ごぼう 漢字。 牛蒡(ごぼう)の名前の由来や歴史とは?ネガティブな花言葉とことわざ。

ごぼうの漢字はなぜ「牛蒡」?花言葉は?意味や由来について!

ごぼう 漢字

『牛蒡』の漢字の由来は? 外食をしても自宅で食べてもコンビニで弁当を買っても色々な所でゴボウを使った料理があります。 普段、気にしないで食べている事が多いゴボウですがゴボウって漢字で書けば『牛蒡』なんですが、この漢字の由来は何だろう? そう思った事はありませんか? そこで牛蒡の由来について調べました。 牛蒡は古くは中国から薬草として日本に渡ってきました。 呉音『牛(グ)』の慣用句が日本でゴと発音された事からゴボウとなったと言われています。 漢字の中に牛と付いていますが動物の牛とは関係はありません。 中国では大きな草木に『牛』を付けます。 元々、蒡と言う似た物より大きいので牛を付けて牛蒡となったと言われています。 他の説として牛蒡の根が牛の尻尾に似ていることから付けられたとも言われております。 スポンサードリンク ゴボウの花言葉は何? 縄文時代の頃に中国から渡来してきたと言われるゴボウですが海外では食する所が数えるほどしか無いと言われております。 本来は薬草として使われる事がメインだったけど日本に渡り平安時代の頃から栽培される様になったと言われています。 一般的にゴボウは夏本番になる前くらいにアザミに似た花を咲かせます。 そんなゴボウの花言葉は…• 私に触れないで• いじめないで• 用心 などがあります。 ゴボウの花はトゲのあるアザミに似ている事から連想されたのかも知れません。 トゲがあるから、触れないでとか用心なんて花言葉が付いたのかも知れませんね。 この画像…牛蒡の花。 花言葉は「いじめないで」そんな風に見えないし、なかなかしっかりした花だと感じます。 牛蒡は日本のみ食用流通してるそうです。 けっこう好きでよく食べます…金平ごぼうとか…(笑) — Vampire Lips saygo1005 きんぴらゴボウの由来は? 弁当の片隅に存在感を出すきんぴらゴボウですが何で、きんぴらゴボウと言うのでしょう? メニューを見ても『きんぴら』と平仮名で書かれている事が多いですが本当は『金平』と書きます。 金平は坂田金時(金太郎)の息子と言えば分かる人も居ると思います。 親譲りの勇ましい坂田金平から名付けられたと言われています。 まとめ 牛蒡やゴボウの花の花言葉の由来は知っている様で意外と知られていない事が多いと思います。 花の見た目がアザミに似ている事からトゲを連想させる花言葉が付いたのかも知れませんね。

次の

日本で古くから食べられる『ごぼう』!漢字で書いた名前の由来や花言葉とは?

ごぼう 漢字

1. 草などの根を勢いよく 引き抜くこと。 また、そのように引っ張り上げること。 2. デモの座り込みの中から、 無理やりに 連れ去ること。 3. 人を(人事の異動などで) 無理やりに 引き抜くこと。 4.釣りなどで針にかかった 魚を一気に引き上げること。 5.(競走などで) 一気に何人かのものを追い抜くこと。 現在、なじみがあり、 一番多く使われている意味は、 5.の「一気に何人かのものを追い抜くこと」ではないでしょうか? このようにみてると「ごぼう抜き」の意味は、 もともとの草などの根を勢いよく引き抜くことのほかは、派生した意味として 大きく、分けて 魚やものなどを一気に引き抜く(引き上げる)こと。 大勢の人の中から人材を引き抜くこと。 競走で次々と追い抜くこと。 のような3つの形容的な意味があることがわかります。 【ごぼう抜き】語源・由来とは? ごぼう抜き(牛蒡抜き)の語源や由来とは、もちろん 「ゴボウを抜く」という行為です。 牛蒡(ごぼう)は、 畠にぎっしりと生えています。 そして 細く長くまっすぐに土に埋まっています。 このような牛蒡(ごぼう)を 抜く時の特徴的なことが、 ・ぎっしりと植わっている故に一度につかんだのでは抜きにくいため、 一本一本連続して抜くということ ・他の野菜に比べてまっすぐで細いため、長さのわりには、 容易に抜くことが可能である。 ・逆に、ごぼうの品種や地域によっては、抜きにくく大変であるが故に 無理やりにでも一気に抜いてしまう。 といったことがあります。 そのようなことから「ごぼう抜き」が語源となって派生した意味が、 もともとの 引きあげるといった意味から 大勢の中から 一つ一つといった意味、 そして 無理やりに、容易にできる、 一気にやる、といったことが「ごぼう抜き」ことばの意味の適用範囲となったのですね。 「ごぼう抜き」を駅伝などに使うのは間違い? スポンサードリンク そのような「ごぼう抜き」ということばですが、現在、一番使われているんは、 競争とかで次々と何人も追い抜いていくという意味ですね。 もともとの「ごぼう抜き」の転義は、 ごぼうを土の中から引き抜くように大勢の中から一人ずつ順々に引く抜くことで、デモ参加者が機動隊に排除される様や、ヘッドハンティングのように人材を引き抜くことでした。 そういったことから、 「追い抜く」と意味はまったくないことからも誤用であるといったことがいわれます。 その使い方からすると「ごぼうを抜くときのように」といったことの意味ですので、 「何人も追い抜いていく」といった順番といったことの意味が含まれていないということです。 ですが、現在箱根の駅伝などの実況にアナウンサーが多用している「ごぼう抜き」といったことばは、それを聞いた人も 「何人も追い抜いていく」以外の違った意味でとらえることもほとんどないですね。 このように大勢の教養ある人たちが当たり前のようにつかっていることばといったことになります。 「ごぼう抜き」を「何人も追い抜いていく」と使うのは、本来の伝統的な用法からは外れているとはいえ、この新しい用法をもはや 誤用・間違いとは言えないと思います。 しかもごぼう抜きの意味に「何人も 次々と追い抜いていく」といった意味があるとすれば、 ごぼうを次々に抜いていくといった連続性の意味においても本来の「ごぼう抜き」との関係はつながっているともいえます。 ま と め 「ごぼう抜き」の意味と語源とはを何故ゴボウを抜くといったことばが基になっているのかや誤用で間違いではないかなど見ていきました。 「ごぼう抜き」といった言葉の語源は、 ごぼうを抜くといった作業の特性から来ている言葉でごぼう以外の生き物や人にも広げられたといったことでした。 もともとの意味からすると誤用かとも思われる「ごぼう抜き」の「次々に追い抜いていく」といった意味も現在のように多くの人が当たり前のように使っていることからいってももはや誤用とはいえないです。 この「ごぼう抜き」はゴボウを土の中から一気に引き抜くときのような気持ちよさをともなって なにかを連続的に「抜く」ことをいうようになったのですね。 ちなみにごぼうは、 漢字で書くと牛蒡です。 「午」ではなくて「牛」と書いて「ご」と読むのです。 この漢字を使うのは、ごぼうが、 牛のしっぽに似てるからこの漢字を使うようになったそうです。 投稿者 投稿日: カテゴリー.

次の

日本で古くから食べられる『ごぼう』!漢字で書いた名前の由来や花言葉とは?

ごぼう 漢字

伝統的薬能 牛蒡子は辛苦・寒で、辛散苦泄し寒で清熱し、毒邪を外透し痰熱を内泄するので、風熱挾毒に常用する要薬です。 疏散風熱・宣肺去痰・透疹解毒消腫の効能をもち、体潤で滑腸し二便を通利するので、風熱感冒・肺熱痰嗽・斑疹不透・咽喉腫脹・廱腫瘡毒などに用い、とくに二便不利をともなうときに適します。 薬物の治療効果と密接に関係する薬性理論(四気五味・昇降浮沈・ 帰経・有毒と無毒・配合・ 禁忌)の柱となるのが次に掲げる「性・味・ 帰経」です。 例えぱ、患者の熱を抑える作用のある生薬の性は寒 涼 性であり、冷えの症状を改善する生薬の性は熱 温 性です。 寒性、 涼性の生薬は体を冷やし、消炎・鎮静作用があり、 熱性、 温性の生薬は体を温め、興奮作用があります。 生薬( 中薬)の性質と関連する 病証 性質 作用 対象となる 病証 寒/涼 熱を下げる。 火邪を取り除く。 毒素を取り除く。 陰虚証。 熱/温 体内を温める。 寒邪を追い出す。 陽を強める。 陽虚証。 平 熱を取り除き、内部を温める2つの作用をより穏やかに行う。 すべての病証。 【薬味】…辛 まず肺に入ります。 この上位5つの味は 五臓(内臓)とも関連があり、次のような性質があります。 生薬( 中薬)の味と関連する 病証 味 作用 対象となる 病証 対象 五臓 辛(辛味) 消散する/移動させる。 体を温め、発散作用。 気滞証。 血瘀証。 肺に作用。 酸(酸味)すっぱい。 縮小させる(収縮・固渋作用)。 虚に起因する発汗。 虚に起因する出血。 慢性的な下痢。 尿失禁。 肝に作用。 甘(甘味) 補う。 解毒する。 軽減する。 薬能の調整。 緊張緩和・滋養強壮作用。 脾に作用。 鹹(塩味)塩辛い。 軟化と排除。 大腸を滑らかにする。 しこりを和らげる軟化作用。 リンパ系その他のシステムが戦っているときの腫れ。 腎に作用。 苦(苦味) 上逆する気を戻す。 湿邪を乾燥させる。 気血の働きを活性化させる。 熱をとって固める作用。 咳・嘔吐・停滞が原因の便秘。 排尿障害。 水湿証。 肺気の停滞に起因する咳。 血瘀証。 心に作用。 淡(淡味) 利尿。 水湿証。 生薬は、薬草を現代医学により分析し、効果があると確認された有効成分を利用する薬です。 生薬のほとんどは「日本薬局方」に薬として載せられているので、医師が保険のきく薬として処方する場合もあります。 中薬は、本場中国における漢方薬の呼び名です。 薬草単体で使用するときを中薬、複数組み合わせるときは、方剤と呼び分けることもあります。 本来中薬は、患者個人の証に合わせて成分を調整して作るものですが、方剤の処方を前もって作成した錠剤や液剤が数多く発売されています。 これらは、 中成薬と呼ばれています。 従って、中国の中成薬と日本の漢方エキス剤は、ほぼ同様な医薬品といえます。 2.【本草経集注】(西暦500年頃) 斉代の500年頃に著された 陶弘景(とうこうけい)の『本草経集注(しっちゅう)』です。 掲載する生薬の数は、『神農本草経』(112年)の2倍に増えました。 松溪論畫圖 仇英(吉林省博物館藏) 陶弘景(456~536年)は、中国 南北朝時代(420~589年)の文人、思想家、医学者です。 江蘇省句容県の人です。 茅山という山中に隠棲し、 陰陽五行、山川地理、天文気象にも精通しており、国の吉凶や、祭祀、討伐などの大事が起こると、朝廷が人を遣わして陶弘景に教えを請いました。 そのために 山中宰相と呼ばれました。 庭に松を植える風習は陶弘景からはじまり、 松風の音をこよなく愛したものも陶弘景が最初です。 風が吹くと喜び勇んで庭に下り立ち、松風の音に耳をかたむける陶弘景の姿はまさに仙人として人々の目に映ったことでしょう。 3.【本草項目】(西暦1578年) 30年近い歳月を費やして明代の1578年に完成された 李時珍(りじちん)の『本草項目』です。 掲載する生薬の数は、約1900種に増えました。 『本草綱目』は、1590年代に金陵 南京 で出版され、その後も版を重ねました。 わが国でも、徳川家康が愛読したほか、薬物学の基本文献として尊重され、小野蘭山陵『本草綱目啓蒙』など多くの注釈書、研究書が著されています。 本草綱目は日本などの周辺諸国のみならず、ラテン語などのヨーロッパ語にも訳されて、世界の博物学・本草学に大きな影響を与えています。 儒者・林羅山(1583~1657年)の旧蔵書 李時珍(1518~1593年)は、中国 明時代(1368~1644年)の中国・明の医師で本草学者。 中国本草学の集大成とも呼ぶべき『本草綱目』や奇経や脉診の解説書である『瀕湖脉学』、『奇経八脉考』を著した。 湖北省圻春県圻州鎮の医家の生まれです。 科挙の郷試に失敗し、家にあって古来の漢方薬学書を研究しました。 30歳頃からあきたらくなって各地を旅行し調査したり文献を集めたりはじめます。 ついに自分の研究成果や新しい分類法を加え、30年の間に3度書き改めて、1578年『本草綱目』を著して、中国本草学を確立させました。 【薬用部分】….

次の