サブノーティカ。 SUBNAUTICA(サブノーティカ)攻略情報2

サブノーティカ攻略 バッテリーの充電方法と取り外し・充電器の設計図【PS4】

サブノーティカ

脱出ポッド17 乗員記録• シーモスの残骸 ポッド内部に乗員記録、ポッド周辺にシーモスの残骸が落ちています。 シーモスは序盤から中盤にかけて使い勝手が良い乗り物で、ストーリーの進行に必要な機械でもあるので、忘れずスキャンしておきましょう。 ちなみに脱出ポッド17の西方向約200mの地点に沈没船があります。 この周辺でシーモスの設計図が完成するはずです。 外装部には穴も開いており、ここから入れば「デガシ号乗員名簿:マルグリット・メイダ」等が入手可能です。 内部は暗いので、ライトの携行をおすすめします。 シーモスの作成 脱出ポッド17と近くの沈没船のポイントにて、シーモスの残骸が規定数スキャン出来たと思います。 これで作ろうと思ったらシーモスが作れる状態です。 シーモスを作成するには、序盤では結構面倒な手順になると思います。 …が、使い勝手は抜群に良いので、作れるなら作るのがおすすめです。 携帯型乗物建造ベイ:チタニウムインゴット、潤滑油、パワーセル• アップグレードすれば充電が不要になったり、潜れる深さがより深くなったりします。 100m~200mの深さでも、序盤のうちの小さな酸素ボンベだと、ゆっくり探索できなくて面倒に感じる瞬間があるのでは? シーモスがあれば「息を吸うためにシーモスへ」という使い方も可能なので、探索効率は格段にアップするでしょう。 脱出ポッド6の発信源~ 脱出ポッド6の攻略 脱出ポッド17をクリアしてから一定時間経過後、脱出ポッド6の信号を受信します。 今までの通信と大きく異なるのは、 信号源の座標が不明で写真から場所を推測する必要があるという点です。 スタート拠点から考えるとオーロラ号に近付く位置にあるので、放射能ダメージを避けるためにも放射線防護スーツと放射能防護ヘルメットの装備は必須となります。 ヒントは 脱出ポッド4から西北西に約400mという情報です。 ただし多くの人は「脱出ポッド4の場所が分からない」という状況だと思うので、スタート拠点から東北東方向に約530m~550mほど進めばOKです。 ちなみに脱出ポッド4に関しては、しばらくストーリーを進めていれば通信機に連絡が入り、画像データを見ながら探しに行くことになります。 ここで先に探しに行っても良し、通信連絡が来てから行っても良しです。 合成植木鉢 現物• 上品な植木鉢 現物• 沈没船周りに残骸多数 内部には拠点内で植物栽培が可能になる植木鉢と、シーモスやスキャナルーム等の残骸が多数手に入ります。 脱出ポッド6に向かった際は、ここの沈没船も一緒に探索しておきましょう。 地中に生えているタイガープラントに近付くと、何かトゲのような物を発射して攻撃してくるので、タイガープラント付近のアイテムを拾う場合は注意してください。 サンビーム号からの通信 2回目 サンビーム号から2度目の通信が入りますが、ここでは特にミッション等はありません。 脱出ポッド19の発信源 脱出ポッド19の通信信号を受信したらすぐに向かいたいところですが、場所がスタート拠点から南西方向に1km以上進むうえに、深さが300mの位置にあります。 水面で息継ぎをするのは非効率すぎますし、息継ぎ用のパイプを作るのも面倒なので、近くに息継ぎ目的の拠点を作るか、シーモスに乗って向かうのがおすすめです。 あとは途中の沈没船で使用するレーザーカッター、脱出ポッドで余裕を持って探索するのに便利なリブリーザーも作っておくと便利ですよ。 【レーザーカッター必須】• 司令の椅子 現物• 軽量大容量酸素ボンベ 設計図• バッテリー充電器の残骸• 携帯型乗物建造ベイの残骸• レーザーカッターの残骸• 改造ステーションの残骸• 消毒した水 一直線に向かう途中の450m地点には沈没船もあるので、あわせて探索しておくといいでしょう。 周りにはシーモスの残骸、スキャナールームの残骸などがあり、 レーザーカッターで塞がれたドアを焼き切って内部に侵入すれば多くのアイテムが入手できます。 初期状態のシーモスは深度200mまでしか潜れないので、190m前後あたりにシーモスを停めておいて、ここからは泳いで向かうといいでしょう。 脱出ポッドの外側に音声記録と設計図、内部に乗員記録があります。 特に超大容量酸素ボンベは非常に使い勝手の良いアイテムなので、忘れずに拾っておいてください。 隔壁扉 現物• 消毒した水• バート・トーガルの記録 3 - 深海への回帰• 展望室 現物• 屋内用プランター 現物• デガシ号の音声記録 1 - 居住地• スポットライト 現物• ステイシスライフルの残骸• 多目的ルーム 現物• ウォールプランター 現物• ポール・トーガルの記録 1 - 座礁• デガシ号の音声記録 2 - 嵐だ!• バッテリー• デガシ号の音声記録 4 - 興味深い発見• パープルタブレット• 屋外用プランター 現物• 果物や植物が多数 脱出ポッド19の近くの水面に浮上すると、近くに浮島 陸地 があります。 陸地には攻撃してくる蟹のような生物がいるので注意してください ナイフで撃退可能ですが、念のために回復アイテムの用意を推奨します。 マークされた位置に進むと、集合地点音声が落ちているので拾っておきましょう。 陸地ではマーブルメロンなどの有用な植物が入手できる他、丘の上の建造物内のデータなどを集めることで実績・トロフィーが取得できるので、あわせて集めておくことをおすすめします。 建造物は合計3つです。 丘の上に2つと中腹に1つあります。 なお浮島には、マーブルメロン以外にも空腹に助かる植物が多数生えているので、種を持ち帰ることで空腹対策がしやすくなるはずです。 特におすすめはこちらのランタンフルーツです。 種を植えれば木が生えて、そこから複数の果実が取れる植物なので、拠点に植えるのに最適と言えます。 また、上記画像のランタンフルーツがある所 丘の上の建造物内 で展望室と屋内用プランターの現物をスキャンすることもできるので、忘れずにスキャンしておきましょう。 脱出ポッド12の遭難信号 時間経過で脱出ポッド12からの遭難信号を受信します。 こちらも脱出ポッド19と同様、深度250mという深い場所にあるので、シーモスで向かうのが無難です。 スタート拠点から向かう場合、途中にムーンプールの残骸やサイクロプスのパーツの残骸が落ちているので、忘れずにスキャンしておきましょう。 脱出ポッド4 乗組員記録• クリーチャーデコイ 設計図• 応急処置キット 脱出ポッド4は、スタート拠点から東方向に約400m進んだ海上に浮かんでいるので、比較的簡単に見つけられます。 オーロラ号側の方向になるので放射能対策は忘れず、そして行き方を間違うと最強の敵生物と遭遇する危険性があるので注意しましょう。 こいつはオーロラ号に近付くと出現しますが、多分逃げるしかないです。 PC版ならMOD使って何とか出来たりするのかな…。 シーモスに乗って水面付近を進んだり、見つけた瞬間に逃げれば追ってきたりはしないので、注意を払いながら進むことをおすすめします。 サンビーム号の到着 度々通信連絡をしてきていたサンビーム号が、遂にこの星に来るという連絡が入ります。 同時にカウントダウンが始まりますが、スタート拠点から南南西の方向に約1300m行った所がサンビーム号の到着予定地点です。 最初は何の情報も無かったのに、気付いたらマークが出ていたので、少し待つとマーク表示が出現するのかも…。 いずれにしても以前に集合地点音声を拾った浮島のポイントなので、そこに行けばOKです というか 行かなくても問題ないような気もするけど。 カウントダウン終了後、サンビーム号が来るイベントに発展します。 攻略時のアドバイス ダイヤモンド、リチウムの在処 ダイヤモンドやリチウムはスタート拠点から少し離れた場所まで行かないと見つけるのが難しいですが、貢岩を砕くことで発見可能です。 海面から浅い所で発見したい場合は、脱出ポッド6から西方向に200mほど進むとツリーマッシュルーム地帯があり、その付近の岩壁に引っ付いています。 浮島に行ったらすぐに家庭菜園 浮島では植物とプランターの設計図が入手できるので、それを拠点に持ち帰って家庭菜園をするのがおすすめです。 メロンなどの 果物を栽培しておけば、いちいち魚を捕まえて調理しなくても、食事と水分補給が同時に可能となります。 ちなみにマーブルメロンはナイフで切れば種が4つ手に入るので、 「3つ拾って1個を切り、種を4つ植える」というルーティンでずっと栽培し続けられます。 大型プランターを設置するにはそれなりのスペースが必要ですが、これも浮島でスキャンできる多目的ルームを建築すればOK。 多目的ルームはチタニウムだけで作れますし、通路を複数繋げて拠点を作るよりも便利な拠点が作れます。 ムーンプール建設のすすめ ムーンプールがあればシーモス等の乗物をアップグレードできるようになるので、積極的に作った方がいいです。 パワーセルの充電器も序盤に作るのは難しいので、ムーンプールで充電すれば動力にも困らないでしょう。 ムーンプールを増築する場合、水圧に負けないように耐久性を上げることと電力源も増設することをおすすめします。 素材の塊から素材を入手する方法 海を回遊していると、上記画像のような素材の塊を発見することがあります。 これは序盤にどうこうできるものではありません。 いずれ人型ロボットのような乗り物が作れるようになるので、そいつをパワーアップしてドリルを装備することで砕けるようになります。 その他の攻略情報 【次の攻略情報】 【前の攻略情報】.

次の

SUBNAUTICA(サブノーティカ)攻略情報3

サブノーティカ

世界中の良質なインディーゲームを届ける PLAYISM(プレーイズム) 海中オープンワールドサバイバルゲーム 『Subnautica サブノーティカ』 3月19日(木)発売決定 株式会社アクティブゲーミングメディア(代表取締役:イバイアメストイ本社:大阪市西区 )が運営する、オリジナリティあふれるインディーゲームを厳選し販売する『PLAYISM』()は、2020年春発売予定としておりました海中オープンワールドサバイバルゲーム『Subnautica サブノーティカ』PS4版につきまして、3月19日(木)に発売することを決定いたしました。 発売日およびダウンロード版の発売について 先日、リリースの最終調整のため発売日を「2020年春」と当初の予定より変更させていただきましたが、最終調整が完了いたしましたので、発売日を3月19日(木)に決定させていただきます。 お待たせしております皆様には重ねてお詫びをさせていただきますが、いましばらくお待ちいただけますと幸いです。 また、パッケージ版と同日にダウンロード版を発売いたします。 なお、ダウンロード版には初回特典や小売店別特典はつきませんのでご注意ください。 全国で予約を受け付けております小売店の表記については、順次対応中です。 Subnautica作品概要 未知なる海を潜り、生存の道を見い出せ。 『Subnauticaサブノーティカ』は、全世界500万本以上のセールスを誇る1人用オープンワールドサバイバルゲームの最高峰作品の一つであり、サバイバルゲームのブームを生み出した名作として知られる作品です。 とある海洋惑星に不時着したプレイヤーは、広大なる海を探索し、この星から脱出する術を探すことになります。 色鮮やかな珊瑚礁やあまりに危険な火山洞窟、引き返したくなる深海の底などを探検し、生物や仲間の痕跡を集め、潜水艦や基地をつくりだす、というのがゲームの基本的な流れとなります。 作品情報 タイトル: Subnautica サブノーティカ 開発元: Unknown Worlds Entertainment 発売予定: 2020年3月19日(木) 販売予定価格: パッケージ版:4,708円(税込) ダウンロード版:3,000円(税込) ジャンル: 海中オープンワールドサバイバルゲーム 対応機種: PlayStation 4 CERO: A (C)Unknown Worlds Entertainment, Inc. All rights reserved. And Gearbox Publishing Licensed to and published by Active Gaming Media, Inc. Subnautica is developed by Unknown Worlds Entertainment, Inc. and Panic Button, LLC. CYCLOPS(R)is a registered trademark of OceanGate, Inc. and is used under license.

次の

敵性生物

サブノーティカ

深海に潜ったり、宇宙をさまよったりしていました。 今日はその感想。 「サブ」感想 PS4proでプレイ。 プレイ時間、25時間くらい。 宇宙船の事故により、水に包まれた惑星に不時着してしまう主人公。 惑星脱出の手段を求め、深海を冒険するゲーム 「」。 すこし前にリリースされた 「」と要素は似ているが、あちらはタイプのアクション、こちらは、主観視点のADV。 PC版は対応かつ美麗だが、版はうまく最適化が出来なかったのか、 マップ欠けやフレームレート低下がちょくちょく発生し、没入感を邪魔しているものの、それでも面白かった。 基本は、素材を集め、脱出に役立つ便利グッズや、拠点を作成していくことになる。 孤独に、惑星脱出のため奮戦するゲームプレイは、火星の人(オデッセイ)の深海版という趣がある。 あちらと違ってジャガイモや化学式と格闘せず、謎技術ファブリケーターでバンバン開発していけてズルだが、かと言って、未知の生物がうようよする海は全く楽ではない。 本作には敵対するような生物も登場するが、積極的な攻撃はほとんどできない。 海草を切るくらいにしか使えないナイフと、要求素材が異常にきつい魚雷しか武器がないからだ。 はっきり言ってまともに戦うことは出来ない。 見つからないよう回避するように探索する必要がある。 くわえて、移動には酸素や電力が必要になり、それらのリソース管理もかなり重要。 これらの要素が探索に適度な緊張感を生み、戦って勝つ「征服の快感」ではない、 過酷な環境で生き延びる「サバイバル感」に貢献している。 逃走ばかりではストレスが溜まりそうなものだが、 安全圏に作った基地は癒しとなり、平和な海棲生物とのコミュニケーションは、強敵を打破するのとはまた別の快感を与えてくれるので全く問題がない。 好奇心をくすぐる生物のデザインや、環境デザインも秀逸で、十分に探索の動機になる。 未知の領域へ進むと、水の色が変わり、見知らぬ生き物が視界に入ってくる。 浅い層はカラフルで美しいが、深い領域は太陽の光も届かず、どのくらい広く深いのか見当もつかないエリアへ進む時のは勇気がいる。 深海で未知の生き物に襲われる場面はほぼホラーゲームだ。 探索の中、宇宙船の残骸から設計図をスキャン、徐々に色んな物が作れるようになっていく。 スキャンオブジェクトを発見出来るペースと、クラフトの増え方も絶妙で、あっちは何があるんだろう?こっちはどうだ?と海底をうろうろしてるうちに遊び終われた。 新たな移動装置をクラフトした際に広がる行動範囲もダイナミックで、 後半にいくほど加速していくペース配分も好印象だ。 ストーリー的な流れもそれなりにあり、宇宙船事故の原因や、生き残りの探索を通じて、徐々に惑星に存在した先史文明の謎を追っていくことになる。 多くの海外ゲームで採用されている、残されたデータを取得していくことで、徐々に色んなことが判明していくスタイルを採用しているが、落ちている場所がわかりやすく、数もめちゃくちゃに多いわけではないため、集めるのも苦痛ではない。 要所では派手目のイベントもある。 全体で3か所4か所くらいの抑えたトーンだが、それでも体験として、とても楽しいものに仕上げている。 特に、先史文明の施設で「なんだこれ?」と気軽に触った装置に表示された結果を見た時は、かなり驚かされたし、でエリザベスの能力に息を飲んだ時に近い、その世界で愕然とする感覚が味わえた。 惑星脱出直前、これから探索するであろう他プレイヤーにエールを送るときは、これまでの探索を振り返り、メロンの種をたくさん入れた。 ここを読んだ人には、海底火山の近所に基地を立てて、水ろ過装置を置くと二度と水分補給に悩まされることがなくなると伝えたい。 作れるようになるの後半だけど、水ろ過装置のもたらす心の余裕は、とても染みた。 一部、目当てのスキャンオブジェクトが見つからず、プレイ進行が停滞した場面もあったが(ムーンプール)、全体的にはかなり遊びやすかった。 も非常に好評なようで、移植されたときは是非遊んでみたい。 対応してないんだから、次はもう少し最適化されてると嬉しいな。 「OuterWilds」感想 「サブ」は深海だったが、「」は宇宙を舞台に探索を行う冒険ADV。 PS4proでプレイ。 プレイ時間は15時間くらいか?わからん。 先史文明の謎を追うために宇宙船に乗り込み、先輩たちの後を追って冒険に出かけようとするが…という導入なのだが、正直、導入数分は牧歌的なゲーム内容を想像していた。 いや、全くどういうゲームか調べず「森の中で楽器を弾く宇宙服」というビジュアルの良さだけで買ったから中身を知らなかっただけじゃない。 本当にのんびりしたやさしい空気で始まる。 しかし、 舞台となる銀河は、強烈な環境であり、しかも20分間後、により滅びる。 そして、気付けば22分前に戻っている。 そう、 このゲームはループ物だ。 一人称で遊ぶ宇宙だ。 22分後に爆発してしまう太陽。 なぜ太陽は爆発するのか?なぜ主人公はループしてしまうようになったのか。 銀河に浮かぶ各惑星に旅立った先輩たちの目にした物とは?そうした数々の謎を、22分の大冒険を繰り返すことで、少しずつ解き明かしていくゲームとなっている。 宇宙は過酷だ。 22分持たずに死にまくる。 酸素がなくなれば死ぬ。 加速しすぎた状態で何かにぶち当たれば死ぬ。 砂に埋もれて死ぬ。 太陽の重力圏から逃げられずに死ぬ。 宇宙船が爆発して死ぬ。 間違えてワープした先から帰れず死ぬ。 何をしていてもで死ぬ。 全然牧歌的じゃない!旅立つ前ののんびりした風景にいれば、穏やかで心地よいBGMと共に、を迎えることが出来る。 それでも、どうしてもロケットで旅立ってしまうのだ。 ばらの花ではなくゲームが進まないので。 トレイラー動画を見ればわかるように、 各惑星のビジュアル・ギミックは非常にダイナミック。 水の惑星では、複数の竜巻が島を巻き上げており、竜巻圏内に入った島はまで吹っ飛ばされる(その後重力に従って落ちる)。 砂の双子連星では、片方の砂がもう一方の惑星に砂時計の如く引き寄せられている。 惑星中心部にを抱えた惑星は、に耐え切れなくなった惑星が徐々に中心部に落ち込み続けている。 これらダイナミックな環境をシームレスに移動可能で、しかも20分のタイムスケジュールに合わせて、各惑星の状況は刻一刻と変化していく。 惑星の種類は然程多くないが、どれもが個性を放っており、これら惑星での冒険はまるでアトション。 自分は「これだけでもプレイする価値がある」と思えたほどだ。 本ゲームを制作したMobius Digitalは、俳優として有名な氏が作ったスタジオ。 氏はIQ180以上ということで有名だが、あ、マジで賢いんだ…と思わせる 科学的な要素が、ゲーム内の世界に程よく、時にぶっ飛んだ形で配置されているのも刺激的。 SF作品として楽しめるだけの厚みを纏っている。 難点は、 全体に操作が難しいということ。 宇宙船の操作・キャラのブースター操作は、共に慣れるのに時間がかかるが、加えて重力が絡んで難しいことになっている。 いや、慣性や重力の影響に納得感はある。 特に、深部に潜っていくところや、闇のイバラでアンコウにバレないよう移動する場面はきつかった。 また、1ループは22分間となっているが、時間の進行を操作する要素がないため、特定のタイミングにしかアクセス出来ないエリアに挑戦する場合、ただ待つしかない。 探索を始めるために、ループの度、5分も何もせず突っ立ってる俺の気持ち。 あと、そもそも各惑星に散らばったヒントがあと半歩遠いのも気になった。 特に、イバラにある船のヒントはもう少し親切でも良かったんじゃねえかな?!あそこでアンコウという生き物のことめちゃくちゃ嫌いになったよ!! そうした明白な欠点があってすら、体験としては破格で関係ないと思わせてくれる。 辿り着くラストは難解過ぎるというか、正直ようわからんのだが、強烈にエモい。 プレイし終わってからも、宇宙空間を旅する夢を見たり、ラストの一幕を自ら繰り返す夢を見るくらい、ゲーム中の体験が焼き付けられた。 まぁ、ほぼ悪夢でしたけど。 「サブ」「OuterWilds」 どちらもいいゲーム、いい体験だった。 未知なる世界に飛び込んでみたいと思う人は是日遊んでみて欲しい。 今日は以上。

次の