いい ひと ドラマ。 いいひと。

草彅くん主演ドラマ「いいひと。」に思う。現実は「いいひと」がパワハラをする

いい ひと ドラマ

今では、SMAPで1番演技がうまいと言われれることもあるという 草なぎ剛。 その草なぎの出世作として、ドラマ「いいひと。 」を挙げることができます。 しかし、当時同ドラマに原作者の高橋しん氏が激怒したというのです。 これは、一体どういうことなのでしょうか? 前クールに、草なぎはドラマ「銭の戦争」で名演技を披露しました。 当初、SMAPの中では、草なぎはイマイチ存在感が薄いと思っていました。 しかし、俳優として活動することになって、そうしたイメージはなくなりました。 SMAPの中で俳優と言えば、木村拓哉の名前が真っ先に出ると思います。 確かに、注目度や人気度では草なぎに勝ち目はなさそうです。 しかし、草なぎには素晴らしい演技力があります。 怒りのシーンは、他のものを圧倒するぐらいの迫力があります。 木村よりも草なぎの演技を高く評価する人もいるようです。 もちろん、評価は人それぞれでしょうが。 草なぎがドラマの初主演を務めたのは、1997年に放送された「いいひと。 」です。 平均視聴率が、20%以上を記録しました。 この時代は、高視聴率ドラマが多かったので、単純には今と比較できませんが。 北海道から上京した主人公が、その純朴な性格で「都会」や「会社」と向き合うストーリーで、ドラマ化にあたってコミック原作者の高橋しんが出した条件はただひとつ、主人公の「ゆーじ」と恋人である「妙子」のキャラは変えないことだった。 ところが、そんなシンプルな申し出すらあっさりホゴにされる。 「 草なぎ演じる『ゆーじ』は『フォレスト・ガンプ』のようなキャラになってしまい、第1話を見た高橋氏は激怒して第2話以降を見ないことにした。 ささやかな抵抗として、『原作』だったクレジットを『原案』に変更させたばかりか、ショックのあまりコミックの連載までやめてしまいました」(テレビ誌ライター) (アサ芸プラスより引用) 原作者が怒るぐらいなので、相当主人公などのキャラが原作と違っていたのでしょう。 これは、草なぎのせいではないと思います。 監督や脚本家が、原作者が満足する作品を作れなかっただけです。 この時は、ちょっと変わった人の役がぴったりだと思っていました。 原作者は気に入りませんでしたが、視聴者には好評だったようです。 この作品をきっかけに、草なぎは「僕と彼女の生きる道」「黄泉がえり」などでヒットを飛ばしました。 草なぎにとっては、人生が大きく変わる作品になりましたね。 これからの活躍も期待したいです。

次の

草彅くん主演ドラマ「いいひと。」に思う。現実は「いいひと」がパワハラをする

いい ひと ドラマ

いいひと い い ひ と。 作 者: 高橋しん 全巻数: 26巻 出版社: 小学館 初版年: 1993年10月 「私の周りの人の幸せが、私自信の幸せです」 こう言い切る北野優二 きたのゆうじ は、その信条のみを掲げて一流スポーツシューズメーカー、ライテックス社に入社する。 訳あって人事部長、城山の家に下宿しライテックスでの一歩を歩みはじめる。 新入社員研修の成績が思わしくなかった彼は、LCチーム(Lady's Cretive TEAM)、俗称Lady's Cementary 女性社員の墓場 と称されるところへ配属される。 停滞を極めていたLCチームだが、優二のストイックな人生観に触発され、男に迫害される女という観点にこだわりすぎていた彼女達に変化が現れる。 やがて新商品のバレエシューズLICAの開発を成功裏に収めたが、優二は次の職場、「営業本部第一営業部」なる社内の超花形部署に配属され、老舗デパート「丸一」の担当を始める。 丸一のフロアマネージャー石田は、優二のひたむきさに、かつての「百貨店」のあるべき姿、過去に自分が追い求めていたものを思い出す。 売り場の合理化案の押し寄せる中、本来の接客は何かという問いに一つの結論を出し、丸一経営側へ反旗を翻すようなMAXPORT計画を石田と優二は実行する。 活況を呈したMAXPORTではあったが、合理化案は予定通り遂行され、石田は丸一を去り地方のデパートへ再出発をかけ旅立つ。 一方、優二は新たな任務、「販売促進事業部 陸上競技販促課 係長代理補佐」を任命される。 社長の特殊任務である大学陸上部監督を遂行しなければならない優二だが、そんな任務について一切聞かされないまま富士野大学陸上部に乗り込む。 富士野大学は過去に箱根駅伝で優勝した実績があるものの、最近では予選にも参加出来ないほどの凋落ぶり。 部員は優二の自然体に触れて調子を上げていき、見事箱根本戦出場をきめ、その本戦でも復路優勝の快挙を遂げる。 入社から1年が過ぎ、新入社員が配属される。 ライテックス社員に憧れをもって入社した木田伸之介は優二と同じ販売促進事業部へ配属されるが、木田はデスクワークの業務課である。 過大な期待と裏腹な業務課の仕事ぶりにすっかり気落ちした木田は五月病に陥る。 そんな彼の為に優二は、課外授業ならぬ「業務時間外の"課"」を木田と、そして彼にひそかに想いを寄せる小鴨奈緒美と共に作る。 "課"のやるべきことから模索し始めた3人だが、かつて水泳の選手だった木田の着眼から「好きな時に水に入ることが出来る水陸両用水着、Aqua Air アキュエアー 」を苦労の末開発する。 アキュエアーは事業部扱いとなり木田はめでたくもそこへ異動。 一方優二は意外なことにも「社長室付秘書課係長代理」を命じられる。 秘書課での優二は、ライテックスアメリカより本社へ帰ってきた社長の息子、岩倉健太と共にリストラを推進するはめになってしまう。 健太が「人事企画室長」優二は「同課長待遇」と一応出世。 健太は、社を欲しいままにしてきた父親=社長の姿がトラウマになり、ジュニアの名に嫌気がさし業務放擲状態。 そんなリストラ推進に力を貸してくれたのが元オリンピック体操選手で、試合中のケガで棄権し挫折を味わったことのあるライテックスOLの野島ハル子。 優二との2人3脚で健太を、そしてリストラの対象になっているライテックスを創ってきたベテラン社員たちを変えていく。 リストラ事業はやがて「ReSet(リセット)」制度として実を結ぶ。 入社当事に立ち返り今一度ライテックスでやりたかったことを新入社員に戻って目指すことが出来るという人事制度である。 もちろん給与も新入社員と同じところからスタート。 役員会は強く反発する。 一方健太は、過去のトラウマと訣別し、会社が人の集合体であること、ライテックスの創業当事の未来に向けた明るさと活気を経営者として取り戻そうという気概を持ち、ReSetを真摯な説得で役員会の承認へと導く。 優二の最後の出世は、「第一営業本部 新規コンシューマー企画室長」。 だが、彼は「一番幸せにしたいひとのそばへ・・・」と決意し、自らReSetを使う。 北海道へ残してきた恋人の妙子と共にキタノスポーツを営む為に。 とても内容の濃い作品なので、あらすじも全然まとめられなかったのですが、実際はもっと細々とした内容、特に人事部長の娘で未亡人の真理子やその他大勢の女性出演者が優二に、人間として男性として想いを寄せていく姿などが織り交ぜられながら話は進行します。 特に北海道に残してきた妙子の存在も非常に大きな役割を占めています。 まずはじめに、26巻巻末の作者あとがきからドラマ化と連載打ち切りについての一文を転載。 正直に言うと終了を決めた直接のきっかけは、テレビドラマ化でした。 テレビ局の方にドラマ化の許可を出すための条件の中に、ゆーじと妙子だけは変えないこと、という一文がありましたが、多くの方が感じたように、ゆーじは変え「られて」いました。 私は、もうこれ以上わたし以外の誰にも変えられずに、読者の方々の中の「いいひと。 」を守ること、そして同時に多くの読者の方に切ない思いをさせてしまった、その漫画家としての責任として私の生活の収入源を止めること、その二つを考え連載を終了させようと思いました。 ・・・中略・・・ 関西テレビのプロデューサーの方から読者の方に対して、「現場が走りすぎたのを押さえることが出来ませんでした。 申し訳ありません。 」との謝罪の言葉も編集部を通してうけとっています。 重ねて、一番の責任者である、私からもお詫びいたします。 「皆さんと創った大切な作品を守れなくて、申し訳ありませんでした。 」 草薙剛が優二役を演じたTVドラマは確かに人気があったようだが、原作のテイストとまったくかけ離れていたことは、この作品を読むずっと以前にちらっとドラマを観た感じからも受け取れたし、何にもまして上記のようないきさつである。 ドラマのほうでイメージが出来てる方々へ原作の名誉にかけて紹介した次第である。 困っている人がいるから手を差し伸べる。 他人の幸福が自分の幸せ。 一歩間違えば安っぽい茶番に堕ちていきそうな単純明快さ TVはその方向だった だが、実際はまったく違う。 実は本当の主人公は優二や妙子を囲む"ごく普通の人達"なのである。 "ごく普通の人達"が「いいひと。 」になっていくプロセスそのものがこの作品のテーマなのだ。 誰しもが悩み、そして考え、実直な解答を知っていながらそれを実行できない。 あまつさえ、ちょっとずる賢い選択枝ほどよく知っている。 そんなジレンマを持つのが"普通の人達"なのだ。 臆面もなく心情を吐露し、人と交わり、あるべき道を進んでいく。 そんな面映さと純真さを、ゆーじ達は教えてくれる。 漫画だから、いや、漫画だからこそ私達は細かい理屈を抜きにして、素直に受け入れ現実を省みることが出来るのではないだろうか。 独特の画のタッチ(女性が年齢を問わず同じ顔つきというのは愛嬌)と世界観。 会社組織内の描写などもデフォルメされつつリアリティーがちらつく部分もあり、全26巻というボリュームを飽きずに読破できる。

次の

草なぎ剛の出世作「いいひと。」に原作者が激怒していた!

いい ひと ドラマ

「いいひと。 」初回 「いいひと。 ちょっと他人と違っていることといえば、それは「いいひと」だってこと・・・ 北海道の北斗大学4年生・北野優二は大のお人好し。 駅伝大会中に転んだ他校の選手を助け起こそうとして自分が抜かれてしまうほどの、度を越した「いいひと」なのだ。 そんな彼が就職先に選んだのは、大手スポーツメーカー・ライテックス社。 ライテックスのシューズに夢を見させてもらったゆーじは、今度は人に夢を見させる商品を作るためにライテックス社に入りたいと願う。 就職面接試験を受けに東京へ向かうゆーじに、妙子は気が気でない。 なにしろゆーじは困っている人を見ると助けずにはいられないのだ。 人助けをして面接試験に遅れでもしたら・・・案の定、妙子の不安は大当たり。 時間が無いのに次々と困っている人を助け、果てはせっかく停めたタクシーまでOLに譲ってしまう。 結局面接試験に遅れたゆーじはまともに面接を受けられないまま追い返される。 北海道に戻ったゆーじを妙子は励まそうとするが、ゆーじは「今年がだめでも来年また受ける」と決して諦めていなかった。 そこへ一次面接合格の知らせが・・・なんと東京で助けた人たちがライテックスの人事部長・城山の身内だったのだ。 一方ゆーじの停めたタクシーを譲られたOLの名は、ライテックス社の人事部主任・二階堂千絵。 彼女は男社会で負けまいと肩肘を張って働いているうちに強情な性格になっていた。 次の人事異動で販売促進8課、通称ハンパ課という日陰の課に左遷されることを聞き、社内コンペ応募で起死回生を狙っていた。 さて、役員面接のため再び上京したゆーじはまたまた困っている人を助けている。 そこへコンペへ提出する書類を紛失して困っている千絵に出会ってしまい、今度はその書類探しに駆け回ることに・・・そんな中でゆーじと話をしているうちに、千絵は少しずつゆーじに感化されつつあった。 本人は気付かぬままに・・・ 書類を手に入れたもののコンペには間に合わず千絵はハンパ課へ。 そして役員面接に遅刻したゆーじの履歴書はごみ箱へ。 もう二度と会うことは無いと思われたゆーじと千絵だったが、運命のいたずらはゆーじをライテックス社に合格させる。 ごみ箱の中の履歴書が社長の目に止まってしまったのだ・・・ ゆーじが合格したと知り、なんとなく嬉しく思う千絵。 ハンパ課でも「自分はどこへ行っても自分」でやっていく決心もついていた。 合格通知に喜ぶゆーじと妙子。 しかし別れの日、妙子は思わず涙をこぼす。 「離れているうちにお互い変わっちゃう」と不安にかられる妙子に「大丈夫。 オレ絶対変わらないから」と答えるゆーじだった。 ライテックス入社式。 新入社員代表で挨拶をする予定だというのに、またまた遅刻のゆーじ。 ようやく到着したゆーじに城山部長は挨拶の原稿を渡す。 が、間違えて白紙を渡してしまった。 結局自分の言葉で挨拶を始めたゆーじだったが、「古いもの、伝統というものは良い」と社長の方針と全く逆のことを言い出し、社長はカンカン、城山・千絵はクラクラ・・・ 「私の周りの人の幸せが私自身の幸せ」という信念の持ち主ゆーじくん。 さて、ライテックス社に入社してどうなっていくのでしょう? 今回の名言(グラスの独断(笑)) 「ハイヒールって尖っていればいるほど折れやすいんですよね。 たまにはこういう靴もいいですよ」 (おまけ) 中居くんが友情出演でちょこっと出てくれました。 あと原作者の高橋しんさんも妙子ちゃんの働く喫茶店にいましたね。 〔グラスの感想〕 初回を見て思ったこと「良くも悪くも剛くんらしいな」 音楽担当が「まだ恋」の時の方らしいですが、テンポが速くて軽くて、作りとしては「まだ恋」に似た面白い作りだと思います。 現実離れしたおとぎ話ですね。 履歴書がひらひら舞うところで映画「フォレスト・ガンプ」を思い出したんですが、ゆーじくんとフォレストって似てるかもしれない。 剛くんの演技に付いては言いたいことたくさんあります。 滑舌、間の取り方、動き方・・・もう少し勉強して欲しいとは思う。 でも、この役は確かに剛くんにしか出来ないかもしれない。 原作と合ってるかどうかはわからないけれど、ドラマのゆーじは剛くん色に染まってしまってる。 身内受けみたいな笑いもあったけれど、財前さんが言っていた「こんな人いない〜とツッコミながら見て欲しい」というのはイケルかもしれないなと思いました。 ホン(脚本)が良さそうなので、このままのテンポで続いて欲しいな、というのが今の希望ですね。 〔みんなの感想〕 『つよし君、ありがとう。 』 「いいひと。 」見ました。 もう!他人の評価はどーでもいいや!誰がなんと言おうと、私は胸はっていいますよ。 つよし君、楽しくて暖かいドラマありがとう。 とってもよかったですよ。 ドラマの流れにそった役になりきってて、浮き足立つ事もなく、溶け込んでる感じで・・なによりとてもいい気持ちにしてくれました。 「一生に一度の主役」の切ない覚悟も、このドラマへの真摯な覚悟として受け留めて見ていく事が出来そうです。 一応うちの40代サラリーマンの意見を・・。 「火曜9時に勝ったんじゃないか〜。 前評判は当てになんねーな。 」と、いいつつ、ドラマそのものを純粋に楽しんでました。 私もここまで客観的になれればねえ・・(^^;) 〔ENAMIママさん〕 とにかく、なんて言っていいやらまだ頭が、ぼ〜っとして・・。 剛君の初主演ドラマ「いいひと。 」初回は、ナイターで、45分遅れたにもかかわらず、な、なんと 24、6%!!(ビデオリサーチ関東地区調べ)ちなみに、 フジの初回視聴率の歴代9位という快挙だそうです!!「総理と呼ばないで」より取ってしまった・・・。 剛君本人のコメントも、「ほんとに良かったです。 」との事でした。 朝このニュースを知ってから、頭の中が、くるくるミラクルで、、。 とにかく、よかったよかった!いいドラマだもんね。 「がんばれ、優二〜!」 〔Ability Qさん〕 「いいひと。 」、ちょっと今泉くんはいってたような気がしますが妙に心配してしまったので(優二君に)次回も見ちゃうでしょうきっと。 剛くん、かわいかったですね。 なんか。 〔典子さん〕 正直なところ、「期待しすぎたかな?」というのが第一印象でした。 いくら漫画が原作だといったって、あんなにギャグにしてしまうものでしょうか?くさなぎ君が無理矢理作っている「笑顔」がとても気になりました。 もっと自然の笑顔がかわいいのに・・・「いいひと。 」ホームページに投書(メール)してみようかと思ってしまいました。 そうは言ってもやっぱりこれからも毎週楽しみに見て、重ねて「保存版」ビデオも録画してしまいそうな私・・・はまってしまっています。 〔TANIPONさん〕 「いいひと。 」思った以上によかったです。 優二くんのキャラクターがすごくおもしろくて、私が剛くんファンじゃなくても、好きなドラマになったことだろうと思っております。 突っ込みいれもってみられる楽しいドラマとでも言うのでしょうか。 やっぱりこのドラマは妙子ちゃんに感情移入してみてしまいました。 ところで、今日16日は「いいひと。 」の話題でもちきりでしたよ。 45分遅れはつらかったですが、そのおかげで観るつもりじゃないのに観てしまったという人もいたりして。 そしてみんな剛くん演じる優二くんにとりつかれてしまったようです。 特に、30代後半の男性(原作ファン)が「昨日『いいひと。 』みた?漫画と同じだったよ。 草なぎ剛ってすごいよ」って言っていたのがうれしかったです。 彼がイメージしていた優二像そのものだったそうです。 私に直接言ってくれたのなら社交辞令ともとれますが、そうじゃなかったので。 しかも私の知っている時以外にも2〜3回言っていたらしいし。 〔靖子さん〕 ダンナが、スピリッツを買ってくるので、漫画の「いいひと」は、最初っから読んで知っていました。 で、原作に忠実に、ドラマ化されているのかと思ってっていましたが、かなり、コミカルタッチに描かれていて、笑いながら見ていました。 しかし、なぜだか、最後は、ゆーじくんの魔法にかかったのか、ちょっと、感動して、幸せに気分になっていました。 原作を読んでいた時、「こんなひといない」と思っていましたが、(剛君も、そう言っていましたが)なぜだか、剛演じるゆーじくんを見ていると、本当にいるような気がしているのは、私だけでしょうか。 今後も、楽しみです。 〔k.miwakoさん〕 面白かったです!剛くんが主役っていうのは、一番いっぱい出るってことなのねと実感。 中居君が出ていたのもおどろきましたー!!そこまでやるか中居・・・さすがSMAPパパ。 なんか嬉しかったです。 〔ひろかさん〕.

次の