後部 座席 シート ベルト 一般 道。 シートベルトの後部座席は一般道も着用義務化!罰則・違反点数・罰金・被害まとめ

後部座席のシートベルト着用率が一番低い県は?

後部 座席 シート ベルト 一般 道

公益財団法人交通事故総合分析センター イタルダ の調査による後部座席シートベルトを着用しない理由ベスト3は、次の通りです。 第1位:着用する習慣がない 第2位:面倒、窮屈だから 第3位:事故を起こさない、近距離乗車 第1位の習慣がないのは理由になりませんね。 習慣がなければ、気を付けたら良いだけです。 始めたらいずれ習慣になります。 第2位の面倒は、ベルトキャッチが座席の間に埋まり探すのが面倒なのかもしれません。 車の所有者は、すぐにシートベルトを装着できるよう準備をしておく必要があります。 窮屈だからについては、後部座席の設計にも問題があるのかもしれません。 前席は、シートベルトの肩の支点を調整できるなどの機構を持つものもありますが、後席は乗員の居住性や快適性に配慮されていないシートベルトなんてものがありそうです。 第3位の近距離乗車も理由になりませんが、ワースト3に京都府が入っているのはもしかしたら、タクシーを利用する外国人観光客にシートベルト着用をお勧めしづらいからなのかもしれません。 また、事故を起こさないは論外です。 事故時に車外に放り出されたことにより死亡した人の約99%はシートベルト未着用だったといいます。 これは前席も含めたデータですが、前席のシートベルト着用率は助手席をあわせても95%以上になりますから、車外に放り出された乗員のほとんどが後席に乗っていたということになります。 いつ起きる・巻き込まれるか分からないのが交通事故です。 巻き込まれる可能性も考えましょう。 後部座席シートベルトがない車も!.

次の

後部座席の一般道路のシートベルト着用について義務では有っても交通違反では...

後部 座席 シート ベルト 一般 道

後部座席の一般道路のシートベルト着用について 義務では有っても交通違反ではないのではないのですか。 このページではいかにも交通違反なのだが取り締まりを まだ行っていないようなことが書いてます。 嘘つきです。 参考 なぜ一般道では着用義務がないというイメージが広がったのか? 3 全席シートベルトの義務化されていますが、一般道では取り締まりを行っていないのが原因ではないかと推測されます。 現状では罰則があるのが「高速道路でも未着用」だけだからなのです!! 全席着用の義務化が決定した際に、激変緩和措置のようなもので、「当面の期間は一般道での取り締まりは行わないという」という事になり、現在もまだ継続されているのです。 ですが、法律上は全席着用が義務化しているので、いつ警察の対応が変わり一般道でも取り締まりを初めてもおかしくないのです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 問題は一般道路での後部座席のシートベルト不着用が 交通違反になるのかならないのかです。 いかがでしょうか。 それと 義務で交通違反なら市営バスなどどうなるんでしょうか。 シートベルトどころか座席のないとこに立って乗っているでは ないか、これほど危険な乗り方はないのではないでしょうか。

次の

後部座席のシートベルト着用は一般道でも義務なの?絶対に着用してください!!

後部 座席 シート ベルト 一般 道

このページの目次• 後部座席と運転席・助手席でのシートベルトの着用率 2015年11月に発表された警察庁・JAFの報告「」によると、一般道での運転席のシートベルト着用率は98. 4%、助手席は94. 高速道路での運転席のシートベルト着用率は99. 4%、助手席は98. 0%と高い数字を示しています。 1%、高速道路でも71. 3%しかありません。 少し前までは1割もなかったことを考えると、随分後席でもシートベルトの着用率はあがっていますが、運転席や助手席に比べるとまだ大きな差があります。 この差が、事故によって着用と着用しないときでの大変な差になります。 その理由について説明します。 理由1 後部座席は車外に放り出されて死亡する確率が高い 警察庁の報告によると2015年の交通事故による死亡者の内、後席でシートベルトを着用していない人の約3割が車外に放り出されて死亡しています。 一方、運転席では同じくシートベルトをしていない人は12%、助手席では17%が放り出されて死亡しています。 同じ非着用でも後部座席は、死亡事故になる危険性が高い車外に放り出される確率が、前席よりも2倍から3倍高くなっています。 つまり常識とは反対で、 車外に放り出されて死亡する確率は後席にいる方が高いので、後席のときの方がシートベルトをしっかり着用しなければならないことになります。 このことは、年度によって数値は多少異なりますが、傾向としては同じです。 また、交通事故分析センターの2012年度の報告では、後席でシートベルト非着用での死亡者数は、シートベルト着用の場合に比べ約3. 5倍多くなっています。 また、注意しなければならないのは、シートベルト非着用だと自動車保険による補償も減額される可能性があります。 交通事故で死傷してもシートベルトを着用していないと、過失相殺されて十分な補償を受けられないことになることも十分認識しておかねばなりません。 後席でのシートベルト非着用での過失による補償の減額は、タクシーなどへの乗車時にも関係してきます。 タクシーの急ブレーキや交通事故でシートベルトをしていなくて、死傷した場合に補償額が減額される可能性があります。 理由2 後席にはエアバッグがなく強い衝撃を受け安全とはいえない シートベルトをしていないと、例えば時速60kmで壁に激突する事故が起きると、ビルの約4階から5階に相当する高さ14mから落下したのと同じ衝撃を受けます。 また、時速50kmで走行して壁に激突すると、体重が50kgだとすると自分の体の重さは1500kgと30倍になって車の天井、前のシート、横のドアに激突します。 後席では、前に一見すると柔らかい前席のシートがクッションに役割を果たしてくれそうに思えます。 しかし、座席は硬いフレーム部分があります。 同じように車体も頑丈なフレームで衝突の衝撃から車内を守っています。 このフレーム部分に激突すると非常に危険で、後席だから安全とはまったく言えません。 しかも、運転席や助手席であれば、まだエアバッグで衝撃が弱まりますが、後席ではその恩恵も少なくなります。 そのため、死傷する可能性は後席だから小さいと必ずしもいえません。 理由3 後席でシートベルトを着用しないと運転席のドライバーの死亡重症率は2倍以上 トヨタ自動車は、後席でシートベルトを着用しないと運転席のドライバーの死亡重症率が2倍以上になるとホームページで警告しています。 運転席や助手席の人がシートベルトをしていても、もし後席でシートベルトをしていないと、前席の人に強い衝撃で衝突し、前席の人を死傷させてしまう可能性があります。

次の