コロナ キャバ 嬢。 【連載】アセロラ4000「嬢と私」シーズン5 コロナ時代編 第6回

ライブチャットにコロナ求職中のキャバ嬢や風俗嬢が集中。チャットレディ増加で新たなセーフティーネット化。|大きな息子|note

コロナ キャバ 嬢

提供 コロナウイルスの影響は、夜の世界にも広がっている。 多くの歓楽街では閑古鳥が鳴いている状態だが、そこに勤める水商売の人々はダイレクトに煽りを受けているのだ。 歌舞伎町のホストクラブに勤めるシュンさん(26歳・仮名)が「もう商売上がったりですね」と苦笑する。 いま、歓楽街を取り巻く人たちにとって、負の連鎖が止まらない状態となっているらしい。 それはつまり、僕らの売上が下がるんですよね。 ホストクラブのお客さんにはキャバ嬢や昼職の子もいるけど、高額を使ってくれるのはだいたい風俗の子。 彼女たちが稼げないとなると、僕らの懐にもモロに響きます」(シュンさん、以下同) 問題は客が少ないことだけではない。 「基本現金払いですが、お客さんの中にはカケの人も多い。 2月末くらいからカケが払えない人が増えてきて、営業しても『カケならいいけど……』って子ばっかり。 ホストクラブにはカケというシステムがある。 要するにツケ払いのことだ。 カケが回収できなければ、ホストの自腹となる。 風俗嬢たちが現在のような状況では、カケを回収する見込みも立たないという。 「コロナの影響で初回のお客さんも減っているから、新規を掴みたくても掴みようがない。 「ホストに行きたいけど、コロナのせいで全く稼げなくて困っています」と話すのはデリバリーヘルス店に勤務するアキナさん(22歳・仮名)。 今年はそれに加えてコロナ。 2月中旬が暇なのは、まあ例年通りなんですが、3月に入ったらコロナのニュースばかりじゃないですか? しつこく『濃厚接触するな』って言われているから、風俗なんて濃厚接触どころの話じゃないですからね」(アキナさん、以下同) だれもが濃厚接触を避けようとするため、3月に入りコロナのニュースが加熱すると目に見えて収入は減っていった。 「最初は1日1~2本は指名が入りましたけど、ここ数日はお茶を引いています。 要するに、指名0本なんで収入ゼロです。 風俗は基本時給がないし、私の勤めるデリヘルは高級店じゃないんで1本こなして(1人のお客さんを接客して)バックは7000円。 だから、1日2本ついても1万4000円。 これじゃあ昼職以下。 数をこなさなきゃ全然稼げないんです。 担当(指名しているホスト)には申し訳ないけど、それどころじゃないですよ」 確かに日給1万4000円では月20日出勤しても月収約28万円。 暮らす分には困らないが、ホストクラブで飲む余裕などないだろう。 「実際25日出勤しても30万にもなってないです。 それでも家賃は12万、携帯代が2万、お店までの交通費が月1万。 節約したって食費に3万はかかるし、化粧品とか消耗品に3万はかかる。 「毎月、月初にホストクラブに行ってカケでどかんと使って、そのカケを返すために必死で働く。 それが私のルーティンでした。 でも今は全く稼げてないし、このままいくともっと稼げなくなるかもしれない。 風俗歴3年になりますが、適当にやっていたんで本指名もあんまりない。 本指名が多い子は、なんだかんだで稼げているっぽいですが……それはほんのひと握りだと思う」 アキナさんは2月の初めにカケをつくってしまい、未払いの合計は約70万円に上るという。 当然、担当のホストから催促の連絡がくるというが……。 「普段なら鬼出勤すれば返せたけど、『いまは無理』としか言えない。 私の担当もカケを払わないと困るのはわかっているんですが、仕事がないのでどうにもできない。 今から昼職を始めたって、そんなに高給は望めない。 そもそも貯金がないので日払いがないと暮らせない。 「うちは基本的にホストさんが店終わりにアフターで使ってくれる店なんで、ホストに客がこないと、そもそもアフターがないから客がこないんです。 会員制ではないですが新規は滅多にこないし、そもそも歌舞伎町自体、以前に比べるとあまり人が歩いていない」(タクヤさん、以下同) タクヤさんは、コロナのニュースが出始めた当初は「まあ、すぐに収まるだろ」と楽観視していたそうだが、状況は悪くなる一方だと嘆く。 「ここ数日は店を開けても1卓しか客が入らないこともザラ。 常連さんで羽振りが良かった人が来てくれても財布の紐が固くなっているように感じます。 ホストも風俗嬢もキャバ嬢も『稼げてない』って話しか出ないから、空気も重いですしね(苦笑)。 このままだとコロナで亡くなる人よりコロナの煽りを受けて死ぬ人のほうが多い気がします。 特に歌舞伎町で働いている人の自殺が相次いだりしなければいいな、と思います」 繁華街を取り巻く人たちに大打撃を与えているコロナウイルス。 タクヤさんの懸念が的中しないことを願う。 <取材・文/吉沢さりぃ> 【吉沢さりぃ】 ライター兼底辺グラドルの二足のわらじ。 近著に『最底辺グラドルの胸のうち』(イースト・プレス)がある。 趣味は飲酒、箱根駅伝、少女漫画。

次の

「コロナでホストに行けない」風俗嬢、ツケの催促にも開き直り…

コロナ キャバ 嬢

感染を恐れた金持ち男は会ってくれなくなり、収入源が消滅。 「男性はいずれも妻子持ちの40代で大手企業の社員。 今年に入り2人とはそれぞれ月2回ずつ、計4回程度、ラブホテルで会ってセックスし、家賃とほぼ同じ月8万円程度の収入になっていました。 しかしコロナの影響で『万が一感染すると会社や家族にバレてまずい』と言われ、3月から2人とも会えなくなってしまった。 キャバも4月から臨時休業に入り、家賃を払うのも難しくなってきました」 と、21歳のキャバ嬢。 ビジュアル系バンドを追っかけて半年前に東北から上京、週数回、都内のキャバクラでバイトしつつワンルームマンションで生活している。 キャバクラの収入だけでは厳しいため、店で見つけたリッチ男性2人と、時折、外で会って1回2万円をもらってセックスする、いわゆる「裏引き行為」でしのいでいたというのだが……。 4月に入ってからこのキャバ嬢は焦り、キャバクラで連絡先を交換していたほかの男性たち10人以上にも声をかけた。 「お金がピンチで助けてください。 「ほとんどの男性が『コロナが収まってから会おう』という返答で、セックスをちらつかせても会ってくれません。 家族がいたり、しっかりした社会的立場の人は、特に無理。 出会い系アプリにも登録したのですが、怪しい人やタダでセックスしようとする人ばかりで、危なすぎでした。 定期的に会うことから、こうした男性は『定期』という隠語で呼ばれています。 信用できて金持ちな上玉の『定期』を1人から数人見つけ、1回2万円程度で月数回セックスするのが一般的。 最近は、手コキやフェラだけをさくっとして1万円くらいをもらう、『プチ』と呼ばれる援交も横行。 地方から上京した大学生や給与が低い会社員や事務職、派遣社員、保育士らが多数やっていますよ」 むろん、キャバクラやライト風俗店、出会いカフェなどは、密閉空間かつ密接距離で男女が会話したりするため「濃厚接触」を避けられず、したがって感染リスクも高い。 東京の場合、小池百合子都知事が4月10日、ソープランドやストリップ劇場などを含む一部性風俗店への休業要請を発表したのは、感染爆発抑止には当然のことだろう。 あわせて読みたい関連本•

次の

【出稼ぎ】コロナ不景気のなかで風俗嬢はどうやって店を探すべき?

コロナ キャバ 嬢

世の中には「表」があれば「裏」もある。 「夜の街での伝播を止めることができれば、制御できる可能性がある」 と、厚労省の新型コロナ対策本部クラスター対策班のメンバーから「槍玉」にあげられた風俗業従事者たちも商売あがったりなのだ。 「ソープランド市場は、感染リスクへの警戒心から客足が遠のき、3月以降は前年比5割程度の落ち込みとなるでしょう」 こう試算するのは、『世界の[下半身]経済がわかる本』等の著書があるエコノミストの門倉貴史氏だ。 「デリヘル市場も前年比3割減が見込まれ、1月から3月までの間に約2万人のデリヘル嬢が離職したと見られます。 キャバクラ市場に至っては前年比7割減。 このような惨状は過去の歴史を振り返っても、初めてのことだと思います」 歌舞伎町一番街 それにはワケがあり、 「リーマンショックや東日本大震災の時は、実はギャンブルや風俗の業界は元気な状態を保っていた。 表の経済がガタガタになり、そのストレスのはけ口を『裏経済』に求める人が多かったためです。 しかし、濃厚接触を避けなければならない今回ばかりは、そうはいきません」(同) ホステスからのLINE とはいえ、夜の街の住人たちも食べていかなくてはならない。 例えば、店を辞めたキャバ嬢たちは、 「感染リスクを抑えるために、馴染(なじ)みの固定客と個別に会う『パパ活』に力を入れているようです」(同) 実際、目下休業中の銀座のクラブに通っていたある常連客曰く、 「お気に入りのホステスから、『この前一緒に行ったレストランにまた行こうよ。 来てくれたらいいことあるかも』といったLINEがバンバン送られてくる。 中には『実家に帰るからお金ちょーだい』と、露骨に要求してくる子もいます」 また、 「実際に会うことなく、チャットで男性の話相手を務めるチャットレディの人気が高まっていて、彼女たちの実入りは2、3倍に跳ね上がっていると聞いています」(門倉氏) 風俗嬢たちも、 「SNS上で脱いだりしてみせる、アダルトチャットで稼ぐ子が増えている」(風俗愛好家) すでに「中国発」の時点から変異を遂げているともいわれる。 我ら衆生の欲望処理法も変異を遂げているようだ。 「週刊新潮」2020年4月23日号 掲載 外部サイト.

次の