翔んで埼玉 キャスト。 翔んで埼玉の海女役(キャスト)は誰?釘付けになる人続出!

翔んで埼玉(とんでさいたま)のキャスト一覧!出身地は埼玉?

翔んで埼玉 キャスト

出身地と居住地によって差別されている名門校、 白鵬堂学院高校。 帰国子女の 麻実麗という男子学生が転入してきた。 学長の息子で、自治会長である 白鵬堂百美。 百美は文武両道、容姿端麗の麻実に嫉妬し、勝負を挑む。 ことごとく負けてしまった百美は 麗に惹かれていくようになる。 実は麗は埼玉県の大地主、 西園寺 家の息子だった。 麗の父親は埼玉人であることを隠すため、麗を丸の内で証券会社を経営する 麻実家の養子に出した。 父は将来、麗を政治家にして埼玉県民に対する 差別対策を撤廃させようと考えていた。 ある日、デパートで埼玉県出身の家政婦をかばったことで、麗が埼玉県出身であることがバレた。 麗は実家のある所沢市へ戻り、 埼玉県民解放運動を始めた。 百美の自宅を訪れた政界の実力者である 階階堂進が、 麗のレジスタ ンスグループを残滅しようとしていることを明かす。 百美はこのことを麗に知らせるため、所沢市へ向かう。 しかし百美は所沢で サイタマラリ アに感染し、発症してしまう。 原作は魔夜峰央の漫画! 冒頭でもご紹介したとおり、「 翔んで埼玉」はパタリロ!で大ヒットを出した魔夜峰央さん の作品です。 しかし! たった 3話しか書かれておらず原作は非常に中途半端なものになっているのです。 その理由は3話まで執筆した後、作者の魔夜さんが 横浜に転居したからです。 横浜に住んでいるのに、この作品を描くと 悪意がある作品になるから、とのこと。 ですがこれは、 表向きの理由。 本当はこれ以上、 魔夜さんが埼玉 をディスる作品を書く気になれな いから、だそうです。 これから話が広がりそうなところで終わってしまって、とても残念なのです。 だから映画化し、未完部分を補充されたことで、完結するような感じですね。 映画では百美の苗字が 白鵬堂ではなく、 壇ノ浦になっています。 学校名は白鵬堂学院のままなんですが、学長の息子ではなく都知事の息子という設定だから かな?と。 あとは「はくほうどう」というと博報堂と混同するからかな? そして原作内では名前だけしか出ていない「 埼玉デューク」が登場。 さらに原作にないキャラ、 阿久津 翔が出てきます。 千葉出身です。 千葉もディスられるからです(笑) 埼玉解放運動が行われているのは過去のこと。 現代パートとして埼玉が迫害されなくなった時代が描かれます。 映画「翔んで埼玉」キャスト 壇ノ浦百美 東京都知事・壇ノ浦建造の息子で、白鵬堂学院の生徒会長 二階堂ふみ• 読み方:にかいどうふみ• 生年月日:1994年9月21日• 出身地:沖縄県• 身長:157cm• 血液型:O型• 所属事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ• 主な出演作品:フランケンシュタインの恋、刑事ゆがみ、 麻実麗 白鵬堂学院に転入してきた容姿端麗な男子。 実は埼玉出身 GACKT 阿久津翔 建造の執事 千葉県出身であることを隠し、影で「千葉解放戦線」というレジスタンスを率いている。 伊勢谷友介 壇ノ浦建造 百美の父 東京都知事だが神奈川にある崎陽軒のひょうちゃんが好き。 中尾彬 壇ノ浦恵子 百美の母 阿久津と不適切な関係がある 武田久美子 埼玉デューク 埼玉県民でありながら、上流階級の東京人のように振る舞っていた。 クーデター画策の末、SAT(Saitama Atack Team:埼玉急襲部隊)に襲われたことが死因とされている。 京本政樹 西園寺宗十郎 麗の父親 所沢の大地主 麿赤兒 おかよ 麗の家に住み込みで働いているお手伝いさん もちろん埼玉出身 益若つばさ 下川信男 白鵬堂学院3年Z組に所属する埼玉出身者 加藤諒 浜野さざえ 千葉解放戦線員 海女の格好をしている 小沢真珠 浜野あわび 千葉解放戦線員 海女の格好をしている 中原翔子 A組女子 高月彩良 秋月三佳 田中明 搗宮姫奈 猿橋 西園寺家の伝達係 岡山天音 阿久津学(エンペラー千葉) 阿久津翔の父 JAGUAR 読み方:ジャガー 埼玉県人の青年 非合な方法で東京へ足を踏み入れた男 間宮祥太朗 神奈川県知事 竹中直人• 読み方:たけなかなおと• 出身地:神奈川県• 所属事務所:レディバード 菅原好海 愛海の父 現代の埼玉生まれ ブラザートム• 出生名:トーマス・アキオナ・アキマ・ジュニア• 出身地:埼玉県• 身長:188cm• 血液型:A型• 所属事務所:トムさんの会社 菅原真紀 愛海の母 千葉県出身 千葉を貶されると性格が一変する 麻生久美子• 読み方:あそうくみこ• 生年月日:1978年6月17日• 出身地:千葉県• 身長:162cm• 所属事務所:ブレス 菅原愛海 埼玉出身であることを疎ましく思っている。 島崎遥香• 読み方:しまざき はるか• 生年月日:1994年3月30日• 出身地:埼玉県• 身長:159cm• 血液型:A型• 所属事務所:ビッグアップル 五十嵐春翔 愛海の婚約者で埼玉出身 成田凌• 読み方:なりたりょう• 生年月日:1993年11月22日• 出身地:埼玉県• 身長:182cm• 所属事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ 映画「翔んで埼玉」のあらすじ 埼玉県熊谷市に住む 菅原家。 娘の愛海の結納のため、一家で出かける。 カーラジオを NACK5に合わせていると、 埼玉にまつわる都市伝説を語るナレーションが始まる。 菅原家の一同はそれに耳をかたむける・・・ かつて埼玉県は 東京都民から 虐げられ、通行手形がないと東京に足を踏み入れることができなかった。 だが ある者たちの活動によりそれが撤廃されることとなる。 白鵬堂学院では住んでいる場所によってクラス分けされていた。 A組は赤坂や青山などの東京の一等地に住む生徒。 B組は中央区、新宿区、横浜など。 だがE組になると田無市や八王子市といった東京でも 都会指数の低い地の生徒が多い。 そしてZ組は 埼玉県出身でかろうじて東京に住んでいる生徒。 ボロ屋のような教室に、不衛生な環境で学校生活を送る。 A組に 麻実麗という男子学生が転入してきた。 麗はアメリカからの 帰国子女でなにより 容姿端麗であるためすぐに女子生徒からの憧れの的となる。 生徒会長の 壇ノ浦百美は、自分より優れた男子生徒が気に入らない。 都知事である父の圧力で、気にいらない生徒を排除してきた。 麗もそうしてもらおうとしたが麻実の父は丸の内で証券会社を経営するエリート。 そのため邪険な扱いができなかった。 仕方なく百美は 実力で勝負しようと、麗を全校生徒の前へ呼び出す。 挨拶として 英語でスピーチさせるが、麗は英語どころかフランス語や北京語など多国語を操る。 焦った百美は、 東京各地の空気をテイスティングさせ当ててみろ、と言う。 なんと麗は百美より短い時間ですべて当てて見せた。 面食らった百美は、立ちくらみを起こし倒れかける。 麗は 百美を抱きかかえ、医務室へ運び出した。 意識を戻した百美に麗はキスをする。 このキスをきっかけに百美は強く麗に惹かれるようになる。 しかし麗には 秘密があった。 麗は 麻実家の養子で、実の父は埼玉県所沢市に住む 西園寺宗十郎。 宗十郎は麗を都知事にして、通行手形の撤廃をさせようと考えていた。 百美の自宅に招かれた麗。 トイレに行く素振りを見せ、父である都知事の部屋に入ろうとする。 そこへ執事の 阿久津翔が声をかけてきた。 阿久津は麗が 埼玉県人だと見抜く。 かつて 埼玉デュークという人物がいたことを口にする阿久津。 埼玉県人でありながら、都会の人間になりすまし クーデターを起こした。 そんなデュークに似た雰囲気があると言われる麗。 百美にデパートへ行こうと誘われた麗。 だが 遊園地へ寄り道をするハメに。 嬉しそうにする百美だったが突然、 埼玉警報が鳴る。 埼玉県人が入り込んだと騒ぎになった。 その埼玉県人とは、麻実家のメイドの おかよ。 息子を遊ばせていたおかよは、 SATに捕らわれてしまった。 助けようとした麗は、 埼玉県人 であることを疑われた。 否定するが埼玉県人ではない証拠にしらこばとのプリントがされた 草加せんべいを踏んでみせろと迫られる。 どうしても踏めなかった麗は埼玉県人だとバレてしまう。 その様子を見ていた百美は驚愕。 所沢という地名すら口にできないほど拒絶反応を起こすが、麗についていくと決心する。 麗と百美は池袋に潜伏。 茨城経由で埼玉へ行くと計画した。 常磐線に乗っていると、百美は 千葉を経由すればいいのでは?と気づく。 だが千葉も解放戦線が厳しく、埼玉県人だとわかれば、カラダの 穴という穴にピーナッツを入れら れ、九十九里で地引網の刑に処される。 しかし常磐線が止まってしまい 野田から埼玉へ行くしかなかった。 車(リアカー)を引く者が怪しいと感じた麗。 なんとそれは 阿久津だった。 阿久津は 千葉解放戦線のリーダーだったのだ。 百美は保護され、麗は九十九里浜で拷問されそうになる。 だが麗は 何者かに助けられ、百美とともに 春日部に身を潜めた。 麗を助けたのは 埼玉デュークだった。 百美は都知事の父が、闇の通行手形を売ったり、金塊を隠していると知る。 麗とともに埼玉解放戦線に加わると決めた百美だが、 サイタマラリ アにかかってしまい倒れる。 血清は東京にしかないため、デュークは 百美を搬送した。 しかしその途中で襲撃に遭う。 百美は自宅に連れ戻されてしまった。 麗のもとに宗十郎の側近である猿橋がメッセージを届ける。 埼玉デュークは宗十郎の弟、そして 麗はデュークの息子だと打ち明けられる。 襲撃にあったデュークに代わり、麗は 埼玉解放戦線のリーダーとなった。 埼玉県人同士で内部モメがあったものの、千葉との決戦に立ち向かう。 流山を境に、埼玉と千葉の抗争が始まる。 互いの出身有名人で勝負。 一方、壇ノ浦家では 神奈川県知事が訪れていた。 デュークを襲ったのは神奈川県知事だった。 百美は金塊の隠し場所が 赤城山だと知り、単独で 群馬県へ。 秘境を装っていた群馬は、金塊のありかを知られないようにするためだとわかる。 自宅に戻った百美は、 父の 不正を暴く準備をする。 埼玉と千葉の集団が力を合わせ東京都庁へ向かう。 百美は報道陣に向け、チラシをばら撒いた。 父、壇ノ浦建造は失脚を迫られた。 通行手形の撤廃が決まるが、デュークは百美に「 日本埼玉化 計画」を託していく。 動画視聴方法は? 映画「翔んで埼玉」は U-NEXTで動画配信されています。 U-NEXTは再生速度も変えられるので、時間を節約したい人におすすめ! 映画翔んで埼玉の感想 壮大な茶番劇のキャッチコピーの通り、本当に茶番です(笑) なにせ原作はたった3話だけでストーリーとしては、中身スカスカだったのです。 でも映画で見事に補完されキレイに完結した感じですね。 原作者の 魔夜峰央さんも、そうコメントしていました。 ちなみに魔夜さん、映画の冒頭に登場してますね。 魔夜さんの描く世界をご存知ない人が見ると、ちょっとびっくりしてしまう部分もあるでしょう。 「パタリロ!」もそうなんですが魔夜さんは BL(ボーイズラブ)の テイストを入れる漫画家さんです。 だから男の百美に麗がキスするのす。 でも百美は二階堂ふみさんが演じているので違和感ないですけど。 映画での見どころは・・・ BL的には GACKTさんと伊勢谷友介 さんのキスシーンでしょうか。 なんと台本にはなかったそうですよ! GACKTさんの希望でキスシーンが入ったそうです。 埼玉と千葉の対決シーンはクライマックスです。 予告にあったように千葉出身の YOSHIKIさん、埼玉出身のアルフィー 高見沢俊彦さん。 御本人はこうおっしゃってますが(笑) なにこれ。。 びっくり。。 許可した? まーいいか。 笑 — Yoshiki YoshikiOfficial その後、千葉は 真木よう子さんと 桐谷美玲さんを出し女優で勝負。 しかし埼玉は 反町隆史さんと 竹野 内豊さんのビーチボーイズで応戦。 ちなみに竹野内さんは 所沢育ちと丁寧に書かれていました(笑) 千葉は 小倉優子さんと 小島よしおさんを出しますが、阿久津が 「弱い!」と(笑) 最後の切り札で 市原悦子さんを。 その前の 埼玉同士でモメている シーンも秀逸。 浦和と大宮がモメて、与野が間に入ろうとすると「 与野は黙っ てろ!」と足蹴にされます(笑) 浦和と大宮と与野は合併して「 さいたま市」になったんですね。 浦和と大宮は大都市なんですけど与野はちょっと格下の感がある。 だから「黙ってろ」って言われてしまうという背景があります。 現代のパートの菅原家の人たちは劇中と同じ出身地です。 ブラザートムさんは熊谷、島崎遥香さんは埼玉県出身と公表しています。 千葉をバカにされてブチ切れる母親役の麻生久美子さんは、実際に千葉出身です。 婚約者役の成田凌さんも埼玉。 過去のシーンで出演している方々は、出身地はバラバラです。 あ、でも阿久津の父「エンペラー千葉」は千葉のスター(?) ジャガーさんが写真で登場(笑) 写真でだけ出演してたwww 千葉レジェンドのジャガーさん😂 — モグヲ🐾4月24日は福岡で結婚式ということで。 umekichi916 この 作品ならではの単語、実生活でも使ってみたくなりますね(笑)• 口が埼玉になる!• そこらへんの草でも食わしておけ!• 都会指数• 埼玉警報• 埼玉県人•

次の

翔んで埼玉(飛んで埼玉)のキャストや原作漫画とは?相関図やあらすじ&ネタバレなども

翔んで埼玉 キャスト

【翔んで埼玉】 飛んで埼玉 あらすじ紹介 タイトルは聞いたことあるけど、どんなストーリーなんだろうと気になりませんか? 映画公開前の予告編がYouTubeにありましたので、ご紹介します。 予告動画の内容の意味がわかると思います。 暑い夏のある日、埼玉県熊谷市に住む菅原家の一家は、娘の愛海の結納のため、父の運転する自家用車で東京都内に向かっていた。 結婚を機に、東京都に引っ越して東京都民になりたいと愛海がはしゃいでいると、カーラジオのNACK5で、都市伝説を題材にしたラジオドラマが始まった。 それは「埼玉解放の伝説の人物・麻実麗」の物語だった。 19XX年、東京では埼玉への迫害が続いていた。 埼玉県人は通行手形なしでは都内に入ることもできず、過度に虐げられた生活を余儀なくされている。 そんな東京の中でも、代々東京都知事を生み出してきた超名門校・白鵬堂学院に、海外から麻実麗という美少年が転校してきた。 差別を受けるZ組の生徒をなぜか庇い立てする麗に不快感を抱く生徒会長・壇ノ浦百美は、全校生徒の前で東京各地の空気の匂いを当てさせる「東京テイスティング」という無理難題を吹っかけて麗に恥をかかせようとするが、麗はそれを見事クリア。 逆に百美は麗に心惹かれるようになってゆく。 しかしある日、麗が実は埼玉県人だと発覚してしまう。 埼玉に対する激しい拒絶反応に苦しみながらも、愛する麗と共に逃避行を続ける百美。 そしてこの騒動の陰では、埼玉より先に通行手形制度の撤廃を狙う「千葉解放戦線」が蠢いており、やがて事態は埼玉対千葉の全面戦争へと発展してゆく。 埼玉解放戦線、千葉解放戦線は流山橋付近の江戸川を挟んで対峙するが、実は百美が赤城山で歴代の東京都知事が不正に蓄財した金塊を発見したことなどにより事前に両解放戦線の共闘が成立しており、両解放戦線が東京都内に攻め込むとともに百美が不正蓄財を暴露したことにより壇ノ浦建造は失脚する。 百美と麗は埼玉デュークが計画していたこれといった特色のない埼玉の文化を秘密裏に日本全国に広める「日本埼玉化計画」を開始する。 愛海の婚約者は結納を行う会場に向かう自動車の車内で同じラジオドラマを聞いていて埼玉愛に目覚め、都内ではなく春日部に新居を構えることを決意する。 引用: この映画は、「伝説パート」と「現代パート」の二部構成になっています。 予告で強烈な印象を残しているのはもちろん「伝説パート」です。 「現代パート」でも埼玉ディスりがありそうですが、郷土愛を深めていく設定のようなのでディスって終わりではなさそうですね。 今回観ることができなかった、また観たいという場合、見逃し配信で観ることができますよ。 こちらで見逃し配信を紹介しています。 それにしても通行手形がないと東京に行けないだとか、強制送還されるだとか、そんなことありえないじゃん!というくらい徹底した作りがウケたのでしょうね。 東京都知事・壇ノ浦建造の 息子であり、東京屈指の名門校・白鵬堂学院の生徒会長を務める 男子を演じています。 麗しき男子ですね~。 という設定のようですが、「花より男子」の道明寺司と重なって見えるのは私だけでしょうか? お金持ちの息子はこういうイメージが多いのかな? 1982年の作品というから38年前の作品になるのですが、このころボーイズラブを描く作品はほとんど無かったでしょうから、強烈なディスりやボーイズラブは衝撃的な作品として当時も話題になっていたのでしょうね!• 丸の内にある大手証券会社の御曹司で、都会的なセンスを持ち、学院内でも特別扱いをされているという役柄は、お正月に放送される「芸能人格付けチェック」のGACKTさまにピッタリ? 表向きは東京都民だけど、実は埼玉県の大地主・西園寺家の子息で、都知事となって埼玉県の通行手形制度を撤廃することを目標としている「埼玉解放戦線」の主要メンバーという役どころです。 弱者を助けるヒーロー役といったところでしょうか。• 埼玉県出身でさいたま市浦和区在住。 愛海のお父さんと同じ埼玉生まれの埼玉育ち?きっといい親子関係が築けるでしょう。 さて、東京に住めるかな? 「現代パート」はご本人の出身地と役柄の出身地は一致しているようですが、「伝説パート」は皆さんバラバラですね。 主役の二階堂ふみさんとGACKTさんは、東京でも埼玉でもなく沖縄出身なんですね 笑 【翔んで埼玉】 飛んで埼玉 キャスト相関図 【翔んで埼玉】公式サイトに相関図が載っていたので、こちらをご紹介します。 相関図は、左側が「東京」、右側が「埼玉」下が「千葉」となっていて、更にその下に現代パートの紹介があります。

次の

翔んで埼玉

翔んで埼玉 キャスト

その昔、東京都・埼玉県・神奈川県東部というところが一体となって出来ていた大国があった。 『武蔵国(むさしのくに)』である。 時は1871年、廃藩置県により広大な武蔵国から重要都市であった東京が独立。 そして同じく幕末の開港以来重要都市となっていた横浜も武蔵国南部と相模国を引き連れて独立を果たし、現在の神奈川県となった。 まあ簡単に言えば、良いとこ取りされ切り捨てられた余りもので出来た海なし県、それが現在の「埼玉県」というところである。 猛暑日記録で有名な埼玉県熊谷市に住む菅原家の親子3人は、娘・愛海の「結納」のため東京に向かっていた。 ずっと埼玉県民であることを恥ずかしがっていた愛海は、東京勤めだが埼玉出身の恋人・五十嵐春翔と結婚して『東京都民』になることをとても喜んでいた。 これから熊谷ナンバーで東京走るかと思うと…あーマジでムリ。 …帰る! そんな中、親子は埼玉県民が心から愛するFMラジオ・ NACK5から聞こえてきた 『埼玉の都市伝説』に夢中になっていく…。 スポンサーリンク 19XX年、東京。 埼玉県民は東京都民からヒドい迫害を受けており、身を潜めて生きるしかなかった。 埼玉県民は「通行手形」がないと東京に出入りすらできず、 SAT(サイタマアタックチーム=埼玉急襲部隊)に見つかると強制送還されていた。 街中には特殊な監視カメラが至る所に仕掛けられ、通行手形を持ってない不法侵入者を感知してSATに知らせていた。 埼玉県民は誰もがこの理不尽な生活から抜け出したいと感じており、埼玉を救う救世主を待ちわびていた…。 東京・白鵬堂学院。 代々東京都知事を輩出してきた超名門に、容姿端麗な麻美麗が転校してくる。 麗は丸の内の大実業家の息子で、10年以上もアメリカに留学していた経歴を持つ生粋のエリートだった。 白鵬堂学院は「身分」によってランク付けされており、都会指数の高い麗はトップクラスのA組(赤坂や青山)だった。 また、B組からD組(中央区、新宿区、横浜)までは都会の上位層で、E組(田無、八王子)からは完全な田舎者扱いだった。 そして 『最下位の Z組』は元埼玉県民が集まっているクラスで、遠くに隔離されて劣悪な環境で勉強をしていた。 そんな白鵬堂学院の生徒会長・壇之浦百美は現東京都知事の息子で、麗は名前も外見も女性っぽい生徒会長に校舎を案内してもらう。 すると2人の前に腹痛で苦しんでいたZ組の生徒が現れるが、Z組を酷く差別している百美は医務室で治療をすることも許さなかった。 埼玉県人にはそこらへんの草でも食わせておけ! 埼玉県人ならそれで治る! それを見た麗は威張り散らす百美を足で蹴り、Z組に行って腹痛の女子生徒に薬を渡した。 麗はそのままZ組の廃屋のような教室に入ったが、そのあまりにもひどい環境に驚いた。 そしてZ組の生徒たちは元埼玉県人であることを卑下しており、自分の出身地をバカにする生徒たちを見て麗は失望する。 その後、麗に足を蹴られた百美は父・壇之浦建造に麗を「退学処分」にするよう頼んだ。 しかし麗の父親は10億もの寄付金を払っており、建造は「それは無理だ」と突っぱねた。 その夜、麗の自宅には父親からのビデオメッセージが届いていた。 麗の正体は埼玉県の大地主・西園寺宗十郎の息子で、幼き麗は麻美家へと養子に出されていた。 父親がアメリカに留学させた理由は麗の都会指数を上げるためで、ゆくゆくは 麗を都知事にして 『通行手形制度の撤退』を目論んでいた。 転校してきた「隠れ埼玉県人」の麗こそが、埼玉を救う救世主だった…。 その後、麗のことを良く思わない百美が『東京テイスティング(東京都内のどこの空気かを当てる)』で勝負を仕掛けてくる。 しかし、麗はアメリカ帰りにもかかわらず百美より速いタイムを出し、全校生徒の前で都会指数の高さを証明した。 記録を塗り替えられた百美はその場に倒れこんでしまうが、麗は百美を抱き抱えて医務室に向かった。 その後、百美はとても悔しがっていたが、麗は百美の頭のよさと指導力を褒めて優しくキスをした。 すると心がときめいた百美は一瞬で虜になり、 麗に唇を奪われた百美は 「恋」をしてしまう。 やがて百美は麗についていくようになり、東京都知事の父親に麗を紹介した。 挨拶を済ませた麗は建造の執事・阿久津翔と話をするが、阿久津は麗をひと目見て『貴様、埼玉だな…』と言った。 すると麗は否定も肯定もしなかったが、阿久津は麗が「隠れ埼玉県人」であることを見抜いていた。 SATは埼玉県人の親子2人を追っていたが、その母親は麗の家政婦・おかよだった。 麗はとっさにおかよたちを守ったが、SATに疑われた麗は埼玉県のシンボル・ シラコバトつきの 『草加せんべい』を踏み潰すよう命令される。 しかし、どうしても草加せんべいを踏めなかった麗は「埼玉ポーズ」を決めてしまい、おかよたちは捕まって麗はその場から逃走した。 その後、麗は隠れ埼玉県人であることを百美に告白し、1人で所沢に行くことを決めた。 百美は「所沢」に拒否反応を起こして動けなくなってしまうが、自分を奮い立たせて立ち去る麗に必死でついていった。 やがて2人の逃避行は学院や百美の両親に知れ渡り、建造は阿久津に百美を連れ戻すよう命じた。 こうして追われる身となった2人は、茨城を経由して埼玉に戻ることになった。 その後、常磐線の汽車に身を潜めていた2人だったが、百美は埼玉に近い千葉の松戸で降りたほうが早いと考えた。 しかし 埼玉と千葉は 「犬猿の仲」で、昔からどちらが先に通行手形を撤廃できるか競い合っていた。 おかげで千葉に東京と名の付くものを多く造ることができた。 東京ドイツ村、ららぽーとTOKYO-BAY、 伊藤ハム東京工場、東京ベイシティ交通。 東京を名乗ることで、千葉の都会指数は年々上昇している。 翌日、麗と引き離された百美が車に乗せられそうになると、2人は白馬に乗った何者かに救出される。 やがて春日部に連れてこられた2人の前に、埼玉解放戦線のリーダーで伝説の埼玉県人・埼玉デュークが現れる。 埼玉デュークはかつて東京にクーデターを仕掛けたが、計画を知った初代千葉解放戦線のリーダー・阿久津学たちに阻止されていた。 阿久津学は執事・阿久津翔の父親で、埼玉デュークの左頬に傷をつけたのは阿久津学(別名:エンペラー千葉)だった。 また、クーデターを未然に防いだことが評価されたエンペラー千葉は、その後歴代の都知事に執事として仕える職を得ていた。 一方の埼玉デュークは拠点を制圧されてからも活動を続けており、歴代の都知事たちの重大な情報を掴んでいた。 真実を知った百美は愕然としたが、都知事がいつまでも通行手形制度を撤廃しない理由は金のためだった。 その金塊を見つけ、昔から続く都知事の悪行を公にできれば、 通行手形制度を撤廃できる! その夜、父親のことで落ち込んでいた百美が高熱を出して倒れてしまう。 百美は小型春日部蚊が媒介する 埼玉特有の熱病・ サイタマラリアに感染しており、すぐに処置をしなければ重症化する恐れがあった。 しかし血清のない春日部では助けることができず、東京へ潜り込む道に詳しい埼玉デュークが百美を東京へ連れ帰ることになった。 一方、埼玉デュークが生きていることを知った建造は、千葉の通行手形制度の撤廃を条件に、阿久津へ埼玉デュークと埼玉解放戦線の「暗殺」を命じた。 やがて阿久津は草加を走っていた埼玉デュークを襲撃し、百美を自宅に連れて帰った。 麗はすぐに埼玉デューク暗殺の報告を受けたが、さらにこのタイミングで千葉解放戦線が埼玉へ侵攻を開始したことを知る。 すでに地下組織がある池袋は、 千葉解放戦線の最新兵器・ さいたまホイホイによって壊滅状態だった。 不運が続く麗が頭を抱えていると、そこに麗の部下・猿橋が瀕死の状態で現れる。 ダ埼玉、く埼玉、うさんく埼玉、うる埼玉、 青く埼玉、アホく埼玉、バカく埼玉、イカく埼玉… すると、そこにいた白鵬堂学院のZ組の生徒・下川信男が「もうやめてくれ!」と叫び、いつもバカにされている悔しさをあらわにした。 やがて信男に感化された支部長たちの気持ちは一つになり、麗たちは埼玉の県境・流山橋で迎え撃つことを決めた…。 スポンサーリンク 「翔んで埼玉」結末 百美は建造の秘密の部屋を調べ、そこで群馬県・赤城山の地図を発見する。 百美はたった1人で赤城山に向かったが、そこは未確認生物も生息する秘境のジャングルだった。 百美は勇気を出して前に進んだが、何者かに捕まって拘束されてしまう。 その後、ついに千葉解放戦線(7万)と埼玉解放戦線(9万)が向かい合い、芸能人の出身地対決が始まった。 しかし都知事、千葉がこの戦いに勝った暁には、本当に通行手形を撤廃なされるんですか? 阿久津は利用しただけにすぎんよ。 ですよね~~~! その後、建造がシウマイの箱に入っていた「金色の還暦記念ひょうちゃん」に喜んでいると、呑気な建造の前に金塊の隠し場所を見つけ出した百美が現れる。 未確認生物も生息する秘境のジャングルは全て 『やらせ』で、歴代の都知事たちは群馬県知事に金を握らせて赤城山は「危険な場所」だとテレビでアピールしていた。 百美は群馬県知事に雇われている「見張り役の男性」に案内され、赤城山のふもとにある洞窟にたどり着いていた。 百美は全て説明して建造に詰め寄ったが、建造は余裕の表情で『お前ごときが声を上げて何になる』と言った。 僕は分かっていました。 お父様に金塊の在りかを突きつけたところで、握り潰されて終わりだって。 埼玉と千葉の連合軍が東京に向かえば、多くのメディアが注目します。 そこで全てを白日のもとにさらすのです。 その後、お互いの県を尊重し合うようになった連合軍は、雄たけびをあげながら都庁に向かっていった。 しかし機動隊員やSATたちと激しくぶつかり合い、信男や阿久津は捕まってしまった。 やがて麗が仲間たちに守られながら都庁にたどり着くと、百美は都庁の窓から 歴代の都知事たちの 『悪行』が書かれたビラを撒いた。 そして百美は土下座をして許しを乞う建造に、涙を流しながら「ごめんなさい…お父さん」と言った。 こうして不正が明るみに出た建造は逮捕され、そこに殺されたはずの埼玉デュークが現れた。 埼玉デュークは襲撃を受けた直後に 「ひょうちゃん」を発見しており、神奈川に襲われたことに気がついていた。 また、埼玉デュークは建造に『まとめて潰される』ことに危機感を抱き、阿久津を説得して埼玉解放戦線と合流させていた。 東京になんて住まない!住むわけがない! 俺は一生、埼玉に身を捧げる。 家を建てよう!春日部に… すると、愛海の両親は「いい人と結婚するのねぇ…」と言ったが、愛海は『春日部』に拒否反応を起こしてその場に倒れてしまった。 その後、埼玉デュークは百美に分厚い資料を託し、『日本埼玉化計画』という新たな計画がスタートした。 それからの埼玉解放戦線は粛々とその計画を推し進め、埼玉は言わずと知れた「ショッピングモール天国」となった。 そんな住み心地の良い埼玉の街並みは全国で広がりを見せており、埼玉から発祥したいくつもの店が全国に点在している。 (安楽亭、しまむら、栄光ゼミナール、ガリガリ君、ファミリーマート等) また、東京・神奈川と埼玉をつなぐ鉄道アクセスは飛躍的に発達し、毎日埼玉県人のみならず、埼玉の空気をも東京と神奈川に輸送し続けている。 もはや、日本国民はどこにいても『埼玉』と触れ合っている…。 そんな『埼玉の都市伝説』となった革命の物語をラジオで届けていたのは、救世主の百美と麗だった。 数年後…。 百美と麗は秘密の地下施設に姿を現し、 埼玉解放戦線の次の計画・ 『世界埼玉化計画』を発表した。 すると割れんばかりの歓声がわき起こり、百美と麗は満足げな微笑みを浮かべた…。 スポンサーリンク.

次の