赤飯 レシピ。 【卒業・お祝い献立】給食の『赤飯』の作り方、ポイントやレシピを解説

炊飯器で!お赤飯✿ by YUKI0611 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

赤飯 レシピ

冷めてもおいしいからお弁当にぴったり「お赤飯の豚肉巻き」 広げた豚肉に薄力粉をふりかけ、赤飯をのせます。 くるくると巻いたら表面にも小麦粉をかけ、フライパンで焼いてください。 味付けをして、煮からめたら出来上がりです。 少し濃いめの味付けなので、冷めても美味しくお弁当にぴったりですよ。 残り物のお赤飯が簡単おやつに「赤飯のパリパリ焼」 薄めに焼いてパリパリのおせんべい風にも、厚めに焼いてパリパリともちもちのお焼き風にも楽しめる、おやつにおすすめのレシピです。 味付けにおしょうゆはもちろん、ゴマ塩や甘辛くのばしたお味噌などをからめてもおいしいです。 バターを全体にちりばめ、チーズをたっぷりのせたら焼目がつくまで焼けば完成です。 いつもは和なお赤飯も、洋風アレンジで飽きずに食べられる1品です。 残ってしまったお赤飯を何とかしなきゃ…というランチにもおすすめですよ。 ちょこっと入れればもっちもち!「赤飯パン」 生地を丸く綿棒で伸ばしたら、粒あんと丸めた赤飯を入れて包みます。 綴じ目を下にしたら発酵させ、190度のオーブンで15分焼いてください。 パンの中にお赤飯が入ってる!ちょっとびっくりですが、粒あんをプラスすることでもちもちとしたおはぎのような食感で、とってもおいしいアレンジパンです。 180度の油でこんがりと色づくまで揚げたらできあがりです。 巻き終わりのところにお赤飯をのり代わりにしてとめると、はがれにくくなっておすすめですよ。 皮のパリパリとお赤飯のもちもち食感が楽しい、大人も子供も食べやすい1品です。 お手軽なヤツで形成し直したらきなこ砂糖にまぶすだけ!の餡ナシの。 — ins-WILD insWILD.

次の

炊飯器で!お赤飯✿ by YUKI0611 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

赤飯 レシピ

下記にレシピも掲載してあります。 ぜひ、ご家庭でも給食の味を再現してみてください。 『赤飯』とは? 赤飯(せきはん)は、 もち米に小豆やササゲを混ぜて、 蒸したおこわのことです。 小豆よりササゲの方が良い? 小豆は煮ると皮が破れやすいので、 煮ても皮が破れない ササゲの方が、 学校給食の赤飯作りに適しています。 値段的にもササゲの方が安い 赤飯を食べるときはどんなとき? 現在は 祭りや誕生祝いなど、 お祝い事に赤飯を炊く風習が一般的ですが、 昔は縁起が悪いとき、 不吉な出来事があったときや、 供養のお供えとして、 食べられていることもありました。 地域別 赤飯の種類 【甘納豆赤飯】 山梨や北海道では、小豆やササゲの代わりに、 甘納豆が使用されています。 赤色にするために食紅を使用して、 紅しょうがも添えられます。 【砂糖たっぷり赤飯】 秋田の南部では、大量の上白糖を入れた、 甘い赤飯を作ります。 【醤油赤飯】 新潟の一部地域で作られています。 【落花生赤飯】 千葉の特産品の落花生を使用してます。 その他にも全国各地で、 色々な赤飯が作られています。 これらの作り方を詳しく解説していきます。 まず、下準備からです。 洗米、小豆 ささげ を煮るという工程は、 どちらのやり方も同じになります。 規定の水分は全て入れないで、 規定の80%の水分で浸漬します。 必ず炊く直前に入れる水分も取っときます。 水分を入れるタイミングと、 分量さえ、間違わなければ、 簡単に炊けます。 蒸し終わったあとは、すぐにほぐします。 放置すると固くなり、くっつきます。 後はよく炒っていくだけです。 塩がコーティングされた、 ふっくらした、美味しい『ごま塩』が完成。 美味しいので本当におすすめですよ。 【赤飯 1人分の分量 g 】 もち米・・・・・・70 米・・・・・・・・20 水・・・・85~100 小豆・・・・・・・15 黒ごま・・・・・・・2 塩・・・・・・・・0. さわらのあんかけ 鰆 さわら は白身魚で、 今の時期、関東では脂がのった、 美味しい 寒鰆 かんざわら を 味わうことができます。 さわらのあんかけの作り方 鰆 さわら を片栗粉で、 軽くまぶして、カリっと揚げます。 揚げた鰆に熱々のあんをかけて完成です。

次の

炊飯器で炊く*お赤飯* レシピ・作り方 by ななじまる|楽天レシピ

赤飯 レシピ

もち米を水でよく洗い、60分ぐらい水につけておく。 あずきは水洗いし、鍋に入れたっぷりの水を加えて約30~60分間つけておく。 あずきを水ごと鍋に移して火にかけ、沸騰したらざるにあけゆで汁を捨て、アク抜きをする。 あずきを鍋に戻して水を加え、再び火にかけて沸騰したら弱火にしてやわらかくなるまで煮る。 あずきが柔らかくなったら、あずきと煮汁にわける。 あずきが乾燥して割れないようアルミホイルかラップをかけておく。 煮汁は半分ずつにわけあとで使うほうに塩を加える。 冷ましてから片方を水切りしたもち米に入れ、色づけするために30分つける。 せいろにむし布を敷きもち米を入れ真ん中を開けておく 蒸気のまわりがよい。 それを蒸気の出た中華鍋にのせ、もち米を強火で20分蒸す。 蒸したもち米をボウルに入れ、塩を加えた残りの片方の煮汁をかけ、混ぜて煮汁を吸わす。 再度、もち米をむし布の敷いたせいろに入れ、あずきを散らして強火で20分蒸す。 炊き上がったらあずきをつぶさないないように混ぜる。 材料はせいろで炊くお赤飯と同じです。 あずきは水洗いし、たっぷりの水に約30分ぐらいつけておく。 もち米を水でよく洗い、30分ぐらい水につけておく。 あずきを水ごと鍋に移して火にかけ、沸騰したらさるにあけゆで汁を捨て、アク抜きをする。 あずきを鍋に戻して水を加え、再び火にかけて沸騰したら弱火にして やわらかく(食べてすこし硬いぐらい)なるまで煮る。 もち米、塩を炊飯器に入れる。 冷ましたゆで汁を炊飯器に注ぎ炊飯器の目盛りまで水をたす。 あずきを平らに入れ、あれば、おこわモードで炊く。 炊き上がったらあずきをつぶさないように混ぜる。

次の