている適正量を超えたとしても、飼い猫が求めるようであれば食べさせてあげてもよいでしょう。 逆に食事量が少なくて栄養不足に陥らないように注意してあげる必要があります。 子猫は一度にたくさんの量を食べることができませんので、1日の食事を3~4回に分けて与えることがポイントです。 また、食事の間隔は朝・昼・夜を目安にしてみると良いでしょう。 <成猫期> 成猫期は、子猫期よりもカロリーの消費が少なくなるので、肥満になりやすい時期だといえます。 この時期になると、1日に与えるキャットフードはパッケージに記載されている量を守るようにします。 食事の回数は朝と夜の1日に2回にし、食事間隔は12時間空けると良いとされていますので(ただし置きエサはしない)、飼い主さんの都合も考えながらベストなあげ方を検討していきましょう。 <老猫期> 食欲が低下する老猫期は、一度に多くの食事量を口にできなくなる子も多いものです。 こうした場合は、食事回数を1日3~4回に増やしてあげましょう。 食事の間隔としては、子猫と同じく朝・昼・夜に与えるのがおすすめです。 パッケージに記載されている適正量が摂取できない場合は、ウェットフードや茹でたササミなどをトッピングするのもよいでしょう。 また、老猫は咀嚼力が弱ってきているので、柔らかい食感の低カロリーフードを検討するのもよいでしょう。 <肥満猫> すでに肥満体型になってしまった猫の場合は食事管理でをさせましょう。 肥満猫の場合は、キャットフードのパッケージに記されている適正量を1日3~4回に分けて与えることがポイントです。 食事回数を増やせば、適正量のフードでもお腹が満たされやすくなります。 こちらも食事間隔は、朝昼夜を目安にしましょう。 <妊娠中・授乳中> 妊娠中や授乳中の母猫には通常よりも多くのエネルギーを必要としているため、健康な子猫を産むため栄養がしっかりと補給できる高カロリーな食事を与えてあげる必要があります。 食事量はパッケージに記載されている適正量を与えて回数は1日4回程度、間隔は朝・昼・夕・夜の4回を目安にしましょう。 なお、出産直後は一時的に必要となるカロリー量が減りますが、授乳中は妊娠中よりさらにエネルギーを必要とするため、高カロリーなフードを与えてあげましょう。 猫のお水のあげ方 猫はもともと砂漠のような乾燥地帯で暮らしていたため、飲む水の量が少ないという特徴があります。 こうした特徴があるからこそ、おうちの中ではいつでも水が飲める環境を作ってあげましょう。 水飲み場は1箇所ではなく離れた場所に2~3箇所設置しておき、積極的に水を飲んでくれない場合はまたたび水を検討してみたり、沸騰させて水道水特有のニオイを飛ばしてみたりするのもよいかもしれません。 なお、生後1ヶ月頃の子猫は水に興味を示さない場合が多いのでミルクを与えてあげましょう。 肥満にさせないための食事管理法 飼い猫を肥満体型にさせないためには置きエサをせず、1日の適正量をしっかりと守りながらキャットフードを与えていくことが大切です。 ドライフードにウェットフードなどをトッピングしたい場合は、通常の時よりもドライフードの量を減らしてカロリーを調節してあげましょう。 また、オヤツは総合栄養食であるキャットフードよりもカロリーが高めにつくられているため、与えすぎると肥満体型を作る原因になってしまうため注意が必要です。 猫が食べてはいけないものは? 人間にとっては大丈夫なものでも、猫にとって有害なものを食べてしまうと体調を崩したり場合によっては重症化することもあります。 特に以下の食品などは与えないように注意しましょう。 ・ネギ科の植物(玉ねぎ、ネギ、ニラ、にんにくなど) ・チョコレート ・ココア ・アボカド ・青魚 ・生のイカ ・生のタコ ・アワビ ・生卵 ・ちくわなどの練り物 ・レバー ・人間用の牛乳 ・生の豚肉 ・ちくわやかまぼこなどの練り物 ・スルメ ・甘味類 ・ぶどう・レーズン ・トウモロコシ ・香辛料 ・アルコール類 ・カフェイン(お茶、コーヒーなど) ・キシリトール成分配合のガム ・人間用の薬.

次の

猫の食事量や食事回数はどのくらいがいい?知っておきたい3つの食事方法

子猫 食事 回数

猫の食事量の目安 猫さんの体型や体重によっても調整をそれぞれのキャットフードにはパッケージなどに大体の目安になる量やkcal表示などもされていますので、この目安量を守って与えることがとても大切になってきます。 もし、愛猫がちょっと肥満気味ということであれば、ちょっと量を減らすことも必要ですよね。 しかし、少量ですぐに食べ終わってしまうと猫ちゃんとしては物足りないもしれません。 それでしたら、もともとカロリーの少ないキャットフードを選んで、かさは今まで通りというようにしてみることもおすすめですよ。 逆に子ネコや妊娠中・授乳中の猫には少量でもしっかりと栄養を取ることが出来るキャットフードを与えるということも大切になってきます。 時折愛猫の体重をチェックして、食事の量を決めていきましょう。 子猫へ与えるキャトフードの回数と分量 子猫ちゃんには子猫用のご飯が有ります。 ここがちょっと難しいところなのですが、子猫には子猫に合ったご飯の量を上げなければいけませんが、子猫と言っても生まれたてから1ヶ月・3ヶ月と大分成長具合に幅なアリ有りますよね。 因みに子猫さんはミルク離れをするのは6週から8週前後までですね。 それ以降はベビーフード(キトン)を与えるのがおすすめです。 子猫の時は成猫よりもエネルギー消費が大きいので成猫に比べ体重当たりに猫さんを与えるご飯の量を増やして上げることが必要なのです。 因みに計算上は成猫よりも2倍から4倍を与えて上げるのですが、感覚的にも少なすぎず多すぎすの猫さんの食欲と相談して上げれば良いと思いますよ。 子猫の一日に与える食事の回数 子猫の食事は一日3〜4回 生まれたばかりの赤ちゃん猫は、人間の赤ちゃんと同じで、お母さん猫の母乳で育ちます。 この頃の猫の暮らしは、母乳を飲む、母猫と眠る、排泄する、この繰り返しで、だいたい3〜4時間ごとくらいの間隔で、ミルクを飲むのです。 子猫がキャットフードを本格的に食べるようになるのは、生後2か月ごろ。 歯が生えそろい、体もしっかりしてきて、行動もとても活発になってきます。 ただしまだこの頃の子猫は、一度に食べる量が成猫と比べると少な目ですので、一日に3〜4回程度与える必要があります。 子猫の食事の分量 生後8週目を過ぎた頃からは、子猫向けのキャットフードを与えるようにします。 実は子猫は成長期ですので、成猫のおよそ3倍ものエネルギーを必要とするため、高たんぱくで良質な食事を、しっかりと摂ることがポイント。 とはいえ、まだ体が小さく胃も小さいため、1回に食べられる量は少なめ。 ですので、この頃の子猫の場合は、食事の回数を多くします。 子猫のミルクは約2週間から3週間で離乳食へ変えて良いです。 しかし、初めのうちは固いものが食べられないので、ミルクでふやかしたり、ウェットフードを与えてください。 猫は自然体のままですと、生後半年から、子供が産めるようになるというから驚きですよね。 猫を増やさない予定の場合は、生後6か月程度で、避妊去勢手術をする必要があります。 大人になった猫は、体もがっしりとして、とても活動的になります。 また胃も一定の量の食事が入る大きさになっていますので、一回の食事量が増える分、食事の回数が少し減ります。 個体差もありますが、だいたい一日に2〜3回程度、適正量を与えるのがよいようです。 高品質、高たんぱくなフードなら、猫も必要以上に多くフードを食べません。 そのため、室内飼いに多い肥満になるリスクも少なくて済むようになっているのです。 成猫の1日に与える分量 成猫の場合、子猫の時よりも体が出来上がっているため、エネルギー量はやや控えめになります。 また1度に食べられる食事の量も増えますので、一日に必要なエネルギー量の食事を、3〜4回に分けた量を1回の食事とします。 とはいえ、室内飼いの猫ちゃんの場合、やや太めの子も多いため、肥満が気になっている場合は、この量から気持ち控えめで与えるとよいでしょう。 フードによって、エネルギー量は差がありますので、最初にしっかりとチェックして計算してあげましょう。 猫の体重 与える食事 1回の分量 一日の回数 1日の合計 1日のエネルギー 4キロ ドライフード 30g 3回 91g 約320kcal 4. 5キロ ドライフード 34g 3回 103g 約360kcal 5キロ ドライフード 38g 3回 114g 約400kcal 5. 5キロ ドライフード 42g 3回 126g 約440kcal 6キロ ドライフード 46g 3回 137g 約480kcal 6. 5キロ ドライフード 50g 3回 149g 約520kcal 7キロ ドライフード 53g 3回 160g 約560kcal 7. 5キロ ドライフード 57g 3回 171g 約600kcal 8キロ ドライフード 61g 3回 183g 約640kcal 10グラムのイメージ 数字だけ見ると何となく少ない気がしますが、10gで大さじ1杯分くらいの量がありますね。 数字にした分量では何となく少ない位目0時が有りますが、思っている以上に入っていますね! 老猫、シニア猫のへ与えるキャットフードの回数と分量 シニア猫の一日に与える食事の回数 シニア猫は一日1〜4回 猫も7歳を過ぎると、いわゆる老猫、シニア猫と呼ばれる年齢になります。 猫は見た目がほとんど変わりませんので、そんなシニアだなんて…と思うかもしれませんが、若い頃に比べると、好奇心もやや落ち着き、活動量も減ってくるもの。 そういったことから、食事の量も、若い頃に比べると少し落ちてきます。 一日の食事回数は、こちらも個体差がありますが、だいたいい1回から4回程度に。 これはその猫ちゃんが1回に食べられる量によって、回数を調整する必要があるため、回数もばらつきが出るんですね。 1回の量が少ない子ほど、回数を増やす必要があります。 1食に与える分量【老猫、シニア猫】 7歳を過ぎたあたりから、猫は老猫、シニア猫の世代になります。 見た目はそれまでと全く変わりませんし、ヒトのようにしわになったりもしないので、シニア?と思うかたもいるかもしれませんが、よく見るとヒゲなどが白くなってくるなど、猫も人知れず老化が始まっています。 この頃には若いころと同じエネルギーは必要ではなくなりますので、食事も変化させていく必要があります。 シニア猫の食事のエネルギーはこちら。 猫によっては1回に食べられる食事量が減ることもありますので、その場合は回数で割って、小分けにして必要量を補えるようにしてください。 高齢な猫も人間と同じで若い時に比べ徐々に食欲が減ってきますし、必要なエネルギー量も減ってきます。 その分を考慮して補版の量を決めて上げることが、老猫さんの健康を保つ秘訣になるのです。 猫の体重 与える食事 1回の分量 一日の回数 1日の合計 1日のエネルギー 4キロ ドライフード 23g 3回 69g 約240kcal 4. 5キロ ドライフード 26g 3回 77g 約270kcal 5キロ ドライフード 29g 3回 86g 約300kcal 5. 5キロ ドライフード 31g 3回 94g 約330kcal 6キロ ドライフード 34g 3回 103g 約360kcal 6. 5キロ ドライフード 37g 3回 111g 約390kcal 7キロ ドライフード 40g 3回 120g 約420kcal 7. 太った猫はとてもかわいいですが、人間でいう成人病の類の病気も増えており、適正体重に戻してやることが、健康で長生きの秘訣となります。 ですので気が付いたときから、オーナーさんが上手にダイエットをサポートしてあげてください。 肥満猫の場合は、「一日の食事量を変えずに」それを「小分けにして与える」ようにします。 具体的には一日3〜4回に小分けにして、与えること。 こうすることで、脂肪になっていくのを防げるんだそうです。 人間でも一日2回ドカ食いすると、太りやすいと言われていますが、猫もそうなんですね。 くれぐれも、「一日の食事量を変えずに」与えること。 トータルで与える量が増えてしまっては、さらに肥満を助長することになってしまいますので、充分に注意をして、適切な量を与えるようにしましょう。 徐々に太ってきている場合は、食べている量を控える以外には、なかなか改善しません。 運動量を増やす努力も必要ですが、すでに太っていると、なかなかすぐ運動量が上がりませんので、まずは食事で改善する必要があります。 肥満猫の食事は、カロリーオフになったフードなどを使い、1日の摂取量をコントロールしなければなりません。 肥満猫はどうしても、あげた量よりほしがる傾向がありますが、そこは健康のため、ぐっと我慢。 おやつなども極力与えないようにし、まずは体重を減らす手助けをしてあげましょう。 猫の体重 与える食事 1回の分量 一日の回数 1日の合計 1日のエネルギー 7キロ ドライフード 31g 3回 93g 約280kcal 7. 5キロ ドライフード 33g 3回 100g 約300kcal 8キロ ドライフード 36g 3回 107g 約320kcal 8. 5キロ ドライフード 38g 3回 113g 約340kcal 9キロ ドライフード 40g 3回 120g 約360kcal 9. 5キロ ドライフード 42g 3回 127g 約380kcal 肥満猫さんには肥満猫用のキャットフードを与えることが大事です。 猫さんの健康を保つためにもこ不満さんのご飯はよく考えてあげなければいけません。

次の

猫のご飯はどのくらいあげるべき?正しい量と回数がわかる計算方法

子猫 食事 回数

猫ちゃんの保険ならアニコム損保におまかせ あなたのパートナー猫を探そう。 全国のアニコム損保ペット保険取扱ペットショップから探せるマッチングサイト ハローべいびぃ 小さくてふわふわの子猫をお家に迎えたら、まずは医・食・住をしっかり整えてあげたいですよね。 猫の嗜好は小さいうちに決まるといわれています。 今回は、子猫のごはんのあげ方、選び方についてご説明します。 子猫に与えるごはんの量・時間・回数 たくさん寝て、たくさん遊んで、お腹を空かせては、かわいい声でごはんをねだってくる子猫。 どんなものを、どのくらいあげたらよいのでしょうか。 子猫の週齢・月齢によって与え方が違う 一言で「子猫」といっても、月齢により成長度合いは大きく異なります。 とくにミルクから普通のごはんに変わっていく生後2ヶ月齢までの時期と、ごはんの種類や回数がしっかり定まる6ヶ月齢頃までの間は、その子に合わせてごはんの量や種類などに気をつけて調整してあげましょう。 生後0~2週(授乳期) 生まれてから2週齢頃までは、子猫は母猫の母乳を飲んでいます。 母乳は、高脂肪・高たんぱくで栄養が豊富です。 また、産後すぐの初乳には、移行抗体といわれる細菌などから身を守るための免疫に重要な成分が含まれています。 この時期の子猫は、まだ身体が十分にできあがっていないので、行動範囲が狭いです。 ごはんも、まだミルクしか消化することができません。 子猫を保護した場合や、母猫の体調不良などで、母乳を飲ませてあげられない時には、猫用のミルクをあげるようにしましょう。 1回にあげる量や濃さの調整がしやすい粉ミルクタイプが使いやすいでしょう。 猫用ミルクは、人肌程度に温めて哺乳瓶で与えます。 回数は、1日8回程度で子猫の活動ペースに合わせて、2時間~4時間おきくらいが適当です。 夜間も間が空きすぎないようにあげるようにします。 量は、製品ごとに定められた体重あたりの参考量を目安に作りますが、1回に飲む量は個体差があるので、様子を見ながら調整していきます。 元気な子猫は自力で哺乳瓶からミルクを吸えるので、子猫のペースで飲ませてあげましょう。 ミルクを飲み切るか、満腹になると、子猫は自分で哺乳瓶から口を離します。 飲み終わった後は、排尿・排便のお世話をしてあげます。 子猫が、お腹がいっぱいでもないのに自力でミルクを飲めないようであれば、体調が悪いのかもしれません。 子猫が数時間栄養を取れないでいると、(想像以上に早く)低血糖を起こしてしまうので、早いタイミングで動物病院を受診しましょう。 ワクチンなどを打っていないので、できれば事前に動物病院へ電話をして通院時間や注意事項などを必ず確認するようにしましょう。 子猫が自力でミルクを飲めない場合には、スポイトや注射のシリンジ、チューブなどを用いてあげる方法もあります。 しかし、あげる時に一度に口に入れすぎるとミルクを誤嚥してしまうことなどもあるので、できるだけ動物病院などで一度指導を受けてから行うようにしましょう。 生後3~6週(離乳期) 乳歯が生え始める生後3週齢を過ぎると、子猫はだんだんとミルク以外のものも口にするようになります。 生後3~4週齢になったら、子猫のごはんに、少しずつ離乳食を加えていきます。 子猫用の離乳食は、専用のものを購入することもできますし、子猫用のドライフードをお湯でふやかしたものや、子猫用のウェットフードでも代用できます。 最初は、離乳食に今まで使っていたミルクをかけてあげると、飲み慣れた匂いや味に似るので、子猫にとって食べやすくなります。 温度は人肌程度かややぬるいくらいで大丈夫です。 量は、最初は小さじ1杯程度から始めます。 ごはん(ミルク)のタイミングで離乳食を浅い小さなお皿に少し載せてさし出してあげます。 鼻をくんくんさせて、舌で少し食べれば成功です。 最初はしっかり食べられないので、お皿で離乳食を試した後は、またミルクを飲ませてお腹が膨れるようにしましょう。 食後は、顔のまわりのごはんの汚れをしっかり拭き取るようにします。 慎重な子はなかなかお皿のごはんに近づかないこともありますが、無理せず、指先にのせてさし出すなど、その子のペースで慣らしてあげましょう。 日々、体重を測っておくと、しっかり量を食べられているかの目安になるので安心です。 最初は液体に近いとろとろの状態から始め、徐々に水分を減らして固形に近づけていきます。 この時期から、まだうまく飲めなくても、新鮮なお水を器に入れて置いておいてあげるようにしましょう。 この頃になると、ごはんの回数も1日6回程度、間隔も3~6時間程度にあいてきます。 ほとんどの場合、夜中のミルクはなくても大丈夫になります。 子猫の離乳食については、以下の記事もご参考ください。 生後1ヶ月~6ヶ月(普通食) 乳歯が生えそろう生後6週齢を過ぎると、普通のドライフードやウェットフードを食べられるようになります。 動きも活発になり、成長期のため、体重に比べてエネルギー要求量が大きいので、ごはんは子猫用の総合栄養食を選びましょう。 猫の場合は、離乳期に食べた食事によって、今後の食事の種類の許容範囲が決まることが多いと言われています。 小さいうちに、ドライフードやウェットフード、希望があれば手作りごはんなど、いろいろと試しておくことが望ましいでしょう。 将来、お薬を飲ませる必要が出た時や、災害時などで思うような食事が手に入らないようになってしまった時のためにも、ドライフードもウェットフードもどちらでも食べられる方が安心かもしれません。 ごはんの回数は1日4回から徐々に3回になり、体つきがしっかりしてくるころには2回になっていきます。 猫の本来のごはんの食べ方は、少ない量を何回かに分けて食べる「少量頻回摂取」です。 1回分のごはんを少し食べ残して、半日ほどかけてちびちび食べることも普通です。 その子によっては、1回のごはんをすぐに食べきることもありますし、多頭で暮らしている場合は、その時にあるだけ食べきる傾向が強くなります。 時間をかけて食べる子の場合、ウェットフードなど夏場は傷んでしまうこともあるので、少しずつ食べる分はドライフードにするなど気を付けてあげましょう。 この頃になると、猫はごはんの温度は気にしなくなりますが、ウェットフードの場合は冷蔵庫からの出したばかりのものなど冷たい状態は避けるようにしましょう。 食が細い子の場合は、ウェットフードを少し温めた方が、匂いで食欲もそそられ、小動物を狩ってすぐに食べるという本来の猫の食餌に食べ物の温度が近くなることから、より食べるようになるといわれています。 生後6ヶ月を過ぎると、その子の成長具合によりますが避妊手術や去勢手術を検討する時期になります。 手術後は、成猫用または去勢・避妊手術を行った猫用のごはんに変更していきます。 手術をしない場合でも、10ヶ月齢以降は1日のエネルギー要求量はあまり変化しませんので、成猫用のごはんに変更しましょう。 子猫がごはんを食べないときは? 寝て遊んで食べるのが仕事の子猫が、いつもの時間になってもごはんをねだらなかったり、ごはんをあげても食べないような時には、とても心配になりますね。 子猫の様子をよく観察する まずは、具合が悪くて食べられないのか、その食べ物が好みでないために食べないのかを判断します。 そもそも欲しがらない、あまり匂いも嗅ぎたがらない、という場合は、体調が悪く、食欲が落ちていることが考えられます。 動きも悪かったり、鳴く声も小さかったりほとんど鳴いていなかったりと、元気もない様子があるかもしれません。 お腹の張りや便の状態、くしゃみや鼻水、目やにや熱があるかないか、なども確認してみましょう。 生後数ヶ月の子猫では半日食事がとれないと、低血糖を起こす可能性が高まります。 こういう状態が見られたときには、なるべく早く動物病院を受診することが望ましいでしょう。 大きな子でも元気がない場合や便に異常があったり、鼻水がみられるような場合、また1日以上食べられないような場合には、動物病院を受診するようにしましょう。 一方で、ごはんをねだり、出てきたものを確認はするけれど、食べずに再度要求をする、というような場合は、後者のその食べ物を食べたくないという可能性が高いでしょう。 急に食べ物を変えていないか、食べ物の温度や水分量、固さなどがいつもと違っていないかを確認しましょう。 猫は賢く、以前食べた後に体調を崩した食べ物というのはしっかり覚えていて、(食べ物と体調不良に関係がなかったとしても)その食べ物を、今後は一切食べなくなるということも多くあります。 子猫のごはんでおすすめは? 市販のごはんの選択肢としては、いわゆる『カリカリ』と言われるドライフード(セミドライ含む)か、缶やパウチなどのウェットフードに大きく分かれます。 たくさんの種類のごはんがありますが、栄養バランスの取れた「総合栄養食」で、原材料や成分表示の記載が明瞭であるものから選びましょう。 おやつを足す場合は、1日のカロリー摂取量の1割程度に抑えることが理想的です。 ドライフードかウェットフードかは、猫の嗜好やごはんのあげ方など、その家庭の生活に合わせて選びます。 ウェットフードのメリットは、比較的嗜好性が高いことと水分が無理なく多く取れる点が挙げられます。 ドライフードのメリットは、給餌や保存が容易である点と、同じカサであれば比較的カロリーが抑えめになる点があげられます。 ドライやウェットを混ぜてあげることもあります。 あげる量は、製品ごとに記載のある体重換算表を参考にします。 ただし、あくまでも参考値なので、ごはんを欲しがる要求の強さ、体重の変動、肉付きなどをみながら調整することが必要です。 たくさん食べて太ってしまうけれど、ごはんを減らすと要求が激しいような場合は、腹持ちがよく、カサの割にカロリーは抑えめのダイエット用のフードなどを試してみるのもよいでしょう。 ただし、子猫の時には、あまりダイエットは考えない方がベターです。 モリモリ食べて、たくさん栄養をとることが仕事ですから。 太っているように感じたら、病院の先生にも相談してみてください。 なお、ドライフードの場合は、あまり大きなサイズにしないで、開けたら新鮮なうちに1週間~2週間程度で食べきれるサイズのものを選びましょう。 開封した後は、フードの酸化が進み、開封後時間が経過したフードは猫が食べなくなることがあります。 また、ドライフードのなかには、肉食性の強い猫に合わせて、穀物などを使用しないフードも多く販売されています。 原材料の組成から、高たんぱく、低カロリーになるので、食事量が少量になり、食いしん坊の猫では少し物足りないかもしれませんが、被毛の状態がよくなったり、便の量が少なくなったりするといわれています。 ごはんにこだわる場合、手作りごはんという選択もありますが、猫の好みを優先しながら栄養バランスをとるということは結構難しいです。 しっかり専門家と相談するなどして、小さいうちから始めることが必要ですね。 手作りの場合は、内臓なども含めた「ホールフード(まるごと食べる)」を心がけて、小さいうちからたくさんの種類を与えておくことが肝要です。 猫の嗜好性に影響する要素は、脂肪とテクスチャー(歯触り・舌触り・口あたり)といわれています。 脂肪含量10%程度で水分量60~70%程度の練り物がとくに好むとされ、味覚は、甘味は感知できず、苦み・酸味は苦手とされています。 また、手作りごはんは難しいけれど、加工された製品も少し抵抗があるというような場合には、いずれも輸入製品になりますが、低温加工の食材をフリーズドライにした製品や、生食(なましょく)用のお肉を冷凍したりフリーズドライにした製品もあります。 それらの製品の場合は子猫用の成分調整がなされていないので、月齢ごとに体重あたりでの与える量が参考として規定されています。 与えてはいけない食材はある? 猫の消化機能は人や犬と異なり、いろいろなものをあげすぎると消化できずに下痢などをしてしまうこともあります。 普段のごはん以外は極力与えないことが望ましいでしょう。 トッピングで肉や魚などを足したい場合は、脂や塩分を極力落とした状態にし、1種類を少量ずつ試して、下痢や嘔吐、食欲不振などがないことを確認するようにしましょう。 誤って食べてしまったときに注意が必要な食材には、玉ねぎなどのネギ類や、イカ・エビなどの甲殻類、チョコレートなどがあります。 人間の食べ物はあげない 人が何か食べていると、猫が近づいて興味を示して匂いを嗅ぐ様子がかわいく、ついつい自分が食べているものをお裾分けしたくなってしまいますが、基本的にはあげないようにしましょう。 味付けのあるもの、塩分の高いもの、脂質や糖分の多いものなどは猫の身体にとってもよくありません。 留守番中にいたずらをして食べてしまうような子の場合は、しっかりしまっておくようにしましょう。 猫に猫用ごはん以外の新しい食材をあげるときには、あげてはいけない食材ではないことを確認し、味付けがなく、衛生状態のよいものを少量あげるようにしましょう。 受付時間:平日9:30~17:30 / 土日・祝日9:30~15:30 どうぶつの病気に関するデータを公開 アニコム損保が保有する世界最大規模の診療データをもとに、猫種別・年齢別・性別のかかりやすい病気や、診療費の目安、平均通院回数などの統計データを調べることができます。 監修獣医師 RANKING• ペットには公的な健康保険制度がありません。 動物病院は、自由診療なので、思わぬ高額な診療費がかかることがありま... 2020. 飼い主の食事中、猫が人間の食べ物に興味を示したり、欲しがったりすることもあるのではないでしょうか。 しかし... 2020. 猫がよく吐くのはなぜ? 猫と一緒に暮らしていて気がつくのは、「よく吐く」ということではないでしょう... 2020. 猫と暮らしている人であれば、多くの人が疑問に思うのが鳴く理由です。 声色や仕草などで、ある程度何が言いたいのかわかるという... 2018. 愛猫のお手入れをすることには、うれしいメリットがたくさんあります。 まず、身体を清潔に保つことで、健康維持... 2020.

次の