資生堂 コロナ ウイルス。 資生堂、ジョブ型人事に移行 社長「究極の適材適所」(朝日新聞) 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出…|dメニューニュース(NTTドコモ)

資生堂社長、新型コロナ下でeコマース強化-世界売上高の3割見込む

資生堂 コロナ ウイルス

資生堂が開発した手指消毒液(クリックで拡大)出典:資生堂 資生堂では「新型コロナウイルス感染の抑制に関して、あらゆる可能性を考え実行していきたい」(資生堂 代表取締役社長兼CEO 魚谷雅彦氏)という方針を示しており、さまざまな対策に取り組んでいる。 その一環として今回、新たに、手荒れに配慮した手指消毒液を独自開発した。 その後、関係省庁との協議を経て、那須工場(栃木県大田原市)において2020年4月17日から生産を開始する。 同年5月以降は、大阪工場(大阪府大阪市)、掛川工場(静岡県掛川市)、久喜工場(埼玉県久喜市)でも生産を開始し、1カ月で合計20万本(約10万リットル)の消毒液を生産し、医療機関を中心に提供する。 また、厚生労働省から承認を受けた手指消毒液の承認情報(処方)は、他企業にも広く開示するという。 資生堂では、海外でも既に消毒液の生産を行っている。 フランスでは、バル・ド・ロワール工場(オルレアン市)で、1カ月で約8万本ペースで消毒液を生産し、医療機関へ提供している。 また、米国では、イーストウィンザー工場(ニュージャージー州)で初回生産8. 5万本の消毒液を生産し、医療機関へ提供を開始したところだという。 関連記事• アイリスオーヤマは2020年3月31日、不織布マスクの国内生産を開始すると発表した。 以前から行う中国での生産に加え、宮城県角田市の角田工場を改修しマスク生産を行う。 シャープは2020年3月24日、三重県多気郡多気町の同社工場において不織布マスクの生産を開始したと発表した。 シャープも含め、日本政府のマスク増産要請に応じた増産10社の生産増加分は月4500万枚以上になる見込みだ。 ソフトバンクグループの孫正義社長兼会長は2020年4月11日、中国の電池および電気自動車(EV)メーカーである比亜迪(BYD)と提携し、国内向けにマスクを月3億枚のマスクを調達することを明らかにした。 MONOist、EE Times Japan、EDN Japanのアイティメディア製造業向け3媒体は「新型コロナウイルス感染症のモノづくりへの影響に関するアンケート調査」を実施した。 調査期間は2020年3月16〜25日で、有効回答数は217件。 本稿では、その内容について紹介する。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行に伴い、重症患者の治療に必要とされる人工呼吸器、さらには診察・治療のための検査キットや医療用マスク、防護具などが不足している。 こうした状況を受け、今積極的に支援活動を展開し、その輪を広げようと、さまざまな施策を打ち出しているのが3Dプリンタメーカーだ。 関連リンク•

次の

資生堂が新型コロナ対策で消毒液の生産開始、月10万リットルを医療機関へ提供

資生堂 コロナ ウイルス

新型コロナのパンデミック(世界的大流行)の影響で各地で百貨店が休業し、人々が外出を控えるようになったため、顧客が商品に触れることを重視する化粧品の販売は減少している。 市場調査会社インテージが国内のドラッグストアやコンビニなどを調査したところ、5月初めの週の化粧品売り上げは年始と比較して18%減少した。 資生堂の1-3月期決算のは前年比で17%減った。 一方、中国市場は回復している。 デパートの資生堂店舗で働く店員は商品を説明するライブ動画配信を始め、「オンラインとオフラインを融合させた販売」が奏功したという。 魚谷氏は「中国のリカバリー(回復)のスピードがすごい」と説明。 日本でも同様の販売方法の導入を検討している。 単価の高い高級化粧品については「もっとカウンセリングを聞きたい」という希望があるほか、新型コロナ対策でマスクを着けて肌荒れしている人が多く、対処法についての情報などが必要になっており、ニーズがあるという。 CLSA証券で化粧品業界の株式調査を担当するオリバー・マシュー氏は電子メールでの取材に対し、資生堂は、顧客に到達するためのルート、特にeコマースにより重点を置いて改善すべきであり、新型コロナの影響などにより必要な変化が加速するだろうとの見方を示した。 米国でのeコマース比率も伸びて足元では30%となった。 実店舗での購入が多い日本でも、新型コロナをきっかけに消費者がネットと店舗を「うまく使い分けるようになる」と話す。 非中核事業の売却や戦略的なM&A(合併・買収)も視野に入れている。 「多少売上高が落ちても、収益性を重視する」と魚谷氏。 ブランドポートフォリオの多様化や組み換えも必要になり得ると指摘する。 同社のブランドのうち、中国専用として展開する「AUPRES(オプレ)」については、新型コロナ下でも売り上げが伸びている大事なブランドであり、さらなるリニューアルが必要との考えを示した。 一方、アジアで18-21歳の若い女性をターゲットとする「( ジーエー)」については、「NARS(ナーズ)」など他のブランドと比べ、現時点で「プライオリティーが高いブランドでない」とコメント。 2年前の販売体制見直しなどにより、足元では黒字化しているという。 ジェフリーズ証券の宮迫光子アナリストは、インバウンドの減少で落ちた需要を中国本土での売上高の増加でカバーするのは厳しいとの見方を示した上で、魚谷氏が社長に就任した14年ごろから資生堂はすでに経費の見直しを積み重ねており、今以上の抜本的改革を実施するには人員削減も視野に入れるべきだと述べた。

次の

新型コロナ「“除菌グッズ”無理に買わなくていい」衛生のプロに聞いた

資生堂 コロナ ウイルス

その他の企業の株価変動• 無印良品を展開するの株価終値は前週末比5. 2%安の1893円• ユニクロを展開するも5. 7%安の5万8460円• オリエンタルランドは7. 8%安の1万4500円-終値ベースで約4年ぶりの下落率• 備考:日本経済新聞は25日、台風など雨の日が多く入園者数が減少したためにオリエンタルランドの2019年4-12月期の連結営業利益が前年同期比6%減の1000億円前後となったもようだと報道• は3%安の3441円-終値ベースで17年5月以来の安値• 9%安の3134円-16年11月以来の安値• HISは6. 8%安の2548円と7カ月ぶりの下落率• は10%高の4420円-09年9月以来の高値• 3%安の2252円 中国で35店舗を展開するも、24日から武漢の7店舗の営業を中止している。 武漢以外の上海や蘇州などの一部店舗でも営業時間を短縮しているという。 広報担当の村松春菜氏が明らかにした。 武漢で3カ所のショッピングモールを含め5店舗を展開するは、現地政府からの日用品や食料品販売の継続要請もあり、現在も店舗の営業を続けている。 同社広報担当の末吉真氏が明らかにした。 ただ、一部の従業員が出勤できていないことから営業時間や店舗内の営業スペースを縮小しており、武漢での売上高は通常時との比較で半分程度まで減少しているという。 現地に駐在する日本人社員は12人で、一部の人員を残し帰国する予定だという。 中国ツアーをキャンセル HISは1月に出発する中国行きのパッケージツアーのキャンセルを決定。 同社広報担当は、武漢に向かうものはないものの上海ディズニーランドが閉鎖されたことで観光地を組み込んだツアーが成立しなくなっていると説明した。 また、1月出発分で航空とホテルだけの「スケルトン」と呼ばれる形態で販売したものについては、全額の払い戻しができるよう対応しているという。 では、16日に日本国内で初めて感染者が確認されて以降、卸売会社からのマスク注文が通常時の約10倍に増加。 同社広報担当の渡辺仁志氏によると、17日から24時間のフル生産の態勢をとっているものの一部で供給に遅れも発生しているという。 大幸薬品では、ウイルスや菌などの除去に利用されるクレベリンに関する問い合わせが増えているという。 同社IR担当の中川竜太氏によると、中国では製品を販売しておらず認知度が低いものの、同国からの問い合わせもあるという。 前期(19年3月期)にクレベリンが品薄になったため、今期(20年3月期)は期初から工場をフル稼働させており現在もその状態は続いていると話した。 菅義偉官房長官は27日午前の記者会見で、新型肺炎による観光業への影響について「まずは情報収集を行うことが重要、その上でどういった対策が必要かしっかり検討していきたい」と述べた。 中国人観光客は急増しており昨年の訪日外国人全体の約30%を占めたという。 死者数80人に 新型コロナウイルスの感染による中国国内の死者数は武漢市を中心に24人増え少なくとも80人に達した。 中国当局は感染拡大ペースを抑えようと、春節(旧正月)の連休の延長を決定した。 中国国務院によると、当初は30日に終わる予定だった春節連休は2月2日まで延長される。 同国の国家衛生健康委員会は、全土での感染症例が2744件に達したと発表した。 これまでに世界で確認された症例のうち98%を中国本土が占める。 中国政府のウェブサイトによれば、李克強首相は27日、武漢市を訪問し、感染拡大阻止の作業を視察するとともに、患者を見舞ったり医療スタッフを慰労したりすることを計画している。 日本国内では26日に4例目の感染が確認された。 日本政府は同日、民間のチャーター便を使用し、武漢市在住の邦人の希望者全員を帰国させる方針を発表した。 武漢市に本社がある東風汽車と合弁を組むホンダは現地対応が必要な数人を除いて駐在員や家族、出張者など約30人をチャーター便で帰国させる方針を26日に決定。 同様に東風との合弁で中国で事業展開する日産自動車も同市の出向者と家族は一部を除いて同便で帰国させる方針を明らかにした。 安倍晋三首相は27日朝の衆院予算委員会で、新型肺炎を感染症法上の指定感染症に28日の閣議で指定する方針を表明した。 指定感染症になると、患者の強制入院や就業制限などが可能になる。 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は26日のツイッター投稿で、新型コロナウイルスへの対応を巡り、中国政府当局者や医療専門家と会うため北京に向かっていることを明らかにした。 WHO西太平洋地域事務局長を務めた尾身茂・地域医療機能推進機構理事長は24日ので、感染者が潜伏期間内であったり、熱が低い「軽症」のケースも多かったりするため、新型コロナウイルスの検疫での水際対策は「難しい」との認識を示した。 重症急性呼吸器症候群(SARS)が流行した03年と比べ、中国人の国内外への移動が多くなっていることも水際対策を難しくしていると指摘した。 日本政府観光局によると、昨年の訪日中国人は959万4300人に上り、03年の44万8782人と比べると20倍以上に増加している。 国家衛生健康委の馬曉偉主任は26日の記者会見で、「ウイルスの潜伏期間は10日程度で、最短1日、最長14日であり、潜伏期間であっても感染の可能性がある。 それがSARSと大きく異なる点だ」と語った。

次の