テントウムシ さなぎ。 テントウムシってさなぎになる?

福光村昆虫記(テントウムシ卵,幼虫,蛹)

テントウムシ さなぎ

1日に、テントウムシの幼虫はアブラムシを20匹ぐらい、成虫では100匹ぐらい食べます。 たとえば「アブラムシだらけ」のヨモギには、約2000匹ぐらいのアブラムシがいます。 ちょうど幼虫6匹が成虫になるまでの2週間分のアブラムシです。 テントウムシの成虫は、砂糖水だけをなめさせても長生きはしますが、それだけでは卵を産む力はありません。 卵を産ませるためにはアブラムシを食べさせなければならないのです。 学校農園や通学路に生えているヨモギやセイダカアワダチソウなどに注意して、アブラムシを集めてきます。 アリはアブラムシを運んで増やし、アブラムシのお尻から出る甘い汁をなめます。 ですからアリが目印になります。 春4月はクローバ、クロマツ、モミジ、バラ、ハルジョン。 5-6月はコムギ、ヤナギ、ムクゲ。 夏はヨモギ、セイタカアワダチソウ。 9月はクリ、ヨモギなどについています。 どんな植物についているどんな種類のアブラムシでも良いですが、「ニセアカシア」という木の汁は、ナナホシテントウには「毒」です。 それでニセアカシアの新芽についているアブラムシだけはナナホシテントウに食べさせてはいけません。 アブラムシは、ついている枝(ヨモギだったら15cmぐらい)ごと大きめにとってきます。 切り取るときにゆするとアブラムシはパラパラ落ちてしまうので、そっとビニール袋(ジップロックなど口がきちんと閉まるものだと逃げないので便利です)に入れて持ってきます。 餌をあげるときは、植物を飼育箱に入る大きさに切ってそのまま入れます。 あるいは、絵筆でアブラムシを払い落としてあげます。 学校農園の作物など、大切な「切り取れない植物」の場合には、紙を敷いたふたつきの入れ物などに筆でアブラムシを払い落として持ってきて、与えます。 1回に枝ごと採ってきたアブラムシは、ジップロックなどに入れてきちんと口を閉め、「許可を得て」冷蔵庫に入れておけば、3-4日生きています。 ジップロックの中には水滴が出てきて、歩き回るアブラムシがおぼれて死んでしまうので、ペーパータオルなどを下に敷いて、湿気が吸えるようにしておきます。 あるいは、タッパーにハクサイの葉を1枚入れて、その上にアブラムシを払い落として、涼しいところでアブラムシを飼うこともできます。 ヨモギなどが枯れないで長く残るようにしてあげれば、それだけアブラムシも長持ちします。 ナナホシテントウムシの一生 (約20日で成虫になり、2ヵ月ぐらい生きます) 明け方、いよいよ羽化します。 約30分ぐらいで羽化してしまいます。 羽化したばかりのテントウムシにホシはありません。 はじめはだいだい色やミルク色です。 20分ぐらいすると後羽根(飛ぶときに使う羽根)が伸びてくるので、それまでにぶつからずに羽根を伸ばせる場所を探しまわります。 伸びた羽は15分ほどで乾き、前羽根の中にたたまれます。 羽化をはじめてから、ここまでで1時間半ほどです。 そのあと、だんだんとホシが出てきます。 はじめはぼんやりしていますが、1日ぐらい休んで餌を食べはじめます。 10日くらいで交尾をはじめます。 そして、餌の量によりますが、2日から10日ぐらいで産卵をはじめます。 産卵は1日おきに30個ぐらいずつ、1ヵ月ぐらい続きます。 アブラムシがたくさんいれば、それを食べてどんどん卵を産みます。 普通は200個ぐらい、多いときは1匹で1000個も生みます。 寿命は2ヵ月ぐらいですが、秋に生まれた成虫は越冬して、次の年の春まで生きています。 1年に3-4世代育ちます。 ただし、条件が良いと、1年ぐらい生きていた雌もいるそうです。 真夏になって気温が27度以上になるとアブラムシは減ってきます。 ですから、東京では7月に入るとアブラムシが減ってきます。 (涼しい北海道などでは、夏にもアブラムシがいます) 自然のナナホシテントウは、アブラムシがいなくなるこの時期、「夏眠」といって、落ち葉の下などの涼しいところで眠ってしまいます。 そこで、飼っている場合にも、餌をやらずに暗くて涼しいところで眠らせましょう。 フィルムケースやタッパーなどに入れて、冷蔵庫に入れて長く眠らせることもできます。 眠る前にアブラムシを良く食べさせておけば、冷蔵庫で3ヵ月ぐらい眠っても大丈夫だと言われています。 もしアブラムシがつかまえられるならば、もちろん夏も続けて飼うことができます。 このように、学校が夏休みの間はテントウムシにも眠ってもらうことができるのです。 ナナホシテントウとと違って、ナミテントウはあんまり眠らないと言われています。 アブラムシを捜す特別な力があるのでしょうか。 そして周囲に緑が多い「白い」建物に集まります。 (たとえば、学校です! )白い建物がないところでは、枯れた大きな木や、岩(切り通しの露岩)などに集まります。 太陽の光を反射して、テントウムシには白く見えるのでしょうか。 夕方気温が下がってくると、そこから歩いていける範囲にある、風の当たらない隙間にだんだんと集まってきます。 11月いっぱいぐらいで暖かい日ごとに集まるテントウムシが増えてきます。 面白いことに、一度越冬した場所では、次の年にも越冬するようです。 こうして集まって越冬するのはナミテントウです。 1匹で越冬するよりもたくさん集まっている方が生存率が高いのが知られています。 ところが、ナナホシテントウは集まっても2・3匹で、落ち葉の下などで越冬しますから、捜しにくいのです。 そして冬でも暖かな日には動き出して、ひなたぼっこをします。 飼育したテントウムシは、飼育箱ごとダンボール箱に入れて、寒い風の当たらないベランダなどで冬ごしさせます。 飼育箱のまわりには枯れ葉や湿らせた新聞紙などを入れて、乾燥を防ぎます。 追伸 先日、ヤチダモの木が早々と葉を落として白くなるのを見ながら考えました。 ヤチダモは、アブラムシの一種が越冬して新芽で増殖する場所として知られていますが、この木をテントウムシも探すかもしれないですね。 秋に肌が白く見える木には、もしかするとアブラムシも集まっているのでしょうか?機会があったら調べてみたいです。

次の

テントウムシの幼虫色々。食べ物は?育て方は?

テントウムシ さなぎ

1日に、テントウムシの幼虫はアブラムシを20匹ぐらい、成虫では100匹ぐらい食べます。 たとえば「アブラムシだらけ」のヨモギには、約2000匹ぐらいのアブラムシがいます。 ちょうど幼虫6匹が成虫になるまでの2週間分のアブラムシです。 テントウムシの成虫は、砂糖水だけをなめさせても長生きはしますが、それだけでは卵を産む力はありません。 卵を産ませるためにはアブラムシを食べさせなければならないのです。 学校農園や通学路に生えているヨモギやセイダカアワダチソウなどに注意して、アブラムシを集めてきます。 アリはアブラムシを運んで増やし、アブラムシのお尻から出る甘い汁をなめます。 ですからアリが目印になります。 春4月はクローバ、クロマツ、モミジ、バラ、ハルジョン。 5-6月はコムギ、ヤナギ、ムクゲ。 夏はヨモギ、セイタカアワダチソウ。 9月はクリ、ヨモギなどについています。 どんな植物についているどんな種類のアブラムシでも良いですが、「ニセアカシア」という木の汁は、ナナホシテントウには「毒」です。 それでニセアカシアの新芽についているアブラムシだけはナナホシテントウに食べさせてはいけません。 アブラムシは、ついている枝(ヨモギだったら15cmぐらい)ごと大きめにとってきます。 切り取るときにゆするとアブラムシはパラパラ落ちてしまうので、そっとビニール袋(ジップロックなど口がきちんと閉まるものだと逃げないので便利です)に入れて持ってきます。 餌をあげるときは、植物を飼育箱に入る大きさに切ってそのまま入れます。 あるいは、絵筆でアブラムシを払い落としてあげます。 学校農園の作物など、大切な「切り取れない植物」の場合には、紙を敷いたふたつきの入れ物などに筆でアブラムシを払い落として持ってきて、与えます。 1回に枝ごと採ってきたアブラムシは、ジップロックなどに入れてきちんと口を閉め、「許可を得て」冷蔵庫に入れておけば、3-4日生きています。 ジップロックの中には水滴が出てきて、歩き回るアブラムシがおぼれて死んでしまうので、ペーパータオルなどを下に敷いて、湿気が吸えるようにしておきます。 あるいは、タッパーにハクサイの葉を1枚入れて、その上にアブラムシを払い落として、涼しいところでアブラムシを飼うこともできます。 ヨモギなどが枯れないで長く残るようにしてあげれば、それだけアブラムシも長持ちします。 ナナホシテントウムシの一生 (約20日で成虫になり、2ヵ月ぐらい生きます) 明け方、いよいよ羽化します。 約30分ぐらいで羽化してしまいます。 羽化したばかりのテントウムシにホシはありません。 はじめはだいだい色やミルク色です。 20分ぐらいすると後羽根(飛ぶときに使う羽根)が伸びてくるので、それまでにぶつからずに羽根を伸ばせる場所を探しまわります。 伸びた羽は15分ほどで乾き、前羽根の中にたたまれます。 羽化をはじめてから、ここまでで1時間半ほどです。 そのあと、だんだんとホシが出てきます。 はじめはぼんやりしていますが、1日ぐらい休んで餌を食べはじめます。 10日くらいで交尾をはじめます。 そして、餌の量によりますが、2日から10日ぐらいで産卵をはじめます。 産卵は1日おきに30個ぐらいずつ、1ヵ月ぐらい続きます。 アブラムシがたくさんいれば、それを食べてどんどん卵を産みます。 普通は200個ぐらい、多いときは1匹で1000個も生みます。 寿命は2ヵ月ぐらいですが、秋に生まれた成虫は越冬して、次の年の春まで生きています。 1年に3-4世代育ちます。 ただし、条件が良いと、1年ぐらい生きていた雌もいるそうです。 真夏になって気温が27度以上になるとアブラムシは減ってきます。 ですから、東京では7月に入るとアブラムシが減ってきます。 (涼しい北海道などでは、夏にもアブラムシがいます) 自然のナナホシテントウは、アブラムシがいなくなるこの時期、「夏眠」といって、落ち葉の下などの涼しいところで眠ってしまいます。 そこで、飼っている場合にも、餌をやらずに暗くて涼しいところで眠らせましょう。 フィルムケースやタッパーなどに入れて、冷蔵庫に入れて長く眠らせることもできます。 眠る前にアブラムシを良く食べさせておけば、冷蔵庫で3ヵ月ぐらい眠っても大丈夫だと言われています。 もしアブラムシがつかまえられるならば、もちろん夏も続けて飼うことができます。 このように、学校が夏休みの間はテントウムシにも眠ってもらうことができるのです。 ナナホシテントウとと違って、ナミテントウはあんまり眠らないと言われています。 アブラムシを捜す特別な力があるのでしょうか。 そして周囲に緑が多い「白い」建物に集まります。 (たとえば、学校です! )白い建物がないところでは、枯れた大きな木や、岩(切り通しの露岩)などに集まります。 太陽の光を反射して、テントウムシには白く見えるのでしょうか。 夕方気温が下がってくると、そこから歩いていける範囲にある、風の当たらない隙間にだんだんと集まってきます。 11月いっぱいぐらいで暖かい日ごとに集まるテントウムシが増えてきます。 面白いことに、一度越冬した場所では、次の年にも越冬するようです。 こうして集まって越冬するのはナミテントウです。 1匹で越冬するよりもたくさん集まっている方が生存率が高いのが知られています。 ところが、ナナホシテントウは集まっても2・3匹で、落ち葉の下などで越冬しますから、捜しにくいのです。 そして冬でも暖かな日には動き出して、ひなたぼっこをします。 飼育したテントウムシは、飼育箱ごとダンボール箱に入れて、寒い風の当たらないベランダなどで冬ごしさせます。 飼育箱のまわりには枯れ葉や湿らせた新聞紙などを入れて、乾燥を防ぎます。 追伸 先日、ヤチダモの木が早々と葉を落として白くなるのを見ながら考えました。 ヤチダモは、アブラムシの一種が越冬して新芽で増殖する場所として知られていますが、この木をテントウムシも探すかもしれないですね。 秋に肌が白く見える木には、もしかするとアブラムシも集まっているのでしょうか?機会があったら調べてみたいです。

次の

てんとう虫の幼虫→さなぎ→成虫まで!寄生する害虫も!? 黒二つ星は注意!

テントウムシ さなぎ

草の葉や茎にアブラムシがびっしり付いているのを見ると、背筋が思わずゾゾーッとしてしまいますが、アブラムシはテントウムシの大好物。 アブラムシのいるところには、テントウムシがいます。 幼虫を見たことがない、という人は結構多いのではないでしょうか。 下の写真の上の方にいるのがナナホシテントウの幼虫、下の方にいるのが成虫です。 こんなに細長い幼虫が、あの真ん丸の成虫に変身するわけですから、実に不思議ですね。 とはいえ、イモムシがチョウチョになるように、昆虫の世界では「大変身」はごくごく当たり前のことですが……。 成虫もアブラムシを食べます。 つまり、テントウムシは生まれてから死ぬまで、ひたすらアブラムシを食べ続けるわけです。 細長かった幼虫がサナギになると、こんな風に形が丸くなります。 このサナギは模様がまだはっきりしていないので、サナギになって、そんなに日がたっていないものだと思います。 ちなみに、右側が頭、左側がお尻です。 羽化の際には、頭(右側)から姿を現します。 トレードマークの水玉模様はまだありません。 羽化から丸一日ほどたつと、成虫として活動を始めます。 飛び立つ時、太陽に向かって飛び立つことから名前が付いたといわれますが、太陽とテントウムシは形がともに真ん丸というだけでなく、明るくて健康的なイメージもピッタリです。 太陽と結びつけた「天道虫」というネーミング。 だれが付けたか分かりませんが、実によくできているなーと、いつも感心します。 松井修一.

次の