接続がプライベートではありません edge。 1

1

接続がプライベートではありません edge

アクセスしても安全なウェブサイトかどうかを確認するには、サイトの安全性に関する情報を参照します。 Chrome では、サイトが安全でない場合や、プライバシーが保護されない場合に、警告が表示されます。 Chrome で任意のページを開きます。 ウェブアドレスの左側にあるアイコンで、サイトの安全性に関するステータスを確認できます。 アイコンには次の種類があります。 保護された通信• 情報、または保護されていない通信• 保護されていない通信、または危険• サイトの詳細と権限を確認するには、アイコンをクリックします。 Chrome で検出された接続の保護レベルに関する概要が表示されます。 安全性を示すアイコンの意味 これらのアイコンは、サイトにアクセスして利用したときにどの程度安全が確保されるかを知る目安になります。 これらのアイコンでは、サイトにセキュリティ証明書があるかどうか、Chrome がその証明書を信頼しているかどうか、Chrome がサイトにプライベート接続しているかどうかが示されます。 このページでは個人情報や機密情報を入力しないようにしてください。 できれば、サイト自体、利用しないことをおすすめします。 保護されていない通信: このサイトを利用する場合は十分にご注意ください。 このサイトへの接続にはプライバシー保護に関して大きな問題があります。 このサイトとの間で送受信される情報は、何者かに見られる可能性があります。 「ログイン情報は保護されません」または「お支払い情報は保護されません」というメッセージが表示されることがあります。 危険: このサイトは利用しないでください。 ページ全体に赤い警告画面が表示される場合、機能によってそのサイトが安全でないサイトとして認識されています。 サイトを利用すると、個人情報や機密情報が危険にさらされる可能性があります。 「この接続ではプライバシーが保護されません」というエラーを解決する 「この接続ではプライバシーが保護されません」というエラー メッセージがページ全体に表示された場合は、サイト、ネットワーク、端末のいずれかに問題があります。 をご覧ください。 セキュリティ証明書について HTTPS(保護された接続)を使用しているサイトにアクセスすると、ウェブサイトのサーバーは Chrome などのブラウザに対し、証明書を使って本物のサイトであることを証明します。 ただし、証明書自体は誰でも作成でき、どのようなウェブサイトにも使うことができます。 ユーザーの皆様がウェブを安全に利用できるように、Chrome では、信頼できる機関が発行した証明書を使用することをウェブサイトの要件としています。

次の

富士通Q&A

接続がプライベートではありません edge

Windows Server 2008にIISを導入しWindows 10 ProからIISの初期テスト用に導入されている「iisstart. htm」をアクセスするとIE 11からはアクセスできます IIS 7画面表示)が、Edge 38. 14xxからはアクセスできません。 アクセス方法は両方とも次のように同じURL指定方法で行っています。 htm IE 11 -- OK Edge -- このページは表示できません。 対処方法 Web アドレスが正しいことを確認してください。 Edgeを初期化(コントロールパネル -- インターネットオプション -- 詳細設定タブ -- リセット)を行っても結果は同じです。 Edgeは普通に使用していて他で問題が発生したことはありません。 また、IEからアクセスできるためファイアーウォールの問題は無いと考えています。 何が問題なのでしょうか? 宜しくお願いいたします。 hebikuzure 様 アドバイスありがとうございます。 個人でASP. NETの勉強のためVirtualBoxでホストOSにWindows 10とゲストOSにWindows 2008を導入してテストを行っている過程での問題です。 ネットワークトレース(netsh でIEとEdgeのトレースが採れましたが読むための知識が無くお手上げです。 IEからアクセスできて、Edgeからアクセスできない問題の解決には至っていませんが次の確認がとれました。 1)トレース採取のトラッフィクを減らすためにホストOSからインターネットへ接続しているケーブルを外し、ホスト/ゲストOSのファイアーウォールを無効にしてテストしたところEdgeのエラーメッセージが「このページは表示できません」から「ネットワークに接続されていません」と変わりました。 Edgeからはインターネットに接続されている(ケーブルは接続されていませんが)NICに向かってアクセスしているように見えます。 IEはゲストOSへの接続を認識しているにも関わらず、Edgeは認識できないのが問題のようです。 2)ホストOSのEdgeに関しては別PCにServer 2008を導入しアクセスできた事で問題がない事を確認しました。 トレースの読み方を含め更に調査を続けます。 解決しましたらその結果をアップします。 ありがとうございました。

次の

『接続はプライベートではありません』エラーの対処法【Safari】

接続がプライベートではありません edge

Win10 MicrosoftEdge を使っています。 起動時から ヤフーをホームペーに設定しています。 ヤフーのトップ画面から ニュースに移動し 再度 トップページに戻ろうとして ホームボタン(家のマーク)をクリックすると 接続がプライベートではありません 攻撃者が、 yahoo. jp から個人情報(パスワード、メッセージ、クレジットカードなど)を 盗み取ろうとしている可能性があります。 また 詳細を表示すると別の画面では このサーバーは yahoo. jp であることを証明できませんでした。 セキュリティ証明書が 2 日前に有効期限切れになっています。 構成に誤りがあるか、接続が攻撃者によって妨害されている可能性があります。 コンピューターのクロックは現在 2020年3月2日月曜日 に設定されています。 これが正しくないと思われる場合は、システム クロックを修正してからこのページを更新してください。 と表示されます。 また、yahoo. jp のサーバーIPアドレスが見つかりませんでした。 とも表示されます。 タイムゾーンの設定も確認しましたが 変化ありません どのように対処すればいいのでしょうか。 それは「インターネット接続の問題」ではなく「Webブラウザ(Edge)を使っての特定Webサイトへのアクセス時のエラー」です。 以下を確認ください。 1 本当にyahoo. jpをアクセスしていますか? EdgeのURL表示行にあるURLを確認ください。 2 他のWebブラウザでyahoo. jpをアクセスしても同様の現象が起きますか? 起きなければお使いのEdgeの問題です。 Edgeの設定画面でキャッシュのクリアなどEdgeの動作環境を初期状態に近い物にしてみましょう。 参考まで。

次の