生活が苦しい 40 代。 50代は貧乏老人への分かれ道!家計が苦しい原因と解消法

生活が苦しい40代…どうして生活が苦しい?生活を改善するには?

生活が苦しい 40 代

先日書いたについての記事で「明日は我が身」という言葉を使いましたが、貧困に陥るリスクは35~40代以降の女性に限った話ではありません。 今の時代、 正社員として安定した給料をもらっている既婚者であっても、ちょっとしたタイミングで突然、貧困生活を余儀なくされる可能性も十分にあるということです。 就職氷河期世代の貧困に関するニュースなんかを見て「よかった!自分は正社員として安定した生活ができて!」と思っていても、人生いつ何が起こるかわかりませんからね。 ここ数年では、 新型貧困なんて言葉を目にする機会も増えました。 アラフォー貧困女子と共通する部分もありますが、今回は 40代以降が直面する貧困生活について考えていきたいと思います。 本当に「明日は我が身」ですよね? ということで、今回はたとえ世間でいう勝ち組であっても、いつどこで陥るかわからない新型貧困をテーマに私の経験や周囲にいた知人、そしてアラフォー貧困女子との比較などを交えてお届けします。 この記事を読んでいただくことで、少しでも ご自身の生活を見直すきっかけになればと思います。 住宅ローン・車のローン・子供の学費などの支払いを抱えたまま収入減• うつ病などの精神疾患による困窮• 転職に失敗して収入減• リストラで失業 私は現時点でローンは抱えていませんが、将来的に親の介護も不安ですし、もあったりするので、新型貧困は決して他人事ではないと思っています。 スポンサーリンク 安定した仕事に就いていても生活苦に陥るリスク たとえ現在は安定した収入を得られていたとしても、給料が減らされたり、勤めている会社が倒産したり、親の介護が必要になったり、うつ病になったり、リストラされる可能性だって考えられますよね? リストラなどで収入が絶たれたなんて話もよく聞きます。 もちろん、いきなり「明日から会社に来なくていいよ!給料も支払わないから!」なんてことはまずありえないわけですが、やはり失業保険を受給しながら次の仕事を探している時の不安は大きいと思います。 とくに家族を養っている立場であれば、と違って妻子を巻き込んでの生活苦となるので、場合によっては新型貧困の方が事態は深刻かもしれません。 定年までその会社に勤務することで得られる収入を想定して組んだローンが残った状態での収入減は、これまでの平穏な生活を脅かしますからね。 動くお金が大きいとその分、生活にも影響を及ぼすということです。 社会的信用が仇となって借金生活を加速させる? 正社員は非正規労働者よりも社会的信用があるので、金融機関などでも何かとお金が借りるのに審査が通りやすかったりします。 収入源やリストラなどで収入が絶たれても一時的に生活を繋ぎ止めるための手段として、キャッシングを利用する人はわりといるようです。 もちろん次の仕事がすでに内定していたり、近日中にまとまった入金が確実にある場合は、計画的にキャッシングを利用して生活苦をしのぐのもありだと思いますよ。 (ご利用は計画的に!) しかし、怖いのが リストラや収入が下がったことを家族に告げることができず、住宅ローンや足りない生活費を内緒でこっそりと借金で支払っていたりして、キャッシングやクレジットカードの返済を新たな借金で補っている場合です。 最初は少なかった借金が雪だるま式の増えていくパターンですね。 実は以前、私の周囲にもこういう人はいました。 サラリーマンは、非正規労働者に比べて簡単にお金が借りれてしまうこともあって、こういう人はだんだんと金銭感覚が麻痺していくようです。 さらに最悪なのは、どうしてもお金が必要なので 一発逆転を狙ってリスクの高い金融商品やFXなどに手を出してしまうケースなんですけどね。 仮にそれで運良く一時的に大金を手にすることができたとしても、すでに金銭感覚がおかしくなっているので借金生活を加速させてしまう危険があります。 私の知っている人でもいましたよ、こういう人。 金銭感覚って一度狂ってしまうと正常な感覚を取り戻すのが難しいですからね。 簡単にお金が借りられるという状況が仇となることもあるので気をつけましょう。 スポンサーリンク 貧困生活に陥らないための対策として懸念材料を洗い出す 新型貧困は現時点での収入が安定していても陥る可能性があるので、そうなる前に 懸念材料を洗い出しておく必要があります。 たとえ何一つ不自由のない生活を送っていたとしても、現在の状況が未来永劫続く保証なんてどこにもありませんからね。 現在抱えているローンの総額と毎月の支払い額はいくらか?• もし親の介護をしなければならなくなったらどれくらいのお金が必要か?• 将来的に必要な子供の学費はいくらか?• もし突然リストラされても再起できるスキルやキャリアはあるか?• 生活の見直し 「支出を減らして収入を増やす」というのは貧困女子と共通していますが、新型貧困の場合は支出を減らすことが重要です。 どうしても家族がいたりすると貧困女子よりも支出は多くなりますからね。 場合によってはローンの借り換えや保険の解約なども必要になってくるでしょう。 できる限り、出費は押さえた方がいいですからね。 政府は副業解禁を奨励しているようですが、まだまだ 副業が禁止されている企業も多いですからね。 そんな事情もあって、もし収入が下がった時のことを考えて給与の一部を投資に回したり、外貨預金などで運用する人も増えているようです。 副業が許可されている場合でしたら、当然ですが 早い段階で本業以外にも収入源を確保しておいた方が良いでしょう。 新型貧困の場合、貧困女子と違っていくら収入があれば抜け出せるかは状況によって異なるため、対策方法もシンプルにはいかなかったりします。 また既婚者でしたら、 夫婦共働きという手段も有効です。 実際に子供の学費や養育費を稼ぐためにパート勤務する主婦も多いですからね。 自分と一緒に親も年を取り、高齢者になれば介護の必要も出てくるでしょう。 そして子供も成長すればお金もかかります。 終身雇用が当たり前だった一昔前であれば、現在のようにいわゆる勝ち組と呼ばれるような人たちが新型貧困に陥るリスクも少なかったかもしれません。 しかし、現在は違います。 私たちが生きているのは過去の良かった時代ではありません。 過酷な現実と向き合って生きる必要があります。 宿命からは逃れられないということですよね?.

次の

33歳月収17万、貯金20万円。家族3人で生活が苦しい [お金の悩みを解決!マネープランクリニック] All About

生活が苦しい 40 代

なぜお金がない?生活が苦しい40代・50代が干上がる理由 40代や50代といえば、仕事が順調ならばそれなりの収入もあるものです。 家庭環境にもよりますが、1人暮らしならば生活が苦しくても干上がることはそんなにないはず。 お金がなくて、生活が苦しい40代・50代に多いのは、やっぱり既婚者で家のローンなどや教育費で干上がることでしょう。 今の時代の一軒家は干上がる原因の1つ ちょっと昔の考えならば、一軒家を持つことは人生のステータスと考えられていました。 今でも一軒家を持ちたい40代や50代の人たちはいますが、年々少なくなってきています。 確かに一軒家を持つことは人生の勝ち組な感じがしますし、仕事のモチベーションも上がるでしょう。 しかし、その一軒家の購入ローンで生活が苦しいのなら本末転倒。 お金がない!と毎日のように愚痴っては、足元をみられて会社の奴隷として働かなければいけません。 一軒家を持つことで、干上がるようではあまり人生ではプラスにはなりませんし、一体何のために生きているのかもわからなくなります。 生活が苦しい原因が一軒家のローンならば、購入する前に考えたいものですね。 子供の教育費を負担しすぎない 子供は宝ですから、子供の教育費にお金を掛ける気持ちもわからなくもないです。 しかし、教育費に負担をかけすぎて、生活が苦しいのなら少し考えたいもの。 教育費で人生が干上がることほど愚かなことはありません。 確かに子供の教育は大切ですし、教育しだいで子供の人生もだいたい決まるもの。 それでもやっぱり最終的には、子供の人生は子供が決めます。 教育に関しても、大人になれば興味のあるものには何歳になっても教育費にお金を掛けていくもの。 子供の教育費も大切ですが、子供の心を健やかにすることは教育費以外でも充分に育てられますからね。 お金がない!生活が苦しい40代・50代が干上がる前に考えるべきことのまとめ 40代や50代がお金がないとか、生活が苦しいのは見栄を張りすぎな部分も少なからずあります。 やはり他人は他人ですし、自分は自分です。 人の目を気にして購入する一軒家や子供の教育費ならば、今すぐそのくだらない考え方は捨て去りましょう。 そんなつまらないプライドで生きていても干上がるだけです。 人生は長いようで、短いです。 「お金がない!」とか 「生活が苦しい!」と嘆くだけの人生だけは歩みたくないものですね。 そのためには、まず干上がる前にできるだけのことを、時代に合わせて冷静になって考えていきましょう。

次の

生活苦しい40代主婦の記録|生活費が足りない時はここで借りてます

生活が苦しい 40 代

「生活が苦しい」40代女性がお金がないしんどさを乗り切る方法 「生活が苦しい」40代女性の現状 「生活が苦しい」と感じている人は40代女性を含め沢山います。 平成30年に厚生労働省が実施した国民生活基礎調査で、「生活がやや苦しい」または「大変苦しい」と答えた世帯は 57. 日本全体の半数以上の世帯が生活が苦しいと感じている現状なのです。 特に私たち40代は、年収も他の世代より少なくお金に恵まれないロストジェネレーション世代。 正社員になれず非正規社員として働き続ける人も多く、昇給も微々たるものというのが現状。 とりわけ苦しさを感じるのではないでしょうか。 家計の状況は、毎月定期的に支払うものをギリギリにしても毎日の食費や生活費でいっぱいいっぱい。 当然ながら貯蓄をする余裕もなくここまで来た人もいるでしょう。 これから先の自分の老後のことを考えても不安が募るばかりですよね。 光熱費の使い方や食費、あらゆる点に気を配って、ギリギリまで支出を抑えてると思っていても、 気づいていないだけで減らせるポイントがまだあるかもしれません。 まずは自分の出費項目を知る事が重要です。 何とか収入を増やしたい! 現状のお給料が低い場合は仕事を見直すことも必要です。 最近では副業が解禁され、休日を利用してお金を稼ぐことも出来ますが、40代女性にとって休み無く働くことは体力的にもしんどいと思います。 回避できる策が必要です。 カードでの支払いは即現金がなくてもできますが、日日の支払いが生活を苦しくしてしまいます。 借り換えや一括返済を計画的にする工夫を考えてみましょう。 お金がない事は本当にしんどい 40代でシングルマザーの私は「お金がない」しんどさが痛いほどわかります。 どんなん頑張っても余裕があると感じたことは一度もありませんでした。 毎月のお給料では足りないので、週末に副業でアルバイトをしたこともあります。 朝 8:30~14:30の喫茶店でのアルバイト。 月に2万円~3万円程度の収入でした。 さらに、早朝の新聞配達をしていた時期もあります。 若いうちは、週末や早朝に働いても何とかなりましたが、今、 40代になって休みなく仕事をするという事は、体力的にも精神的にも負担になります。 実際に今できるとしたら、自宅でできる仕事かもしれません。 そんな風に勢いで動いて、私自身はいつも疲れきっていて、家の中もバタバタ。 結局、子どもとゆっくり話をする時間もありませんでした。 また、自分や子どもたちの洋服やモノを買うお金がなかったので服は頂き物が多く、外食も限られた安いお店にしか行けません。 子どもたちには長年にわたって我慢ばかりさせていたと思います。 でも、生活するしかなく。 「お金がない」のは本当に苦しいことです。 苦しい毎日から脱出する方法 40代女性が「苦しいしい毎日」から脱出する方法をご紹介します。 不要なものにお金を使っていないか、見直す必要があります。 その日暮らしで計画を立てるのではなく、毎月の収入から 少しづつでも貯金をする習慣をつけてきましょう。 その仕組みを作ってしまう事が有効です。 会社の給与天引きを利用しても良いですし、直接銀行のATMなどに設置してある定期預金の申込をすれば良いだけです。 ットビジネスは、きちんと正しい方法で取り組めば月に10万円程度の収入は見込めるようになります。 収入源を増やしておくことは、 将来にわたっての安心にもなります。 また、急なお金が必要となったり仕事がみつからなかったりしている場合は、地域の役所や役場に相談もできます。 もっと 気軽に相談したい場合は、ファイナンシャルプランナーに家計の相談を持ち込んでみるのも手です。 まとめ 「生活が苦しい」40代女性、お金がない生活は本当にしんどいですよね。 いろいろな事を見直す為に、まずは現状に向き合うことから始めましょう。 脱出できる方法は必ずあります! 頑張りましょうね!.

次の