あおり運転厳罰化 ポスター。 あおり運転厳罰化へ

厳罰化に関するトピックス:朝日新聞デジタル

あおり運転厳罰化 ポスター

「あおり運転」(妨害運転)は、重大な交通事故につながる極めて悪質・危険な行為です。 車を運転する際は、周りの車等に対する「思いやり・ゆずり合い」の気持ちを持って、安全な速度・方法での運転を心掛け、十分な車間距離を保つとともに、不必要な急ブレーキや無理な進路変更等は絶対にやめましょう。 妨害運転罪の創設 令和2年6月10日に公布された道路交通法の一部を改正する法律により、妨害運転(「あおり運転」)に対する罰則が創設されました。 これにより、令和2年6月30日から、他の車両等の通行を妨害する目的で、急ブレーキ禁止違反や車間距離不保持等の違反を行うことは、厳正な取締りの対象となり、最大で懲役3年の刑に処せられることとなりました。 また、妨害運転により著しい交通の危険を生じさせた場合は、最大で懲役5年の刑に処せられることとなりました。 さらに、妨害運転をした者は運転免許を取り消されることとなりました。 妨害運転のような悪質・危険な行為により人を死傷させた場合には、危険運転致死傷罪(妨害目的運転)等にも当たる場合があり、さらに厳罰に処せられることがあります。 令和2年改正道路交通法リーフレットA 令和2年改正道路交通法リーフレットB 妨害運転等に対する厳正な指導取締り 警察では、他の車両等の通行を妨害する目的で行われる悪質・危険な運転に対して、今回創設された妨害運転罪や危険運転致死傷罪(妨害目的運転)等のあらゆる法令を駆使して、厳正な捜査を徹底することとしています。 また、妨害運転等の悪質・危険な運転を未然に防止するため、車間距離不保持、進路変更禁止違反、急ブレーキ禁止違反等の道路交通法違反について、積極的な交通指導取締りを推進しています。 さらに、今回の道路交通法改正に伴い、妨害運転をしたものは、当該行為のみで運転免許の取消処分の対象となることから、このような運転を行う悪質・危険な運転者を早期に排除するため、迅速に行政処分を行うこととしています。 安全な場所から110番通報・ドライブレコーダーを積極活用 妨害運転を受けるなどした場合は、サービスエリアやパーキングエリア等、交通事故に遭わない場所に避難するとともに車外に出ることなく、ためらわずに110番通報をしてください。 また、ドライブレコーダーは、運転行為が記録されることから、妨害運転等の悪質・危険な運転行為の抑止に有効です。 事故やトラブルのときにあなたを守るドライブレコーダーを装着し、有効に活用しましょう。

次の

危険なあおり運転を厳罰化──改正道交法

あおり運転厳罰化 ポスター

6月30日から改正道路交通法が施行に。 いわゆる「あおり運転」の厳罰化が盛り込まれていることが話題です。 わけのわかんない芸人とかを使うよりはこっちのほうが断然いい。 にある説明によると、「あおり運転」とは 他の車両等の通行を妨害する目的で、急ブレーキ禁止違反や車間距離不保持等の違反を行うこと であり、今後は取り締まりの対象となり最大で懲役3年の刑に処せられる。 そのうえ、 また、妨害運転により著しい交通の危険を生じさせた場合は、最大で懲役5年の刑に処せられることとなりました。 さらに、妨害運転をした者は運転免許を取り消されることとなりました。 なんと、違反行為が「あおり運転」と認定されればイッパツで免許取り消し。 これはかなり思い切った改正ですね。 飲酒運転のほうは、2007年の厳罰化により飲酒による事故はだいぶ減ったという話で、今回のあおり運転厳罰化もおそらく一定の効果は出るんでしょう。 私は道路行政に詳しくもないし自動車についてよく知っているわけでもないですが、クルマが生活必需品という土地に住んでいることもあり、交通事情に関しての問題には関心がありこのブログではたびたび記事にしています。 狂人を罰することができるようになるのはイイことだと思うが・・・ 今回の法改正にともない、テレビのワイドショーでは「こんなもんは殺人未遂だろ」と言いたくなるような悪質な運転の映像がたくさん流されていましたね。 これまではこういった行為そのものではせいぜい「暴行罪」などでの摘発で終わっていましたが、これからは「妨害運転罪」ということで最大で懲役5年に処すことができる。 私自身はなんでもかんでも厳罰化という安易な流れには反対なのですが、なかなか画期的な法改正といえるでしょう。 これまでは厳罰どころか摘発することもできなかったわけですからね。 しかし、実際にどのように適用するのか、難しい部分はものすごく多いんじゃないでしょうか。 なにしろどのような状況が適用されるのかがけっこうあいまいだし、双方の主張が食い違うケースがほとんどになって、ドライブレコーダーが完備されている状況でないかぎり難しいんじゃないでしょうか。 っていうか、認定されれば刑事罰を受けるとともにイッパツ免許取り消しにもなっちゃうという超絶重い処分を与えるわけだから、そう簡単にホイホイ適用されたらたまったものじゃないし、「めったに適用されない」っていうくらいの慎重な運用がされるべきなんだろうと思います。 宮﨑とか石橋とかみたいなエクストリームでレアな凶悪人間を、事故になっていなくても摘発して交通社会から一定期間追放できるというのと、それなりの抑止効果はあるだろうということで期待はしていますが、あいまいな規定と、どのように立証するのか、という点で、警察がきちんと仕事してくれるのかが気になるところではあります。 自動車メーカーはもっとカネを使えよ 個人的に勝手な意見を言わせてもらうなら、自動車メーカーが本気になってくれさえすれば、法改正よりももっと劇的にあおり運転とあおり運転が原因の事故を減らすことができるのでは?・・・と思っています。 速度に見合わないくらい車間距離が少なくなったら減速するようにすればいいだけでしょ。 それから、ドライブレコーダーが全車に装備されているのが当たり前となればかなりの抑止力になるはずなので、これも自動車メーカーは自分のカネで標準装備したらどうか。 日産みたいな死に体の会社はともかく、儲かってるメーカーはそれくらいやるのが社会的使命じゃないの。 まあ、これだけアクセルとブレーキの踏み間違いが問題視されていても「対策はユーザーが自分のカネでやってください」と言い、老若男女問わずいつか誰かが絶対に踏み間違いを起こすのが明白な機構であるオートマ車をそのまま売り続ける業界ですから、儲けにつながらない安全対策にカネは使いたくないんでしょうね。 何兆円も利益を出しつつ安全対策のカネは出し惜しみし、「スマートシティ」などといったどうでもいいようなことにカネをつぎ込んでるメーカーのしらじらしいCMをみていると吐き気がしてきます。 自社の製品で人が死んでると思えば、安全対策以上に優先するものはひとつもないと思うんですけどね。 マスコミは広告料で支配されちゃってるから自動車メーカーになにも言えない。 だから「メーカーがもっと努力すりゃあもっと事故が減るだろ」という声が上がってこないのが恐ろしい。 それはともかく、一定の割合で宮﨑や石橋みたいなアタマのおかしい人がいるのは避けられないので、自動車メーカーはなんでもユーザーの責任にしないで、もっとやることやってほしいものです。 行政はもっと教育にカネを使えよ しかし最も問題だと思うのは、結局はドライバー自身の意識が低いことなんじゃないですかね。 運転していると、1日に数回は必ず後ろにぴったりくっついて走るバカに遭遇する。 これはもう100%。 しかしこれは、おそらく本人も「車間をつめて走っている」「あおっている」という意識がないままやってることが多いんだろうと思うんですよね。 つまり、適正な車間距離というものを知らなかったり、安全意識が低かったり、経験が浅かったり。 そのへんを啓発することにもっとおカネを手間をかけたらどうでしょうか。 意識せずに車間距離をつめて危険な運転をしている人は、私に言わせれば全ドライバーの3割くらいはいるんじゃないかと。 とにかくくっついて走らないと気が済まない。 どんだけ精神的に幼いんだよ・・・としか言いようがないんですけど、だから追突事故が起こるし、「あおられたからあおり返した」という事件もいっぱい起こる。 即効性はないけど、そういうドライバーを減らすことのほうが、厳罰化よりも必要なのでは。 自転車のあおり運転問題もそうですね。 子供のときに小学校の校庭で「安全教室」みたいなのを受けましたが、思い返してみるとそこでは、自転車は交通弱者というスタンスで教えられていて、「自動車からどのように身を守るか」ということは教えられても、「自転車がこれこれこいうことをすると自動車や歩行者にどういう危険を与えるか」という視点はあまりなかった気がします。 いまの子どもにどのような交通教育がされているのか知りませんが、子どものときから「自転車は気軽に乗るものではない」という教育を施し、できれば運転免許制にするとか、自転車にもナンバープレートをつけたほうがいいんでしょう。 厳罰化したところで、人間そのものが変わらなければ誰も見ていないところで危険な運転をするバカはいなくならないので、結局は教育を地道にやるのが必要なのではないかと思っています。 危険運転をする人間が交通社会から駆逐され、かなしい事故が減ってくれることを祈ります。

次の

懲役刑に免許取り消しも! 2020年“あおり運転”厳罰化でどうなる!? 道交法改正を徹底解説

あおり運転厳罰化 ポスター

あおり運転は道路交通法違反に該当するれっきとした犯罪行為です。 また、2018年の1月16日に警察庁はあおり運転の厳罰化の方針を公表しており、今後は悪質なあおり運転をした者は通報で一発免停になるとも言われています。 しかし、残念ながら厳罰化が進んでもあおり運転をする人がいなくなるなるわけではありません。 運転手は自分の身は自分で守るすべを身に着けておいた方がよいでしょう。 この記事ではあおり運転に対する正しい対策・対処法に加え、絶対にしてはいけない対処法も併せてご紹介します。 あおられて嫌な思いをしたり危険な目に遭ったりすることなく、安心して運転をするための知識としてこの記事の情報が役立てば幸いです。 あおり運転の対策方法 まず、運転中にあおられないよう事前にできるあおり運転の対策方法を3つご紹介します。 あおり運転の防止方法としてご参考ください。 ドライブレコーダーを設置する 冒頭でも触れた通り、あおり運転の厳罰化が進んでいる影響で世間でも 『あおり運転は違反行為』であるという認識が強まってきました。 そのため、通報のリスクが高まるドライブレコーダーはあおろうとする運転手に対して大きな抑止力になるでしょう。 相手からも目視できるドライブレコーダーを車の前後に設置すれば、その車両をあおる運転者はかなり減ると思われます。 ドライブレコーダーの設置が難しい場合にはダミーカメラでもよいでしょう。 「自分の行為が記録として残されているかもしれない。 」と認識させることがあおり運転防止になるのです。 ステッカーを設置する ステッカーを張るのもあおり運転対策の1つ。 お金もあまりかからずお気軽なのでおすすめです。 『ゆっくり行きます、お先にどうぞ』『赤ちゃんが乗ってます』等のステッカーを後方から見える位置に貼っておけば、相手の配慮を促すことができます。 『ドライブレコーダーで録画中です』といった直接的に抑止効果が期待できるステッカーもよいでしょう。 少し見栄えが悪くなってしまうというデメリットはありますが、大体1,000円前後で簡単にできる有効な対策手段ですので、レコーダーの設置が難しい場合はステッカーの利用を検討してみてください。 【引用】 無理な車線変更・追い越しはしない あおり運転をする人の心理は大きく分類すると『とにかく急いでいる』と『自分の方が上であると誇示したい』の2種類です。 前者に対しては道を譲ってあげれば解決しますが、後者は車線変更や追い越しをされたことを根に持ってあおってくることがあります。 あおり運転をする人でなくても無理な車線変更・追い越しを不快に感じる人はたくさんいます。 余計なトラブルの発端にならないために、自分自身も安全運転を心がけるようにしましょう。 あおられた時にやってはいけない対処法 あおられた時に決してやってはいけない対処法を3つご紹介します。 これらを行ってしまうと自分が罪に問われる恐れもあるのでご注意ください。 あおり返す これは容易に想像がつくかと思いますが、 あおり運転に対してあおり返すのは絶対にNG。 自分が通報されたときに「相手が先にやったから。 」という言い訳は通用しませんし、相手が逆上してさらなるトラブルを生みかねません。 また、道路上の争いだけではおさまらず、停止時に相手が車から降りてきて、口論や暴力を伴うケンカになる恐れもあります。 あおり運転に対してあおり返すのは非常に危険な行為ですので絶対に避けましょう。 クラクションを鳴らす 運転中に腹が立ったときに抗議の意を込めて「ブーッ!」と思いっきりクラクションを鳴らし続ける人は珍しくありませんが、道路交通法で定められている場面以外でクラクションを鳴らすのは違反行為とされています。 2 車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。 ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。 一 左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上で道路標識等により指定された場所を通行しようとするとき。 二 山地部の道路その他曲折が多い道路について道路標識等により指定された区間における左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上を通行しようとするとき。 引用: 上記以外の状況でクラクションを鳴らすと『2万円の罰金または科料』が科される場合もあるので、あおられたとしても正当な理由なくクラクションを多用してはいけません。 急停止する 通常、停止した車両に後ろから車両がぶつかる追突事故では後ろから衝突した車両に全責任が問われます。 つまり『10対0』ということですね。 至近距離からハイビームで照らされ続ける、後ろに密着され続けるなど、あおりの影響で安全な運転を続けるのが困難な状況もあるでしょう。 しかし、 仕返しに急停止をするとこちらにも過失があると判断されてしまいます。 そのような場合は徐々に減速してから停止をしてやり過ごすようにしてください。 【詳細記事】 あおられた場合は無視・一時停止でやり過ごす 基本的にあおり運転の一番の対策は無視をすること。 無視を続けてもしつこく追跡を続けてくる場合には、車を一時停止させてやり過ごしましょう もちろんその際に急停止するのはNG。 あおり運転をする大半の相手はそれで満足をして立ち去ってくれることが多いようです。 ただ、一時停止すると相手も停止してこちらに怒鳴り込んでくるケースもありえます。 そういった場合には ドアをロックして窓も決して開けずにすぐ警察に通報してください。 そのような行動をする相手は正常な思考状態ではないため、まともに対応したら傷害事件に巻き込まれてしまう恐れがあります。 警察に事情を説明すれば通報現場に駆けつけて対処をしてもらえるので、無視ではやり過ごせない相手の場合にはご自身で無理に対処することは避けるのが望ましいです。 また、もし車を傷つけられた場合には損害賠償請求が可能なので、 相手のナンバープレートは忘れずに控えるようにしましょう。 あまりに執拗・恐怖を感じる場合は警察へ通報! 2020年6月30日より、妨害を目的に違反運転をしたり、それにより交通の危険を生じさせた者に対し「妨害運転罪」が適用され、罰金や懲役などの刑事罰と免許取り消しなどの行政罰が科せられます。 警察へ通報する際は、コンビニなど人目のある場所で停車し、あおり運転をしてきた人に何を言われても外に出たり、窓を開けたりしてはいけません。 不用意に外に出て話し合おうとすると、暴力を受けるなど危険だからです。 妨害運転罪の詳しい罰則や違法行為、あおり運転をされた場合の対処法について詳しく知りたい方は、 「 」も併せてごらんください。 まとめ あおり運転を避けるにはドライブレコーダー・ステッカーの設置が有効で、あおり運転をされた場合には無視・一時停止・警察への通報が有効です。 あおり運転をする人は精神的に未熟で理性的な対応が苦手であることが予想できます。 やり返したりまともに対応しようとしてもさらなるトラブルに発展する可能性が高いので、こちらは気持ちをグッとこらえて冷静な対応を心がけましょう。 あおり運転に関連する記事 交通事故が得意な弁護士が交渉する事で 慰謝料の大幅な増額が見込めます。 一部ではありますが、弁護士に依頼することで以下のようなメリットがあります。 ・慰謝料の増額が見込める ・過失割合の是正が見込める ・弁護士が面倒な手続きなどを代行してくれる 依頼するしないは別として、ご自身の場合、弁護士に依頼するとどのようなメリットがあるのかを 具体的に相談してみることをオススメします。 当サイト『交通事故弁護士ナビ』は交通事故を得意とする弁護士を掲載しており、 事務所への電話は【通話料無料】、 電話相談や面談相談が無料の事務所や、 着手金が必要ない事務所もあります。 まずは下記よりお近くの弁護士を探して相談してみましょう。

次の