親友は悪女。 【8話まで毎日無料】親友は悪女

【親友は悪女:10巻】最新話ネタバレ|東雲を手に入れたい姫乃の行動は筒抜けだった|漫画キャッスル

親友は悪女

漫画「親友は悪女」ネタバレ 大手企業に勤める真奈。 同僚である橋井といった男性に好意を寄せていた。 また橋井の方もフェミニンな感じである真奈に好意を抱いていた。 ただ二人の間に進展はなし。 そんな中、真奈の高校時代の同級生である本田と共にランチへ。 ちなみに本田は真奈の会社に派遣社員として訪れている。 特に高校時代、仲が良かった訳でもない二人だが本田は非常に馴れ馴れしく真奈に接していく。 そこで高遠妃乃が離婚して地元に戻ってきている事を知らされる真奈。 高遠妃乃は高校時代…真奈にとって唯一親友と呼べる女性であった。 SNSを利用して妃乃にコンタクトを取っていく真奈。 直ぐに二人は数年振りの再会を果たしていく。 親友の黒い噂は本当だった…!? 二人は近況を話し合ったり…真奈は想い人の存在がいる事を明かしていったり…。 そして妃乃が離婚したばかりであり気落ちしている素振りを見せていたので真奈は同僚達と行くバーベキューに彼女を誘っていく。 バーベキュー当日になると遅れて登場してくる妃乃…。 彼女は別人のような男受けの良いファッションをして男に媚びるような言動を繰り返していく。 そして徐々に真奈の想い人であるはずの橋井にアプローチをしていく妃乃。 そんな中、真奈を呼び出す本田。 彼女には昔から黒い噂があって、このままだと橋井を盗られる事になるよ…と真奈に忠告をしていく。 ふと妃乃の方を見ると橋井と体を密着させたスキンシップをしていた妃乃。 真奈の胸の内でモヤモヤとしたものが芽生え始めていく。 応援すると言いながら想い人に急接近していく悪女… モヤモヤした気持ちが芽生えながらも何事もなくバーベキューは終了。 その後、会社の飲み会にも顔を出してくる妃乃。 ここでの彼女の言動にも違和感を覚えていく真奈。 さらに橋井との恋仲を応援すると言いながら妃乃は橋井に急接近を迫っていく事へ。 真奈は再びモヤモヤとした気持ちを持っていくが既に遅かった…。 妃乃は真奈の過去の作り話を橋井に伝えており、真奈と橋井の仲を切り裂こうと企てていた。 悪意に満ちた妃乃の計画は成功。 橋井の真奈に向いていた気持ちは完全に妃乃へと移っていた。 何もしていないのに勝手に悪者扱いされて想い人を横取りされていく真奈。 そこへ一部始終を見ていた本田が真奈の前に現れる。 妃乃から橋井を取り戻す協力をする事を真奈に伝えていく。 悪女のターゲットは格上男へ… 妃乃から橋井を取り戻す協力をすると伝える本田。 その代わり、成功したら正社員になるステップアップの口利きをして欲しいと真奈に伝えていく。 本田の思惑と妃乃の黒い噂を告げ口する本田を信用できず、真奈は妃乃を信じる事へ。 なんとか橋井と拗れた関係を修復しようと頑張る真奈。 そんな真奈の様子に暖かい視線を送っていた人物が動き出す。 フロアリーダーである東雲であった。 本田から事情を聞いた東雲は彼女にアドバイスや元気づける言葉を伝えていく。 そんな中、どこまでもお人好しで親友を信じようとする真奈に気持ちが揺れ動いていく東雲。 彼は過去に女性関係で良い思い出がなく、どこか女性に対して軽蔑した気持ちを持っていたが真奈にだけは心が揺れ動かされていた。 そして東雲の方から真奈にアプローチを仕掛けていく。 東雲と真奈が二人でカフェで楽しそうな会話をしていた所を偶然にも目撃する妃乃。 偶然を装って二人の前に現れる妃乃は橋井よりも肩書が上でイケメンであった東雲を次のターゲットに選んでいく。 橋井は妃乃の中で格落ち。 ただのキープ男へ。 一方、妃乃と初対面した東雲。 女性に偏見を持っており、本質を見抜ける東雲の妃乃に対する印象は『薄っぺらい人間』であった。 彼女の裏の顔を感じ取ったのか…。 そんな事は知らずに東雲を奪う計画を企てていく妃乃…。 ここまでが配信中である1巻〜3巻のざっとした流れとなっています。 漫画「親友は悪女」感想 女が大嫌いな女である妃乃。 真奈はお人好し過ぎる面はあるが、あまりにも可哀想…。 橋井はまんまと妃乃に落とされてしまいましたが、次なるターゲットにした東雲は一筋縄ではいかなそう。 東雲には彼女の本性を暴いてもらって痛い目を見せてもらいたいですね。 妃乃を信じ切っている真奈ですが、どうか騙されないで目を覚まして欲しい。 応援したくなる女と早く叩き潰されて欲しい女のバランスが良く今後の展開も期待できる注目の作品。

次の

親友は悪女10巻のネタバレと感想・結末【妃乃の本性が暴露か!?慎しい女から悪女へ転落?】

親友は悪女

親友は悪女【第9巻】のネタバレ 橋井は、突然の北海道出張を告げられ、焦っていた。 あいつの仕業 東雲に呼ばれた橋井は、前川部長の直々のお達しを知らされている。 堀江に続き、東雲も驚いていた。 これはかなりの難案件で、成功させたら昇進もあり得る。 でも橋井は、 やられてしまったと思った。 こんな手を使われたら、断りようがない。 東雲は橋井の話も聞かずに、どんどん進めていった。 大きな声を上げて、東雲の話を遮る橋井。 これは高遠の仕業で、前川部長ともつながっていると言う橋井。 高遠は、東雲目当てでこの会社に入社したのだろう。 東雲は珍しく乱れる橋井に驚いた。 落ち着かせようとするが、橋井は東雲に高遠には近づかない方がいいと忠告する。 だが、東雲は優しい笑顔で大丈夫だと答えた。 一瞬呑気そうに見えた東雲に、どう説明すれば伝わるのかわからない。 ところが、東雲の顔色が悪いことに気付いた橋井。 呑気なんかじゃなくて、いっぱいいっぱいなんだと悟った。 東雲がちゃんと寝て、食事を摂っているのか心配になる。 結局、何も伝えることができないまま東雲は去って行った。 その時、東雲がスマホを忘れていることに気付く。 ロックはかかってないため、高遠に盗聴アプリが入ってないか確認した。 そして、橋井はあることに気付く。 私は大丈夫 橋井は、真奈のところへ向かった。 仕事中だが、真奈を呼び出す。 給湯室で話をする橋井と真奈。 北海道の話を聞き、真奈は驚いた。 高遠が裏で前川部長と繋がっていることを話す橋井。 真奈の次は、橋井を追い出そうとしているのだろう。 このままでは全く手に負えない。 高遠の情報がもっとあれば、どうにかなりそうだ。 真奈は、もしかしたら本田が何か知っているかもしれないと思う。 本田には橋井が話をすることにし、真奈には東雲のことをちゃんと見ておいた方がいいと伝える。 ところが真奈は、東雲とちゃんと向き合うことを決めた。 だから、心配しなくても大丈夫。 そんな真奈を見て、橋井はスマホのことを言いかけたが話をやめる。 東雲のスマホをしまい、真奈と別れた。 もう少しで・・・ 高遠は、東雲にコーヒーを出す。 あと一息、一緒に仕事を頑張ろうと声をかける高遠。 そんな高遠は、人を乗せるのが上手い。 東雲は、橋井の言葉を思い出す。 きっと真奈のことがまだ好きなんだろう。 高遠は、東雲に真奈と会っているのかと尋ねる。 ちゃんと会わなきゃダメだと言い残して退社した。 職場を出ていく高遠は、もう少しだと不敵な笑みを浮かべる。 このまま会えない日が続けば、もっと東雲が弱るだろう。 会わないことで心が離れ、居心地のいい高遠を選ぶはず。 もっと弱ることを想像し、嬉しくなる高遠だった。 会いたい気持ちは同じ 退社前、東雲は心が折れそうになる。 真奈に会いたいが、会うことができない。 駐車場に向かう間、真奈にだけは弱った自分を見せたくないと思う。 やるべきことを終わらせて、元気に真奈に会いたい。 車に着くとドアの横で、真奈が眠っている。 そんな真奈を見て、余裕のなくなった東雲。 真奈を起こし、落ち着いたふりをしてして話をする。 なんと真奈は、東雲のために差し入れを持ってきた。 開けてみると、茶色一色のおかずが並んでいて真奈らしい。 味覚が同じだと思っている真奈は、自分が好む味付けで料理を作った。 その場で、真奈の手料理を頬張る東雲。 真奈は、落ち着いたら食事にでも行こうと誘う。 真奈と一緒に過ごしていた時は、食事を忘れたことなどなかった。 毎日楽しく、温かい気持ちで過ごした日々。 東雲は箸を止め、連絡できなかったことを謝る。 自分の力不足で、部署内が上手くいってない。 そんな自分が、すごく悔しい。 東雲の話を聞いた真奈は顔を手で覆い、真っ赤になっている。 真奈は 弱っている東雲が可愛く見えて、もっと甘えてほしいと思う。 東雲は真奈の言葉が嬉しく、抱きしめる。 高遠とは違い、切羽詰まった東雲に、真奈は頑張れとは言わなかった。 そして、東雲は真奈に甘えて、一つお願いをする。 あなたのは渡さない 翌朝、出社した東雲は高遠に朝食を食べたか心配される。 その時、真奈がやって来た。 東雲に袋を手渡している。 その姿を見た高遠は、顔色を変えた。 周りの部下たちは、愛妻弁当だと騒ぎ立てる。 怒りを我慢できなくなった高遠は、真奈を追って行った。 そして真奈を呼び止め、不機嫌そうな顔を見せる。 真奈は冷静に話し出す。 怖いのは、ちゃんと見ていないからだと気付いた真奈。 だからもう逃げたりしない。 東雲は真奈の彼氏だから、絶対に高遠には譲らないと宣言し去って行った。 トイレで怒りをぶつける高遠。 渡してもらわなくても、奪ってやると決めた。 はめられた東雲 今夜は部内の飲み会が行われた。 東雲はあまり参加しないが、今回は参加している。 高遠に誘われたのだ。 みんなが話で盛り上がっている中、高遠はそっとバッグから薬を取り出し、飲み物に入れた。 ラストオーダーになり、二次会の話が出てくる。 その時、東雲が眠ってしまったようだ。 飲んでないはずだが、どうしたのかとみんな慌てている。 とりあえず、東雲を家に送り届けることにした。 そこで名乗りを上げたのが、高遠。 二次会を楽しんできてとうまく誤魔化し、東雲を連れ出すことに成功した。 東雲が目を覚まし、周りを見渡している。 そこで高遠は、バスローブ姿で声をかけた。 昨夜のことを覚えているかと尋ねる。 高遠を見て、血の気が引いていく東雲。 真奈と間違われて、抱かれたと話す。 事故だし、東雲は忘れていいことで、誰にも話さないと言う。 でも高遠は東雲のことが好きで、このまま覚えててもいいかと涙を流した。 親友は悪女【第9巻】の感想 悪女の考えることはすごいですね。 表の顔と、裏の顔が全く違う高遠。 これが橋井の言っていたことなんですが、東雲はまんまとはめられました。 高遠の自作自演に、東雲は気付くことができるのでしょうか!? 気付かなかったら、きっと高遠は真奈に抱かれたとウソをつきますよ。 そして、二人を破局に追い込んでいくつもりでしょう。 悪女の恐ろしさ、ナメてはいけませんね。 親友は悪女の口コミ・感想 親友は悪女 はすごく面白い。 続き気になるから発売日の0時過ぎると買ってます 笑 でも次で最終巻な予感。 こういう電子書籍のマンガは巻数多くなると買い控える人もいそうだから、あまり長く続けないのかしらん。 — 十色 pagutter ネタバレではなくて絵付きで「親友は悪女」9巻を読むことができますので「まんが王国」をチェックしてみてくださいね。 \「親友は悪女」9巻を試し読み/ 試し読みの続きは半額で読めるのでチェック!.

次の

親友は悪女【第9巻】のネタバレと感想!!|漫画大陸

親友は悪女

親友は悪女【第9巻】のネタバレ 橋井は、突然の北海道出張を告げられ、焦っていた。 あいつの仕業 東雲に呼ばれた橋井は、前川部長の直々のお達しを知らされている。 堀江に続き、東雲も驚いていた。 これはかなりの難案件で、成功させたら昇進もあり得る。 でも橋井は、 やられてしまったと思った。 こんな手を使われたら、断りようがない。 東雲は橋井の話も聞かずに、どんどん進めていった。 大きな声を上げて、東雲の話を遮る橋井。 これは高遠の仕業で、前川部長ともつながっていると言う橋井。 高遠は、東雲目当てでこの会社に入社したのだろう。 東雲は珍しく乱れる橋井に驚いた。 落ち着かせようとするが、橋井は東雲に高遠には近づかない方がいいと忠告する。 だが、東雲は優しい笑顔で大丈夫だと答えた。 一瞬呑気そうに見えた東雲に、どう説明すれば伝わるのかわからない。 ところが、東雲の顔色が悪いことに気付いた橋井。 呑気なんかじゃなくて、いっぱいいっぱいなんだと悟った。 東雲がちゃんと寝て、食事を摂っているのか心配になる。 結局、何も伝えることができないまま東雲は去って行った。 その時、東雲がスマホを忘れていることに気付く。 ロックはかかってないため、高遠に盗聴アプリが入ってないか確認した。 そして、橋井はあることに気付く。 私は大丈夫 橋井は、真奈のところへ向かった。 仕事中だが、真奈を呼び出す。 給湯室で話をする橋井と真奈。 北海道の話を聞き、真奈は驚いた。 高遠が裏で前川部長と繋がっていることを話す橋井。 真奈の次は、橋井を追い出そうとしているのだろう。 このままでは全く手に負えない。 高遠の情報がもっとあれば、どうにかなりそうだ。 真奈は、もしかしたら本田が何か知っているかもしれないと思う。 本田には橋井が話をすることにし、真奈には東雲のことをちゃんと見ておいた方がいいと伝える。 ところが真奈は、東雲とちゃんと向き合うことを決めた。 だから、心配しなくても大丈夫。 そんな真奈を見て、橋井はスマホのことを言いかけたが話をやめる。 東雲のスマホをしまい、真奈と別れた。 もう少しで・・・ 高遠は、東雲にコーヒーを出す。 あと一息、一緒に仕事を頑張ろうと声をかける高遠。 そんな高遠は、人を乗せるのが上手い。 東雲は、橋井の言葉を思い出す。 きっと真奈のことがまだ好きなんだろう。 高遠は、東雲に真奈と会っているのかと尋ねる。 ちゃんと会わなきゃダメだと言い残して退社した。 職場を出ていく高遠は、もう少しだと不敵な笑みを浮かべる。 このまま会えない日が続けば、もっと東雲が弱るだろう。 会わないことで心が離れ、居心地のいい高遠を選ぶはず。 もっと弱ることを想像し、嬉しくなる高遠だった。 会いたい気持ちは同じ 退社前、東雲は心が折れそうになる。 真奈に会いたいが、会うことができない。 駐車場に向かう間、真奈にだけは弱った自分を見せたくないと思う。 やるべきことを終わらせて、元気に真奈に会いたい。 車に着くとドアの横で、真奈が眠っている。 そんな真奈を見て、余裕のなくなった東雲。 真奈を起こし、落ち着いたふりをしてして話をする。 なんと真奈は、東雲のために差し入れを持ってきた。 開けてみると、茶色一色のおかずが並んでいて真奈らしい。 味覚が同じだと思っている真奈は、自分が好む味付けで料理を作った。 その場で、真奈の手料理を頬張る東雲。 真奈は、落ち着いたら食事にでも行こうと誘う。 真奈と一緒に過ごしていた時は、食事を忘れたことなどなかった。 毎日楽しく、温かい気持ちで過ごした日々。 東雲は箸を止め、連絡できなかったことを謝る。 自分の力不足で、部署内が上手くいってない。 そんな自分が、すごく悔しい。 東雲の話を聞いた真奈は顔を手で覆い、真っ赤になっている。 真奈は 弱っている東雲が可愛く見えて、もっと甘えてほしいと思う。 東雲は真奈の言葉が嬉しく、抱きしめる。 高遠とは違い、切羽詰まった東雲に、真奈は頑張れとは言わなかった。 そして、東雲は真奈に甘えて、一つお願いをする。 あなたのは渡さない 翌朝、出社した東雲は高遠に朝食を食べたか心配される。 その時、真奈がやって来た。 東雲に袋を手渡している。 その姿を見た高遠は、顔色を変えた。 周りの部下たちは、愛妻弁当だと騒ぎ立てる。 怒りを我慢できなくなった高遠は、真奈を追って行った。 そして真奈を呼び止め、不機嫌そうな顔を見せる。 真奈は冷静に話し出す。 怖いのは、ちゃんと見ていないからだと気付いた真奈。 だからもう逃げたりしない。 東雲は真奈の彼氏だから、絶対に高遠には譲らないと宣言し去って行った。 トイレで怒りをぶつける高遠。 渡してもらわなくても、奪ってやると決めた。 はめられた東雲 今夜は部内の飲み会が行われた。 東雲はあまり参加しないが、今回は参加している。 高遠に誘われたのだ。 みんなが話で盛り上がっている中、高遠はそっとバッグから薬を取り出し、飲み物に入れた。 ラストオーダーになり、二次会の話が出てくる。 その時、東雲が眠ってしまったようだ。 飲んでないはずだが、どうしたのかとみんな慌てている。 とりあえず、東雲を家に送り届けることにした。 そこで名乗りを上げたのが、高遠。 二次会を楽しんできてとうまく誤魔化し、東雲を連れ出すことに成功した。 東雲が目を覚まし、周りを見渡している。 そこで高遠は、バスローブ姿で声をかけた。 昨夜のことを覚えているかと尋ねる。 高遠を見て、血の気が引いていく東雲。 真奈と間違われて、抱かれたと話す。 事故だし、東雲は忘れていいことで、誰にも話さないと言う。 でも高遠は東雲のことが好きで、このまま覚えててもいいかと涙を流した。 親友は悪女【第9巻】の感想 悪女の考えることはすごいですね。 表の顔と、裏の顔が全く違う高遠。 これが橋井の言っていたことなんですが、東雲はまんまとはめられました。 高遠の自作自演に、東雲は気付くことができるのでしょうか!? 気付かなかったら、きっと高遠は真奈に抱かれたとウソをつきますよ。 そして、二人を破局に追い込んでいくつもりでしょう。 悪女の恐ろしさ、ナメてはいけませんね。 親友は悪女の口コミ・感想 親友は悪女 はすごく面白い。 続き気になるから発売日の0時過ぎると買ってます 笑 でも次で最終巻な予感。 こういう電子書籍のマンガは巻数多くなると買い控える人もいそうだから、あまり長く続けないのかしらん。 — 十色 pagutter ネタバレではなくて絵付きで「親友は悪女」9巻を読むことができますので「まんが王国」をチェックしてみてくださいね。 \「親友は悪女」9巻を試し読み/ 試し読みの続きは半額で読めるのでチェック!.

次の