株 基本。 株初心者のための株式投資講座

株の基本

株 基本

株の買い方(購入方法) 株を買ったり売ったりといった株の取引は、今はスマホやパソコンから簡単にできます。 慣れてしまえば簡単なのですが、初心者のうちは買い注文の出し方や、注文方法の意味もまだよくわからないかと思います。 最初は難しく感じる方も多いので、ここでは初心者の方にコツをつかんでもらうために、株の買い方(購入方法)や売り方についてわかりやすく解説していきます。 株はどこで買えるの?どうやって買うの? まず大前提として「株はどこで買えるのか?」ですが、株を買うときは「証券会社」というところで購入することができます。 基本的に証券会社以外では株を買うことはできません。 証券会社といっても、今は ネット証券で初心者でも簡単に株を買うことができるので、難しそうと思わなくても大丈夫ですよ。 今は スマホがあれば株が買えるので、学生や主婦、子供でも株を買っていますので安心してください。 では次は「株はどうやって買うの?」について、わかりやすく3つのステップで解説していきます。 株の買い方の3つのステップ 株を買うには次のステップで行います。 口座開設 ・・・ 証券会社やネット証券で口座を作る• 銘柄選び ・・・ どの会社の株を買うかを決める• 発注する ・・・ 買い注文を出す 株は証券会社で買うものなので、最初に証券会社やネット証券で口座を作ります。 (銀行口座のようなイメージです) ネット証券ならスマホやパソコンで簡単に口座開設ができます。 1.口座開設(株を買うための口座を作る) 一番最初に行う口座開設はのページで手順を詳しく解説しているのでそちらを参照してください。 大手の証券会社などの店舗窓口で口座を作ることもできますが、わざわざ店舗に行かなければいけないのと、窓口は手数料がかなり高いので 、 初心者のかたは口座開設の申し込みも取引も簡単にできて、取引の手数料も安いネット証券がおすすめです。 ネット証券には、初心者でも使いやすいや、スマホ取引がやりやすい 、最大手の や、楽天会員は簡単に口座開設ができて楽天ポイントも貯まる などいろいろあります。 いずれのネット証券も 口座開設は無料でできるので、まずは口座開設を申込みましょう。 2.銘柄選び(どの株を買うかを決める) 次に、銘柄選びは「どの会社の株を買うか」です。 が魅力的な「優待銘柄」を買うのか、株価が上がりそうな「割安銘柄」を買うのか、「好きな会社の株」「知ってる会社の株」を買うのかなどその人ごとの投資スタンスや戦略で買う銘柄を選んでいきます。 この銘柄選びは株の楽しいところの一つですね。 ここに関してはのページも参考にして下さい。 3.発注する(買い注文を出す) 口座開設が済み、買いたい銘柄も決まったらいよいよ発注です。 買う銘柄と何株買うかを決めて注文を出します。 マネックス証券の発注の画面の買い注文の入力部分はこんな感じです。 買う銘柄を選んだら「何株買うか」「いくらで買うか」を入力するだけ。 簡単ですよね。 細かい条件をつけたい場合(やなどいろいろできます)には設定を変えればできますが、そういうのは慣れてからで大丈夫です。 難しい条件をつけようと思わなければ、「どの画面に行けばいいか」がわかれば買い注文や売り注文を発注するのはすごく簡単にできます。 証券会社によって画面は違いますが、参考としてで実際に株を買う流れを解説した動画を載せておきます。 ネット証券の口座開設は無料で口座を持てばツール等も使えるのでいろいろ試してみましょう。 株はいくらから買える?資金は最低いくら必要? 「株はいくらから買えるの?」「株を買うには資金はいくら必要なの?」という質問をたまにされます。 買いたい銘柄(どの株を買いたいか)よって必要な資金は違ってきますが、何百万円も資金がないと株を買えないわけではないので安心してください。 10万円の資金があれば買える銘柄は1000社以上あります。 (参考:) 中には1万円以下で買える株もありますので、 株を始めるための資金に関してはそこまで心配する必要はありません。 株を買う時には、株の銘柄ごとに決まっている「 単元(最低売買単位)」というものがあります。 これは、「この株は何株単位で買うことができる」という単位です。 例えば単元が100株の銘柄の場合は100株単位で売買をすることになります。 売買単位未満の株数での売買、例えば1株だけとか50株という単位での売買は基本的にはできません。 そこで、 買いたい銘柄を見つけたら、まずは株価がいくらで単元(最低売買単位)が何株かを調べ、投資金額がいくら必要かを調べましょう。 単元は100株のところが多いです。 単元の調べ方はという本を見たり、インターネットでは証券会社のホームページや、などで検索窓に会社名や証券コードを入れて個別の企業の情報のページへ行くと見ることができます。 ネット証券の画面はこんな感じです ネット証券で口座を作り、ホームページ上でログインすると、それぞれの銘柄ごとの以下のような情報を見ることができます。 全上場銘柄のこれらの情報が 証券会社やネット証券の口座を持っているだけで無料で見ることができます。 証券会社によって表示のレイアウトなどは違いますが、基本的な情報はどこの証券会社でも大体見ることができます。 大手の証券会社である野村證券や大和証券でも、ネット証券のマネックス証券やSBI証券や楽天証券などでも、基本的な情報は無料で見ることができますので、まずは自分に合いそうな証券会社を見つけ、その証券会社のホームページの見かたに慣れましょう。 ここで知っておきたいのは、株を買うときのルールや手順です。 証券会社の口座開設後に「実際に株を買う方法」について解説していきます。 まずはどうやって発注するか(買い注文を出すか)の「注文方法」から見ていきましょう。 注文方法(株の買い方のルール)を知っておこう 株の注文方法は、ゲームでいうとルールのようなものです。 基本的なルール(注文の方法)を覚えたらあとは自分の投資センスが活かされてきますが、基本的なルールを知らないと戦略をたてることもできません。 基本的には「指値注文」「成行注文」という注文方法を使うのですが、逆指値という非常に便利な注文方法もあります。 指値注文・・・値段を決めて買う• 成行注文・・・今買える値段ですぐに買う• ただ、逆指値という注文方法を知らないと、「そんなことができたならあそこで儲けることができたのに!」という後悔をすることになってしまいます。 さらに慣れてくるとなどの特殊注文が使えるネット証券もありますが、それは中級者以上の応用編として、まずは基本となる「指値」「成行」「逆指値」の注文方法の違いはしっかりとおさえておきましょう。 早く覚えるなら「習うより慣れろ」が一番 次のページからは注文方法の違いや、注文のしかたの具体的な部分を解説していきますが、これに関してはいくら解説を読むよりも実際にやってみるのが一番わかりやすいと思います。 スポーツなどもそうですが、入門書を読むだけよりも実際にやりながら入門書を読むことで覚えるのが早くなります。 早く株の買い方を覚えたいのであれば、ここで売買のやりかたを見ながら、実際に安い株を買ってみると株の注文が経験・体験となります。 株の注文は慣れてしまえば当たり前のことなのですが、何ごともはじめの1回目を踏み出すことが大事ですからね。 まだ実際の売買はしたくない場合は取引をしなくてもかまいません。 ただ、 証券会社の実際の株の取引画面を見ながら解説を見たり覚えたりしたほうがわかりやすいです。 もしまだネット証券の口座を持っていなければ、まずはネット証券で口座を作ってみてください。 株価やチャートを見てみたり、優待銘柄を検索してみたり、その企業に関する情報を見てみたりといったことは全て証券口座を持っていれば無料でできます。 口座開設はどこのネット証券も無料なので、まずはを参考にいろいろな証券会社の口座開設をして、自分にあった証券会社の口座を開設してみて下さい。 実際に株を買ったり売ったりといった株の売買をすることができるのは、証券会社の口座にお金を入金してからになりますので、「よくわからないうちに口座を作ったら間違って買ってしまった」なんてことはありませんので安心してください。 証券会社の口座に入金したお金の範囲内で株の売買ができるので、投資資金を入金するまでは買いの注文を出しても受け付けてもらえません。 株の買い方は、ことができたら「銘柄と株数を決めて発注」というのはどこの証券会社でも同じですが、証券会社ごとに画面が違います。 株取引の画面への行き方や、発注画面のデザインなども違います。 そこで、主要なネット証券や大手証券会社のオンライントレードで株を買う手順を画像つきで解説するページを作成しましたので参考にしてみてください。 (オンラインサービス)• (オンライントレード)• (日興イージートレード)• (みずほ証券ネット倶楽部).

次の

やさしい株のはじめ方

株 基本

そんなときに利用したいのが株価チャートです。 株価チャートは、株価の動きを見るためのグラフで、基本的には 「ローソク足(あし)」「出来高(できだか)の棒グラフ」「移動平均線」という3つのパーツでできています。 ローソク足は、株価の動きを示したもの。 ローソクのような形をしていて、長方形の胴体部分と上下の線(上ヒゲと下ヒゲ)から成ります。 上ヒゲは高値、下ヒゲは安値を示すものです。 ローソクの胴体部分は、白抜きのものと黒塗りのものとがあります。 白抜きのローソク足は「陽線」と呼ばれ、下辺はある期間の最初についた値段である「始値(はじめね)」を、上辺はある期間の最後の値段である「終値(おわりね)」を示します。 一方、黒塗りの方は「陰線」と呼ばれ、上辺が始値、下辺が終値です。 そして、これらのローソク足を左から右に連ねて株価の変動を示したものがローソク足チャートです。 ローソク1本で1日の動きを示す日足(ひあし)チャート、1週間の動きを示す週足(しゅうあし)チャート、1ヵ月の動きを示す月足(つきあし)チャートなどがあり、株価の大きなトレンドを見るには月足、細かい動きを確認するには日足というように使い分けるといいでしょう。 その株が人気化してくると棒グラフは高くなり、人気が沈静化してくると低くなります。 基本的には線の向きがトレンドを示し、 線が上向いていれば上昇トレンド、下向いていれば下降トレンドと判断できます。 値動きが上昇基調にあるときに買って、その上昇を享受する。 そして上昇が終わり、下降トレンドに転換したときに売却するのです。 今が上昇トレンドかどうかは、株価チャートを見て、 (1)ローソク足が右肩上がりに上昇していること、(2)移動平均線も上昇していること、などで判断できます。 注意したいのは、 下降トレンド中の株には手を出さないということ。 いずれは下降が止まって上昇に転換するだろうと思っても、その日がいつ来るかわかりません。 そのときまで損失を膨らませることになり、大変危険です。 業績や将来性、PERなどでよいと思う銘柄でも、株価チャートが下降トレンドなら、上昇トレンドに転換するまで買いは保留しましょう。 上昇トレンドの「押し目買い」を狙え! 上昇トレンドの中でも、「押し目(おしめ)」で買うことができたら、あなたも立派な中級者! 押し目とは、上昇トレンド中で一時的に下落したところをいいます。 上昇トレンド中でも、株価は上がったり下がったりしながら上昇していきます。 そこで、一時的に下がったところで買えれば、安く買えることになるのです。 具体的には、株価チャートを見て、上向いている移動平均線に目をつけて、株価がその線の付近に落ちてきたところで買いましょう。 たとえば、上で紹介している月足チャートのオレンジの点線で囲んだ部分を見ると、移動平均線が2本とも上向いていて、ローソク足はおおむねこれらの線に支えられる形で長期的な上昇トレンドを続けているように見えます。 そこで、株価が上の移動平均線近辺まで下がってきたときが第一の買いポイント、下の移動平均線近辺まで下がってきたときが第二の買いポイントになります。 これらのポイントをおさえて、将来性のある株を少しでも安く手に入れましょう!.

次の

株の買い方(購入方法)を3ステップでわかりやすく解説/i

株 基本

〇株をはじめようにもどこから手をつけていいか分からない 〇買ったがどこで売っていいか分からない 人に聞くこともできない 〇ネットや新聞、雑誌の情報も今ひとつ信用できない 〇銀行や証券会社の商品もいまひとつふやすことができない 株式投資は学校でも教えることがないですし分からなくて当然です。 ですが何も知らずに株式投資の世界に足を踏み入れるのはあまりにも危険です。 そのためには自分で判断し株で利益を残していく方法を身につけないといけません。 株式投資歴20年の私が株をする上で最低限知っておいてほしい 四季報のポイントや売買のコツをわかりやすくお話しさせていただきます。 このセミナーで学べること ・株式投資をするうえで知っておいてほしい事実 ・株価の動きはどういったものがあるか ・全体の流れをつかむ大切な指標とシグナル ・四季報の大切さと効率よく成績をアップさせる銘柄の選び方 など テーマごとに分かりやすく 質問ももちろん可能ですので 気軽にご参加ください。 【講師プロフィール】 恵泉株式投資塾 代表 中原晋庸 株式相場を33年研究している父の元で、 株の売買を勉強し高校卒業以来22年間 株の売買を実践してきました。 どのように銘柄を選び 注文のタイミング、 売買の心構えやルールを守り売買することで コンスタントに利益を出すことができます。 調整できる場合もございますので気軽にご相談ください。 テーマごとに分かりやすく 質問ももちろん可能ですので 気軽にご参加ください。 など キャンセルポリシー 参加申し込みのキャンセルはご連絡をお願いします。 セミナーカテゴリー ビジネスセミナー マーケティング 資格 政治・経済 飲食・フードビジネス コーチング コンサルタント リスクマネジメント 独立・起業 朝活・昼活・夜活 勉強会・交流会 就職・転職 経営 業務改善・内部統制 法対応 人事育成 医療 英会話 営業 税務・税法・会計 コミュニケーション スキルアップ 速読 リーダー研修 講演会 中国語 副業 マネーセミナー 投資 相続 保険 不動産投資 FX キャッシュフローゲーム 海外不動産投資 株式投資 仮想通貨・ビットコイン 先物 情報技術セミナー SEO ITビジネス・運用 ソフトウェア ウェブ集客 広告・メルマガ・ライティング プログラミング 生活・文化・健康セミナー ダイエット 芸術 健康 カウンセリング スポーツ・健康・フィットネス 住まい・暮らし ライフスタイル・文化 介護 子育て 婚活.

次の