スマホ 電池消耗。 スマホの電池消耗

スマホが熱くてバッテリーがすぐ減る!その原因と対策5選!

スマホ 電池消耗

設定は機種により異なりますので、詳細はをご参照ください。 画面は、InfobarA03(Android4. 4 の表示例です。 機種やAndroidのバージョンにより異なります。 一時的に動作が不安定になっている可能性があります。 注意! アンインストールすると、そのアプリで利用しているデータが削除されます。 画面は、InfobarA03(Android4. 4 の表示例です。 機種やAndroidのバージョンにより異なります。 電池の消費を抑える省電力機能がついている機種の場合は、設定をオンにすると電池の消耗が改善される可能性があります。

次の

スマホでバッテリーを消耗させているアプリを調べる方法

スマホ 電池消耗

ドコモのスマホ(arows F-01H)には、マカフィーのセキュリティソフト「あんしんスキャン」がインストールされていました。 このソフトの設定を見直すことで、電池の消耗速度が改善されました。 設定変更前は、1時間に15~20%程度、電池の容量が減っていき、購入後、数時間で充電しなくてはいけませんでした。 マカフィーあんしんスキャンの設定変更を行った箇所 操作手順 1 左下の設定をタップします。 2 安心スキャンをタップします。 開いた画面から、「設定」をタップします。 安心スキャンの「全般」をタップします。 常駐アイコンは、無効にしました。 安心スキャンの「セキュリティスキャン」をタップします。 スケジュールスキャン 間隔:毎日から毎週に変更しました。 時間:あなたの生活スタイルに合わせて、使わない時間に設定します。 スケジュール更新 毎日から毎週へ変更 時間も使用しない時間に変更 のと合わせて、電池の消耗は、1時間に20%程度から数%に改善しました。 スマホの操作をしなければ、電池の消耗量は、2、3時間で3%程度になりました。 あまり操作をしなければ、この状態で、3、4日程度、充電しなくても、使えるようになりました。

次の

スマホの電池の減りが早い!急にダメなった原因は?

スマホ 電池消耗

関連記事• 目次:スマホのバッテリーの減りが早い!設定を確認しよう!• バッテリー問題について スマホを利用しているユーザーの多くの方の悩みといえば「電池持ち」。 スマートフォンは、容量が大きいバッテリーを搭載しているはずなのに、どんどん電池が減ってしまうことがあります。 その理由は、画面サイズが大きくなったことや、スマホアプリやインターネット利用時間の増加などが挙げられます。 また、インストールしたアプリがバックグラウンドで通信を行うものだった場合、その分電池を消費します。 しかし、スマホを手放したくない人にとっては利用を制限すること無く自由に使いたいですよね。 そこで、バッテリー長持ちへの第一歩。 設定を見直して電池の無駄を抑えるようにしましょう。 設定できる項目を知ろう スマホ本体には様々な機能や、大きなディスプレイなどが詰まっています。 しかし、無線LAN経由でインターネットが出来る"Wi-Fi"はとても便利ですが、常に使うものでは無いものです。 中には家に無線LANの機器が無い、公衆無線LANの契約をしていないなど使用することがない人もいるかと思われます。 そういった 利用しないセンサーなどを設定からOFFにすることでバッテリーの節約ができます。 主な設定項目を紹介しますので、自分の 利用状況に合わせて設定してみましょう。 設定画面の見た目は端末、Androidのバージョンによって異なります。 設定方法は、必ず同じとは限りません。 多くの端末では同じような操作方法で設定可能ですが、操作方法が違う機種も存在します。 予めご了承下さい。 画面スリープまでの時間 スマホの画面は大きくディスプレイを点灯させる為の電力消費量はとても多いです。 画面を見ている間はともかく、画面から目を離してから消灯するまでの時間をなるべく短くすると電池消費を抑えられます。 あまり短くすると、文章を読んでいる間に画面が消えたりしてイライラが募るので、適度に調整しましょう。 設定方法 アプリの一覧もしくは、ホーム画面でメニューキーを押して"設定"を開きます。 機種やシリーズによって設定ボタンの場所が異なるので注意しましょう。 「画面設定」をタップしてメニューを開きます。 「スリープ」をタップしてバックライト消灯までの時間を設定します。 自分の使い方に合わせて消灯するまでの時間を設定しましょう。 上記文言のメニューが見つからない場合は、目視で確認してスマホ画面が自動的に電源OFFになる設定項目を探して調整しましょう。 液晶画面の明るさ 当然と言えば当然ですが、画面は明るくすればする程バックライトを強く点灯させます。 また、画面の明るさを自動にすると周りの明るさに応じてバックライトの明るさを調整してくれます。 それは、センサーで周りの明るさを測り、見やすいように明るさを調整してくれます。 この設定だと周辺の明るさを測ったり、必要以上に明るくなる場合があるので明るさは自分で設定しましょう。 設定方法 アプリの一覧もしくは、ホーム画面でメニューキーを押して"設定"を開きます。 "画面設定"をタップしてメニューを開く "明るさ"をタップして画面の明るさを設定します。 "自動明るさ調整"のチェックを外して、明るさを変更します。 その場合は、明るさの調整のみを行います。 また、バッテリーの電源管理というメニューから、電力消費を抑えるモードに一括変更してくれる機能もあります。 各モード共、使用できる機能が極端に減りますが電池持ち効果は非常に高いので、状況に合わせてこれらの機能も使ってみましょう。 Bluetooth ブルートゥース Bluetoothは、対応ヘッドフォンやキーボードなど主に周辺機器と繋ぐための機能です。 対応機器を所有していない場合は、ONにする必要がないので切断しましょう。 また、スマホホーム画面で、上方向から下方向にスワイプしてメニューを表示する事で(端末やOSバージョンによって操作が異なる可能性があります)bluetooth設定を行う事も可能です。 GPS GPSは、現在位置を測定するのに使用する機能です。 現在位置を取得することは、地図アプリなどを利用する場合に便利ですが、普段は必要ありません。 なので、地図アプリなどGPS機能を利用する時以外はOFFにして問題ないです。 また、天気ウィジェットなどアプリによっては定期的に位置情報を取得します。 様々なアプリがあるのでここでは紹介できないですが、 設定変更することで現在位置を取得しないようにすることができるものもあるので、合わせて設定変更すると良いです。 設定方法 アプリの一覧もしくは、ホーム画面でメニューキーを押して"設定"を開きます。 "位置情報とセキュリティ"をタップしてメニューを開く "GPS機能"をOFFにします Wi-Fi 無線LAN 無線LANを利用するポイントは自宅や職場、カフェなど限られているかと思います。 なので、利用しない場所ではOFFにしましょう。 ONにしたままですと、常にアクセスポイントを検索するのでバッテリーの消費が早くなります。 設定方法 アプリの一覧もしくは、ホーム画面でメニューキーを押して"設定"を開きます。 "無線とネットワーク"をタップしてメニューを開く "Wi-Fi設定"をタップしてWi-FiをOFFにします アカウントの自動同期 スマホに登録したGoogleアカウント等は自動同期行うことができます。 例えば、メールアカウントを同期しておくと常にメールの内容が最新の状態になります。 その分通信が発生するので、必要の無いものはアカウントの同期を解除すると良いです。 設定方法 アプリの一覧もしくは、ホーム画面でメニューキーを押して「設定」を開きます。 ユーザー設定の「アカウント」をタップしてメニューを開くきます。 下の方に"アカウント管理"の項目が出てきます。 例えば、Googleアカウントをタップすると、"電話帳同期"、"Gmail同期"などがでてきます。 あまり利用していないサービスの同期を解除するとバックグラウンドでの動作が減ります。 また、全ての同期が必要ない場合は、"自動同期"のチェックを外すと止まります。 基本的は設定の「アカウント」の項目から調整する事が可能ですので、必要のない同期設定はOFFにするようにしましょう。 不要アプリは停止 自分が使わないと思っていてもスマホ購入時に初めから入っているアプリ、通称プリインストールアプリ 便利だけど自分は使わないよ…と思っていてもアンインストールできない! こんなアプリは 無効化することでバッテリー持ちを改善 CleanMaster(クリーンマスター)はバッテリー持ちを悪くしているかもしれないプリインストールアプリを無効化してくれるアプリだ。 ワンタップで稼動しているアプリを全て停止してくれぞ。 また、停止したくないアプリは選択しておけば、以降、停止してしまうことはないので、LINEなどのよく使うアプリはチェックをはずしておこう。 設定項目が多くて難しかった方もいるかと思います。 しかし、これらの設定をすることで電池の持ちが良くなったことが体感できるかと思いますよ! また、GPSやWi-Fiなどは利用状況に合わせてマメに設定変更することが重要です。 癖つければ難しいことはありませんので、取り組んでみると良いです。 機種によっては、通知バーである程度設定できるものや、設定変更を助けてくれるアプリもあります。 それらを利用すると簡単に変更できるので、試してみると良いです。 次回は、「壁紙」の変更について解説します。

次の