マイクラ ブランチ マイニング 場。 3マスおきの坑道だとダイヤを見逃す!?2マスおきでブランチマイニングしてみました | nishiのマイクラ攻略

【マイクラスイッチ】ブランチマイニングで鉱石の効率収集!最適な高さと方法

マイクラ ブランチ マイニング 場

先日、洞窟内でスケルトン2匹の同時攻撃でマグマに落ちてしまい、せっかく集めた鉱石を全ロストしてしまいました。 ダイヤもあったのに・・無念。 そんなときは気を取り直してブランチマイニング!ということで、今回はブランチマイニングのやり方と、採掘に最適な高度について紹介したいと思います。 ブランチマイニングのやり方 ブランチマイニングとは鉱石を効率よく採掘するためのテクニックのことです。 ブランチ(BRANCH)は木の枝という意味で、マイニングには採掘・掘削という意味。 木の枝のように坑道を掘ることで効率的に鉱石を集めようというのが、ブランチマイニングです。 実際、洞窟を探検して壁に露出した鉱石を採取するよりもはるかに効率的で、より多くの鉱石を得ることができます。 ブランチマイニング中のnishi。 実はブランチマイニングには決まったやり方はなく、田の字型に掘っていく方法や風車型に掘っていく方法など様々な掘り方があります。 ここでは覚えるのが難しくなく、初心者でも簡単に行えるブランチマイニングの形を解説していきます。 ちなみに風車型についてはこちらで解説しています。 基本のブランチマイニングに慣れてきたら、ぜひ挑戦してみてください。 関連記事: 基本的な坑道の掘り方 外周の通路を作って、その中を3マスおきに掘るのが難易度的にも効率的にもオススメです。 まずは一定の範囲でぐるっと四角く坑道を掘りましょう。 上画像では横向きの坑道の長さが30ブロックくらいになっていますが、30ブロックではすぐに端にたどり着いてしまうので、実際は100~200ブロックくらいの長さでやるのが良さそうです。 枠が決まったら、下画像のように坑道を掘っていきます。 「どこまで掘ればいいか」が非常にわかりやすい掘り方です。 通路に出たら採掘をやめればいいので「この座標まで掘ろう」などと考える必要がなく、ほとんど頭を使わずに採掘作業を行うことができます。 疲れにくいので、長い時間作業を続けられるのもグッド。 一本の坑道(幹)から枝を伸ばしていく形だと、幹に戻るために掘った場所を引き返さなければいけません。 しかしこの掘り方なら掘った先に通路があるので坑道を引き返す必要がなく、反対側の通路に出たらすぐに隣の坑道を掘り始めることができます。 最初に枠を掘る手間はありますが、採掘中は同じ道を何度も行ったり来たりしなくてすむので効率がいいです。 2マスおきor3マスおき? 3マスおきに坑道を掘ると、坑道からは見えない部分が出てきます。 しかしほとんどの鉱石は4個くらいの塊で生成されるため、3マスおきで坑道を掘っていればだいたいどれかが壁に露出します。 2マスおきに掘っても入手量はそれほど増えないので、効率を考えるなら3マスおきで坑道の数を増やしたほうが良さそうです。 見えない場所に鉱石が生成されている例。 上画像のような鉱石の配置だと通路から見えるのは2つだけですが、縦または横に2つだけしか生成されないパターンはそう多くないので掘ったときに違和感が残ります。 掘ってみたけど鉱石が2つ(もしくは1つ)だったときは、周囲を掘り広げて斜めの位置に鉱石が隠れていないか探してみましょう。 ただ、採掘時間が増える割には入手量の増加が微妙なので、無理にやらなくてもよさそうです。 坑道の暗さ(ビデオ設定の明るさ設定は「暗い」)。 この暗さだと鉱石を見逃してしまうので、湧き潰しというよりは明るさ確保のために松明は5~8マスおきくらいで置いておくのがいいと思います。 5マスおきに松明を設置したときの坑道の暗さ。 5マスおきでもだいぶ暗いですが、鉱石の見逃しはグンと減ります。 ビデオ設定で明るさを「明るい」にするのも一つの手です。 各鉱石の頻出高度 鉱石は種類のよって生成される高度が決まっています。 各鉱石の頻出高度は、次のようになっています。 高度の確認方法 プレイヤーが立っている場所の高さは、Java EditionではF3キーを押せば確認することができます。 赤線部分にプレイヤーの現在地が座標で示されています。 この数値が11になる場所まで、掘り下げていきましょう。 BE版(統合版)の場合は、ワールドの選択画面からワールドの設定に入り、「座標を表示」の項目をONにすると画面左上にプレイヤーの現在地が座標で表示されるようになります。 BE版座標表示の設定。 BE版の座標。 PS4などのコンソールエディションは、地図を開くことで座標を確認できます。 地図を作るのが面倒なら、地下深くまで掘り進めて溶岩湖を探せばOK。 高さが1ブロック変わるだけなので大きな違いはなさそうな気がしますが、実際のところはどうなのでしょうか検証してみました。 4 134. 2 10. 8 鉄 67. 2 66. 8 -0. 4 金 17. 6 19 1. 4 ラピスラズリ 12 13. 6 1. 6 レッドストーン 78. 4 67. 2 -11. 2 ダイヤモンド 5. 6 4. 鉱石は全てシルクタッチで採取しており、鉱石を掘ったときに新たな鉱石が露出した場合はそれらも全て採取しました。 この結果を見るかぎりでは、レッドストーンと石炭以外は無視してもいいくらいの差しか生じないようです(たった5ヶ所でしか試していないので精度には疑問アリですが)。 鉱石で10個程度の差が出ているので、破壊してレッドストーンダストにしたときはもっと大きな差になるはずです。 しかし危険が全くないわけではなく、入手した鉱石を全ロストしてしまうことも大いに考えられます。 ここからは、より安全に作業するためのブランチマイニングのコツを紹介します。 地下拠点を作っておこう 本格的にブランチマイニングを始める前に、地下拠点を作っておくとなにかと便利です。 地下拠点の例。 持ちきれなくなった鉱石を入れておくチェスト、ブランチマイニング中に鉄鉱石や金鉱石を精錬するためのかまど、ツルハシを作るための作業台があるといいです。 さらにベッドを持ち込んで一回寝ておけば、万が一モンスターやマグマダイブでゲームオーバーになってしまったときに地下拠点でリスポーンすることができ、飛び散ったアイテムも回収しやすくなります。 チェストがあれば、予備の木材や棒なども入れておけます。 突然あらわれる溶岩に注意 ブランチマイニングをするにあたって最も危険なのは「溶岩」です。 目の前に現れた溶岩。 溶岩は流れるのが遅いので、少し離れていれば対処可能です。 進む方向のブロックにプレイヤーの体をくっつけて掘り進めていたりすると、こういった溶岩にダイブしてしまう危険があります。 溶岩のダメージはめちゃくちゃ痛いです。 必ず破壊するブロックからは1~2ブロックの距離をとって掘り進めるようにしましょう(天井を破壊したときにたまに落ちてくる砂利も、それで回避可能)。 ブロックの下が溶岩だったら一巻の終わりなので、下を掘るときは必ず横にズレてから掘るようにしましょう。 装備はきちんと整えよう 最低限、松明と食料とツルハシがあればブランチマイニングできますが、いきなり大きな空洞に出てモンスターと遭遇することもあるので、装備はきちんと整えておきましょう。 持ち物の例。 武器・防具 掘り進めた先に洞窟や渓谷があった場合、モンスターと遭遇する可能性があります。 クリーパーの爆発に巻き込まれてしまうこともあるので、鉄以上の防具を装備しておいたほうが安心です。 武器は鉄かダイヤの剣を。 採掘用のツルハシで攻撃してもいいのですが、モンスターとの戦闘でツルハシの耐久値を減らすのはもったいないので、攻撃用の剣を持って行きましょう。 ツルハシ ツルハシはダイヤ一択です。 ブロックの破壊が圧倒的に早いので、作業時間を大きく節約することができます。 また耐久値が高く壊れにくいので、いくつも持っていく必要がありません。 そのぶん、入手した鉱石をたくさん持ち運ぶことができます。 ダイヤモンドがなければ鉄のツルハシでブランチマイニングを始めるしかないですが、ダイヤを発見したらすぐにダイヤのツルハシを作成し、そのダイヤのツルハシでブランチマイングを続けるようにしましょう。 鉄のツルハシも悪くはないのですが、耐久値がそれほど高くないのでブロックの破壊が早い分あっという間に壊れてしまいます。 ツルハシのエンチャント ブランチマイニングに使うツルハシには、できれば効率強化や耐久力のエンチャントを付けておきたいです。 エンチャントテーブルや村人と取引できるエンチャントの本を使ってエンチャントしておきましょう。 鉄のツルハシでも、効率強化のエンチャントが付与できればノーマルのダイヤのツルハシより採掘速度が速くなります。 また、シルクタッチで鉱石のまま持ち帰るのもオススメです。 持ち帰った鉱石ブロックは幸運のエンチャントが手に入ってから破壊することで、より多くの鉱石が手に入ります。 すでに幸運のついたツルハシを持っていれば、採掘場に持っていってもいいですが、幸運のついたツルハシで鉱石をまとめて破壊するのは気持ちがいいです。 石のツルハシ使用時の注意 石のツルハシでブランチマイニングをしなければいけない場合は(めちゃくちゃ時間がかかるのでやめておいたほうがいいですが)、レッドストーンやダイヤモンドなどの採取用に鉄のツルハシも持っていく必要があります。 レッドストーン鉱石やダイヤモンド鉱石は、石のツルハシで破壊してもアイテム化しません(消失してしまいます)。 鉄鉱石は石のツルハシでアイテム化できるので、手に入ったらすぐに精錬して鉄のツルハシに持ち替えましょう。 松明 地下なので掘った道は真っ暗です。 モンスターのスポーンを避けるためにも、明かりを灯す松明を設置しましょう。 松明をたくさん作って持って行くとインベントリを圧迫するので、木材または原木を持っていき、なくなったらブランチマイニングで手に入った石炭を使ってその場でクラフトするようにしたほうがいいです。 松明はオフハンドで 松明はオフハンドで持つことができます。 メインハンドにツルハシを持って左クリックで採掘し、オフハンドに松明を持って右クリックで設置するようにすると、いちいちアイテムを持ち変える必要がなく効率的です。 メインハンドにツルハシ、オフハンドに松明。 食料とシャベル 無心でひたすら掘りまくっていると、お腹がすぐに減ってしまいます。 肉をたくさん持って行きましょう。 ステーキが1スタックあれば、かなりの時間掘っていられます。 ブランチマイニングをしているとたまに土や砂利が出てきてイラッとさせられます。 砂利や土はシャベルですばやく破壊できるので、一つ持っておくといいです。 ただし使用頻度は高くないので、無くてもそれほど問題になることはありません。 ということで、ブランチマイニングのやり方の紹介でした。 大規模なレッドストーン回路の設置や装備のエンチャントなどを始めると、鉱石がどんどん足りなくなってきます。 その時のために、一回ガッツリと時間をかけて鉱石を集めておくといいです。 頭を空っぽにしながら掘りまくれるので、個人的にはちょっとしたストレス解消にもなっているような気がします。

次の

【マイクラ】ブランチマイニングの効率の良いやり方【マインクラフト】|ゲームエイト

マイクラ ブランチ マイニング 場

ブランチマイニングの方法 掘り始める場所を決める まずはどこから掘れば良いかわからない場合が多いですよね。 ダイヤを狙うには岩盤と呼ばれるマインクラフトのワールドの最下層近くまで掘り進める必要があります。 なるべく低い位置から掘り進めることが大事です。 例えば岩肌が見えていて一見すぐに鉱石が見つかりやすそうでも、ダイヤが生成される層でなければいくら掘ってもダイヤは出てきません。 そして海のある方向に掘り進めてしまうと水が入ってくる可能性があるので、周りの地形を見てなるべく陸の中央に向かって掘ることをイメージしましょう。 高さの目安は海に面している陸地が平均して岩盤から60〜70ブロック前後なので、海の高さと同じ高さから掘るようにしましょう。 入り口についてはあとで戻ってこられるように目印を付けておきます。 初期スポーン地点や拠点などから近い位置にしておくと便利です。 5ブロック毎に目印を付ける 掘り始める高さを0として、5ブロック毎に目印を付けます。 そして次に掘り進める時に方向を変えます。 掘り始めた位置から-5ブロックの目印です。 これは看板でなくても良いのですが、最初は目安として付けておくとわかりやすいです。 掘り進めて行くと洞窟に繋がることがあります。 ここで注意したいのは、 5ブロック掘ったら方向を変えるという法則を守ることです。 例えば画像のように誤って落ちてしまったら、周りの丸石などを使って階段状に整地します。 落下によるダメージが心配な場合は砂や砂利を持って行くことで解消できます。 砂や砂利は下にブロックがないと落ちていくので、自分のいる高さまで積み上げて降りればダメージを受けること無く降りて行くことが可能だからです。 早くも鉄鉱石が見えてきました。 ブランチマイニングのために掘り進める時は洞窟を見つけても冒険せず、掘り進めることに集中したほうが良いです。 特にサバイバルモードですと、洞窟の冒険をして敵に倒されたり、迷子になってしまう可能性もあるからです。 5ブロック掘ったら方向を変えていくと、高さは下がりますが横方向へのズレが少なくて済みます。 地形にもよりますが常に5ブロックごとに右方向か左方向に掘ることが出来れば、螺旋状に地下に降りていくので、どこかで海の底に当たることが少なくなります。 ブランチマイニングをする時は石のツルハシで十分ですが、金鉱石やダイヤは鉄のツルハシでないとドロップすることが出来ません。 特に、 ダイヤを見つけてテンションが上がったまま石のツルハシで壊してしまうとダイヤが手に入らないので注意しましょう。 ブランチマイニング場を作る時は原木を持って行く安心です。 地下には丸石や鉄鉱石はいくらでもあるのですが、木がないので棒が作れません。 原木があれば作業台も作れますし、木炭を作って松明を作ることも出来ます。 -50の位置まで降りてきました。 海の高さがだいたい60〜70として、10〜20の位置に辿り着いた状態です。 ダイヤは高さが5〜12に生成されるのでそろそろ見えてくる頃になります。 途中で鉄が手に入っていれば、作業台とかまどでバケツを作り、かまどの燃料にして鉄鉱石をインゴットにしておくと便利です。 ブランチマイニングの休憩所を作り、さらに掘る 溶岩があったので、ここに休憩所を作ることにしました。 燃料を気にすることなく鉄を生成できるからです。 作業台やベッド、チェストなども置いてしっかりと沸き潰しをしておきましょう。 木材に余裕があればドアを付けておきましょう。 ベッドで寝てる間に敵がどこかで湧いても入ってこないようにするためです。 休憩所からさらに掘り進めます。 ここでも忘れずに5ブロックの目印を付けておきます。 岩盤の近くになればなるほど溶岩などの危険は増えてきますが、掘りにくいと感じたらブランチマイニング場の位置をずらしてみましょう。 [ad ad-2] ダイヤを発見! 掘り進めてやっとダイヤが出てきました。 まずは慌てずに周りを掘り起こします。 ここで注意したいのは上方向を掘る時にはマグマが流れてくる可能性があることです。 ダイヤの真上にマグマがあれば死んでしまう可能性もあるので注意しましょう。 見やすいように周りを掘ってみたら岩盤が出てきました。 今回のダイヤ鉱石の数は6個なのでかなり嬉しいです。 シルクタッチのツルハシと幸運のツルハシを持っている場合は鉄のツルハシでダイヤにせず、シルクタッチのツルハシで持ち帰ってから幸運のツルハシでダイヤにすればドロップする数が増えます。 そのまま掘り進めていたら、またダイヤが出てきました。 順調に出る時はこうして出ますが、出ない時は全然出ないのでこのような場合はもの凄く嬉しいですね。 現在の高さは-60の看板の位置です。 実は途中で目印を付けたのは、鉄鉱石や金鉱石を見つけた高さがどこなのか、自分で覚えやすいようにするためでもあります。 ダイヤが欲しい時は-60で、その他は別の高さでブランチマイニングをした方が良い場合もあります。 ブランチマイニング場を作る時には通路を1本決めてまっすぐ掘っておく必要があります。 その場所に同じように目印を付けておくようにしましょう。 掘り進めて行くと溶岩が出てくることがありますが、慌てずに丸石で塞いでしまえば問題ありません。 2マスずつ掘っていれば、溶岩が出たタイミングで丸石を持って、溶岩に向かって設置の動作を繰り返せば塞がるはずです。 3マス空けて掘る 鉱石は2マス単位で生成されるので、3マス空けておけばどちらかの面には鉱石が出てきます。 掘り進めていく時にこうしてドアを置いておけば、沸き潰しが甘くて敵が湧いたとしてもいきなり襲いかかって来ないので安心です。 ブランチマイニングの構造としては、 自分で決めた法則を守ることが大事です。 例えば休憩所からまっすぐ右に掘った通路を主として、そこから枝(ブランチ)として掘り進めていく。 間を3マス開けるのを忘れずに、どんどん同じように掘る。 マグマが出たらそこで終了。 この繰り返しをすることでダイヤや鉄などを効率良く手に入れることが出来るようになります。 あとは高さによってそれぞれブランチマイニングをすれば、洞窟探検や冒険に行かなくても鉱石類の資材には困らなくなるでしょう。 まとめ ブランチマイニングはダイヤや鉄鉱石の発生する高さを理解しておけばどこでも可能です。 座標を見なくても岩盤近くまで掘れば少なくともダイヤの生成される高さだということがわかるので、自分のいる位置を把握して掘り進めるようにすればダイヤは絶対に手に入ります。 この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

次の

ブランチマイニングのやり方!最も効率がいい高さと掘り方は!? | nishiのマイクラ攻略

マイクラ ブランチ マイニング 場

前回のに引き続き今回は効率的な石材集めについて説明していきます。 これまでで食料、木材と物が充実してきたが、今回はこれまた使用頻度が高い「石材」の効率の良い採掘のしかたを紹介します。 Sponsered Link フィールドを冒険していて見えるブロックの多くは「土」や「砂」だと思います。 石材関係のアイテムをゲットするには洞窟に行くのが一般的かもしれませんが、モンスターやマグマなどの危険が伴います。 装備が充実する前では危険は倍増。 過去にマイクラをプレイした事のある人なら軽装備でも冒険に行けるかもしれないが、初心者の人は無理をしない方が良いと思います。 初心者の人にオススメしたいブランチマイニング。 むしろ全てのマイクラをプレイする人にオススメしたい、効率の良い採掘方法です。 ブランチマイニングとは 直訳すると、ブランチ=木の枝、マイニング=採掘となります。 つまりは、 木の枝のように 採掘するという事です。 どこを採掘するかと言うと 地下。 y座標=12の深さがダイヤの出現率が高く理想とされます。 座標の確認方法はプレイするハードによって変わるので割愛します。 まず用意する物は• 木材、木の棒• はしご• 作業台• チェスト• 大量の石のピッケル• 鉄のピッケル• 水入りバケツ 上のアイテムが揃ったら、ブランチマイニング始めていきましょう。 掘る深さは大事だが、掘り始める場所はどこでも構いません。 ですが、通り道に作るのは避け、少し道から外れた所をブランチマイニングの入口にするといいでしょう。 場所が決まれば、y座標12まで真下へ掘り進めます。 真下に掘り進めた先にマグマがあった場合、マグマダイブを決めてしまうので、最初は石のピッケル数本とはしごだけを持って掘り進めるといいでしょう。 y座標12に着いたら周りを広くし拠点を作ります。 次に、はしごを設置しながら地上に戻り材料などを持ちに行きます。 今度は、はしごを正面から見て左側のブロックを掘りながら地下に進みましょう。 地下拠点に着いたら1ブロック分深く掘りましょう。 1ブロック分の窪みに水を流します。 これは最後でもいいのですが、説明だけ先にしておくと、水の直上は何も無い状態になっているはずです。 落下防止のブロックを置けばブランチマイニング場への通路は完成。 今後降りてくる時は、降りている途中で横の空間にスライドする事によって水の上に落下し、ダメージ無く素早く降りる事が出来ます。 話は戻って 地下拠点には作業台とチェストを設置しておきましょう。 これがメイン通路となります。 このメイン通路から横へブランチ、枝木のように伸びながら採掘していきます。 ブランチマイニングは3マス横にずれながら掘っていくというのが基本になります。 ある程度進んだら、地下拠点とは逆方向へ3マス掘り メイン通路方向へ折り返す、これを繰り返していくのがシンプルで効率的なブランチマイニングになると思います。 ブランチマイニングする事によってたくさんの鉱石が手に入る。 次回は鉱石の説明をしていきます。 に続く。 Sponsered Link Sponsered Link• 最近の投稿• 2020年6月27日• 2020年5月3日• 2020年4月20日• 2019年12月22日• 2019年12月15日• 2019年11月9日• 2019年11月7日• 2019年11月5日• 2018年4月2日• 2018年3月1日• 2018年3月1日• 2018年1月23日• 2017年12月2日• 2017年11月8日• 2017年10月8日• 2017年9月1日• 2017年8月4日• 2017年8月1日• 2017年7月9日• 2017年6月30日• 2017年6月19日• 2017年6月18日• 2017年6月17日• 2017年6月16日• 2017年6月15日• 2017年6月14日• 2017年6月13日.

次の