貞子 バーサス 伽 椰子。 貞子vs伽椰子

貞子vs伽椰子 スロット 解析攻略・天井・設定差・評価【スロットコレクション 2

貞子 バーサス 伽 椰子

見るスタンスによって大幅に評価が変わる作品 コワすぎ!ファンの自分としては白石監督の名が出た時点で求める要素は笑いだった。 終盤怒涛の勢いで描かれるありえない画の数々はやっぱり白石監督! 笑えたかどうかという点で、今作は非常におもしろいwwwwww 清水監督が作るような、ジャパニーズホラーの真髄を行くような作品を求めているのであれば、この作品はあまりおすすめできない。 結局、真面目に観てはいけないのだ。 なんでやねん!とツッコミを入れながら観るお笑い作品である。 「貞子の呪いと伽椰子の呪いをミックスしたらどーなるの?」という馬鹿な発想と、「じゃあ呪いの館へビデオを持ち込んで観てみよーぜ!」というYouTuber顔負けのぶっ飛んだ実行力。 笑うしかないでしょwwww 色々な意見があると思う。 でも考えてほしい!貞子様の品の良さを! 締められたい、貞子様に首を絞められて死にたい! 最近始球式や握手会などをしてゆるキャラ化している貞子様であえうが、 本気を出せばこのくらいのものである、 私はリングファンである。 小説も読んだしドラマも見た。 映像から入ったファンは知らないかもしれないが、原作『リング』は非常に科学的かつ論理的な話である。 テレビから貞子が出てくるなんて描写は一切ない。 あれはドラマや映画オリジナルである。 貞子は、第三部作『Loop』によればコンピュータウイルスであり、仮想現実の存在である。 天然痘の保有者であり、両性具有であり、医師にレ〇プされた挙句井戸に投げ捨てられる哀れな少女である。 そんな彼女が今作では最凶最悪の怨霊、カヤコと対決する。 これはもう、夢の対決である。 そして私は貞子派である、 考えてもみてほしい。 貞子様がどんなに律儀なことか。 貞子様は呪いのビデオを見た人間にいちいち電話をかけるのである。 つまり、常に電話の前でスタンバッているということだ。 他にこんな律儀な幽霊がいるか!? しかも死ぬまでの期間を伝えたうえ、他の人に見せれば助かるよという逃げ道まで用意してくれているのである。 なんという心遣い。 私はどうせ死ぬなら貞子様に首を絞められて逝きたい。 ちなみにこの映画で描かれる呪いのビデオは偽物である。 本物は、まず鏡で髪をとかす女性の映像があって、次に山の噴火の新聞記事の映像があって、 次に地面を這いつくばる人々の映像があって、次に頭巾をかぶった人物が何かを指さす映像があって…… という順番である。 扉からいきなり貞子が登場するようなことはない。 なぜファンサービスに過去の呪いのビデオの映像を使わないのか… 納得できない。 ちなみに映像が切り替わるときの一瞬の暗転は「まばたき」であり、 呪いのビデオとは貞子自身が見た映像をビデオテープに「念写」したものなのだ。 まあそれはさておき、貞子は、シリーズ第三作の「Loop」にて、コンピュータウィルスであることが明かされる。 第一作、二作の主人公たちはみな、仮想現実の人々であったことがあかされるのだが、 その賛否は別として、私はどうにも貞子が「人類代表」のように思えてならないのである。 カヤコを見たまえ! あいつは、家に入ったものを無差別に殺していく。 家から出ても容赦なしである。 直近見た呪怨では、水をバッシャーとかぶりお清めしていた強そうな霊能者までも意図も簡単に殺していた。 もう無理じゃん。 むちゃくちゃじゃん。 しかもカヤコのひどいのは、さんざっぱら怖がらせておいて、殺す時期は気まぐれという点である。 電話のまえでスタンバってる貞子様とは大違いだ。 しかし、カヤコ先輩があのもう一人の主人公、スズカを苦しめることについては応援してしまった。 スズカ可愛いから。 可愛いこに色んな表情をさせるのはホラーの醍醐味のひとつである。 貞子パートの主人公の友達の死にっぷりもなかなかであった。 ケンゾウも結構キャラが立っていたし、 貞子様VSカヤコ先輩は毎年やってほしいと思った。 なんかオールスター戦みたいな恒例行事的な感じで。 この映画は「ホラー映画」ではなく「コメディ映画」です。 しかしこの映画が抱える問題点はそこではありません。 それ以前に、監督が「呪怨」「リング」の設定を隅から隅まで殆ど変更しているせいで完全に別物となり果てており、明らかに商業目的で制作しているとしか思えないところが非常に不愉快なのです。 この映画に登場する貞子もカヤコも容姿はオリジナルと瓜二つでも、中身は全く別人でしかありません。 確かに双方には「不特定多数に呪いを拡散する」という共通した恐怖があります。 でも実際にはリングには貞子という一人の人物の「悲劇性」を、呪怨には一つのある家族を発端とした「身近にある恐怖」を描いており、同じ恐怖でもテーマは明確に違います。 それに彼女らは「悪霊」ではありません。 寧ろ幽霊や妖怪等とは次元の違う未知の存在であり、だからこそ自分達は恐怖を抱くのです。 この映画の監督はそれを全く理解していない為、貞子ではない「貞子のような何か」と、カヤコではない「カヤコのような何か」しか描くことが出来ず、結果としてクロスオーバー映画としては完全に破綻してしまいました。 設定は完全に崩壊。 ホラー演出は怖がらせる気がゼロとしか思えない程チープで、役者も三流揃い。 日本ホラーも地に落ちたものですね。 一言でいえばB級ホラーですが、ホラー映画の二大巨塔が戦うというだけでもう笑いが込み上げてしまいます。 ところが内容はちゃんと恐怖演出をメインに作ってあって、露骨にギャグ路線に進んだわけではありませんし、落ちもまぁ……そうなるよね! と言いたくなる結末でした。 しかし役者さんも精一杯頑張ってましたし、映像も思ったほどチープではない。 できれば意外性も欲しかった! あと個人的な意見として、あの気だるげな超能力霊能者みたいなキャラクターは痛々しかったです(笑) なんだか、なろう小説のテンプレ主人公みたいな痛さが……という感想は私だけかもしれません^^;.

次の

パチスロ 貞子vs伽椰子(貞子vs伽椰子):【スロット新台】解析・スペック・打ち方・設定判別・導入日・ゲーム性・天井まとめ

貞子 バーサス 伽 椰子

貞子vs伽椰子 監督 脚本 白石晃士 原作 (世界観監修) 製作 堀内大示 桜井秀行 横澤良雄 丸田順悟 江守徹 製作総指揮 高木ジム 出演者 音楽 主題歌 「」 撮影 編集 製作会社 配給 KADOKAWA 公開 上映時間 99分 製作国 言語 興行収入 10億円 前作 (シリーズ) (シリーズ) 次作 (リングシリーズ) 『 貞子vs伽椰子』(さだこバーサスかやこ)は、制作のの。 『』シリーズのと『』シリーズのというジャパニーズ・ホラーを代表する2大キャラクターが共演した。 なお、タイトルについては『貞子 VS伽椰子』と表記している資料もあるが、本記事では公式サイトでの表記を用いている。 は、「 どっちの呪いが、最恐か。 」、「 呪い勝つのは、どっちだ!? 」、「 日本ホラーの歴史を破壊する、"最恐のラスト"!」。 あらすじ [ ] 女子大生の 倉橋有里は、親友の 夏美から両親の結婚式のビデオのダビングを頼まれる。 二人は都市伝説の研究家でもある大学教授の 森繁に助けを求め、霊媒師に夏美を除霊してもらうことになるが、除霊の最中におぞましい惨劇が起こり除霊は失敗。 絶望に打ちひしがれながらも、有里は夏美を救おうと、都市伝説に記されていた方法に従って自らも呪いのビデオを見て呪いにかかってしまう。 かねてより呪いの家に興味を抱いていた鈴花は遂に家の中に入ってしまう。 その結果、鈴花を助けようとして家に入った 両親が犠牲となり、命からがら逃げのびた鈴花にも呪いによる死が迫っていた。 そんな彼女らをそれぞれの呪いから救うべく、異端の霊能者・ 常盤経蔵と助手の少女・ 珠緒は、双方の異なった呪いを激突させることで元凶の 貞子と 伽椰子を同時消滅させるという、驚くべき秘策を実行しようとしていた。 キャスト [ ]• 倉橋有里:• 高木鈴花:• 上野夏美:• 常盤経蔵:• 珠緒:• 森繁新一:• 高木史子:• 高木誠:• 法柳:• 佐伯俊雄:• 松井美津子:• 松井忠則:• 小林恵子:• 橘茜:• 真来:• 安江:• 裕太:• 達也:太一• 健治:• 秋彦:• 法柳の助手A:• 法柳の助手B:• 上野昭:• 上野洋子:• 二歳の夏美:• 引越業者: 製作 [ ] 『』の制作を務めたダブルフィールドの丸田順悟と、『』の版元であるのとの雑談が企画の端緒となった。 2013年8月30日公開の『』以降の『リング』シリーズの展開について模索していた井上が提案に乗り、企画が始動した。 その後、2015年6月20日公開の『呪怨 -ザ・ファイナル』の宣伝の一画として、同年4月1日限定の「企画」 として本コラボレーションの情報が公開。 これを見たが「もし本当にやるなら私にやらせてもらえませんか?」との旨をツイートしたことから、彼に監督の依頼が来ることとなった。 アメリカのホラー映画が好きなので日本のホラー映画はあまり見ない白石は、『リング』シリーズと『呪怨』シリーズをレンタルビデオによる後追いで、「日本産のホラーとしてどのように作られているのか」を考えながら見たという。 そのうえで、本作を制作するに際して貞子と伽椰子の基本設定から余計な情報を省いて整合させたり、設定としてはすでに時代遅れとなったのビデオテープを「リサイクルショップに眠っている古いビデオデッキの中に入っていたVHS」として組み込んでいる。 また、一見すると似ている貞子と伽椰子の見分けがつかなくならないようにしたほか、貞子が1人なのに対して伽椰子には俊雄がいるので、1対2感が出ないようにも気をつけた。 両者を目立たせながら、きっちり対決するという空気を出すことと盛り上げることには気を使ったという。 本作の裏テーマには「Jホラーをぶっ壊す」があり、「娯楽映画の構成としてバーン、バーンと見せていく映画を作ってきたい」という白石は「他にもこういう作品が出てきたら嬉しい」「潮流を変えたい」と思いながら制作した。 本作がヒットすれば、「こういうのもアリなんだ」とプロデューサーたちがOKを出してくれるようになると白石は思っているが、ホラーではなくなっている『』については、にしたという。 小説 [ ] 貞子VS伽椰子 2016年5月25日にから発売された。 内容は貞子と伽椰子の呪いから逃れるために2人を戦わせる点だけを映画に準拠させた独自の物語であり、2人以外の登場人物が異なるうえ、貞子と伽椰子の基本設定も一部変更されている。 貞子VS伽椰子 2016年6月16日にから発売された。 内容は映画のノベライズ。 冒頭では映画の映像を用いて登場人物が紹介されている。 パチンコ [ ] P貞子vs伽椰子 頂上決戦 から2019年12月より導入のパチンコ、 脚注 [ ] []• 2017年1月30日閲覧。 シネマトゥデイ 株式会社シネマトゥデイ. 2015年12月10日. 2015年12月10日閲覧。 デイリースポーツ online 株式会社デイリースポーツ. 2016年1月25日. 2016年1月25日閲覧。 com 2016年1月25日. 2016年1月25日閲覧。 映画ナタリー 2016年2月24日. 2016年2月24日閲覧。 「発明 THE INVENTION」2016年11月号 井上伸一郎、友利昴「ライツビジネス見聞記」p. 9-10(一般社団法人発明推進協会)• 2016年6月18日閲覧。 ギズモード・ジャパン 2016年6月17日. 2016年6月18日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語)• sadako3d - (公式広報アカウント)• kayakowithtoshio - (公式広報アカウント)•

次の

貞子VS伽椰子|まとめ・天井・スペック・設定判別・解析・機械割

貞子 バーサス 伽 椰子

物語 女子大生ユリは友達の夏美から両親の結婚式のビデオをDVDに焼いてほしいと頼まれる。 そのためにリサイクルショップを訪れた二人は一番安いVHSデッキを購入。 そのデッキの中にはすでにテープが挿入されていて、夏美はそこに映されていた映像を見てしまう。 直後にかかってくる謎の電話。 これは都市伝説の「呪いのビデオ」に違いない!このままでは夏美の命はあと2日。 二人は都市伝説を大学で研究している森繁に相談、森繁もそのビデオを見てこれは本物と判断。 森繁の知り合いの霊能力者に診てもらうことに。 一方同じ頃新居に越してきた女子高生鈴花は向かいの今は立入禁止となっている一軒家が気になっていた。 小学生が行方不明になっていたが鈴花はこの家の前でその小学生たちを目撃していたのだ。 この家が関係していると思った鈴花は家に足を踏み入れてしまう。 夏美は霊能力者に見てもらうがその呪いの力は強く霊能力者たちを殺してしまう。 ユリは夏美から呪いを引き継ぐべく同じく呪いのビデオを見る。 そこに現れたのが別の霊能力者常盤経蔵。 彼は呪いのビデオの呪いの主、貞子と忌まわしき一軒家の呪いの主、伽椰子の2つの呪いを同時にその一身に宿らせることで呪いのという驚くべ戦法を立てる。 ユリと鈴花が経蔵の手引のもと出会うことに。 「化け物には化け物をぶつけんだよ!」 現代日本を代表する怪談キャラクター。 今は少し落ち着いたが一時は世界的にブームにもなったJホラーの立役者となった2シリーズが共演。 それこそ「四谷怪談」のお岩さんぐらいまでは容易に遡れる黒髪に白い服の伝統的な日本幽霊を引き継ぎつつ、きちんと現代の要素を足しているところがこの2つのシリーズの特色でもあるだろう。 僕は両シリーズとも一応それなりには見ていて、は最初の映画版と続編の「らせん」「リング2」、ハリウッド版のリメイクである「」と「」はチェック済み。 ほとんど記憶には」ないけれどオリジナルビデオやTVドラマのも少し見ていたと思う。 の原作は読んでいない。 ただクライマックスでTVから出てくる貞子、という表現は映画オリジナルだそうでが世界的に評判となったのはこの映画版あればこそだと思う。 現にハリウッド版もの原作を改めて映画化、ではなくあくまで映画のハリウッドリメイクである。 「」の方は最初のオリジナルビデオ2作、映画版2作、そしてハリウッドリメイク作2本は鑑賞済み。 特にこちらの方はのノベライズも読んでいたりしてかなりハマった覚えがある。 僕はどちらかと言えば「」の方が好きである。 両シリーズとも、最近の作品はチェックしてはいないが初期作はだいたい見ているという感じだろうか。 原作小説そのものよりも映像化によって世界にその存在が認識されていくさまは「ドラキュラ」や「」と同様であり、その辺でもまさに現代を代表するホラーキャラクターと言えるだろう。 監督は白石晃士これまでは主にフェイクドキュメンタリーの形式でホラー映画を撮ってきた人だ。 僕はこの人の作品はこれが初となるが、なかなか熱狂的なファンがいる印象で、監督自身の露出も多いみたい。 本作では自分から名乗りを上げて監督をし(元々は2015年のエイプリルフール企画だったそうな)脚本も手がけている。 だからまあ、本作への批判はほぼ白石監督に向けて良いだろう。 こんな書き方をしたとおり、僕は今回の「貞子vs伽椰子」全然ノレなかった。 物語の流れはともかく登場人物の造形と会話が薄っぺらすぎ、互いの設定も元々の設定をきちんと活かしているというよりはこの作品のために安易な方安易な方に改変しているように思えた。 もちろん僕はこの両シリーズを全てチェックしているわけではなく、そもそもこの作品はおそらく両シリーズの的な扱いになるのだろうし、独自の解釈があっても良いのだが、なんだか釈然としない。 例えば分かりやすいところでは呪いのビデオを見て死ぬまでの日数が七日間から二日間に短縮。 またその呪いのビデオ自体が最初のの時に作られた映像に比べるとかなりお粗末になってないか(廃墟と思われる建物の部屋が映って中央の扉から貞子らしい人物が姿を表すというだけ)?あと髪の毛を触手のように使うのはどちらかと言えば伽椰子の領分ではなかったかな? 伽椰子の方は伽椰子の方で俊雄くんがアグレッシブすぎる。 俊雄くんはあくまであの家の水先案内人とでもいう役割で俊雄くん自ら手を下す役割ではなかった気がする。 それがこの作品ではかなり直接的に俊雄くんが手を下す。 後は両者の違いって言うことでいうとやはり伽椰子は貞子と違って藤貴子という女優に負うところが大きいのではないかと思う。 フレディがロバート・でなきゃ魅力が半減するように。 登場人物の会話が薄っぺらいと書いたがそれは主役が一定しないところもあるだろう。 のユリとの鈴花は良かったと思うのだが、それ以外のキャラクターがきつい(経蔵はまた別)。 例えばが演じる森繁が都市伝説としての「呪いのビデオ」に熱中し、探偵役となって物語を主導するのかとおもいきやあっけなく死ぬ(貞子の呪いを受けたものは勝手に死ぬことも許されない、とか言っていた割に彼はあっさり一日目で死んでしまう。 この辺りも設定が一貫してなくてイラッとするところ)。 はお人形さん的な美しさははあったけれど、こういうホラーで被害に合う側としてはちょっとその美しさが逆に邪魔になっていたかな、という感じ。 それでもそんなに台詞も多くなくそこにいるだけで魅力的な感じではある。 は想像した以上によく今風でありながら芯の強い女子大生をうまく演じていたと思う。 後半のアクの強い経蔵と対等に立ち向かえていた。 この作品で一番むかつくのは霊能力者法柳だ。 堂免一るこ、という人が演じるこの役はかなり不快。 口調が完全に命令口調。 これが知りあいである森繁に対してだけなら別にいいのだが、初対面で客でもあるユリや夏美に対しても命令口調なのでこの上なく不快。 いざ、除霊の時になったら口調が変わるとかならまだいいのだが、画一的に同じ口調でさっさと死なねーかな、と思うこと間違いない(案の定死ぬ)。 この霊能力者はが云々とぽいことを口に出したと思ったら次は=タントラを唱える節操のなさで普通に人格がやばいだけでなく霊能力者としても無能なんじゃねえの?と思ってしまう。 ホラー映画では大体観客に不快感を味あわせた人物は無残な死に方をして観客の溜飲を下げさせるのが定番だが、その意味では正しい最後を迎える。 がどうも普通に格好いいキャラとして創造されたような気もするんだよな……全体的に悪い意味での漫画っぽい単純な人物造形が多く、そのせいで作品そのものが薄っぺらくなっています。 中盤から物語を主導し、解決に導くのが演じる経蔵なのだが、これはやはり漫画的な造形の人物ながらそれがうまい方向へ作用しているキャラクター。 盲目で少女の相棒珠緒を連れた無頼の霊能力者。 探偵役でヒーローの役柄だが、彼はかなり唐突に登場する。 一応法柳の手に負えないから彼にも連絡しておいた」、という体で登場するが、それまでに彼の説明がない。 実質主役なのに登場が遅いということもあるがそのまるで誰もが知っているキャラクターかのように登場する(まるでホームズやが中盤に事件が行き詰まってからいきなり登場しても問題ないように)ので、僕はてっきりこの経蔵と珠緒の二人が僕が見ていない「」どちらかのシリーズ作品か、あるいは白石監督の過去作ですでに登場済みのキャラクターなのかと思ったぐらい。 ところがこれがまったくの初登場らしい。 これなら例えば映画の冒頭に本編とは直接関係ない幽霊事件を解決する経蔵みたいな描写を入れて最初に主人公だと示したほうが良かったと思う。 盲目の霊感少女珠緒も法柳同様口調が誰にでもタメ口、というか上からの不遜な口調で、相棒である経蔵との間では、それはむしろ信頼の絆を伺わせて全然良いのだが、ユリたちに対しては、もうちょっとやわらかい口調にできなかったものか。 経蔵も基本の口調は誰にでもなタメ口なんだけど、そこはがきちんとセリフを咀嚼しているというか、人によっての微妙な機微を感じ分け、相手の様子を考慮して不快にならないようにしているのに対して珠緒はただ誰にでもぶっきらぼうなだけでセリフを自分の物にしていない感じが強い。 モンスター映画としてみた場合、ラストのバトルと融合は面白かったが、それほど両者の個性が発揮されていたとは思えない。 結局ホラーとしてもモンスター映画としても中途半端になっているように思える。 「」を反面教師にしたと言っているがあの作品がきちんと両者の個性、フレディの邪悪さ、ジェイソンの悲劇性を再表現した上で互いの設定をすりあわせているのに対して、本作の貞子と伽椰子はほぼ出てくるだけ。 過去のシリーズで散々描写されてきたからかもしれないが、どうしてこの二人の女性が怨霊となったかがまったく無視されているのは悲しい。 呪いのビデオやあの家についてユリや鈴花が調べていってただ怖がるのではなく多少の共感を覚えるような過去の作品にあった要素が、綺麗に消えている。 「外なる恐怖と内なる恐怖」というのはの言葉で超常現象を発端とする恐怖「外なる恐怖」とサイコホラーなど人間の内面を根源とする「内なる恐怖」の両輪があって、この作品で言えば外なる恐怖は描けても内なる恐怖は皆無。 もちろん実際にあんな状況に放り込まれればそれは恐怖だろうけど、映画として観客が味わう恐怖感とはちょっと違う。 効果音などでビクッとする瞬間はたくさんあるが、それと恐怖はまた別だと思う。 急いで書いておくと、超常現象ホラー系の作品の時には毎回言っている通り僕は「フィクションの素材としては大好きだけれど、現実のものとしては超常現象の類を一切信じていない」人間なので、そういう人間の感想だし、実際僕がホラー映画を見て感じる恐怖は決して一般的ではないと思うので気になる人は各自確認を、ということになる。

次の