へそ ごま。 へそのゴマ、ずうっと放置していたんだけど…大丈夫?

へそのごまの取り方!オリーブオイルでふやかして安全に!

へそ ごま

へそがくさい!その原因とは? へそが臭う原因も体臭と同じく様々な理由があります。 もちろん体臭が強いひとはへそも臭うことが多いようです。 そんな臭いの原因をいくつか考えてみましょう。 一番の臭いの原因は汚れです。 へそからの臭いの多くは汚れなのですがその原因は体臭と同じく汗や皮脂、垢などが多く体を洗うはずの石鹸かすや体を洗った後に流しきれなかった石鹸カスなども原因となります。 そんな汚れが原因で雑菌が繁殖し臭い出してしまうのがおへそが臭い理由といえるでしょう。 うまく洗えていない 実際に汚れていると言うより汚れが残っているという状態です。 おへそはヘコんでいてそれこそ汚れが溜まりやすい場所です。 それでいてデリケートな場所ですからうまく洗えていない人も多い場所です。 子供の頃「おへそのごまを取るとお腹が痛くなる」という話を聞いたことがある人も多いと思います。 これは実は迷信でも何でもなく、確かにおへそを触りすぎると内蔵に近いために痛くなることがあります。 へその下には腹膜という内蔵を守る膜があへそを触りすぎると痛くなることがあります。 そういったことで実際に洗えていないということも臭いの原因となっています。 へその形状が少し深い、歪んでいる へその形状が少し深かったり歪んだりしていて洗っているつもりでも実は奥の方が洗えていないという状態です。 この場合には単純に綿棒などを使用すれば比較的洗浄しやすいと思います。 湯船に浸からない これは若い人に多いのかもしれませんが入浴時に湯船に浸からない人はおへその臭いが取れないことがあります。 シャワーで済ませることが多い人と言い換えることもできます。 これは単純に湯船に浸かって垢や汚れがふやけて出ていくからです。 しかしシャワーだけで済ませることが多いとこのふやけて出ていくという状態になりにくく臭いの原因が少しずつ蓄積されていくことになります。 太っている 太っている人は実際に汗の分泌が多いために臭う原因がへその中にもでます。 そして太っている人は往々にしてへそが周囲から圧迫され穴が潰されていることが多くなるようです。 また、汗腺や皮脂腺の活動も活発に行われていますから分泌物も多くなります。 へそのごまは取ってもいいの? そんな悪者の「へそのごま=へその汚れ」はとっても良いのでしょうか? へそのごまの正体って? へそのごまの正体はほとんどが垢です。 垢は皮脂や汗の分泌によってできてきます。 この垢が溜まってくると臭いだしますから適切に処置しておきましょう。 取り過ぎてもダメ!? 実際にはへその周囲は内臓に近い場所でもあり確かに触りすぎると腹痛を起こす場合があります。 とはいえそのまま放置しておくのはもってのほかです。 適切に除去するようにしましょう。 へその掃除はどうしたらいいの? 毎日掃除する必要はありませんが、へその掃除は週に2〜3回でOKです。 定期的に掃除をしておけば基本的にはきれいに保つことができます。 へその掃除はやりすぎると痛くなる へその下、5mmは内蔵です。 へその部分は他の場所と違って皮下組織がほとんどありませんからへそを触るとその5mm下の腹膜を刺激することになります。 だからと言って掃除をしないのは雑菌も増えますし衛生的にもよくありません。 まれな事例ですが、へその垢を放置しすぎると「臍炎(さいえん)」という感染症の病気の可能性もあります。 何よりも臭いがどんどんキツくなっていきます(笑) 正しいへそのお手入れについて へその掃除はいくつかの方法があります。 基本的には「あまり触りすぎない」ことですが定期的に掃除をすることで十分清潔な状態を保つことができます。 入浴時に優しく 一番簡単でよいのは入浴時にへその中を少しくるくると柔らかいタオルやガーゼで拭き取ることです。 この場合に体洗いのナイロンタオルなどを使用してしまうと傷ついてしまうこともあるので注意してください。 基本的にはこの方法で十分です。 オイルと綿棒を使って 入浴時の掃除で取り切れないものがあるようなら綿棒とオイルで掃除をします。 掃除をするのは入浴直後の少し汚れがふやけて柔らかくなっているときがよいでしょう。 オイルはベビーオイルが優しくて良いと思いますがなければクレンジングオイル、オリーブオイルで代用してもOKです。 綿棒にオイルをつけ優しくへその中を掃除します。 汚れた綿棒を取り替えながら少しずつ垢を取り除きます。 へそゴマを取るための商品なども販売されていますが通常はオイルと綿棒でもよいと思います。 どの位の周期で掃除したらいいの? 最初の入浴中の「くるくる掃除」は週に1回から3回程度でよいでしょう。 オイルと綿棒を使用した掃除はへその中への刺激が少しあるので週に1回程度にしておきましょう。 へそピアスは大丈夫? へそと言えば最近はへそにピアスをする人も増えてきています。 ピアスがあることで気をつけないといけないことも増えます。 ピアスを衣類などで引っかけてしまうとへその周囲を痛めてしまいます。 また、ピアスを開けた直後は衛生的にも十分に気を使う必要があります。 へそピアスをするときに気をつけたいこと へそは体の中心にあります。 へそは生まれる前のお母さんの胎内で栄養を貰うためのへその緒の痕ですが、生まれてからは特に何かをするという場所ではありません。 しかし、へその中は内蔵から近い場所になりますから注意は必要です。 ピアスをするときに若い人は気軽に開けてしまいます。 耳たぶのピアス くらいであれば友達同士で開けてしまうといった経験をした方も多いでしょう。 しかし、ピアスを体に穴を開ける行為です。 本来は衛生面では十分に注意する必要があります。 ピアスは病院で ピアスは体に穴を開ける行為です。 どんな場合でも感染症や化膿などのトラブルの可能性があります。 自分で開ける、ピアススタジオなどで開けるという人も多いのですがリスクやトラブル時のことを考えるとやはり病院での施術をオススメします。 特にへその場合は耳たぶよりも難しくなりますし痛みも伴います。 病院であれば麻酔も使用出来ますし使い捨ての医療用のニードルを使用して施術をしますから安心です。 もちろんピアススタジオなどでも使い捨ての器具を使用するとは思いますが… 後々のトラブルも含め病院での施術が良いでしょう。 費用は1万円から1万5千円程度かかりますがさまざまなトラブルリスクを考えると是非とも病院で行いましょう。 へそが臭い!理由とへその正しいお手入れの方法のまとめ へそのにおいの元は「へそのゴマ」です。 へそのゴマはへその中の垢です。 見た目がゴマのような垢がたまることからへその垢のことを「ゴマ」と呼ぶようになったと言われています。 へその掃除はこまめに少しずつ行い日常的に清潔保つことが大切です。

次の

おへそが臭い?!意外と洗えてない「へそのごま」が体臭の原因に!

へそ ごま

有害細菌数• トイレの便器の水:約300個• へそのごま :約120万個 その差、なんと 4000倍近くです。 ちょっと物凄い汚さですよね ・・; 想像したくありません。。。 へそのごまは黒色? へそのごまと言えば、黒色ですよね。 ごまっていう表現だし、もちろん黒を思い浮かべますよね。 でも実は、へそのごまって元々は 『白』なんです。 元々っていうより、 『できたては白い』という事です。 元々は白いへそのごまに、ホコリや汚れや皮脂といったものが混ざって、それが乾燥すると黒くなってしまうそうです。 って事は、 『へそのごま=黒い』は、 へそのお手入れをきちんとしていませんよ!って事がバレバレという事に。。。 へそのごまは取っちゃいけないの真相は? 年配の方が特に言うのですが、 「へそのごま」は取っちゃいけないという説です。 あなたも小さい頃言われた事はありませんか? 以前は、 「へそのごま」はいじってはいけないと言われていましたが、現在では、 おへそは週に2~3回お掃除をしたほうが良いといわれています。 その理由は、 不衛生でありニオイの原因だけではなく 湿疹や化膿の恐れもある為です。 へそのごまを放置しているとどうなる? 更に、長い間放置している状態でいると、 皮膚に癒着してしまい、自分で除去できなくなってしまったりもします。 高齢者によくある症状で、巨大な「へそのごま」が皮膚に癒着してしまい、除去には手術が必要となるというものです。 ただ、 おへその中の皮膚は非常に薄いので、間違えたケアを行うと、 皮膚を傷つけてしまったり、内臓を刺激してしまうので、 腹痛や下痢の原因にもなります。 取っちゃいけないと言われていたのは、これが原因かもしれませんね。 確かに私も、何度も へそをいじってお腹が痛くなった事があったので、その都市伝説的な迷信を信じていたものです。 誰もお腹が痛くなる事を望んでいませんので。 と言うことで、ここからは 「へそのごま」の正しい取り方について調べてみましたので、紹介したいと思います。 スポンサーリンク へそのごまの取り方は? 「へそのごま」は、 無理に取っては絶対にいけません。 「へそのごま」の取り方はいくつかあるので、 その時の症状に合わせて適したケアを行いましょう。 入浴時にしっかり洗う 毎日のケアとしては、 入浴時にしっかりと体を洗うということです。 お腹を洗う時に、 おへそも洗ってしっかりと泡を洗い流しましょう。 泡が残っていると、これも「へそのごま」の原因になりますので注意が必要です。 水で流すだけでなく、1日おきぐらいで良いので、 指でおへその中をくるくるとなでるように洗っておきましょう。 これだけで、 表面についている汚れをしっかりと落とすことができます。 オリーブオイルやベビーオイルを使う 「へそのごま」が見えている場合や、ニオイが気になる場合には、 綿棒にオリーブオイルやベビーオイルをつけて、おへその中をくるくると掃除してみましょう。 綿棒だけでは、 滑りが悪くてお肌を傷つけてしまう可能性があります。 「へそのごま」が取れるだけでなく、 ケア後のお肌を保湿することができるので、必ずオイルをつけて優しく行いましょう。 子供の場合は、皮膚科や小児科で取ってもらう 子供のおへそのケアの場合には、 無理に行うと綿棒が奥までささってしまう、などの危険が伴います。 機嫌が良い時を狙って行うことや、 「へそのごま」が出来ないように、 しっかりと体を洗うことが大切です。 どうしても気になる場合には、 皮膚科や小児科で除去してもらうと良いでしょう。 子供の場合、予測しない動きをしたり、皮膚が大人よりもさらに薄いので、傷をつけてしまう恐れがあります。 不安がある場合には、無理に自分でケアしようとせずに、医師に相談してみると良いでしょう。 見える場所にある場合は、優しく除去• 発生しないように、衛生的に保つことが大切• ため過ぎると、ニオイだけでなく、肌トラブルの原因にもなる 正しいおへそのケアをすることで、薄着の季節でも 「へそのごま」のニオイを気にしなくて良くなるでしょう。 また大人だけでなく、子供も 「へそのごま」が生成されます。 自分の子供がクサいと感じたら、オムツや口だけでなく、 おへそのニオイもチェックしてみると良いでしょう。 ニオイの原因がおへその場合も十分考えられますので。 意外と行き届きにくいおへそのお手入れですが、この記事を読んだあなたは正しい知識と方法を理解する事が出来たはずです。 ご意見、ご感想がありましたら、コメントしてくださいね。

次の

へそのゴマ掃除はオリーブオイルで!ごま油でもいいって?

へそ ごま

へそがくさい!その原因とは? へそが臭う原因も体臭と同じく様々な理由があります。 もちろん体臭が強いひとはへそも臭うことが多いようです。 そんな臭いの原因をいくつか考えてみましょう。 一番の臭いの原因は汚れです。 へそからの臭いの多くは汚れなのですがその原因は体臭と同じく汗や皮脂、垢などが多く体を洗うはずの石鹸かすや体を洗った後に流しきれなかった石鹸カスなども原因となります。 そんな汚れが原因で雑菌が繁殖し臭い出してしまうのがおへそが臭い理由といえるでしょう。 うまく洗えていない 実際に汚れていると言うより汚れが残っているという状態です。 おへそはヘコんでいてそれこそ汚れが溜まりやすい場所です。 それでいてデリケートな場所ですからうまく洗えていない人も多い場所です。 子供の頃「おへそのごまを取るとお腹が痛くなる」という話を聞いたことがある人も多いと思います。 これは実は迷信でも何でもなく、確かにおへそを触りすぎると内蔵に近いために痛くなることがあります。 へその下には腹膜という内蔵を守る膜があへそを触りすぎると痛くなることがあります。 そういったことで実際に洗えていないということも臭いの原因となっています。 へその形状が少し深い、歪んでいる へその形状が少し深かったり歪んだりしていて洗っているつもりでも実は奥の方が洗えていないという状態です。 この場合には単純に綿棒などを使用すれば比較的洗浄しやすいと思います。 湯船に浸からない これは若い人に多いのかもしれませんが入浴時に湯船に浸からない人はおへその臭いが取れないことがあります。 シャワーで済ませることが多い人と言い換えることもできます。 これは単純に湯船に浸かって垢や汚れがふやけて出ていくからです。 しかしシャワーだけで済ませることが多いとこのふやけて出ていくという状態になりにくく臭いの原因が少しずつ蓄積されていくことになります。 太っている 太っている人は実際に汗の分泌が多いために臭う原因がへその中にもでます。 そして太っている人は往々にしてへそが周囲から圧迫され穴が潰されていることが多くなるようです。 また、汗腺や皮脂腺の活動も活発に行われていますから分泌物も多くなります。 へそのごまは取ってもいいの? そんな悪者の「へそのごま=へその汚れ」はとっても良いのでしょうか? へそのごまの正体って? へそのごまの正体はほとんどが垢です。 垢は皮脂や汗の分泌によってできてきます。 この垢が溜まってくると臭いだしますから適切に処置しておきましょう。 取り過ぎてもダメ!? 実際にはへその周囲は内臓に近い場所でもあり確かに触りすぎると腹痛を起こす場合があります。 とはいえそのまま放置しておくのはもってのほかです。 適切に除去するようにしましょう。 へその掃除はどうしたらいいの? 毎日掃除する必要はありませんが、へその掃除は週に2〜3回でOKです。 定期的に掃除をしておけば基本的にはきれいに保つことができます。 へその掃除はやりすぎると痛くなる へその下、5mmは内蔵です。 へその部分は他の場所と違って皮下組織がほとんどありませんからへそを触るとその5mm下の腹膜を刺激することになります。 だからと言って掃除をしないのは雑菌も増えますし衛生的にもよくありません。 まれな事例ですが、へその垢を放置しすぎると「臍炎(さいえん)」という感染症の病気の可能性もあります。 何よりも臭いがどんどんキツくなっていきます(笑) 正しいへそのお手入れについて へその掃除はいくつかの方法があります。 基本的には「あまり触りすぎない」ことですが定期的に掃除をすることで十分清潔な状態を保つことができます。 入浴時に優しく 一番簡単でよいのは入浴時にへその中を少しくるくると柔らかいタオルやガーゼで拭き取ることです。 この場合に体洗いのナイロンタオルなどを使用してしまうと傷ついてしまうこともあるので注意してください。 基本的にはこの方法で十分です。 オイルと綿棒を使って 入浴時の掃除で取り切れないものがあるようなら綿棒とオイルで掃除をします。 掃除をするのは入浴直後の少し汚れがふやけて柔らかくなっているときがよいでしょう。 オイルはベビーオイルが優しくて良いと思いますがなければクレンジングオイル、オリーブオイルで代用してもOKです。 綿棒にオイルをつけ優しくへその中を掃除します。 汚れた綿棒を取り替えながら少しずつ垢を取り除きます。 へそゴマを取るための商品なども販売されていますが通常はオイルと綿棒でもよいと思います。 どの位の周期で掃除したらいいの? 最初の入浴中の「くるくる掃除」は週に1回から3回程度でよいでしょう。 オイルと綿棒を使用した掃除はへその中への刺激が少しあるので週に1回程度にしておきましょう。 へそピアスは大丈夫? へそと言えば最近はへそにピアスをする人も増えてきています。 ピアスがあることで気をつけないといけないことも増えます。 ピアスを衣類などで引っかけてしまうとへその周囲を痛めてしまいます。 また、ピアスを開けた直後は衛生的にも十分に気を使う必要があります。 へそピアスをするときに気をつけたいこと へそは体の中心にあります。 へそは生まれる前のお母さんの胎内で栄養を貰うためのへその緒の痕ですが、生まれてからは特に何かをするという場所ではありません。 しかし、へその中は内蔵から近い場所になりますから注意は必要です。 ピアスをするときに若い人は気軽に開けてしまいます。 耳たぶのピアス くらいであれば友達同士で開けてしまうといった経験をした方も多いでしょう。 しかし、ピアスを体に穴を開ける行為です。 本来は衛生面では十分に注意する必要があります。 ピアスは病院で ピアスは体に穴を開ける行為です。 どんな場合でも感染症や化膿などのトラブルの可能性があります。 自分で開ける、ピアススタジオなどで開けるという人も多いのですがリスクやトラブル時のことを考えるとやはり病院での施術をオススメします。 特にへその場合は耳たぶよりも難しくなりますし痛みも伴います。 病院であれば麻酔も使用出来ますし使い捨ての医療用のニードルを使用して施術をしますから安心です。 もちろんピアススタジオなどでも使い捨ての器具を使用するとは思いますが… 後々のトラブルも含め病院での施術が良いでしょう。 費用は1万円から1万5千円程度かかりますがさまざまなトラブルリスクを考えると是非とも病院で行いましょう。 へそが臭い!理由とへその正しいお手入れの方法のまとめ へそのにおいの元は「へそのゴマ」です。 へそのゴマはへその中の垢です。 見た目がゴマのような垢がたまることからへその垢のことを「ゴマ」と呼ぶようになったと言われています。 へその掃除はこまめに少しずつ行い日常的に清潔保つことが大切です。

次の