前期比 エクセル。 前年同月比の複合グラフの作成方法|スプレッドシートの使い方

Excelで予実管理・予実比較(予算実績管理・予算実績比較)。ーVLOOKUP関数の活用ー

前期比 エクセル

【Excel】前年比・伸び率・増加率(減少率)を計算する方法 データの前年比や伸び率、増加率(減少率)を計算する場面があるでしょう。 このようなときエクセルを使用して、一括で求めることができると非常に効率よくデータ処理を行えます。 ここでは、前年比・伸び率・増加率・減少率に関する内容について解説していきます。 ・前年比の求め方 関数は使用するのか? ・伸び率・増加率(減少率)の計算方法 関数は使用するのか? というテーマで解説していきます。 前年比の求め方 関数は使用するのか?? まず、各々の言葉の定義について解説していきます。 前年比とは、例えば「ある年の電池Aの売り上げ数に対するその翌年の電池Aの売り上げ数の割合」を示したものです。 表記方法としては、そのまま比とする場合やパーセント(%:百分率)とするときなどさまざまです。 以下のような定義式です。 それでは、エクセルにおいて前年比を算出するためには、関数を使用する必要があるのでしょうか。 実は前年比を求めるためには、エクセル関数を計算する必要はありません。 上の式に従うだけでいいのです。 以下のデータをもとに各種前年比を求めていきましょう。 オートフィル機能を使用すれば、一括で同じ計算処理を行ってできます。 前年比の割合(比での表記)が求められたら、次はパーセント表記を行ってみましょう。 すると、以下のような結果となります。 関連記事 伸び率・増加率(減少率)の計算方法 関数は使用するのか? 同様に伸び率・増加率(減少率) 各々の言葉の定義について解説していきます。 実は伸び率と増加率は同じ意味です。 前年比のように年ごとに比較するときもあれば、数年ごとに比較するときもあり、状況に応じて変化させます。 一方で、データが比較した後のデータの数が数値が小さいときは、減少率を使用します。 各々以下の計算式で定義されます。 一方で減少率の定義は以下の通りです。 前年比と同様に、伸び率(増加率)・減少率は関数を使用しなくていいです。 このように、伸び率・増加率(減少率)を求めていきましょう。 関連記事.

次の

Excel(エクセル)での前年比や伸び率の計算式|前月比や前期比の求め方

前期比 エクセル

Tableauで視覚化する時、必ず受けるご依頼。 「前年比を出して下さい」 私は、 Tableau の簡易表計算機能を使って前年比成長率をお見せし、「簡易表計算を使うと簡単に計算できますよ」と説明を続けます。 私は「 前年を上回っていたらプラス、下回っていたらマイナスのほうが解り易くないですか? どうしてですか? 」と説明し、次のグラフを見せます。 それでも、「今までそうしてるから」「変えるとみんな混乱しちゃうから」とか、なかには「数字がわかればいいんですよ。 グラフのスペースもったいないし」とか言われます。 ) 簡易表計算で前年比成長率を出す時は、 「[年] がディメンションにないと前年比成長率が使えないので、必ず[年] をディメンションに入れて下さい」 「計算の方向を指定しないといけないので [表計算の編集…] で日付の年を指定して下さい」 などと説明を加えさせて頂きます。 ほとんどの方はここで目が点になります。 Tableau につまづく最初のポイントかも知れません。 言ってる意味がわからないようなので、簡易表計算で作られている計算式をお見せし説明するのですが、今度は lookup関数の意味を説明するのにまた一苦労。 私もTableau を使い始めた最初の頃、なかなか前年比がうまく出せなくて苦労した思い出があります。 たかが前年比、されど前年比...です。 理由は、大きく2つあると思っています。 一つは、日本的文化と欧米的文化の違い。 私は外資系企業で働くことが多かったですが、欧米の方は前年比を成長率で見る習慣があります。 」と褒められました。 Tableau は米国で生まれたツールです。 一つはこの文化的違いから、簡易表計算はこのような計算式になっています。 値は 1. 1213 とかになりますが、Excel なら書式設定で表示形式をパーセントに変えれば良いですよね。 でも実績にマイナス値がある場合はどうでしょう? 例えば、実績に返品が含まれる場合や、利益に関しては、実績がマイナスになることもよく有りますよね。 カテゴリ別、商品別、日別などと分析を深めて細かく見ていくと、実績にマイナス値が含まれるケースは意外と良くあります。 次の表でその計算方法による結果の違いを示します。 前年比計算の違い どの計算式も数学(算数)的には正しい計算式なのですが、前年がマイナス のところに違和感を感じませんか? 前年がマイナスの場合、比率を見ただけでは、前年より良くなっているのか?悪くなっているのか?が全く解りません。 Excelで作られた表を拝見すると、こんな間違いが散見されます。 表の中では、その事すら気づいていない方が多いです。 「ここは?」と尋ねると、「ああ、そこは前年がマイナスなので例外です。 無視して下さい」などと訳の解らない回答が返ってくることがあります。 表で表現する時とグラフで表現する時の違い Tableau を使い始める前の方は、「前年比」と言うと次のような表をイメージしておられる方がほとんどです。 おそらくこんなイメージなのでしょう。

次の

ピボットテーブルで前年比を求める:エクセル2010基本講座

前期比 エクセル

【Excel】前年比・伸び率・増加率(減少率)を計算する方法 データの前年比や伸び率、増加率(減少率)を計算する場面があるでしょう。 このようなときエクセルを使用して、一括で求めることができると非常に効率よくデータ処理を行えます。 ここでは、前年比・伸び率・増加率・減少率に関する内容について解説していきます。 ・前年比の求め方 関数は使用するのか? ・伸び率・増加率(減少率)の計算方法 関数は使用するのか? というテーマで解説していきます。 前年比の求め方 関数は使用するのか?? まず、各々の言葉の定義について解説していきます。 前年比とは、例えば「ある年の電池Aの売り上げ数に対するその翌年の電池Aの売り上げ数の割合」を示したものです。 表記方法としては、そのまま比とする場合やパーセント(%:百分率)とするときなどさまざまです。 以下のような定義式です。 それでは、エクセルにおいて前年比を算出するためには、関数を使用する必要があるのでしょうか。 実は前年比を求めるためには、エクセル関数を計算する必要はありません。 上の式に従うだけでいいのです。 以下のデータをもとに各種前年比を求めていきましょう。 オートフィル機能を使用すれば、一括で同じ計算処理を行ってできます。 前年比の割合(比での表記)が求められたら、次はパーセント表記を行ってみましょう。 すると、以下のような結果となります。 関連記事 伸び率・増加率(減少率)の計算方法 関数は使用するのか? 同様に伸び率・増加率(減少率) 各々の言葉の定義について解説していきます。 実は伸び率と増加率は同じ意味です。 前年比のように年ごとに比較するときもあれば、数年ごとに比較するときもあり、状況に応じて変化させます。 一方で、データが比較した後のデータの数が数値が小さいときは、減少率を使用します。 各々以下の計算式で定義されます。 一方で減少率の定義は以下の通りです。 前年比と同様に、伸び率(増加率)・減少率は関数を使用しなくていいです。 このように、伸び率・増加率(減少率)を求めていきましょう。 関連記事.

次の