小田急 バス。 羽田線(羽田・横浜

三鷹駅のバス時刻表とバスのりば地図|小田急バス|路線バス情報

小田急 バス

停車バス停一覧• バス乗換路線• バス乗換路線• バス乗換路線• バス乗換路線• バス乗換路線• バス乗換路線• バス乗換路線• バス乗換路線• バス乗換路線• バス乗換路線• バス乗換路線• バス乗換路線• バス乗換路線• バス乗換路線• バス乗換路線• バス乗換路線• バス乗換路線.

次の

小田急バス|バス時刻表やバス停検索|路線バス情報

小田急 バス

小田急シティバスの高速バス車両() 小田急シティバス株式会社 Odakyu City Bus Co. Ltd. Ltd. )は、のバス事業者であるの全額出資により、(12年)に設立された同社のである。 小田急バスが行っていた事業を移管し、また若林営業所管内のをするために設立された。 概要 [ ] 2000年から、小田急バスより高速バス路線の移管を受け営業開始。 翌(平成13年)より小田急バス若林営業所管内の一般路線を受託開始開始。 (平成14年)より事業も開始している。 本社は、(営業所略号「 B」)と同じ2-39-4 にあり、小田急シティバスとしては同位置に 世田谷営業所のみを有する。 とが交差する「若林陸橋」東側に位置し、車庫は陸橋の東西に分かれて設置されている。 当営業所(名は「 若林営業所」)を経由する自社路線は一部出庫便を除いて存在せず 、最寄り停留所は「若林」 )である。 一般路線の運行エリアは、本社・営業所のある世田谷区内を中心にへ至る路線などがある。 世田谷区の受託運行も行う。 沿革 [ ] 夜行高速バス「ルミナス号」の女性専用車• (25年) - 小田急バス若林営業所として現在の東京都世田谷区若林二丁目37番3号に開設。 (12年)• - 小田急シティバス設立。 - より夜行路線「」を移管され、高速バスの運行業務開始。 (平成13年) - 小田急バスより若林営業所管内一般路線の管理受託を開始。 (平成14年)- 夜行高速バス全路線が小田急シティバスによる運行となる。 - 貸切バス事業を営業開始。 (平成17年) - 夜行高速バス「ルミナス号」でを運行開始。 (平成18年)• - 貸切バス専用の営業所として 若葉台営業所を開設。 11月 - 世田谷区コミュニティバス「成城・祖師谷地域循環路線」を小田急バスから移管• (平成19年) - 一般路線バスにおいてを導入。 (平成20年) - 昼行高速バス「」を運行開始。 (平成23年) - 貸切バスの運行エリア縮小に伴い、若葉台営業所を閉鎖。 (平成30年) - 新社屋完成に伴い、本社・世田谷営業所を旧所在地から80m東側の東京都世田谷区若林二丁目39番4号に移転。 営業所 [ ] 本社・世田谷営業所• 所在地 - 2-39-4 設立から2018年6月11日に新社屋に移転するまでは、東京都世田谷区若林2-37-3に所在した。 - 、世田谷ナンバー() 若葉台営業所(閉鎖)• 所在地 - 黒川 付近、「下黒川」停留所前。 ナンバープレート -• 2006年8月30日、貸切バス専用の営業所として設立。 発足時には大型貸切バス5台が所属した。 2011年9月30日、貸切バスの運行エリア縮小に伴い閉鎖された。 若葉台営業所閉鎖後、所属車両は世田谷営業所へ転属している。 現行路線 [ ] 自社運行路線は高速路線と祖師谷・成城地域循環で、他の一般路線は小田急バスからのである。 一般路線 [ ] 梅ヶ丘線 [ ]• 渋54: - 駒場 - - 代沢小学校 - 宮前橋 - - 六所神社前 -• 渋54: - 駒場 - - 代沢小学校 - 宮前橋 - (深夜バスも運行) 歴史• (昭和29年) - 渋谷駅 - 梅ヶ丘駅 - 経堂駅間として開通。 - 渋谷駅 - 梅ヶ丘駅間に短縮。 (平成13年) - 小田急シティバスが運行受託を開始。 (平成15年) - 一部便を希望ヶ丘団地まで延長。 (平成21年) - 希望ヶ丘団地便を廃止し、夜間の一部の便を除き梅ヶ丘駅北口行きを経堂駅まで延長 渋谷駅から主にや梅丘通りを経由して梅ヶ丘駅・経堂駅まで結ぶ路線である。 この路線は当初経堂駅 - 渋谷駅間で運行されていたが、1970年代に梅ヶ丘駅 - 渋谷駅間に短縮されたものである。 開通間もない頃には、が車掌に扮した映画が撮影されている。 渋谷駅から淡島までは の(渋51・52系統)と並行している。 以前は大型車運用の路線だったが、小田急シティバス委託開始の少し前から中型車運用の路線に変わった。 現在、梅ヶ丘駅折返便では駅北口のロータリーで折り返しているが、かつては駅の南側で折り返し、小田急小田原線の化工事の際には駅に程近い折り返し所で引き返していた時期もあった。 小田急小田原線の高架化による踏切解消後のより、一部の便が梅ヶ丘駅北口から先、梅01の路線に入り、経堂・希望ヶ丘団地まで向かう様になった。 さらに翌年のからは、渋谷駅から道玄坂上までは(梅ヶ丘方向)を上がらず、玉川通り()経由に改められた。 (渋谷駅 - 成城学園前駅)と(渋谷駅 - 調布駅南口)は変化がなく、道玄坂経由のままであるが、道玄坂でが行われる時と21時以降はこれらの2系統も玉川通り(国道246号)を経由する。 その後経堂駅の駅前広場の完成に伴い、のダイヤ改正により希望ヶ丘団地行きが廃止され、夜間の一部便を除きほぼすべての便が梅ヶ丘駅北口から経堂駅まで延伸された。 これにより概ね運行開始当初の路線に戻った形となった。 経堂線 [ ]• 経02:経堂駅 - 経堂赤堤通り団地 - 希望ヶ丘団地 - 上北沢二丁目 - (世田谷区コミュニティバス「経堂・八幡山路線」、と共同運行)• 土休日23時台の1本は「経堂駅」を通過。 梅02:経堂駅 - 六所神社前 - 梅ヶ丘駅北口• (平成13年) - 小田急シティバスが運行受託を開始。 (平成14年) - 千歳船橋駅発の便を希望ヶ丘記念公園経由に変更。 (平成15年) - 深夜バス系統・歳24の運行を開始。 (平成21年) - 経01、梅02の運行を開始。 (平成26年) - 経02(世田谷区コミュニティバス「経堂・八幡山路線」)の運行を開始。 経堂線にはを通る区間があり、その渋滞の影響を受けて遅延する事が多かった。 遅延の影響を抑えることと、駅から遠い千歳台地域の交通の便を確保するために複雑なルート設定になっている。 梅01系統は「水道辻」停留所より梅ヶ丘駅まではほぼ赤堤通りの上がルートになっているが、一旦赤堤通りから外れ、経堂駅を通り、また赤堤通りに戻る。 この部分に「赤堤小学校前」「大和橋」「経堂駅」「経堂駅入口」「ユリの木公園」「赤堤」の6ヶ所の停留所が設定されている。 土休日の上り最終便だけは「経堂通過」と時刻表に掲載されているが、実際にはショートカットの形で赤堤通りを直進し、6停留所を経由せずに運行している。 経堂駅駅前広場の完成に伴う2009年8月31日のダイヤ改正により、経01(梅01の経堂駅以東をカット)、梅02(梅01の経堂駅以西をカット・出入庫系統)が新設され、ほとんどの便は経01による運行にシフトし、梅01は梅02同様主に出入庫便による運行になった。 また早朝1本だけ設定されている希望ヶ丘団地発着の梅01は、歳25の出入庫便である。 歳22系統は、2009年夏までは日中のみ6便、約30分 - 2時間半おきに設定されていたが、2009年8月31日のダイヤ改正により休日の夕方1本のみに減便された。 梅01・経01の路線上、希望ヶ丘団地停留所から経堂駅方面に2つめに「八幡山」という停留所があり、京王線からは1km以上離れていたが、2016年4月11日に「希望ヶ丘東公園」に改称された。 2014年1月16日から、経02系統が新設された。 世田谷区の公式サイトでは コミュニティバス「経堂・八幡山路線<経02>」として扱われている。 京王バス永福町営業所との共同運行で、料金も京王バスに合わせている。 平日は7時台~20時台、土休日は7時台〜18時台の運行で30分ヘッド。 経堂駅から経01,梅01系統と同じルートを進み、「桜上水二丁目」を過ぎて「水道辻」 千歳船橋方面 の直前の交差点で左折し、希望ヶ丘通りへ入る。 上北沢二丁目~八幡山駅~上北沢二丁目間は、を周回する片循環である。 この路線の開業で、経堂駅周辺の商圏・赤堤地区と、上北沢・八幡山地区が乗り換えなしに移動できることになった。 途中八幡山駅方面にある「すきっぷ前」停留所は、同系統開通と同時に新設された。 経堂駅方面は、経01系統などの本線系統にある「水道辻」停留所と位置が近いため、設置されなかった。 2016年10月17日のダイヤ改正より、経由地が船橋交番北経由から希望ヶ丘団地経由に変更となった。 船橋希望ヶ丘線 [ ]• 歳25:千歳船橋駅 - 船橋地区会館 - 希望ヶ丘団地(世田谷区コミュニティバス「希望が丘路線 千歳船橋ルート」) 歴史• 2003年3月30日:運行開始 世田谷区の公式サイトでは コミュニティバス「希望が丘路線(千歳船橋ルート)」として扱われている。 をルートにしている。 は埋設されている上水道管を保護する必要上、道路を走る自動車の重量に制限が設けられている。 その重量制限の関係と、世田谷特有の狭隘な道路ということもあり、小型バスによる運行(祖師谷・成城循環や調布市コミュニティバスと同型車)となっている。 希望ヶ丘団地では折り返しをせず、周囲を循環するルートになっている。 もともとは土休日を含む全ての日、時間帯にて30分ヘッドでの運行であったが、2020年4月1日に行われたダイヤ改正で、始発が6時台に出た後、30分ヘッドが一部のみの運行となり、9,13,17時台の運行は無くなってしまった。 三軒茶屋線 [ ] 北沢タウンホール• 下61: - - 代沢小学校 - 代沢十字路 - - 上馬 - 駒沢陸橋 歴史• - 三光町 - 幡ヶ谷 - 下北沢駅 - 三軒茶屋間として開通。 京王帝都バスと共同運行。 昭和40年代 - 下北沢引返所 - 野沢間に変更、小田急バス単独となる。 - 起点バス停名を「下北沢引返所」から「北沢タウンホール」に改称、それまで行先表示は「下北沢駅」だったが、この時から「北沢タウンホール」に書き換えている。 (平成5年) - 野沢交番 - 駒沢陸橋間を延伸。 (平成13年) - 小田急シティバスが運行受託を開始。 下北沢駅近くの北沢タウンホールから、玉川通り(国道246号)、環七通りを経由して、との境界付近にある駒沢陸橋まで結ぶ路線である。 世田谷区内の集客力の高い商業地区であると三軒茶屋を一直線に結んでいる。 現在は中型車と大型車で運行されている。 下北沢は駅前が狭く、バスのロータリーがないため、北沢タウンホールの敷地内に専用の発着所が設けられている。 一方、反対側の駒沢陸橋には折り返し設備がなく、の陸橋下の側道に併設されているUターン路を利用して向きを変える。 一部に三軒茶屋止まりも設定されているが、この便はや玉川通りなどを回送で走って折り返すようになっている。 また、三軒茶屋で歩行者天国の実施される日曜・祝日・振替休日は北沢タウンホール - 代沢十字路間の折り返し運行となるが、この場合は代沢十字路 - 若林営業所間を回送して若林営業所(小田急シティバス世田谷営業所)の敷地内で折り返しを行う。 歩行者天国実施時間帯は代沢十字路 - 三軒茶屋間はバスの運行がなくなり、歩行者天国実施区間より南側の三軒茶屋 - 駒沢陸橋間も運行されなくなるので、通常時は本数が多いものの歩行者天国実施日の利用には注意が必要である。 本路線は若林営業所の路線の中では最も古いもので、当初は三軒茶屋 - 新宿間を結び、京王と共同運行を行っていた。 その後、昭和40年代初頭に下北沢 - 野沢間に短縮され、さらに野沢交番、駒沢陸橋へと延長されている。 駒沢陸橋への延伸は、3月にの宿91系統(参照)が野沢折返所(現・野沢龍雲寺店駐車場敷地)の廃止により発着点を変更したことに歩調を合わせて行われたものであるが、本路線は野沢交番発着時より駒沢陸橋下で折り返しを行っており、営業運行区間が若干延びたに過ぎない。 なお、駒沢陸橋は小田急・都営の折り返しの都合で新設された停留所であることから、並行する(東急トランセ委託路線)の環七線(: - 新代田駅前)は停車しない。 2013年3月31日をもって都営バス宿91系統の駒沢陸橋発着便は廃止され、4月1日以降に駒沢陸橋で折り返す路線は下61系統のみとなった。 コミュニティバス [ ] ここに挙げたもの以外にも、 世田谷区コミュニティバスとして扱われている路線が複数存在する。 一覧は世田谷区公式サイト「」を参照。 小田急シティバス管内では、 経堂・八幡山路線〈経02〉、 希望ヶ丘路線(千歳船橋ルート)〈歳25〉がある。 「」および「」も参照 祖師谷・成城地域循環路線(せたがやくるりん) [ ]• 世田谷区のコミュニティバスで、「 せたがやくるりん」という愛称が付けられている。 2005年12月19日運行開始。 開業当初は小田急バスの路線(が担当)であったが、2006年11月より小田急シティバスに移管され 、 一般路線では唯一の自社運行路線となった。 「せたがやくるりん」の乗り場は、東急バスのロータリーとは反対側の祖師ヶ谷大蔵駅北口。 「」に進入しを通行するため、開業当初より小田急バスカラーの小型車が用いられ、初代車両はであった。 専用車両として1台(B555号車。 KK-ME17DF、2003年式)がとなり、小田急バスカラーの車両に虹色のパートラッピングが施された。 路線移管に伴い、専用車両も狛江営業所からシティバスに転属している。 その後は代替により2代目車両として、小田急バスカラーのが使用されている。 40年前に走っていたのは、二子玉川園駅(現・) - 東宝前 - 祖師ヶ谷大蔵駅 - 前 - - 岩崎学生寮という路線であった。 この路線を継承しているものが、・・などである。 新宿 - よみうりランド線 [ ] 新宿駅西口 - よみうりランド 96-B607号車(除籍済)• (平成12年) - 路線復活。 担当は。 2002年(平成14年) - 担当営業所が若林営業所(小田急シティバス世田谷営業所)へ変更。 (平成31年) - この日発表された小田急バスからのお知らせで、6月の日曜・祝日ダイヤの日に1往復のみの運行に変更となることが発表された。 毎年 - の季節運行で、日曜・祝日ダイヤの日に1往復だけ運行される。 笹塚二丁目 - 調布(北口)間は()・旧甲州街道を走り途中無停車であるが、それ以外の区間は重複する系統の停留所に停車する。 (平成30年)までは毎年 - ・ - の季節運行で、日曜・祝日・振替休日に2往復だけ運行されていたが、2019年度より現在の運行形態となった。 本路線は小田急バスの一般路線の中で一番の長距離路線である(21. 42km)。 56km)。 よみうりランド行きの調布停留所は旧甲州街道沿いに位置するが、調布駅北口からは若干の距離がある。 一方で新宿駅西口行きの調布駅北口停留所は旧甲州街道沿いの西友調布店前に位置している。 高速路線 [ ] 発着(新宿南口経由)のニューブリーズ号を除き、夜行路線の定期便は・新宿南口()を起・終点としている。 バスタ新宿には、の開業に伴い一部の便を除いて停車するようになった。 〈〉内は共同運行会社。 夜行高速路線 [ ]• :大崎・新宿・大宮 - 秋田• :東京・新宿 - 西条・広島• :新宿 - 福山・尾道・三原• :新宿 - 岐阜• :新宿 - 津山・岡山・倉敷 以上の路線については、詳細は各路線の記事を参照。 ブルーメッツ号:新宿 - 高知 車両は、3列独立シートのまたはを使用する。 運行担当は原則として、東京側の小田急シティバスが隔日、高知側のとさでん交通が4日ごとに1号車を担当する。 週末など多客期には2号車を運行する場合があり、2号車は予備車の運用状況によって運行会社が変動する。 お盆、年末年始等の最ピーク期には更なる増便が実施され、専用車両ではない貸切車(4列シート、おおむね3号車以降)によって運行される場合がある。 (3年) - 運行開始。 当初は吉祥寺営業所まで運行されていた。 (平成12年) - 小田急バスから小田急シティバスに移管。 吉祥寺乗り入れを廃止。 (平成20年) - 中央道経由から東名高速経由に変更し、学生割引を設定(渋滞状況により中央道経由で運行されることもある)。 (平成24年) - 御殿場JCT・三ケ日JCT間を新東名高速経由に変更。 (平成26年) - との事業統合により、両社の担当便がとさでん交通に移管。 (平成28年)• - が開業し乗り入れ開始。 10月1日 - とさでん交通一宮高知営業所廃止に伴い一宮バスターミナルに改称。 高知側起終点を桟橋高知営業所に変更し、知寄町停留所を廃止。 (平成31年) - 運賃制度改定。 カレンダー運賃と早トク割引の導入、往復割引の廃止。 (2年) - の感染拡大の影響により、この日の出発便から当面の間運休。 昼行高速路線 [ ] 昼行高速路線の車両() 原則として専用車(小田急グループ共通色の)での運行だが、整備や増発の場合は貸切車が運用される。 :新宿 - 袖ケ浦・木更津〈〉• 五井新宿線:新宿 - 五井〈小湊鐵道〉 期間限定高速路線 [ ]• 〈〉 ・ととの間を結ぶ、繁忙期期間限定運行の夜行高速バス路線。 ・・期間のみ運行。 運行区間: 新宿 - 須崎・中村・宿毛• - 運行開始(同年まで。 トイレなし車両による運行)。 2007年 - 2007年度年末年始期間の運行を開始(まで)。 今期より、トイレ付き車両による運行となる。 - 2008年期間の運行開始(同年まで)。 2008年 - 2008年期間の運行開始(同年まで)。 2008年 - 2008年度年末年始期間の運行を開始(まで)。 車両 [ ] 詳細は「」を参照 所属車両のナンバープレートは、小田急バスでは唯一の品川ナンバー(ご当地ナンバー導入後は世田谷ナンバー)となっている。 なお他の営業所では、多摩ナンバーまたは川崎ナンバーとなる。 かつては路線車・高速車ともに製の車両が多かったが、現在はを除く国産3メーカーの車両が在籍する。 一般路線車は、世田谷区内の狭隘な路線環境から中型車の比率が非常に高い。 一般路線車は、小田急バス若林営業所時代は、大型路線車の、中型車のも多数配置されていた。 また小田急シティバスになってからも、中型車のや、コミュニティバス用小型車のが在籍したが、経年による除籍や他営業所への転属により配置がなくなり、小田急バスの他の営業所と同様、中型車は製の、小型車は製の(2代目・2ドアロングボディ)で統一されている。 高速路線車は、青・赤・緑の3色の夜行高速バス塗装と、小田急グループ塗装がある(写真参照)。 グループ塗装は昼行路線(木更津線・五井線)専用車で、青・赤・緑の3色は各色の車両が夜行高速バス各路線に運用されており、色によって運用路線が分かれているというわけではない。 三菱ふそう製で統一されてきたが、に(2代目、)を導入したのを皮切りに製車両の配置が開始され、には夜行高速バス用のセレガが新色の紫塗装(ハイデッカー)で導入されている。 貸切車は三菱ふそう製で、2002年4月1日に貸切バス事業を開始した際には、大型貸切バス10台が所属した。 当初は小田急バスから引き継いだ車両を使用していたが、順次新車を導入し代替していった。 2006年8月30日に若葉台営業所が設立された際には大型貸切バス5台が所属した。 若葉台営業所の車両は川崎ナンバーだったが、2011年9月30日の閉鎖に伴い世田谷営業所へ転属しナンバーも変更された。 小田急シティバス. 2018年6月11日閲覧。 : : p. 2000年7月26日• 小田急バス 2018年5月23日. 2018年6月11日閲覧。 小田急バス公式サイト• 世田谷区公式サイト、2016年10月17日、2018年7月21日閲覧。 世田谷区公式サイト、2016年10月17日、2018年7月21日閲覧。 世田谷区公式サイト• 小田急バス• 小田急バス・小田急シティバス 2020年4月6日. 2020年4月14日閲覧。 参考文献 [ ]• 『ハンドブックシリーズ R65 小田急バス・立川バス』、2008年9月1日。 『バスジャパンハンドブックシリーズ S98 小田急バス・立川バス』出版社、2018年5月1日。 関連項目 [ ]• - 受託 外部リンク [ ]• - 世田谷区公式サイト•

次の

羽田線(羽田・横浜

小田急 バス

運賃 新宿から 片道 往復 御殿場 大人 1,800 円 3,300 円 プレミアム・アウトレット 小人 900 円 1,650 円 障がい者割引について 次のいずれかの手帳をお持ちの方が対象となります。 身体障がい者手帳• 療育手帳 「身体障がい者手帳」または「療育手帳」をお持ちの方で、旅客鉄道株式会社旅客運賃減額欄が 「第1種」または「第2種」の記載がある方は、運賃が5割引となります。 (端数10円単位に切上げ)。 このうち、「第1種」の方は、介護人1名(同便かつ同区間の利用に限る)も5割引となります。 窓口券・コンビニ券・Web プリント)乗車票の乗車券の場合• 変更は受け付けておりません。 有効期間内に乗車券をご持参のうえ、当社指定窓口で払戻しをしてから新たにご購入ください。 払戻しの際には、所定の手数料が発生いたします。 乗車券有効期間までに購入窓口で払戻しができない場合は、当社、窓口または乗務員から「不乗証明」をお受け下さい。 1年以内に「不乗証明書」と「乗車券原券」の両方を購入窓口にお持ちいただき、払戻しをいたします。 当社規定の手数料が発生いたします。 お電話による変更は受け付けておりません。 有効期間(乗車時刻後)の払戻しは、いたしません。 御殿場プレミアム・アウトレットでの乗車券類の変更・払いもどしはできません。 バス乗務員にお申し出のうえ不乗証明をお受けください。 再度乗車券をお買い求めの上、ご利用下さい。 Web モバイル)乗車票の場合• 会員専用ページの「購入内容の変更」からお進みいただき、変更をしてください。 Web変更は3回まで可能です。 お持ちの乗車券のバスが乗車バス停を発車する 10分前までに、お客さまご自身で高速バスネットにアクセスしていただきWebサイト内で変更してください。 以降、取扱いができない場合は、バス会社窓口で払戻しをしてから新たに購入となります。 払戻しの際には、所定の手数料が発生いたします。 お電話による変更は受け付けておりません。 有効期間(乗車時刻後)の払戻しは、いたしません。 御殿場プレミアム・アウトレットでの乗車券類の変更・払いもどしはできません。 インターネットでお買い求めいただいた乗車券の場合 お持ちの乗車券のバスが乗車バス停を出発する10分前までは、お客さま自身で高速バスネットにアクセスしていただきWebサイト内で払戻しをしてください。 以降、取扱いができない場合はバス会社窓口で行います。 払戻しの際は、当社規定の払戻し手数料が発生します。 有効期間を過ぎた場合のお取扱はできません。 会員登録せずに購入されたクレジット決済分については、「ウェルネット払戻しサービス」で受付けております。 出発時間1時間前までとなり、払戻し手数料と ウェルネット事務手数料が発生します。 お電話による払戻しは受け付けておりません。 有効期間(乗車時刻後)の払戻しは、いたしません。 御殿場プレミアム・アウトレットでの乗車券類の変更・払いもどしはできません。 ご利用のご案内• 乗車券は、高速バスネットにて、ご乗車の1ヶ月前よりご購入いただけます。 満席の場合はご乗車いただけませんので、ご了承ください。 出発時刻の30分前までは、御殿場プレミアム・アウトレットウエストインフォメーション内でも乗車券をお買い求めいただけます。 小学生未満のお子様が大人と同伴でお座席を占有なさる場合は小人運賃が適用されます。 小田急箱根高速バス乗車券類・および箱根フリーパスではご乗車できません。 愛玩用動物ペット(小鳥・子猫・子犬)は、手荷物としてお預かりできません。 車内にお持込の場合、ゲージにお入れください。 上り、池尻大橋バス停、新宿駅西口は、降車専用バス停です。

次の