キング コング 嫌い。 キングコング梶原と上沼恵美子との感動&毒舌エピソードまとめ

嫌いな吉本芸人ランキングTOP40!大物も炎上芸人もランクイン!チャンピオンも!

キング コング 嫌い

はほんとに嫌われ者なのか? はいい人?悪い人? 運営されている国内最大のオンラインサロン会員が、ついに1万人を超えた西野さん。 大企業でもいいレベルだ。 さんは、テレビでは嫌われていると言われているが、果たしてそうなのだろうか? ぼくは好きだし、いい人だと思うので、調べてみる事にしました。 ホントに嫌われているの? 「西野 嫌われ」でと 出てきたネット記事がある 芸人土田さんの発言だ。 記事のタイトルは ・の立ち居振る舞いに「嫌い」 だけど、よく記事を読むと、• 現場で出くわしたり、収録合間に話す分には、何一つとして嫌な部分が無い• 「すごい良いヤツなのに、なんかもったいないな、アイツ」「出し方が下手なのかなと思って。 自分の」と残念そうに語っていた。 釣り記事だと思う。 生の声も調べてみました で 「 嫌い」と検索すると ここ一週間で3人の人が嫌いとツイートしていました。 嫌いって言われているけど好きがほとんどです。 「西野 嫌い」 はここ一週間でゼロ。 「 嫌い」 はここ一ヵ月で二人 内だけだが これって、嫌われていないと言えるのでは? 確かに、以前は嫌われていた。 と過去の嫌われていた時の記事が出てくる。 しかし、今は、嫌われていないのでは? じゃないと、 国内最大のオンラインサロンを運営できないのでは? 月額千円でめちゃくちゃ得する。 以前、その会員が増え続ける理由を分析したブログを読んでほしい 嫌われていない事実を少しあげてみる• 国内最大の1万人以上会員がいるオンラインサロンを運営• 前田裕二さんや、さん、箕輪厚介さんなどスゴイ人と友達。 この人達と友達になれる人ってそうそういないと思う。 そもそも、いい人じゃないとこの人達も仲良くなっていないだろう• を何度も成功させている。 レターポットというウエブサービスの開発費用では 11,220,863円を集める事に成功している• のフォロワーが146571人いる。 ほとんどのみでこの数字は凄いと思う。 の田中社長や、西野さんを応援している人は沢山いる。 大吉さんや、オリラジのあっちゃんや、東野さんや、芸能人の中にも西野さんの事が好きな人は沢山いる。 会社を経営したり、絵本を作ったり、漫才をしたり、オンラインサロンを運営したり、仕事をたくさん抱えている。 絵本や本を大ヒットさせている これ、もう今は「嫌われていない」と認定してもいいのでは? そして 西野さんは「いい人」だ。 西野さんのオンラインサロンにはいって、ホントの姿をみてほしい。 災害に対してされている事、サロンメンバーを応援し、助けている姿を知ってほしい。 マップ部というものを使い、お店をしている人を全力で応援していっている。 ほかにもメリットだらけだが、これで月額千円だと、そりゃあこっちも全力で応援しますよ!!となる。 まさに、店の運営をするヒントだらけのサロンだ。 入って、みてほしいです 西野さんについて色々書いています よかったら読んでほしいです。 本もおすすめです!.

次の

キンコン梶原と上沼が嫌う大物歌手Hは/芸能/デイリースポーツ online

キング コング 嫌い

ボクはキングコング西野さんは、 実力派の「起業家」という視点で見ていて、 時代の方向を読んで利用するのがとてもうまい人だなあと、 いつも感心しながら見ています。 ビジネス書「魔法のコンパス」も読んだし、 煙突町のプペルも(無料でだけど)読んだし、 彼のブログも度々チェックしている。 「芸人が絵本を23万部売る」なんて前代未聞。 めっちゃすごいなあと思う。 こういうことを言うと、多くの人に、 「トゥモさん、西野さん好きなんですね」 と言われるけど、 ボクは彼のことを(個人的に)好きではない。 もうちょいハッキリ言うと、 嫌いなタイプです、彼。 笑 いつから嫌いかというと、 実はけっこう古くからで、 2007年のM-1グランプリ以降嫌いです。 笑 この年は、結果的にサンドイッチマンが優勝したときだったんだけど、 サンドイッチマンは完璧に無名なコンビだったので、 キングコングは最有力優勝候補でした。 このときのキングコングのネタを見てもらえばわかるけど、 西野さんこのとき、 「完璧に自分に酔ってる」状態で、 ナルシスト全開でネタをやってました。 ボクはナルシストで自意識過剰な人に敏感なので、 彼のその態度が気になって、 そのネタをクスリとも笑えませんでした。 ネタ面白かったのにね。 まあ、これは西野さんが一方的に悪いわけでもなく、 ボクのほうにこそ原因があって、 それがなにかというと、 『同族嫌悪』だっていうことです。 笑 ボクも自意識過剰な人なので、 彼のそういう態度を見ていると、 イライラするのです。 笑 とはいえ、それ以降の嫌われ者西野キャラというのも、 芸人さん同士の会話には出てくるので、 いつもきになる存在ではありました。 本屋で西野さん著「魔法のコンパス」を見つけた時、 立ち読みしてやろうと思って読んだわけですが、 これがまあ、とてもいい本。 そっこうで買ってしまい、 一気に読みきりました。 彼の「芸人」とは、誰もやらないことをやるもの、 っていう定義にはとっても共感できました。 そして、彼の言うところの「芸人」という定義でもって、 彼の行動を「補助線を引きながら」観察してみると、 実はとっても一本筋の通った人なんだなあということが伝わってきました。 実は、この段階では彼のことを、 けっこう見直してきていました。 行動力、論理展開、先を読む目。 どれをとっても一級品ではないか、と。 それが、先日の、 「 煙突町のプペル無料公開」で、 一気に崩れ去りました。 「無料で回すなんてすごい!」「恩を先送りなんて素敵!」 っていう肯定的な意見と、 「クリエイター職からしたら、無料で作成なんて、 ブラックな現状に拍車をかける」 「こんなことはやるべきじゃない」 っていう否定的な意見と。 でも、実はボクが彼を嫌いになった理由は、 それじゃあ、ありません。 あの行動の、 「 なんてお客さんの心を考えない人なんだ」 っていうところです。 すっごい抵抗感ありました。 読んだ時。 彼がやっていることは、 ボクに置き換えると、 セミナーを開催するって言って、お金を払ってもらって人を集めて、 お金を受け取ってから、 「音声を無料で配布します。 ボクって子供のこと考えてる。 太っ腹でしょ」 って言ってるわけです。 そしてその後、彼は 「煙突町のプペル無料化したら、amazonで一位になった」 「無料にしても、お金を出す人は出す、出したくない人は無料に読めばいい」 「これが恩を先に送るだ」 って言って、正当化してるわけ。 売り出すときから、 「webサイト版は無料で、絵本は2000円です」 って言えばいい。 お金を出す段階で、出す人は、 「読みたいなら2000円出すもんだ」と思って出してるわけで、 それをあとから「無料で公開」って言われたら、 そりゃ、感じ悪いでしょ。 暗黙の約束を破ってると思うのです。 じゃあ、先にお金を出した人はバカなの?っていう状態。 最初は、のちのち無料にすることは伏せている。 で、買わせる。 損益分岐点を超えてから、無料でも公開して、話題をつくる。 っていう流れなわけ。 記事を読めばわかるけど、彼は思いつきじゃなくって、用意周到にこれをやってます。 出版社側への許可もしっかり根回ししてから、やってます。 この感じに、ボクは賛同できないっす。 無料公開するときには、 「子供にも読んでもらいたいから」 「自分はお金の奴隷にはならないんだ」 と言う記事で理由を説明する。 それをしながら、 裏では緻密にお金の計算しているわけですから。 緻密にお金の計算をするのは、 全く悪いことだと思わないです。 ビジネスで、お金の計算は当たり前。 それを「子供のため」とすり替えておいて、 話題をつくってバズらせて、 その後amazonで一位になっているところを見せて、 「ほら、お金的にも報われてて、ボクって賢い起業家でしょ」 っていう論理を展開しているところ。 「西野さん、あざとい」なあ、と。 笑 ボクは普通に、引きました。 笑 ただ彼のビジネス理論の中に、 「 ビジネスでは、マイナスはカウントされない」 というのがあって、ボクはそれにも大賛同しています。 ビジネスって、彼のことを好きな人は彼にお金を払い、 彼のことが嫌いな人は、彼にお金を払わないわけ。 つまり、 「 あなたを嫌いな人の数は、ビジネス上カウントされない」 というやつです。 現にボクは「煙突町のプペル」は買ってないです。 だから、ボクの意見は、 彼のビジネスにとって、どうでもいいのも、事実なのです。 笑 だから、別に憤慨しているわけでもないし、 「彼のお客さんはそれでいいわけだから、いいのだろう」 とも思っています。 ただ、 「今後、彼の企画には絶対にお金を出さないだろうなあ、俺は」 と、思っているだけです。 起業家として、観察して、学ばせていただく対象ですね、今後も。 講演会とかは行きたいと思います。 最近のキングコング西野さんが、 「 一気にブランディングされていってる感」に、 軽い絶望感を感じてもいる、トゥモローでした。

次の

ボクが、キングコング西野を嫌いなワケ(長いよ、これ)

キング コング 嫌い

キングコングってどんな芸人? キングコングは1999年に結成され、芸歴わずか2年でM-1グランプリの決勝に進出し、若くして多くの冠番組を手にした早熟の人気お笑いコンビです。 過去には上方漫才コンテストやABCお笑い新人グランプリといった数々のお笑い賞レースで結果を残したり、『はねるのトびら』で毎週コントを披露したりと、芸人らしい仕事で活躍をしていました。 一方、最近では西野は絵本やビジネス書の出版やオンラインサロンの経営といったビジネスの領域で活躍したりと、芸人としての仕事をあまりしていないように見えます。 その結果、「キングコングは芸人を辞めてしまった」「ビジネスの世界で成功した西野は泥臭いお笑いの仕事はしない」と言われることもありますが、実はそれは大きな間違いです。 西野は今でもテレビ東京の深夜番組『ゴッドタン』ではガッツリど真ん中のお笑い勝負をしています。 ここでは、キングコング西野が熱い芸人魂を見せた『ゴッドタン』の放送回について紹介したいと思います。 劇団ひとりVSキングコング西野 仲直りフレンドパーク(2016年7月2日放送) 2016年7月2日に放送された「劇団ひとりVSキングコング西野 仲直りフレンドパーク」は、ゴッドタンの過去の企画で因縁がある劇団ひとりと西野が様々な戦いを通じて仲直りするという趣旨の企画です。 「互いの服を破り合う対決」や「肛門シューティング」といった混沌とした戦いが繰り広げられる中、最も西野が芸人魂を見せたのが「自分の髪をどれだけ切れるか」という対決です。 ルールは単純で、劇団ひとりと西野が互いに後ろを向き、1回でより多く髪を切った方が勝ちという内容です。 お笑いだけでなくドラマやCMといった活動も手掛ける2人にとって、こんな1番組の企画で大量の髪を切る訳にはいきません。 しかし、劇団ひとり・西野はその場限りの笑いのために前髪を大量に切り落とし、見せつけ合います。 劇団ひとりと西野は、シーンの繋がりやスポンサーの存在を無視して、目の前の笑いを取りに行くという芸人魂を互いにたたえ合います。 ここから、2人は互いに芸人としての熱い想いと勇気を認め合う仲になります。 西野の夢 叶えたろかスペシャル(2017年6月4日放送) 過去にマジギライ1/5、ザ・大声クイズ、仲直りフレンドパークといったゴッドタンの名物企画に登場していた西野ですが、2017年6月4日に放送された「西野の夢 叶えたろかスペシャル」は西野を中心に据えた西野のための企画です。 2017年に、自身が描いた絵本を無料公開したり人妻との不倫を告白したりなど、自ら炎上するための燃料を投下するも、いまいち世間の注目を浴びれない西野を元気づけよう、というのが企画の趣旨です。 もはや恒例となった私服の破り合い対決など、ここでも西野は劇団ひとりと対決を行うことになります。 以降、年に1回のペースで西野と劇団ひとりの戦いを中心に据えた企画が行われるようになります。 西野をもう一度嫌いになろう(2018年11月3日放送) 様々な対決を通じて心が通じ合った劇団ひとりと西野ですが、2人は互いに嫌い合っている方が面白いはずだ、という考えのもと、もう一度西野を嫌いになろうとするのが今回の企画です。 この回では「本気のビンタ対決」や「尻の匂い嗅がせ合い対決」といった互いを嫌いになるための企画が行われます。 「尻の匂い嗅がせ合い対決」では、西野が劇団ひとりの尻に顔を近づけるも、「う〇こが付いている!」といって逃げ出します。 最終的に「う〇こじゃなく肛門の中のカスだから」という理由で西野は劇団ひとりのお尻の臭いを嗅がされるのですが、このセリフは『アメトーーク バラエティ観るの大好き芸人』の中でも、伝説のシーンとして語られています。 そんな中、最後の「毒霧対決」では互いに相手の顔に向かって毒霧を吹き合う予定でしたが、なぜか相手のお尻に向けてしたからウォシュレットのように水を吹きかけることになります。 劇団ひとりのお尻に向けて水をしたから吹きかけた際に「くっせえ! う〇こが返ってきたぞ!」といった西野は本物の芸人と言えるでしょう。 第2回西野をもう一度嫌いになろう(2019年11月2日放送) 第1回「西野のことをもう一度嫌いになろう」から1年後、再び西野のことが好きになってしまったという劇団ひとりが西野を嫌うために行われたのが「第2回西野をもう一度嫌いになろう」です。 この回では、仰向けになって寝ころび、相手が尻を出して徐々に近づけてくるのを、ギリギリのタイミングで「ストップ!」と言い止めるという「尻ベーダー対決」が行われました。 既に尻が顔に付いているにも関わらず「ストップ」の宣言をしない劇団ひとりに対し、尻を顔に付けながら「まだか!?もう付いてるぞ!?」と叫んでいる西野の姿はテレビ史に残るシーンです。 まとめ いいかがだったでしょうか。 普段はビジネス界で格好良い姿で活躍している一方、芸人としてテレビ番組に出る時はしっかりお笑い芸人としても活躍するキングコング西野は非常に格好良いです。 これからもゴッドタンで西野が活躍している姿を見るのが楽しみです。

次の