虐殺 器官 あらすじ。 『虐殺器官』アニメ映画にした意義が、ここに(ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

虐殺器官

虐殺 器官 あらすじ

他にも2016年にアメリカでの実写映画化が発表されています。 漫画は現在連載中ですのでラストシーンがどのようになるかはまだわかりませんが (はこちらの記事になります) ここでは小説のラストについての考察をしていきます。 小説『虐殺器官』ラストの嘘を考察 考察の前にまず『虐殺器官』のあらすじを振り返っていきます。 あらすじ サラエボで発生した核爆弾テロによって世界中で戦争が激化。 アメリカを始めたとした先進諸国はテロの脅威に対抗していた結果 後進国では内戦により虐殺が横行していた。 アメリカ情報軍で特殊任務に就いていたクラヴィスは暗殺指令を受け 虐殺を扇動しているとされるアメリカ人ジョン・ポールを追う。 ジョンの恋人であったルツィア・シュクロウプにクラヴィスを監視。 チェコ語の教師をしていたルツィアに生徒として近づくが次第にルツィアに惹かれていく。 ある日、ルツィアと一緒にいるところをジョンの仲間らに襲撃される。 クラヴィスはウィリアムズらに助けられるがジョンとルツィアは行方をくらます。 その後、ジョンを捕まえるが護送中にジョンを利用していた上院院内総務の手によって逃げられてしまう。 再びジョンの暗殺命令を受けたクラヴィスはルツィアとともにいたジョンと再会。 クラヴィスは生きたままジョンを連行しようとしたが ウィリアムズによってルツィアが射殺されてしまう。 クラヴィスはグレネードを投げ入れウィリアムズを爆殺。 ジョンを連れて逃げるが作戦のため兵士と合流したところでジョンは兵士により射殺される。 エピローグでのクラヴィスの『嘘と作者が設定した裏読み』 作者のブログでは『虐殺器官』に対して下のようにエピローグで 主人公は大嘘をついているかもしれないと語っています。 とはいえ、なんか書いた人間が自分であれこれ言うのも見苦しい気がしますし、 世の中に出た時点で自分も一読者に過ぎないわけですから、 エピローグで主人公はあることについて大嘘をついているかもしれなくて、事実はどうなのか、 は一応それまでに触れられているかもしれない、という程度にとどめておきたいと思います。 引用元 伊藤計劃:第弐位相より ではエピローグでクラヴィスは何を語っていたのか、取り上げてみます。 ・母親が契約していた情報会社からアカウント情報が送られてくる。 ・母親の生死を決める時にライフグラフをみることはできたが怖れてしなかった。 ・だが、 ルツィアとジョンの死を経た今はその怖れは違った意味であるはずだ。 ・閲覧した母親の記録にはぼくの記録はほとんどなかった。 ・一緒に住んでいたときに母親からずっと見られていた背筋が走った冷たい視線は愛情だと証明されるはずだった。 ・あの視線はいったい何だったのか、 空虚に圧倒される。 ・ その空虚にジョンの『虐殺の文法』がはまった。 ・暗殺部隊であったぼくは議会公聴会でかつてジョン・ポールが行ったように虐殺の文法の物語を綴った。 ・虐殺の深層文法はアメリカ全土に広がり内戦状態に陥ろうとしていた。 ・ ぼくは罪を背負うことにした。 ぼくは自分を罰することにした。 ・アメリカ以外の全ての匡をすべて救うために ・ジョン・ポールがアメリカ以外の命を背負うと決めたように。 クラヴィスは英語で『虐殺の文法』を綴ったので、それなら英語圏の国にも虐殺が起こり得るのではないか、 といったような書評に対して作者は『裏読みが設定してあります』とブログで語っています。 またコメント欄では主人公は本心を隠しているとも言っています。 形式として一人称を選んだ物語は、多かれ少なかれ自己欺瞞と韜晦(とうかい)ですし。 いかにその人格が誠実に見え(読め)ようとも。 この主人公にしても、一見ナイーブに見えながら、 軍人としてやることはきっちりやっているプロなわけですし ( 誰にも伝わる事のない内面で、その残酷さの言い訳しているだけなのです。 そういう意味では相当卑屈な人間であると言えます)。 裏読みは何だったのかを考えてみるとチェコ語を教えていたルツィアが 「英語は今や覇権言語ですからね」とクラヴィスに言っていたように 英語で虐殺文法を綴ったのであれば、アメリカを始め英語圏や英語を話す人々から世界中へと広がっていくと考えられます。 世界中が戦争になる。 それはクラヴィスが ジョンの夢見ている『終末』を想像して クラヴィスの見る『死者の国』と変わらない風景に安らぎを感じていた(P140 ことからも 世界中が戦争になる=『終末』を望んでいたことが触れられていた部分なのかと思いました。 また下のシーンにもあるようにクラヴィスは戦場に身を置いておくことで自分の『存在』を見出していました。 ———————— インドへ少年少女兵と戦う前に行われたカウンセリングを受けているときのシーン これから先の職場でぼくは自分自身の動機を信じられるだろうか。 大義でもなく、家族愛でもなく、ましてや報酬でもなく ただ戦場という圧倒的な現実の中で生き延びること。 生の実感を得るために受け入れた罪がぼく自身のものでなかったとしたらー そのとき、ぼくの「生の実感」のすべては嘘でしかない。 銃弾飛び交う中で発せられる、 いまここに存在しているという声なき叫び。 それらが偽物ではないと誰かに教えてほしい ———————— そして、クラヴィスの父親は理由も告げず自殺しています。 母親は自分が理由なのでないかという呪縛。 『母は父に呪われたのだ』とあり、母親の視線はクラヴィスを通して自殺した夫をみていたのかもしれませんね。 クラヴィスが『母は父に呪われたのだ』と思っていたように 本当は愛情からの視線ではないことに気付いていたのかもしれません。 母親の視線が愛情からくるものではなかったことからの空虚。 母親の記録から自分の存在がなかったこと、戦場でしか『生の実感』を感じられなかったクラヴィスが 軍隊をやめて求めたのは新たな『戦場』だったのか。 「アメリカ以外の全ての国を救う」という大義名分を目隠しに 虐殺の文法をばらまいたのかな、と。 世界中にばらまいたという『罪』が『生の実感』になっているのかもしれませんね。 あなたはどんなふうに考察しますか? 感想まとめ 読者の感想ツイートを集めてみました。 虐殺器官で主人公がアメリカの暴動を眺めながらピザ食ってたのに、現実でも僕らはコーラ飲みながらアメリカの暴動を眺めてるから、マジで伊藤計劃以後だよ。 エピローグの最後のほうでクラヴィスは家に食料をたっぷり溜め込んであった、 それを狙ったコソ泥を射殺したというあたりは『虐殺の文法』は進化の過程で残された機能であることを表してるのかな。 そう思うと生死というテーマが描かれている物語ですが 文章の面白味に読後感に重さは残りませんでした。 あなたはどんな感想を持ちましたか? まとめ ハヤカワ文庫の新装版では作者の伊藤計劃さんと遺された原稿を引き継いで『屍者の帝国』を描き上げた 円城塔さんとの対談が載っています。 また、翻訳家の大森望さんが解説されていて伊藤計劃さんの作家人生を振り返られています。 それらを読むとこんなスゴイ作家の新しい作品がもう読めないのかと思うと 本棚に大事にしまって何度も読み返したい本になりました。 以上、『【虐殺器官】小説のネタバレとラストの嘘を考察!書評まとめも』でした。 最後まで読んでくださって ありがとうございました。 あなたは『虐殺器官』のラストをどう思いましたか? 感想を下のコメント欄から教えてもらえるとうれしいです。

次の

伊藤計劃「虐殺器官」感想/レビュー

虐殺 器官 あらすじ

ハーモニー 著者 発行日 2008年12月18日 発行元 SF 言語 日本語 ページ数 354 コード (文庫版) (新装版) [ ] 『 ハーモニー』 は、の長編。 2008年12月にの一冊として刊行。 第40回(日本長編部門)および第30回受賞。 「ベストSF2009」国内篇第1位。 2010年12月文庫版が刊行。 2015年に「」第2弾「伊藤計劃プロジェクト」として『』と共に劇場版アニメ化されることが発表された。 映画公開に先駆けて、2014年8月8日にはが手掛けた新ビジュアルカバーの新装版が『虐殺器官』と同時に早川書房から刊行された。 また、にて創刊30周年記念企画として『虐殺器官』と共にコミカライズがされる事が決定した。 ストーリー [ ] 、で発生した暴動をきっかけに、全世界で戦争と未知のウイルスが蔓延した「大災禍(ザ・メイルストロム)」によって従来のは瓦解し、新たな統治機構「生府」の下で高度な医療経済社会が築かれた。 この社会体制では、そこに参加する人々自身が公共のリソースとみなされ、社会のために健康・幸福であることが義務とされた。 「ザ・メイルストロム」から半世紀を経た頃、女子高生の霧慧 きりえ トァンは、生府の掲げる健康・幸福社会を憎悪する御冷 みひえ ミァハに共感し、友人の零下堂 れいかどう キアンと共に自殺を図るが、途中でキアンが生府に密告したため失敗し、ミァハだけが死んでしまう。 13年後、螺旋監察事務局の上級監察官として、生府の監視の行き届いていない辺境や紛争地帯で活動していたトァンは、の戦場で生府が禁止する飲酒・喫煙を行っていたことが露見し、に送還されてしまう。 日本に戻ったトァンはキアンと再会し昼食を共にするが、そこでキアンは「ごめんね、ミァハ」という言葉を残して自殺する。 同時刻に世界中で6,582人の人々が一斉に自殺を図る「同時多発自殺事件」が発生しており、螺旋監察事務局が捜査に当たることになった。 事件には死んだミァハが関係していると考えたトァンは、ミァハの遺体を引き取った冴紀ケイタの許を訪れた。 そこでトァンは、自身の父親である霧慧ヌァザが人間の意志を操作する研究を行っていたことを聞かされ、ヌァザの研究仲間ガブリエル・エーディンがいるに向かおうとする。 その際トァンは、自殺直前のキアンがミァハと通話していたことを知り、ミァハが死んでいなかったことに驚愕する。 バグダッドに向かう前、トァンは捜査官エリヤ・ヴァシロフの接触を受け、人間の意志を操る「次世代ヒト行動特性記述ワーキンググループ」という組織が生府上層部にあり、同時多発自殺事件に関与していることを聞かされる。 トァンが空港に向かう途上、同時多発自殺事件を実行した犯人の犯行声明がテレビ放送され、「健康・幸福社会を壊すため、1週間以内に誰か1人を殺さなければ、世界中の人間を自殺させる」と宣言した。 トァンは犯人の思考がミァハと同じであることに気づく。 バグダッドに到着したトァンはエーディンと面会、またその日の夜に「次世代ヒト行動特性記述ワーキンググループ」の中心人物である父ヌァザと会う。 ヌァザはトァンに、人間の意志を制御し「ザ・メイルストロム」の再来を防ぐ「ハーモニー・プログラム」の研究、及びその実験体としてミァハをバグダッドに連れて来たことを語った。 また「ハーモニー・プログラム」には人間の意識が消滅してしまう副作用があり、同時多発自殺事件は「ハーモニー・プログラム」実行急進派のミァハが仕組んだことだと明かす。 そこにミァハの仲間のヴァシロフが現れヌァザを拘束しようとするが、トァンと相打ちになって重傷を負い、トァンをかばったヌァザは死んでしまう。 トァンはヴァシロフから「ミァハはで待っている」と聞かされ、チェチェンに向かう。 トァンはキアンとヌァザの復讐のため「ミァハの望む世界を実現させるけど、それを与えない」と伝えて、ミァハを射殺する。 登場人物 [ ] 霧慧 トァン(きりえ トァン) 螺旋監察事務局の上級監察官の女性。 少女時代は親密さを強要する社会に逼塞し、反社会的なミァハに心酔していた。 そのミァハの提案によりキアンと共に自殺を試みるも失敗、その後は螺旋監察官となり世界中の紛争地帯に出向くことになる。 健康監視システムの情報を欺瞞し、戦場で不法に入手した「不健康な嗜好品」を嗜んでいる。 御冷 ミァハ(みひえ ミァハ) トァンの友人だった少女。 孤独を好む性格と独特の言動により周囲から孤立していたが、同じく周囲と馴染めなかったトァンとキアンとは親密な関係になる。 明晰な頭脳と医療社会への反抗心を持ち、社会をいかにして破壊するかを模索していた。 「社会への反抗」としてトァンとキアンと共に自殺を試み、結果彼女一人だけが死亡したとされていたが、「ハーモニー・プログラム」によって一命を取り留め、以降は「次世代ヒト行動特性記述ワーキンググループ」の一員として活動する。 零下堂 キアン(れいかどう キアン) トァンの友人だった女性。 トァンと共にミァハに心酔、ミァハたちと自殺を試みるが、自殺を生府に密告したため失敗した。 その後は一般的な市民として生活していたが、世界同時多発自殺事件により命を落とす。 霧慧 ヌァザ(きりえ ヌァザ) トァンの父親。 医療分子技術で高い功績を残している研究者で、研究に没頭し家族を顧みなかった。 冴紀 ケイタ(さえき ケイタ) ヌァザの友人であり研究仲間。 ヌァザと共同で医療分子技術の研究論文を書いた。 事件の後トァンに失踪したヌァザの行方のヒントを与える。 オスカー・シュタウフェンベルク 螺旋監察官を統括している首席監察官。 トァンの上司。 実年齢は72歳だが高度な医学的処置と厳しい節制により30代後半の美貌を保ち続けている。 エリヤ・ヴァシロフ の捜査官。 事件を追いトァンに接触する。 劇中では廃れて久しいを渡してトァンに自己紹介をした。 ガブリエル・エーディン SEC脳医学研究コンソーシアムの研究員。 ヒトの意識モデルに関する研究をしている。 ウーヴェ・ヴォール 螺旋監察官。 チェチェン・ロシアの紛争地帯での生命権監察に従事しており、事件を追うトァンに捜査協力をする。 トァンと同じく監察官の特権を利用して飲酒などの不摂生を行っている。 物語全体がこれのバージョン1. 2を用いて記述されている。 大災禍(ザ・メイルストロム) に発生したを中心とするでの大暴動と、それに続く世界規模の騒乱。 これによりのが第三国に流出、アメリカ本土を含め世界中の紛争で核兵器が使用された。 また、の影響で突然変異したウイルスが世界中に蔓延し、健康被害が深刻化。 後の高度医療社会と生府の構築につながる。 生府(ヴァイガメント) 大災禍の後に生まれた医療合意共同体。 医療サーバーを介して市民へ医薬品を提供したり、生府参加員達のセッションを行う場として働いている。 国籍や地理的な制限無く1つの生府に世界中の人間が参加しており、逆に同じ国籍でも所属する生府が違うことが多い。 一方で旧来の政府は縮小しており、治安維持など統治機構としての最低限の役割を担っているのみとなっている。 生命主義(ライフイズム) 大災禍後の世界で広く支持されている政治思想。 社会学的には「構成員の健康の保全を統治機構にとって最大の責務と見なす思想」と定義されており、生府の基本理念となっている。 WatchMe 生府に普及している恒常的体内監視システム、またはその役割を担うナノマシンの通称。 DummyMe WatchMeにインストールして、生府サーバーに偽の生体データを送って身体状況を隠すハッキングプログラム。 (オーグメンテッド・リアリティ) 『虐殺器官』で登場する「オルタナ(副現実)」と同等の。 評価 [ ] SF書評家・評論家のは、筋立ては『虐殺器官』と重なり、意識をめぐるアイディアは短編「From the Nothing, with Love」と共通だが、結末の衝撃は『万物理論』級で、ある意味、21世紀最高の比類なき恐怖小説かもしれないと述べた。 展開 [ ] 英訳 [ ] 2010年7月にの翻訳SFレーベルHaikasoruより、アレクサンダー・O・スミスによる英訳版が刊行され、2010年特別賞を受賞した。 漫画 [ ] コミック百合姫 誌上で版の連載が予定されており、同誌編集長の中村成太郎によると、百合作品ファンと伊藤計劃ファンが互いに良い影響を与えあえるようにしたいとのことであった。 月刊ニュータイプ 創刊30周年記念企画としてコミカライズが決定され 、『』()2015年5月号より連載。 連載に先駆けて同年3月10日発売の2015年4月号にてメインキャラクターのイラストが公開された。 作画はが担当する。 単行本全4巻。 2016年3月26日初版発行(同日発売)、• 2017年2月25日発売、• 2019年11月09日発売、• 2019年11月09日発売、 劇場アニメ [ ] ハーモニー 監督 脚本 原作 出演者 音楽 主題歌 「Ghost of a smile」 編集 重村健吾 制作会社 配給 東宝映像事業部 公開 製作国 言語 「」第2弾「Project Itoh」の一環として2015年11月13日に公開された。 PG12指定。 監督は『』の作画監督などを務めたと、『』の監督を務めたの共同監督で、アニメーション制作は『鉄コン筋クリート』のが担当する。 当初は2015年11月公開予定だったが 、『虐殺器官』が公開延期することに伴い公開順序が変更され12月4日から公開予定となり 、さらに「制作体制の見直し」を理由に公開を無期延期したため、ハーモニーは当初の予定通り2015年11月13日となった。 全国72スクリーンで公開され、11月14日・15日の国内映画ランキング(興行通信社調べ)では第11位となった。 キャスト [ ]• 霧慧トァン -• 御冷ミァハ -• 零下堂キアン -• オスカー・シュタウフェンベルク -• エリヤ・ヴァシロフ -• 霧慧ヌァザ -• 冴紀ケイタ -• ガブリエル・エーディン -• ウーヴェ・ヴォール -• 御冷レイコ -• アサフ - スタッフ [ ]• 原作 - 「ハーモニー」()• 監督 - 、• 脚本 -• キャラクター原案 -• 演出・CGI監督 - 廣田裕介• キャラクターデザイン・総作画監督 - 田中孝弘• プロップデザイン・作画監督 - 竹内一義• メカデザイン・エフェクト作画監督 -• 色彩設計 - 成毛久美子• 美術監督 - 狹田修、新林希文• 美術設定 - 冨永拓生、菱山徹• 編集 - 重村建吾• 音楽 -• 音楽プロデューサー -• 音楽制作 - 、• 録音演出 - 名倉靖• 音響デザイン - 笠松広司• チーフプロデューサー - 、山本幸治• プロデューサー - 、尾崎紀子、吉澤隆• アニメーションプロデューサー - 荻原知子• 製作:()、植田益朗、大田圭二、横澤良雄、中尾勇一、中村理一郎、竹中幸平、田中栄子• アニメーション制作 -• 制作 - Project Itoh(フジテレビジョン、、、、、、ソニー・ミュージックエンタテインメント、Beyond C. ) 主題歌 [ ] 「Ghost of a smile」 歌 - 映像ソフト [ ] Blu-rayの完全生産限定版 ANZX-11603〜11604 と通常版 ANSX-11603 、DVDの通常版 ANSB-11603 が2016年3月9日にリリースされた。 出典 [ ] []• 2014年3月22日閲覧。 KAI-YOU. net 2014年8月1日. 2014年12月15日閲覧。 Project Itoh 2014年11月27日. 2014年12月15日閲覧。 大森望「新刊めったくたガイド - 本年度国内SFベストワン候補が早くも登場!」『』2009年2月号 p. コミック百合姫Vol. 21、206頁。 ITmedia eBook USER 2015年3月6日. 2015年3月7日閲覧。 ファミ通. com 2014年11月27日. 2014年12月15日閲覧。 シネマトゥディ 2015年4月23日. 2015年7月18日閲覧。 アニメ! アニメ! 2015年7月16日. 2015年10月3日閲覧。 Project Itoh 2015年10月1日. 2015年10月2日閲覧。 com 2015年11月16日. 2015年12月6日閲覧。 関連項目 [ ]• - 本作の前史と思われる世界を描いた、伊藤計劃の第一長編小説• 外部リンク [ ]•

次の

【ネタバレ有・解説】 映画「虐殺器官」の興味深い5つのポイントについて考察!

虐殺 器官 あらすじ

虐殺器官(漫画)とは? 虐殺器官とは、漫画:麻生我等、原作:伊藤計劃の作品です。 テロの脅威にさらされ続けたアメリカは、徹底した情報管理システムを構築していました。 一方、アメリカ以外の世界各地では紛争の激化が続いています。 そのなか、米軍特殊部隊である特殊検索群i分遣隊所属のクラヴィス・シェパード大尉に、謎のアメリカ人追跡ミッションが下るのでした…。 仲間とともに降り立った地で、彼らが直面する事態にクラヴィスは何を思うのか・・・? そんな虐殺器官という作品は、ミステリーサスペンスものが好きな人や、伊藤先生の作品が好きな人におすすめの作品となっております。 その死体の上に立ち、何とも言えない表情をするその青年。 ヘルメットをとり、その死体の上を歩き始めました。 無残にも頭を打ちぬかれた少女の死体や、戦車にひかれたであろう男の死体、いろいろなものがありました。 生きている人間は、一人もいません。 よくこの中で眠れるもんだな、と嫌味を言われているクラヴィス。 「知ってるか、さっき乱気流にぶち当たって物凄く揺れたんだぜ」という男。 「射出15分前だ。 まったく、さっさと準備をしろ。 たいした不感症だとお前は。 」といい去っていく男。 男にニヤリと返事をしたクラヴィスですが、男がいなくなった後、人知れず涙を流すのでした。 降下10分前だ、棺桶に乗り込もう、というクラヴィス。 クラヴィスの仲間が話しています。 今回の作戦オーダー、どう思う?という質問に、ターゲット二人を同時暗殺というのはかなりタイトだね、と答えるクラヴィス。 「二人が同じ決行地点に現れなかったら、僕らの嫌いな不確定要素が産まれてしまう。 」というクラヴィスでしたが、その話ではないようでした。 「そうじゃなくてさ、標的Bのことだよ。 あらアメリカ人さ。 」といわれるクラヴィス。 「あの情報はおかしい。 なにか重要な情報が抜かれている気がするんだよ」 「まぁそいつが殺されるべき運命なのなら、世界にとっては悪党なんだろう。 だからやるのさ」というその男ウィリアムズでした。 そうして、クラヴィスたちは降下します。 ウィリアムズ、リーランド、アレックス、そしてクラヴィスの四人は、棺桶に乗り込みました。 降下完了したクラヴィスたちは、乗り込んだ棺桶を燃やし、証拠隠滅します。 夜が明ける前に全て終わらせる、というクラヴィス。 進んでいくクラヴィスたちの前に、「がはははは」と高笑いをしながら焚き火をしている数人の男たちがいました。 「ちっ、素人が…!」というウィリアムズ。 「どうする?迂回するか?」と聞かれるクラヴィスは「いや、そんな時間はない」といいながらナイフを取り出します。 その数人の男をあっという間に殺してしまうクラヴィスたち。 その男たちの耳に埋め込まれていたIDタグを抜き、「これを使おう」と言っているクラヴィス。 「いつもの手だな。 ついでに足もいただこうぜ」というウィリアムズ。 そうして、車を奪い取ったクラヴィスたちは、目標地点を目指します。 連中になりすますことにしたクラヴィスたち。 車のスピードはなかなかのもので、あっという間に目標地点へと到着しました。 「いよいよ本陣だ、諸君、ナチュラルにいけよ」というウィリアムズ。 そうして中に入っていきます。 「パトロールしてたらガスと食料がなくなってしまったんだ」と話をしています。 そうかい、といって通してもらうも、一人の老兵が「待て!」といいます。 念のためI. を検索するその老兵。 ピッ、という音とともに、情報が開示されます。 先ほどクラヴィスたちはI. を奪っていたため、無事通ることができました。 実はI. で出てきた写真とクラヴィスたちの顔はまったく異なるものでしたが、そんなことは気にしていない老兵でした。 「思った通りだ。 情報のリテラシーがまったくない。 」というクラヴィス。 「連中が木偶の坊で助かったな」というウィリアムズでした。 車で進んでいくと、道中、処刑されている人々が目につきました。 ここでは、無差別に殺戮が行われているようでした。 「僕らは地獄に落ちますかね…」というアレックス。 この光景を見て見ぬ振りをすることに、アレックスは辛い気持ちを抱いているようでした。 「どうしてだ?見て見ぬ振りをしているからか?俺たちが倒せばこの殺戮も終わる。 鈍感になるんだ、アレックス。 」というクラヴィスでした。 「ま、早いとこ仕事を片付けてしまおうや。 」というウィリアムズ。 そうして、一行はついに、標的がいる場所へと到着します。 銃を取り出すクラヴィスたち。 そして・・・? この後衝撃の展開へと続きます。 とはいえ、まだどんな話なのかはよくわからず、設定が理解しづらく、難しい部分が目立ったので、この後どうなっていくのか、楽しみですね。 それにしても、かなり特殊な設定で、今から結末が気になって、まだまだ目が離せません。 そんな虐殺器官という作品は、ミステリーサスペンスものが好きな人や、伊藤先生の作品が好きな人におすすめの作品となっております。

次の