カウンター ダイニング テーブル。 キッチンとダイニングをつなぐLDKの主役。 食事もできる「キッチンカウンター」

キッチンとダイニングをつなぐLDKの主役。 食事もできる「キッチンカウンター」

カウンター ダイニング テーブル

0 0 0 0 キッチンとダイニングが別々になった独立型のキッチンの間取り。 キッチンとダイニング空間が一体になったダイニングキッチン。 キッチンとダイニングとリビングが同じ空間にあるLDKタイプの間取り。 どんなパターンの住まいでも、ダイニングテーブルを置く時、• どんな配置にすれば広々と見えるのか? 通路をどこに確保すれば動きやすいのか? 窮屈に感じないスペース配分は? など、テーブルを買う前に考えておく必要があります。 ダイニングテーブルを買う前に知っておいた方が良いのが、テーブルや椅子の周りに必要なスペース配分ですが、それは「」「」を参考にして頂くとして、今回は、キッチンが見える部屋にダイニングテーブルをレイアウトする時、どんなパターンがあるのか? を24例を元に紹介していきたいと思います。

次の

こんな発想無かった!!キッチンとダイニングのレイアウト厳選24例

カウンター ダイニング テーブル

テーブルにティッシュボックスを置きたくないと考えている人は テーブル下の活用が有効的です。 ダイニングテーブルの設計上天板の裏側に凹凸があるテーブルもあります。 そういった構造の机は天板裏も収納に活用するアイディアがあるんですよ。 ダイニングテーブルの裏側に突っ張り棒とゴムバンドをでティッシュボックスホルダーを設置しています。 ゴムバンドなので取り付けも取り外しも簡単に出来るのも魅力的ですね。 動線を考えて対角線上にティッシュをもう一つ配置することで使い勝手も考えられています。 100均アイテムで揃えられる収納アイディアなので参考にしやすいですね。 例えばテレビ台やカウンター収納、テーブルとしてといったように他の用途でも使える収納棚もあります。 キッチンカウンターと間仕切り、収納を一体にしたダイニング収納もあります。 この家具はバタフライテーブルになっており天板部分の折り畳みが可能です。 リビングとダイニングなど置く場所によって 手軽に間取りを変えることが出来るのも魅力的ですね。 このカウンターを置いたら模様替えが楽しい時間になること間違いなしですよ。 木目調の収納棚は清潔感もあり、キッチンとダイニングを仕切りたい場合に最適な家具ですね。

次の

ダイニング収納アイディア43選!棚・テーブル下の活用アイディアやおすすめブログなど紹介

カウンター ダイニング テーブル

家を建てる時、キッチンにカウンターテーブルって付けたくなりませんか? 新居はおしゃれにカウンターテーブル・・・という人が多いですよね。 おしゃれということもそうですが、もしカウンターテーブルをダイニングテーブルの代わりにしてしまえば、お部屋も広くなりますよね。 私もそうしようと思ってたんです。 それで間取りも、ほぼ決定していたんです。 が!よ~くよ~く考えて、カウンターテーブルをやめ、ダイニングテーブルを置くことに決めました。 最初からよく考えてカウンターテーブルに決めたはずなのですが、なぜ途中でカウンターテーブルをやめたのか?その辺りをご紹介していきたいと思います。 カウンターテーブルは人気なだけあって、みなさん色々意見していましたので、そちらもまとめました。 どうぞご参考にして下さい。 Contents• キッチンをカウンターテーブルしたかった理由 私がカウンターテーブルにしようと思ったのは、 ダイニングテーブルを置くより部屋が広くなるし、ダイニングテーブルの必要性をあまり感じなかったからです。 ダイニングテーブルがある生活とない生活の両方を経験しているのですが、ダイニングテーブルがあった時も、料理の時の一時物置き場としてしか使ってなかったので「無駄だな~」と思っていました。 その時に住んでいたアパートは、何となく雰囲気的にダイニングテーブルで食べる気がしなかったので、いらないんだけどダイニングテーブルがないと料理の時に置き場所がなくて困る・・・みたいな感じでした。 一度引っ越しをしたのですが、その時は気に入った部屋が狭かったというのと「ダイニングテーブルはいらない」と思っていたので、ダイニングテーブルを処分しました。 すると、 掃除機もモップ掛けも楽だし、ダイニングテーブルの椅子の裏のホコリも気にしなくていいし、何より「使っていないのに置いておく」という無駄がなくなったことが、すごく気分がよかったです。 でもダイニングテーブルを置かないという事は、必然的にリビングのローテーブルで食事をすることになります。 前の家でもリビングで食事していたので、慣れっこなのですが、やっぱり 立ったり座ったりが面倒臭いんですよね。 年のせいもあるかもですが(笑)ご飯を運んで、さぁ食べようとなった時に、何か持ってくるものを忘れた!ってなった時なんて、めちゃくちゃ面倒臭いです。 ご飯を食べ終わった後も、床に座っているとついついゆっくりしてしまいます。 すると、片付けるのも面倒になってダラダラしてしまう・・・そんなことが多くありました。 そう、だからローテーブルでなく、ダイニングテーブルでなく、カウンターテーブルがにしようと思ったんです。 でもカウンターテーブルも難点があるんですよね。 スポンサーリンク キッチンのカウンターテーブル 私がやめた理由 カウンターテーブルで食事するということは? もしカウンターテーブルにして、ダイニングテーブルを置かない場合、ゆっくりご飯をする時はリビングのローテーブルになりますよね。 そうすると、私のしょうもない理由なんですが、ホットプレートで焼き肉とかお好み焼きとかやる時も、カウンターテーブルじゃできないので、リビングでやることになりますよね。 そうすると下に敷いているラグやじゅうたんに油飛ぶよなぁ~と思ったんですよね。 ダイニングで下がフローリングなら、クイックルワイパーでいいや・・・と、気楽に考えられるんですが、ラグやじゅうたんが汚れてしまうとなると、ホットプレートをやること自体諦めてしまいそうだなと思ったんです。 ホットプレートはたまにやるとテンションが上がるので(笑)やりたかったんです。 それが、カウンターテーブルじゃ難しいし、リビングだとラグが汚れる・・・というのも、私がカウンターテーブルにしなかった理由の1つです。 カウンターテーブルで食べる時を想像 カウンターテーブルでごはんを食べる時を想像すると・・・「誰もいないキッチンに向かってご飯を食べる」ということが多くなりません? 例えば、朝食を食べる時にみんなで食べるか?又は子供や旦那に先に食べてもらい、その間に奥さんが洗濯など他の家事をする・・・など、いろんなパターンがあるかと思います。 もし、みんなで食べるにしても、誰もいないキッチンに向かってご飯を食べることになりますよね。 一列に並んで。 奥さんは家事をして子供や旦那さんに先にご飯を食べてもらうにしても、誰もいないキッチンに向かって食べるか?キッチンに奥さんがいるとしたら、何か作業をしている場合がほとんどな感じしません? ご飯の時の想像した時に、カウンターテーブルで1人でも2人でも3人でも、何もないキッチンに向かってご飯食べるって何だかな~と思ったんですよね。 これが景色がいい庭だったりするなら、まだ違うかもしれないですが、見えるのはキッチン・・・。 何かそれがヤダ。 ダイニングテーブルで1人で食べるのとも違うんですよね。 カウンターテーブルで誰もいないキッチンに向かって食べるのって「壁に向かって食べる」状況と似てません?他に広く食べれる空間もあるのに、大きい空間の中でわざわざ壁に向かって食べなくても・・・って感じに思ったんです。 スポンサーリンク カウンターテーブルで居酒屋風? これは私がカウンターテーブルをやめた理由でなくて、前から疑問だったことなんですが「居酒屋風にしたい」「バーのようにしたい」ということでカウンターテーブルにするケースがすごく多いです。 テレビでもよく観たし友人にもいます。 居酒屋風にしたりバーっぽくしたいのって、奥さん又は旦那さんがずっとキッチンにいることありきで考えているケースがほとんどじゃないですか?居酒屋風ってそういう事ですよね。 奥さん(又は旦那さん)に、つまみを作ってもらってカウンター越しに出してもらったり、お酒を出してもらったりしながら、対面で話して飲むのって楽しいと思うんですよ。 でもこれって、1時間も2時間もやってられないですよね。 奥さん又は旦那さんをずっと立たせておくつもり?じゃないですよね? おつまみなどがひと段落したら、奥さん又は旦那さんも座りたいですよね。 だとしたら、そのままキッチン側に椅子を持ってきて座るか?カウンターに並んで座るか?です。 上にも書きましたが、その時に誰もいないキッチンに向かって座り、お酒を飲むのってどうなの?それなら最初からリビングでくつろぎながら飲んだり、ダイニングテーブルで向き合って飲んだ方が、ゆっくりできるんじゃない?とか思うんですよね。 スポンサーリンク キッチンにカウンターテーブルのみんなの意見 カウンターテーブルにしようか?ダイニングテーブルにしようか?考えてる時に、ネットでも色々と情報を集めていました。 私と同じように、カウンターテーブルにしようか?ダイニングテーブルにしようかを迷っている方がたくさんいました。 そしてその意見のほとんどが 「ダイニングテーブルの方がいい」 でした。 それはなぜかと言うと、 カウンターテーブルはすぐに物置きになってしまったり、いつしか使わなくなってしまうから。 この「物置きになってしまう」という意見はすごく多くて、最初は「朝はここでコーヒーを飲んで、ハムエッグを食べて・・・」とオシャレ生活することに憧れて、カウンターテーブルを設置するのですが、結構早いうちに物置きになってしまうんだそうです。 せっかくオシャレにしようとしたのに、物置きになってしまうのは真逆ですもんね。 キッチンのカウンターテーブルは必要?? まとめ まとめると、ダイニングテーブルがある生活とない生活をした結果は、なければ掃除などは楽だけど、ローテーブルだと立ったり座ったりが面倒だったりなどの不便もあり、ダイニングにテーブルは必要だと判断。 なので、カウンターテーブルにしようとするが、実際生活した時のことをリアルに想像してみると、誰もいないキッチンに向かって食べるのってどうなの?と思うようになり、ダイニングテーブルにしようと決断。 って感じです。 ズラズラと意見を書いてるうちに「誰もいないキッチン」というワードがよく出てきたので「私は相当誰もいないキッチンが嫌なんだな」って思いました。 何か虚しい気がしちゃうんですよね。 私、ごはん屋さんでもカフェでも何でもカウンターで1人食べるとかが苦手なので、余計嫌だったかもです。 だから抵抗ない人やキレイにしておける人はいいかもですね。 でも、憧れやオシャレっぽいなどの簡単なイメージだけで決めてしまうと、後悔してしまうパターンも多いようなのでリアルなことはちゃんと考えた方がよさそうです。 私はカウンターテーブルにしなくて良かったと今でも思ってます。

次の