春 体臭 ピーク。 実は新生活シーズンはワキ汗・においが気になる時期!?におい対策で第一印象を良くしちゃおう!

春は体がクサくなる!?忘れがちなこの時期の体臭ケア法(2019年5月8日)|BIGLOBEニュース

春 体臭 ピーク

スポンサーリンク 春の体臭は1年で最もきつい季節の理由?一番・ピークの原因と対策は? 春の体臭がきつい理由 冬眠から覚めたばかりで汗腺の働きが弱い 汗腺から汗が流れますが、こ の汗腺の働きが冬の影響で弱まって、水分が少ないベタベタな臭い汗を分泌しやすくなってしまうからです。 (画像引用元:) 冬は気温が低いので日常生活であまり汗をかくことがないので、汗腺の働きがなまり、汗腺の機能が低下してしまいます。 そこから春を訪れて気温が高くなり、汗腺が働いてきますが、久しぶりに多く汗を分泌するので上手くろ過できず、水分が少なく老廃物の多い臭いベタベタ汗が出てすいのです。 肝臓が弱っている 春は肝臓が弱ってしまい、肝臓が分解しきれなかった脂肪が血液を汚し、くさい体臭になってしまう可能性があります。 冬の防寒に備えて脂肪が蓄えられていた場合、暖かくなるとその脂肪を肝臓が燃焼してくれます。 そのため、いつも以上に肝臓が働くため、肝臓が弱り、肝臓が弱くなるとくさい体臭になってしまう可能性があります。 新しい出会い・場所の精神的なストレス 緊張・ストレスによる汗は臭く、 春は新しい出会いがあるので精神的なストレスが多いのできつい体臭を出す可能性があります。 汗には体温調節用として「エクリン腺」から出る汗がありますがこれは無臭。 緊張・ストレスから来る精神性の汗は「アクポリン腺」から出る汗は臭いを放ちます。 春は入社・異動・転勤等で新しい所にステップアップして、慣れない環境に置かれることが多くてストレスが多いです。 そのため、ストレス・緊張する場面が多く、精神性の汗は「アクポリン腺」から出る汗が出やすくて体臭がきつくなる可能性が高いのです。 きつい体臭の対処・対策 トレーニング 春は汗腺機能がまだ上手く働いていないので、トレーニングで目覚めさせましょう。 (画像引用元:) ウオーキングやジョギング等の手軽な有酸素運動で汗を流して汗腺の働きを目覚めさせてください。 スポンサーリンク 足湯・半身浴 足湯や半身浴といった汗を流すことで、汗腺の働きを目覚めさせることもできます。 さらに、血のめぐりがよくなるのでサラサラなきれいな汗をかくことができます。 入浴時間は1回20~30分が目安で、汗を流して水分が少なくなるので、入浴前、入浴中、入浴後の水分補給を大切にしてください。 清潔にする 汗は時間をおくと雑菌が増えたりして、もともと臭くなかった汗すらも臭くなります。 そのため、汗をかいたらなるべく早くハンカチやタオルで拭き取ってください。 そして、脱いだら洗濯するなり、消臭・除菌をかけたりと清潔を心がけるのがよいです。 春の体臭は1年で最もきつい!一番・ピークの原因を知って対策! 春は実は色んな要因で最も体臭がきつくなります。 そのため、新しい出会いということでいっぱいいっぱいかもしれませんが、自分では気づかない、体臭も心がけてお起きましょうね!.

次の

若い女性特有の「いい匂い」は10代後半がピーク 維持する方法 : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

春 体臭 ピーク

特に女性はにおいに敏感で、第一印象を決める要素は「清潔さ」(汗や体臭のにおい)だと考えている人が多いんだメェ。 新生活では緊張を強いられる場面もあり、短時間で汗を大量にかくことで、におってしまう悪い汗をかきやすい時期でもあるんだ。 満員電車やエレベーターなど密閉した空間ではなおさら、不快感を感じる人が多く見受けられるよ。 「ワキ汗・汗のにおいに関する意識調査」 調査実施期間:2019年2月20~21日 調査対象者:20~69歳の全国の男女1,000人 調査方法:インターネットによるアンケート調査 多くの新しい出会いが待っている新生活シーズンでもある春先は、人間関係に影響すると考えている人が多いならなおさら、においで第一印象を崩さないためにも、きちんとにおわせない対策をしておきたいよね。 悪い汗をかいてしまうのは、汗腺機能が弱まっているのが原因で、寒い冬の時期や、運動不足で汗をかく習慣がなかったりすると、汗腺はどんどん衰えてしまうんだメェ。 特に効果的なのが有酸素運動と入浴の2つのトレーニング。 ウォーキングやストレッチなどの有酸素運動は、汗腺を正常に働かせ、ゆっくりといい汗がかけるようになるんだ。 毎日20~30分、汗ばむ程度の適度な運動を心がけよう。 手足高温浴と半身浴の2つを組み合わせた入浴も、汗腺の機能が高まると言われているよ。 ストレス臭を和らげるには、腸内環境を改善することも大切。 肉食中心の食生活であれば、豆類や海藻類など食物繊維を多く含む食材を積極的に摂るよう心がけ、腸内の悪玉菌を減らす対策が必要だメェ。 また、体が酸性に傾くと、汗の中のにおい成分が増え、体臭が強くなってしまうので、海藻類や緑黄色野菜など弱アルカリ性の食材も摂取し、におい対策を万全にしていこうね。 また、室内は27度以上の設定を心がけ、扇風機やサーキュレーターを併用し、できるだけ急激な温度差を繰り返さないよう、適度に汗をかく習慣を身につけよう。 気持ちよく新生活を迎えるために… 新生活シーズンはワキ汗や汗のにおいに悩む人が多く、実際に医療機関への相談が多いのも、実は3月なんだ。 新生活を迎える前に、治療を受けている方が多いんだね。 「切らないワキ汗治療 症例数の月別割合」 資料提供:甲府昭和形成外科クリニック ワキ汗や汗のにおいは切実な悩みであり、新しい生活を気持ちよく迎えるためにも、日頃から自分でできるにおい対策も取り入れながら、思い切って一度医療機関に足を運んでみてはいかがですか。

次の

春一番の定義とは?ピークはいつくらい?春二番もある?

春 体臭 ピーク

立春が過ぎて春一番が吹き始めると、寒さや乾燥が厳しい冬もあと少し。 だんだんと春の気配を感じられるようになりますね。 花粉の季節も始まります 暦の上では春到来! しかし実は、一年のうちで最も湿度が低く、肌の乾燥は最高潮に。 また、スギ花粉は2月から飛散し始め、3月~4月にかけてピークを迎えます。 乾燥と花粉の肌荒れスパイラルに陥らないために、乾燥の予防や対策が大切です。 出典:気象庁ホームページ 出典:花粉情報協会 2月の肌にこんなこと感じませんか? 乾燥がピークに達するこの季節は、とにかく肌を乾燥させないように気をつけましょう。 肌から水分が奪われると、肌表面の角層が乾くだけでなく、肌の生まれ変わりにまで影響を及ぼします。 肌の不調をそのままにしておくと、肌荒れを繰り返してしまったり、さらに悪化してしまったりするので要注意! 保湿効果の高いアイテムでお手入れしたり、加湿器で空気の乾燥を防いだりするのもおすすめです。 普段のお手入れの最後に「クリーム」や「バーム」を加えて、保湿力のアップを狙いましょう。 また、花粉の影響も出始めるため、敏感に傾いた肌でも使えるやさしい処方のアイテムや、花粉から肌を守るアイテムがあると安心です。 \乾燥に負けない肌を育む、おすすめクリーム/ うるおいたっぷりのハリ肌に導くクリーム 「」50g 15,400円 税込 こっくりとした固めのクリームが肌にぴたっとフィット! たっぷりのうるおいを与え、乾燥などによる外的ダメージに負けない肌へと導きます。 ベタつくのが苦手な人にもおすすめな、保湿クリーム 「」40g 5,500円 税込 保湿はしたいけどベタつくのが苦手... という人におすすめ。 みずみずしいテクスチャーのクリームが乾燥しがちな肌をうるおいバリアで守り、ふっくらと弾み返すようなハリ肌に! \激しい乾燥や部分乾燥におすすめのバーム/ 持ち運びにも便利なサイズの保湿バーム 「」6g 1,760円 税込 肌への密着力が高い、高保湿なバームです。 カサつきや粉ふきが気になる部分になじませれば、肌にピタッととどまってうるおいをしっかりキープ。 持ち運びやすいサイズなので、外出先での乾燥ケアにも最適です。 敏感肌にも使える、コスパの良いバーム 「」 医薬部外品 20g 1,485円 税込 不純物の少ない高精製ワセリンを配合したバームが、荒れた肌をやさしく守ります。 肌のうるおいを長時間保ち、乾燥もしっかりケア。 肌のうるおいをしっかり守る、低刺激設計のバーム 「」5g 1,650円 税込 高精製ワセリンの高い保水効果で、肌のうるおいをしっかりキープ! 透明感のある、きめ細かな肌へと導きます。 リップクリームやハンドクリーム代わりにも使用可能なのもポイント。 \花粉対策におすすめなアイテム/ 花粉から肌をガードしてくれる日中用美容液 「」40mL 3,300円 税込 アレルバリアテクノロジー搭載で、花粉・ちり・ほこりなどの気になる微粒子から肌をガード! 花粉やほこりによる肌あれが気になる方におすすめです。 ボディオイルやボディミルクなどで身体までしっかり保湿して、美容の大敵「乾燥」から、全身をくまなく守りましょう。 \乾燥から全身を守ってくれるアイテム/ うるおいあるツヤ肌ボディに導く全身用オイル 「」30mL 7,480円 税込 天然の保湿成分がうるおいを閉じ込め、ツヤのある柔らかい肌を叶えます。 肌はもちろん髪や爪など全身に使えるので、ポーチに入れておくと重宝しそう。 バラの香りに包まれながらケアできるボディミルク 「」200mL 1,650円 税込 ヒアルロン酸(うるおい成分)配合でボディをしっかり保湿! ケアしながら、みずみずしいバラの香りを楽しめるボディミルクです。 食生活から、身体をあたためて 冷えて体内の働きが低下しがちな時期。 食事の際はよく噛んで消化・吸収を助けましょう。

次の