どんなときもwifi 電波障害。 どんなときもWiFi繋がらない圏外電波が悪い時の対策 | どんなときもWiFiキャンペーン

どんなときもWiFi点滅とは?WiFiランプ・電波ランプ・バッテリーランプ

どんなときもwifi 電波障害

どんなときもWiFiが遅くなった、繋がらなくなった原因【ユーザー増加】 まず、なぜどんなときもWiFiが遅いのかという原因部分からお伝えします。 どんなときもWiFiはクラウドSIMという性質上、回線が選べません。 その場所に飛んでいる3大キャリアの電波(ドコモ、ソフトバンク、au)で一番強いものをキャッチするシステムです。 ただ、ソフトバンク回線に繋がる人が多かったので、メイン回線はソフトバンクなのではないかという憶測もありました。 つまり、電波や回線が弱い場所に行くと遅くなりますし、電波状況が良い場所だとしても使う人が多い場所では回線が渋滞を起こし、遅くなるという仕組みです。 話を戻して、なぜ2020年の2月頃から通信障害が発生したのかというと、原因はいくつか考えられます。 一時的にソフトバンク回線を使うユーザーが増えた• 格安SIMへの乗り換えが増えた• クラウドSIM会社の乱立• Netflixなどの動画コンテンツユーザーが増えた おそらく全部当てはまると思いますが、これらが重なった時、元々あった細い回線に大量のアクセスが発生し、大渋滞を起こし、全く進まなくなる(低速モード)状況になったということです。 まだクラウドSIMがそこまで知られていなくて、テレビCMもしていなかった2019年は全く問題なく使用できていました。 速度は平均して20〜40Mbpsを保っており、快適に利用できていました。 おそらくテレビCM放送後のユーザー増加によるパンクと考えるのが普通でしょうね。 どんなときもWiFi(クラウドSIM)の速度は不安定【2020年6月現在】 私はどんなときもWiFiを契約続行していますが、現在の状況は「通信障害よりはマシだけど、まだ繋がらない日や時間帯がある」というのが答えです。 特に朝と正午前後、夜は繋がりにくくなることが多く、繋がったとしても500kbps以下の低速。 正直仕事ができるようなレベルではありません。 どんなときもWiFiをリセットしても繋がらない どんなときもWiFiでは、速度が遅い時や電波がなくて繋がらない時は「再起動かリセット」という対処法しかないのですが、これは地域によるので必ず繋がるとは限りません。 私が使っている地域(岡山の離島)では、ソフトバンク回線の電波が弱い時はKDDI回線に繋がり、低速モードと全く繋がらない状態が永遠に繰り返されます。 ソフトバンク回線を掴めば34mbpsで乗り切れますが、リセットや再起動を繰り返しても直らない時は数時間以上直らない。 この件に関しては何度もサポートに連絡をしているものの、何も対処法はないのが現状です。 改善もされないのでただ運任せに電波を探すだけ。 だからといって補償があるわけでもない。 どんなときもWiFiしか繋がらない地域だからどんなときもWiFiを使ってはいますが、WiMAXやUQモバイルなど、他のモバイルWiFiが繋がる地域の皆さんはそっちの方が安全だと思います。 どんなときもWiFi( クラウドSIM)は固定回線の代わりにはならない 2019年までは固定回線の代わりとして問題なく使えていたどんなときもWiFiですが、今のどんなときもWiFiやクラウドSIMは不安定なので、固定回線のように安定した通信状況を獲得することは出来ないようです。 優先順位的にも格安SIM用の回線は後回しと言われているので、真っ先に繋がりにくくなるのはクラウドSIMだと予想されます。 現在のどんなときもWiFiでは、容量無制限を謳っていますが、実際は250GBの壁というものがあり、大容量を使うユーザーは制限をかけられているようです。 以前、サポートの担当者と話をしていたところ、「そもそもどんなときもWiFiは家の固定回線代わりに使うことを想定していません。 外出用として使うものと想定しています」と言っていましたが、僻地でも使えると謳ってるのだから、私の家のように固定回線が引けない小さな離島はどうすればいいんでしょうか。 使い方はユーザーが決めると思うので、この回答もなんかしっくりきませんでした。 どんなときもWiFiの通信障害を振り返る【サポートの不安定さ】 どんなときもWiFiに最初の通信障害が起きたのは2月のことでした。 一部のユーザーが低速モードになり、繋がらなくなるという不具合を運営側に訴え、どんなときもWiFiによる調査で通信障害が起こっていることが発覚。 その時の発表は「一部のユーザーが掴んでいるSIMに不具合が起きていた」という内容でしたが、3月に入るとさらに多くの人々が不具合を訴え、ネットが全く使えない状況になるほどの大規模な通信障害へと拡大しました。 元々どんなときもWiFiには電話サポートというサービス自体がなく、チャットやメールでの問い合わせで対応していましたが、レスポンスも悪く、なんだかよくわからない状態でネットも使えず、ユーザーの怒りは爆発。 Twitter上でもこの流れが話題になっていたところ、どんなときもWiFi側はようやく公式の電話サポート窓口を設置しましたが、これがさらに火に油を注ぐ事態に発展。 まず、電話が全く繋がらないこと。 そして、繋がったと思えば、電話口にいるのはどんなときもWiFiの担当者ではなく委託業者のオペレーター。 もちろんそこでの回答はなく、改めて担当者から折り返しますと言われるのですが、折り返しの連絡が入るのは1日〜2日経った後。 中にはかかってこなかったという人もいました。 そして、一旦通信障害が改善されたのは4月1日と発表がありましたが、引き続き繋がらないユーザーも多く、現在に至ります。 今回の通信障害の原因は「ユーザーの急激な増加によるSIMの容量不足」と「コロナによる設備の輸送ストップ」の2つであると公式発表がありましたが、実際これらが解決されても繋がらないユーザーもいるので、現在もTwitterで情報を共有している状態です。 ハッシュタグはこちら。 どんなときもWiFi• どんなときも繋がらないWiFi• どんなときもWiFi被害者の会 officehojo. com どんなときもWiFiが遅い時の対処「再起動とリセットを繰り返す」 どんなときもWiFiが遅い時や繋がりにくい時は、とにかく「再起動する(本体横のボタンを長押し)」「リセットする(起動ボタンの上にある小さなリセットボタンを押す)」この対処方法しかありません。 時には再起動する場所を変え、電波をこちらから掴みに行かないといけないわけです。 最近色々と分かったことがあり、どんなときもWiFiの端末にある「WiFiマーク」と「電波マーク」の状態で対処方法が違います。 WiFiマークが点灯、電波マークが消灯で速度が遅い WiFiマークが点灯していて、電波マークが消えている状態というのは、WiFiに繋がっている状態です。 これで速度が遅いなら、掴んでいる電波が弱いということを表しています。 再起動をするか、場所を移動するかして、新しい電波を掴むしかありません。 WiFiマークが消灯、電波マークが点滅で繋がらない WiFiマークが消灯していて、電波マークが点滅している場合は、WiFiに繋がっていないことを表しています。 この場合は、電波をキャッチできる場所に移動するしかありません。 いずれにしても、速度が5Mbpsを下回るほど遅い回線につながっている、もしくは繋がっていないなら、対処法は「再起動」か「リセット」しかありません。 【再起動】左横にある電源ボタンを長押し(全部のアイコンが消えてから光るまで)• 【ダメなら強制再起動】電源ボタンを18秒長押し• 【それでもダメならリセット】工場出荷状態に戻す。 電源ボタンの上にある小さなボタンを先の尖ったもので「5秒間」長押し これでも解決しない場合は、もしかすると通信障害の可能性もあるかもしれないので、サポートへ連絡した方がいいでしょう。 どんなときもWiFiのサポート窓口【電話orフォームorメール】 再起動やリセットをしても繋がらない、低速モードが続く場合は、どんなときもWiFiの公式ページから報告をしましょう。 場所はトップページの下部あたりにある「既にご利用中の方はこちら」から入れます。 次のページに「異常症状でお困りの方はこちら」というボタンがあるので、ここから報告フォーム画面へ入ります。 報告することにより、後々のトラブル回避やサービス向上にも繋がります。 また、今回の通信障害のときのように、いつから繋がらなくなったのかという記録にもなります。 補償問題になったときにも、時系列で記録を残しておくことは大事です。 どんなときもWiFiの問い合わせ先(電話番号) どんなときもWiFiの問い合わせフォームは、ネットが弱いと送信ボタンが押せない不具合があります。 そんな時はサポート窓口へ電話しましょう。 電話番号は「0120-048-277」です。 どんなときもWiFiの速度は今後改善する? モバイルWiFiは、ユーザーが増えれば速度が遅くなることがわかりました。 容量無制限を謳っているどんなときもWiFiでは、SIMの容量不足が今後の課題になってきそうです。 2020年6月現時点では、回線は不安定です。 またコロナによる自粛が続けば同じような不具合が起きそうです。 容量無制限のクラウドSIMは今後なくなる? 今回の通信障害により、クラウドSIMが抱える問題点が浮き彫りになりました。 ユーザーが増えればリスクも増える可能性が高いです。 安定感を期待するならやっぱり光ファイバーなどの固定回線が一番安全です。 それでもクラウドSIMには離島や僻地に住む人にはなくてはならないライフライン。 クラウドSIMのいいところ、悪いところ、どんなときもWiFiと他社クラウドSIMサービスの比較など、クラウドSIMしか使えないエリアの方は不安要素も含め、ご検討ください。

次の

どんなときもWiFiが繋がらない!通信障害などの改善策を解説

どんなときもwifi 電波障害

ルーター本体のランプが、 電波マーク点滅からのアンテナ点滅でネットにつながらない。 焦りつつも4G回線でネット検索。 対処方法を探しましたが… これを読んでいる あなたも同じ状況でお困りかと思います。 故障か?支払い出来てない?まさかサービス終了…?! そんなときの対処方法です。 ルーターの電源を切って、いったん別の事をしましょう。 というのも、一時的な電波受信の不調なことがほとんどで、5~10分置いて少し待てばまたつながってくれます。 ツイッターなどを見て、通信障害が起きているかどうかも確認しましょう。 どんなときもWiFi 電波マーク点滅からのアンテナマーク点滅は少し待機すればつながる【平常時】 原因がわからない状況に慌ててしまって、何度か再起動したり、窓の間近に持っていったりしたのですが、点滅は収まらず。 諦めてシャワーを浴びました。 部屋に戻ってきて、ダメ元でルーターを起動すると… ランプが点灯状態になりました!ネットに繋がってます! 状況としては、 30分ほど電源を切ってその後再起動。 これでつながりました。 かといってルーター故障の合図だとしたら困りますよね。 これは不安です。 ルーターが故障したの!? ランプ点滅の説明【平常時】 ルーターの故障だと困りますが、結論、大丈夫でした。 ルーターが届いたときの箱の中に小さな「取扱説明書」が入っています。 そこに 端末状況確認ランプの説明が書かれていました。 ランプ点滅の状態は以下の通りです。 Wi-Fiランプ点滅~電波ランプ点滅(左ランプ~真ん中ランプ点滅) からの ・電波ランプ 点滅: 電波を掴んでいない この流れでしたから、 「接続しようとトライしたけど電波が掴めてない状態」のお知らせだったんですね。 電波を掴めない理由も、利用者からは結局わかりませんし、まあ考えても仕方ないですかね。 そういう不安定な状況が起こることだけ、予め理解しておけば不安は軽くなりますね。 故障やサービス終了じゃなければ、一旦ホッとします。 そして、上に書いたように少し時間をおいてルーター再起動を試すと、またインターネットに繋がります。 充電ランプ点滅は? ちなみに、充電ランプ(右のバッテリーランプ)の点滅は• 早い点滅:充電が少なくてもうすぐ無くなりそう• ゆっくり点滅:充電中• 点灯(付きっぱなし):充電完了しました という合図です。 どんなときもWiFi ランプ点滅で繋がらない時にやる【対処】まとめ.

次の

どんなときもWiFiは地下鉄や障害物があっても普通に使える【圏外になる所も解説】

どんなときもwifi 電波障害

世界遺産の軍艦島や屋久島、またキャンプ場など様々な場所で快適にご利用いただけます。 携帯電話の人口カバー率とは、サービスエリアがカバーする居住地域の割合です。 正確には、日本の総人口に対する、市町村役場において携帯電話サービスの利用が可能である市町村の人口の総和の割合で計算されます。 山間部や地下街などの圏外であっても、その地域の役所や役場が圏内であれば該当市区町村はサービスエリアとして認められることになり、実際の使用感と人口カバーの差が大きい地域も存在します。 そのため、国土面積とサービスエリアの割合で表す 「面積カバー率」や、緯度経度に基づいた一定区画と人口の割合で表す 「地域メッシュ統計」が利用されています。 3キャリアで使われる周波数の低い帯域(700-900MHz)は、その繋がりやすさから「プラチナバンド」と言われています。 ドコモのエリアマップ auのエリアマップ ソフトバンクのエリアマップ どんなときもWiFi繋がらない原因1:通信エリア外 どんなときもWiFiの通信エリアは、ドコモ、au、ソフトバンクと同じです。 繋がらない場合、そもそもエリアの圏外になっている状況ならば4G回線でも使うことはできないので、ソフトバンク、ドコモ、auの各キャリアのエリア圏内に戻ってから使うようにしてください。 台風の影響により、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクで通信障害が発生することがあります。 災害により携帯電話サービスが利用しにくい状況が発生します。 どんなときもWiFi繋がらない原因3:直近で大量のデータ通信を行って速度制限がかかる。 国内外の通信会社では、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。 通信制限といっても、動画視聴やオンラインゲーム、音楽のダウンロードなどの一般的な使い方では規制の対象にはなりません。 大量の通信を行い、同じ回線を利用する上で他者に明らかにストレスを与えていると判断された場合の規制です。 P2Pでのファイル共有ソフトなどで一日で100GB以上のファイルをダウンロード、アップロードをした場合など極端な通信をしない限りは制限がかかりません。 つまり一般的な使い方で制限がかかることはありません。 どんなときもWiFi繋がらない原因4:パケ詰まりを起こす。 パケ詰まりとは、インターネットには接続されているものの、通信速度が遅いため、パケットの転送処理が追いついていない状態を言います。 パケ詰まりが起こると、エリアの圏内であるにも関わらず、通信速度が極端に遅くなったり、繋がらなくなってしまいます。 これはネットにつなげる電波を飛ばす基地局で混雑していて、繋がりにくい現象です。 周囲に同じ電波を使ってる人が多ければ多い程に、パケ詰まりを起こしやすくなります 解決策は、人の少ないところに移動することです。 どんなときもWiFiには接続できる台数が5台までと決まっています。 接続可能台数を超えると接続不可・接続しても速度低下が起こります。 複数接続するほど通信速度が低下し速度制限にかかりやすくなります。 使わない機器との接続をこまめに切断して接続台数は最小限にしましょう。 どんなときもWiFi繋がらない原因6:まわりに障害物が多く電波が届きにくい どんなときもWiFiサービスエリア内にいるにも関わらず繋がりにくくなる原因は、障害物による影響が考えられます。 基地局とどんなときもWiFi端末との通信は、ビルなどの障害物の影響を少なからず受けています。 くつかの条件が重なると、通信が弱まり繋がりにくくなることがあります。 また、どんなときもWiFi端末と接続機器の間でも、壁などの影響を受けて繋がりにくくなることがあります。 このような場合には、どんなときもWiFi端末を障害の少ない窓際に移動し、スマホ・PCなどの接続機器をポケットWi-Fiに近づけてみてください。 機内モードとはiPhoneやAndroidの通信機能を一括で遮断する機能です。 iPhoneやAndroidが通信機能を使うものはWi-Fi、Bluetooth、電話回線、データ通信などが存在していますが、それらを個別に設定することなく一括で切ることが可能です。 どんなときもWiFi繋がらない対処法4:どんなときもWiFi端末の置く場所を変える どんなときもWiFi端末の置く場所を3cm動かしただけでも電波強度が弱から強になるケースがあります。 窓際、高い位置、通信対象との間に障害物がない場所に置いてみると良いです。 電子レンジなどの電化製品から離して置く WiFiの周波数と干渉しやすいため• 水槽などの近くに置かない WiFiの電波は水を通り抜けにくいため• 床置きは避けて、床から2mほど高い場所に置く 床に電波が反射するため• 鏡や金属製の物などの近くを避けて置く 電波が反射しやすいため• 部屋の4つ角以外に置く ルーターを中心に電波が広がるので、理想は真ん中• 物で囲まれた場所を避けて置く 熱がこもったり、遮蔽物に電波が遮られるため.

次の