宝塚 朝美 絢。 朝美絢がカッコいい!インスタに見る宝塚95期生、本名や年齢は?

宝塚カフェブレイク 朝美絢さん

宝塚 朝美 絢

来歴 [ ] 2007年、入学。 2009年、宝塚歌劇団にとして入団。 入団時の成績は24番。 公演「薔薇に降る雨/」で初舞台。 その後、に配属。 2014年、「」で新人公演初主演。 2015年、バウ・ワークショップ「A-EN ARTHUR VERSION」で、バウホール公演初主演。 続く「」で2度めの新人公演主演。 2016年、退団公演となる「」で、自身初となる女役を演じる。 2017年5月31日付で雪組へと組替え。 2018年、「義経妖狐夢幻桜」でバウホール公演単独初主演。 人物 [ ] 小さな頃からクラシックバレエを習い、発表会が大好きだった。 小学生の時、テレビ番組を録画したものを祖母と母が見せてくれたのが宝塚との出会い。 生の舞台を初観劇したのはでの月組公演「/」。 子供ながらにスーツ姿の男役の格好良さに感動する。 音楽学校受験を決意し、2度目の受験で合格を果たした。 憧れの俳優・と芸名の名付け親が同じで、名前の一部に「旬」が入るだけでなく、舞台姿の参考にもしている。 新人公演では計4回、の役を演じた。 主な舞台 [ ] 初舞台 [ ]• 2009年4〜5月、『薔薇に降る雨』『』(のみ) 月組時代 [ ]• 2009年10〜12月、『ラストプレイ-祈りのように-』『Heat on Beat! (ヒート オン ビート)』• 2010年2月、『』(・) - シルヴィアス• 2010年4〜7月、『』 - 新人公演:ハル(本役:)• 2010年9〜11月、『』 - 新人公演:ヒスニ(本役:珠城りょう)『Rhapsodic Moon(ラプソディック・ムーン)』• 2011年3〜5月、『』 - 新人公演:家臣(シカ)(本役:)『ONE-私が愛したものは…-』• 2011年7〜10月、『』 - 新人公演:アルマン(本役:珠城りょう)『Dance Romanesque(ダンス ロマネスク)』• 2011年11〜12月、『』『Dance Romanesque(ダンス ロマネスク)』(全国ツアー)• 2012年2〜4月、『』 - 新人公演:(本役:珠城りょう 『Misty Station-霧の終着駅-』• 2012年6〜9月、『』 - 新人公演:マーキューシオ(本役:)• 2012年10〜11月、『』『Heat on Beat! (ヒート オン ビート)』(全国ツアー)• 2013年1〜3月、『-と編-』 - 新人公演:ロセロワ(本役:・)• 2013年5月、『月雲(つきぐも)の皇子(みこ)-衣通姫(そとおりひめ)伝説より-』(バウホール) -• 2013年7〜10月、『』 - 新人公演:ヘアフォール伯爵(本役:美弥るりか)『Fantastic Energy! 2013年11〜12月、『THE MERRY WIDOW』(シアタードラマシティ・日本青年館) - チボー• 2013年12月、『月雲(つきぐも)の皇子(みこ)-衣通姫(そとおりひめ)伝説より-』() - 大長谷皇子• 2014年1月、『New Wave! -月-』(バウホール)• 2014年3〜6月、『宝塚をどり』『』 - 新人公演:ナイジェル(本役:)『TAKARAZUKA 花詩集100!! 』 - 新人公演:花の紳士A(本役:、美弥るりか)、蘭の王・ブラックローズS(本役:)• 2014年7〜8月、『宝塚をどり』『明日への指針-センチュリー号の航海日誌-』 - カール六等航海士、マドロス『TAKARAZUKA 花詩集100!! 』()• 2014年9〜12月、『』 - ピッコロ、新人公演:パック(本役:龍真咲)『CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』 新人公演初主演• 2015年1〜2月、『』(バウホール・日本青年館) - ガスパレ・ピショッタ• 2015年4〜7月、『』 - ロワゼル、新人公演:(本役:美弥るりか)• 2015年8〜9月、『A-EN(エイエン) ARTHUR VERSION』(バウホール) - アーサー・キャメロン バウWS主演• 2015年11〜2016年2月、『』 - カオ、新人公演:シャルル・ド・デュラン(本役:龍真咲)『GOLDEN JAZZ』 新人公演主演• 2016年3〜4月、龍真咲コンサート『Voice』(・シアタードラマシティ) - J• 2016年6〜9月、『』 - 妻木、『Forever LOVE!! 2016年10〜11月、『』(・シアタードラマシティ) -• 2017年1〜3月、『』 - エリック・リトナウアー/ラファエラ・オッタニオ(と役替わり)『カルーセル輪舞曲(ロンド)』• 2017年5月、『』 - 舘岡『カルーセル輪舞曲(ロンド)』(博多座) 雪組時代 [ ]• 2017年8〜9月、『』(日本青年館・シアタードラマシティ) - ラヴロック少佐• 2017年11〜2018年2月、『』 - 『SUPER VOYAGER! -希望の海へ-』• 2018年3〜4月、『義経妖狐夢幻桜(よしつねようこむげんざくら)』(バウホール) - バウ単独初主演• 2018年6〜9月、『』 - ハイメ・アルヴァレス『Gato Bonito!! 〜ガート・ボニート、美しい猫のような男〜』• 2018年11〜2019年2月、『』 - アラン・ショレ/フィリップ・ドゥ・シャンドン伯爵(と役替わり)• 2019年3〜4月、『』() - オーエン・オマリー• 2019年5〜9月、『』 - 『Music Revolution! 2019年10〜11月、『』 - ファルコ・ルッカ『Music Revolution! 』(全国ツアー)• 2020年1〜3月、『』 - キャロル 出演イベント [ ]• 2011年1月、ディナーショー『Hot Fairy』• 2015年12月、『タカラヅカスペシャル2015-New Century,Next Dream-』• 2016年7月、龍真咲ディナーショー『Goodbye Fairy』• 2016年12月、『タカラヅカスペシャル2016〜Music Succession to Next〜』• 2017年12月、『タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』• 2018年5月、『』前夜祭• 2018年12月、『タカラヅカスペシャル2018 Say! Hey! Show Up!! 2019年12月、『タカラヅカスペシャル2019-Beautiful Harmony-』 TV出演 [ ]• 2012年9月、『 秋』• 2017年3月、『2017 』• 2019年7月、フジテレビ『2019 』 受賞歴 [ ]• 2016年、『』 - 新人賞 脚注 [ ].

次の

朝美絢

宝塚 朝美 絢

バウ公演『A-EN』アーサー・キャメロン役 まずは若手時代の代表作から。 名フレーズ、ないし彼女の一発芸となった、 「泣き虫プリンセス」が生まれた伝説の一作。 笑 正式にはバウ公演ではなく「BOW WORKSHOP」、 月組の下級生スターたちが2チームに分かれ、 ミュージカルとショーの2本立てに挑戦するという企画物で、 W主演を務めた暁千星とは別日程別バージョンでの公演となった作品です。 ということで朝美主演版はというと、 オラついてるワルなイケメンがハイスクールの「プロム」を巡り、 クラスの目立たない女子との触れ合いを通じて恋が芽生え、 ツンでデレなめくるめく胸キュン青春ラブストーリーという、 二昔前の洋物スクールドラマのようなノリで展開していくわけです、が。 もうね、朝美絢が 超 イ ケ メ ン なのさ。 着崩したブレザー姿にパツキンヘアーで鋭い眼光、 さらに役名が 「アーサー・キャメロン」だなんて これだけで勝ちというものでしょう。 同期・輝月ゆうま演じる親友の大型犬男子・マイルズとの微笑ましいやり取りや 残念ヒロイン・ヴァイオラとのむず痒い会話の応酬など、 みんなが描く理想のツンデレ男子高校生像を見事にやり切った本作。 本公演『ひかりふる路』サン=ジュスト役 雪組組替え後、一作目の本公演にして 望海風斗&真彩希帆のお披露目公演でもあった今作は、 何よりも彼女の 歌唱力の向上が感じられる作品であります。 また「革命の大天使」という異名を持つ サン=ジュストにピッタリなビジュアルと華やかさ、 さらに望海演じるロベスピエールに心酔し切った演技は見応え十分。 この望海演じる主役に病的に心酔する役というのは 『壬生義士伝』『はばたけ黄金の翼よ』にも続いていくわけですから (ある意味『20世紀号に乗って』も同様か?) それを思うと本役は、後に続く布石としての 大事な当たり役と言えるでしょう。 雪組組替えは、まさに水を得た魚のように 生き生きと進化していく彼女。 その第一歩としての堂々たる一作です。 バウ公演『義経妖狐夢幻桜』ヨシツネ役 雪組組替え後、研10にして初のバウ主演作品。 彼女の出身地である鎌倉の英雄 「義経」に、雪組の 「和物」、 さらに彼女の現代的スター性を 「ロック」にかけて生まれた本作は、 「ここではないどこか」を舞台としたSF的愛憎劇という 谷貴矢お得意の世界観が十二分に発揮された作品です。 現実世界、異界、精神世界を行ったり来たりしながら 過去への追想、自責と悔恨、 そして未来を変えたいという強い思いと、贖えない運命が交錯する。 一見トンチキ風味ですけれど、 その実『エリザベート』『ファントム』にも通ずる 宝塚の王道・魂の救済をテーマにした作品だと思います。 桜がヒラヒラ舞う中で物憂げに佇む姿の美しさは 義経の運命のように儚くも切なく、ファンでなくても必見の名シーン。 この『ひかりふる路』『義経妖狐夢幻桜』の連続ヒットは 当時の彼女のグイグイ迫る勢いを十二分に感じさせる作品群なわけですが、 実は今見返すと微妙に懐かしかったりするわけで。 それを思えば、今の彼女ってだいぶ落ち着いたというか 引き算の芝居・佇まいをするようになったのだなぁと 逆説的に感じる作品だと言えるのかもしれませんね。 2度ほどコメントさせて頂いたものです。 朝美絢編、待ってました!! 朝美さんのファンになって半年。 スカステ未加入、ライビュは行きますが、生の舞台はまだ観たことが無いものですがBDは凱旋門以外持ってます。 私のベスト3 1位 キャロル 2位 サンジュスト 3位 斎藤一 です。 1位が女役というのは正直微妙かもですが、魅力的過ぎました、、。 2位サン=ジュストはロベスピエールに心酔しすぎて目がいっちゃってる感じがとてもよく出てました。 3位斎藤一はひたすら、カッコいい、、。 一匹狼的な感じがよく出ていました。 ただ朝美さんの歌が聴きたい私としては最後の銀橋での歌は凪七さんと朝美さんで歌ってほしかったなぁ。 私が感じている朝美さんの魅力は、どんな役でも的確に咀嚼して演じられている所です。 ですが、つい最近ファントムを購入したのですがキラキラとしたアイドル的なお顔故かシャンドンやおヒゲでごまかせるアランショレは演じることは出来ても、キャリエールは無理だったろうな(キャリエールもヒゲはありますが)と感じました。 キラキラなビジュアルも痛し痒しです。 長々とすみません。 これからも楽しみにしてますね!! 蒼汰さま いつも更新楽しみにしております。 朝美さんの好きな3作、私も参加させてください! 順番をつけるのは難しいので、公演時順にしました。 PUCK 新公 順調とは言えなかった月組時代、この公演があってよかった。 この新公主演は朝美さん以外考えられないほどハマり役だったと思います。 登場の妖精誕生シーンのインパクト、まだ不安定ながら切なく胸に響く歌声、舞台技術もアドリブも挨拶も粗はあるけど、PUCKの成長のように頑張れと応援したくなる作品です。 ひかりふる路 蒼汰さんのおっしゃるように、冒頭大きな瞳をカッと見開き…。 そしてやはり声。 シトワイヤン!の発声。 朝美さんの声はセリフも歌もとても聴き取りやすく、なおかつまろやかな煩くない声なのが好きです。 お芝居もロベスピエールに心酔するあまり結果的に自身もふくめ破滅へと導くことになるある意味ピュアな人物像が素晴らしかったです。 義経妖狐夢現桜 作・演出の谷貴矢先生、専科の英真なおきさん、組長の梨花ますみさん、舞咲りんさんをはじめ上級生、下級生まで個性の光るキャストも素晴らしい。 とりわけ2番手を務めた永久輝せあさんとはヨシツネとヨリトモの対比を深く切なく演じていて、迎え入れてくれた雪組の包容力と愛を感じた作品です。 評価はともかくショーのダンスシーンでは、いつもとても楽しそうに踊っている姿も印象的ですが、今回はお芝居から選びました。 雪組に来て、肩の力がうまく抜けた印象があり、毎公演新たな役作りに挑む姿勢に感動しています。 いまは公演中止で先が見えませんが、再開後のパワーアップを期待して健康と終息を祈っています。

次の

朝美絢

宝塚 朝美 絢

朝美ジャッキーが見たい 男役が娘役、は路線の登竜門 大劇場千秋楽が終わった「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」で、朝美絢さんは男役ジェンヌでありながらキャロルという女性を演じています。 男役さんが女性を演じる事は珍しい事ではなく、むしろ路線スターの登竜門といった印象です。 娘役がバッチリだった朝美絢 朝美さんがもう、美人で美人で、そして張りのある非常に美しい歌声で。 で・・・頭に中でパンと「ジャッキーが似合いそうだな」と浮かびました。 キャロルの、ちょっと気の強そうな雰囲気がまた、ジャッキーにピッタリ。 ジャッキーについて このブログを読んでくださる方のほとんどがご存知だとは思いますが、ジャッキーは「ミー・アンド・マイガール(ミーマイ)」に出てくる女性。 いかに自分がラクして、お金の心配なく楽しく生きていくかばかりを考えている、若く美しいお嬢様です。 歌うのがまた「自分の事だけ考えて」なんてタイトルだったりするんですね。 ここまで徹底してると何か、アッパレです。 で、このアッパレお嬢様を何人もの路線男役ジェンヌさんが演じてまして、後にトップになった方も複数います。 歴代のジャッキー(一部抜粋) 1995年月組 真琴つばささん(71期) 2008年月組 明日海りおさん(89期)、 龍真咲さん(87期) 2009年花組 朝夏まなとさん(88期)、 壮一帆さん(82期) 2013年月組 凪七瑠海さん(89期)、美弥るりかさん(89期) 2016年花組 鳳月杏さん(92期)、 柚香光さん(95期) 太字は、後にトップスターになったジェンヌさん。 明日海ジャッキーが素晴らしくかわいい 私は楽天TVのタカラヅカ・オン・デマンドプレミアムで真琴つばさん、明日海りおさんのジャッキーを見ました。 明日海さんのジャッキーはもう、さいっこーーーにかわいいです。 ずっと自宅に飾っておきたい、そんなかわいさ。 しかも歌もバッチリ!声までさいっこーーーにかわいいです。 朝美ジャッキーも素晴らしいに違いない 朝美絢さんも素晴らしく美しく、そして歌上手!少々小柄に感じるところもまた、女性としては良さそう。 明日海ジャッキーは階段降りの際、真っ白なウェディングドレス姿でした。 すばらしくかわいらしかった!あの姿を朝美絢さんがしたらどれほどに美しいか、妄想するだけでご飯がすすみます。 実現は困難 ミーマイは、月組と花組でしか公演していません。 現在の在籍が雪組である事や、学年を考えても、今後朝美さんがジャッキーを演じる事はまずない事はわかっています。 あくまで妄想ですのでよろしくお願いいたします。 おまけ ちなみに朝美さんは2009年~17年まで月組に在籍していました。 なので2013年の月組ミーマイで何かしらの役をやっていたと思うのですが、ネットで調べても確認出来ませんでした。 追記:コメントよりご指摘いただき、朝美さんはバウ公演『月雲(つきぐも)の皇子(みこ)』 -衣通姫(そとおりひめ)伝説より- に、大長谷皇子(おおはつせのみこ)として出演していたためミーマイには出演していない事を知りました。 教えてくださりありがとうございいます。 心より御礼申し上げますとともに、ここに追記させていただきます。 ちなみに2013年月組ミーマイのビル(トップ)は龍真咲さん、サリー(トップ娘)は愛希れいかさん。 愛希さんは朝美さんと同じ95期です。

次の