ドコモ amazonプライム エントリー やり方。 Amazonの支払い方法をドコモの携帯決済に設定する方法

【ドコモ】Amazonプライムの年会費を1年間無料にする方法

ドコモ amazonプライム エントリー やり方

STEP1 お申込み条件を満たしているか確認• ・はじめてスマホ割• ・ドコモの学割• ・対象料金プランをご契約のお客さまで、dポイントクラブ会員の方• 既に対象料金プランをご契約中のお客さまも対象となります。 新たに対象料金プランをご契約されるお客さまは、当該料金プランの適用が開始された後に本特典にお申込みいただけます。 既に「Amazonプライム」会員のお客さまも対象となります。 注意事項• 「ドコモのギガプラン」をご契約の方を対象として、「Amazonプライム」の会員特典を1年間ご利用いただけるドコモのお客さま特典(以下、本ドコモの取組みを「本特典」といいます。 )を提供します。 本特典は株式会社NTTドコモ(以下、「当社」といいます)が提供するものですが、本特典のご利用には、別途「Amazonプライム」のご利用登録が必要となります。 「Amazonプライム」の1年間の年会費は、当社が負担します。 「Amazonプライム」の年会費は4,900円(税込)です。 (2019年10月末現在)• 対象料金プラン以外を契約している場合、「ドコモのギガプラン」に契約変更後、本特典にお申込みいただくことが可能です。 本特典のお申込み完了後、遷移先でありAmazonのWebサイトで「Amazonプライム」会員規約へ同意のうえ、ご利用登録が完了した日から本特典が適用されます。 適用可能回線数は1回線につき1回のみとなります。 現在「Amazonプライム」会員の方は、会員期間の終了日が1年延長されます。 過去の契約に遡って本特典を適用することはできません。 以下のいずれかに該当した場合、本特典の適用を停止させていただく場合があります。 また、一度特典の適用が終了した場合、受付期間中であっても再度特典を適用することはできません。 適用条件を満たさなくなった場合• 対象となるドコモの携帯電話回線を解約した場合• Amazonの定める条件に基づき「Amazonプライム」を利用することができなくなった場合• 本特典適用期間が終了した場合• 本特典の不正な利用が確認されるなど、当社が本特典の継続提供が適当でないと判断した場合、その他やむを得ない事情があった場合• 「Amazonプライム」はAmazonが定める「Amazonプライム」会員規約に基づき提供されるものであり、当社はその内容について一切の責任を負いません。 本特典適用期間と同一期間において、他の割引サービス、キャンペーンの適用と重複する場合などは、本特典を適用できないことがあります。 お客さまによるお申込みの遅れなど、当社の責めに帰さない事由により、お客さまに不利益が生じた場合であっても、当社は一切その責任を負いません。 本特典の内容は予告なく変更する場合がございます。 本特典およびスタートアップキャンペーンのお申込み終了時期は未定です。 終了する場合はドコモのホームページへの掲載など、当社が適当と判断する方法によってお知らせします。 本特典に関するお問い合わせはお近くのドコモショップまたはドコモ インフォメーションセンターまでお問い合わせお願いいたします。

次の

報道発表資料 : (お知らせ)「ギガホ」に「Amazonプライム」が1年ついてくる特典を提供開始

ドコモ amazonプライム エントリー やり方

お得すぎてAmazonヘビーユーザーならばほとんどの人が加入しているというAmazonプライム会員。 値上げをしたことで年額4900円、月額500円にはなりましたが、それでも数多くのお得な特典を使えることを考えればかなりコストパフォーマンスの高い内容となっています。 そんな大人気のAmazonプライム会員ですが、ドコモとAmazonがタッグを組んだサービスが新たに開始されることが発表されました。 ドコモの 「ギガホ」もしくは「ギガライト」を契約し特典にエントリーするとAmazonプライムが1年間無料で使える特典がついてくるという内容となっています。 1年間ということは4900円が無料になるということですが、果たして本当にお得と言えるのでしょうか? 契約内容によってもお得になるのか損になるかは異なるため、この記事では ギガホ・ギガライトの2つの特典内容について、さらに 得なのか損なのか確認する方法をご紹介していきたいと思います。 「Amazonプライム会員が1年無料になるならギガホにしてみようかな…?」そんな風に考えていた人は是非この記事をチェックしてみてくださいね。 ギガホ・ギガライトとは? 今まではいくつもあるプランを自分の好みによって組み合わせて使うという、複雑なプランとなっていました。 しかし、新料金プランである「ギガホ」「ギガライト」は非常にシンプル。 選べるのは「ギガホ」もしくは「ギガライト」の2つだけとなっています。 ここからはそれぞれのプランの特徴について簡単にご紹介します。 ギガホ 基本プランの1つであるギガホは、簡単に言えば 月額6980円で60GBを使えるプランです。 もしも60GBを使い切ってしまった場合でも1Mbpsで利用可能なので、ストレスなくSNSの利用やウェブサイト閲覧を行うことが出来ます。 また、月額6980円ですが2年定期契約、dカードお支払割適用、家族3回線以上がドコモなど条件が揃えば1人あたり 最大6ヶ月間月額4980円で利用することが出来ます。 月額料金 6980円(2年契約しない場合は7150円) 通話プラン 30秒20円(家族間通話は無料) 1ヶ月のデータ通信量 30GB 制限後の通信速度 1Mbps ギガライト 利用するデータ量によって月額料金が安くなるプランがギガライトです。 ただし、制限後の速度は128kbpsとなってしまうため、インターネットを頻繁に使用するという人からするとかなり厳しいものになるでしょう。 ゲームや動画閲覧を頻繁にするという人はギガライトにするとすぐに制限がかかってしまうことになるため、注意が必要です。 月額料金 (2年契約無しの場合+170円) 〜1GB 2980円 〜3GB 3980円 〜5GB 4980円 〜7GB 5980円 通話プラン 30秒20円(家族間通話は無料) 制限後の通信速度 128kbps ギガホ・ギガライトの2つの特典内容 「ギガホ」「ギガライト」に契約するとついてくるという特典が以下の2つの特典となっています。 特典1:Amazonでd払い利用でポイント5倍還元 d払いはAmazonでのお買い物にも利用することが出来るため、今Amazonでd払いを使って支払いをするという人が増加しているようです。 月ごとに3000ポイントが上限にはなるようですが、普段からAmazonでd払いでお買い物をしているという人にとってはお得な内容となっているのではないでしょうか。 なお、Amazonギフト券やKindleコンテンツ以外のデジタルコンテンツなどd払いが利用出来ない商品があったり、その他にも細かい条件があるため詳しくは申し込み前にで確認するようにしましょう。 特典2:Amazonプライム1年間無料特典 多くの人が魅力に感じたのがこのAmazonプライムが1年間無料になるという特典ではないでしょうか?単純に考えて、「ギガホ」「ギガライト」にすれば4900円が無料になるということなので、とても魅力的な内容となっていますよね。 既にAmazonプライム会員となっている人の場合は有効期限が1年間延長という形となります。 ギガライトで「はじめてスマホ割」や「ドコモの学割」適用中の場合は対象外となったり、契約は個人名義で、更にdポイントクラブ会員に限るなど様々な条件があるため、こちらも必ず申し込み前にで確認するようにしてください。 Amazonプライム会員の特典は非常に豊富ですが、人気の特典としては主に下記のようなものがあります。 【Amazonプライム会員の主な特典】• 配送料無料• お急ぎ便・日時指定便無料• プライムビデオ• プライムミュージック• プライムリーディング• プライムラジオ• プライム会員限定セールや、タイムセールに早めに参加可能• Kindle端末を4000円引きで購入可能• Kindle本が毎月1冊無料• Amazonパントリー• Amazonフレッシュ• プライムナウ• プライムフォト この他にもまだまだお得な特典があるため、まだ一度もAmazonプライムを利用したことがないという人は無料体験からでもAmazonプライムを利用してみるのがオススメですよ。 なお、無料期間終了後は自動で有料となるため継続の意思がない場合には自動更新を停止することを忘れないようにしましょう。 得なのか損なのか確認する方法 「ギガホ」「ギガライト」のプランでスマートフォンを契約することが出来て、更にAmazonプライムまで1年間無料で利用出来るなんてお得でしかないように感じますよね。 しかし、場合によっては 支払額が増えることになるなど、損をしてしまう可能性もあるのです。 そもそも、Amazonプライムは年額が4900円です。 つまり、「ギガホ」「ギガライト」で契約した結果、408円以上月額料金が高くなってしまうようなら損をしてしまう可能性もあるのです。 もちろん、「ギガホ」「ギガライト」というプランそのものの魅力もあるので一概に言うことは出来ませんが、今既に現在契約中のプランで満足しているならば、プランを変更するのは待ったほうがいいかもしれません。 現在は4Gですが、この先次世代規格の5G向けに各社の料金プランはまたガラリと大きく変わると言われています。 もし変更するにしても今適用となっている「月々サポート(端末割引)」が終わるまでは現状維持のまま様子を見ているのがオススメです。 「それでもやっぱりギガホやギガライトに登録したい!」「とりあえずどのくらい料金が変わるのか確かめたい」という方はドコモ公式の「」を利用すれば 直近3ヶ月の利用状況から詳しいシミュレーションを行うことが出来ます。 料金プランや利用データ量など、自分の実際の利用状況に合わせたプラン診断が出来るため、その結果を見て「ギガホ」「ギガライト」にした方がお得なのかということを確認してみるといいでしょう。 Amazonプライム会員にお得に加入する方法 では、ドコモで「ギガホ」「ギガライト」を契約する以外ではどうすれば安くお得にAmazonプライム会員になることが出来るでしょうか? 以下の2つの方法があります。 Amazon Master Card ゴールドに加入する• 年会費オフキャンペーンを利用する Amazon Master Card ゴールドに加入する Amazonでは2種類のクレジットカードがあり、そのうちの1つの「 Amazon Master Card ゴールド」は加入することでAmazonプライムの年会費が無料になります。 つまり、カードを所有している間はずっとAmazonプライムを無料で利用し続けることが出来るのです。 ただし、 年会費が10000円もかかるため、Amazonプライム特典目的だけで加入することはオススメ出来ません。 (翌年度以降は「マイ・ペイすリボの登録で年会費半額」と「Web明細書への変更で年会費1000円引き」をすれば年会費は実質4000円にまで減額可能) Amazon Master Card ゴールドはゴールドカードならではの特典もあるため、気になる方はそちらもチェックしてみるといいですよ。 年会費オフキャンペーンを利用する 以前、AmazonではAmazonプライム会員の年会費1000円OFFキャンペーンを期間限定で実施していました。 しかしこのキャンペーンが開催されたのは2016年で、滅多に開催されることはないキャンペーンとなっています。 まとめ ギガホとギガライトについてくるAmazonプライム1年間無料特典はお得なのかどうかについてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか? 特典はAmazonプライム1年間無料だけでなく、Amazonでのd払いでポイント還元を受けることが出来るという特典もあるため、自分の使い方次第では得をすることも出来るでしょう。 自分が今どんな使い方をしているのか、これからどんな使い方をするのかなどをしっかり考えた上でプラン変更を行うのがオススメですよ。

次の

【既存会員OK】ドコモのAmazonプライム1年間無料を解説

ドコモ amazonプライム エントリー やり方

1.d払いでAmazon アマゾン の決済を行う為の条件 Amazonでd払いをするためには特定の条件をクリアしている必要があります。 (1)ドコモ会員以外はd払いできない! Amazonでd払いをするためには、 docomo回線に契約していることが前提となるため、ドコモ会員以外は、Amazonでd払いを利用することができません。 なぜならAmazonでd払いを利用するためには、d払いの支払い方法を 電話料金合算払いにしていることが条件となるからです。 (2)携帯決済を利用できない場合|Amazonギフト券・定期おトク便等 d払いの携帯決済は便利ですが、Amazonのすべての決済に対応しているわけではありません。 以下の商品は携帯決済が利用できませんのでご注意ください• Amazonギフト券のご購入• 定期おトク便ご注文のお支払い• Kindleコンテンツ以外のデジタルコンテンツ• Prime Nowご注文のお支払い• Amazonフレッシュご注文のお支払い• Amazon Pay利用のお支払い• Kindleコンテンツ以外の1-Click注文のお支払い 一方、下記の商品は、d払いに対応しています。 Kindleコンテンツ購入• Amazonプライム会費• Amazonフレッシュ会費• Amazon Music Unlimited会費 継続的な支払いや更新が発生する「Amazonプライム会費」や「Amazon Music Unlimited会費」も携帯決済に対応をしているため、「Amazonギフト券や定期おトク便にももちろん対応するだろう」と誤解しですが、上記のリストを見ても分かる様に実際はその逆であることが分かります。 2.Amazonでd払いを行うメリット では実際にAmazonでd払いを利用するとどのようなメリットがあるのか、詳しくご紹介します。 キャンペーンが豊富 Amazon d払いでdポイント3倍還元キャンペーン2020年4月1日~2021年2月28日 こちらは、d払いとAmazonをよく使うのであればエントリーすることを強くおすすめします! 内容は、キャンペーンにエントリーした上で、対象期間中にAmazonでd払いを利用すると、利用額に対して、 3倍のdポイント(期間・用途限定) が進呈される、といったキャンペーンになります。 ただこちらは、キャンペーン対象者の条件が他のキャンペーンと比べた時、厳しいといえます。 こちらは大手キャリアの一つである、ドコモを利用している必要があります。 以下がその他条件を含めたすべての条件となります。 ギガホ、ギガライトにご契約の上、「ドコモのプランについてくるAmazonプライム」のエントリーが完了している方• 本キャンペーンにエントリーが完了している方• 期間中、Amazonでのお買物で「d払い」を利用した方• dポイントクラブ会員の方 キャンペーン自体の注意点は以下の通りです。 クーポンやdポイントを使用して購入した場合はキャンペーン対象外となる• エントリーが必要。 dポイントクラブ会員のみ参加・エントリーが可能。 ポイント進呈時期:対象の買い物をした月の翌々月末• ポイント進呈上限:1か月あたり最大3,000ポイント• 進呈ポイントの有効期限:進呈日から3か月間 対象者が限られるキャンペーンではありますが、非常にお得なキャンペーンとなっていますので、エントリーがまだの方はご検討ください。 キャンペーン内容としては、キャンペーンにエントリーした上で、対象期間中、条件を満たした方の中から抽選で10,000人に対してAmazonでの利用額に応じて通常時の50倍のdポイントを還元といった内容です。 また、特徴として挙げるとすれば、当選率が上がる条件がある点でしょう。 Amazonでの利用額が20,000円以上(税込)、「Amazon d払いならいつでもdポイント3倍還元キャンペーン」にエントリー中の方は当選確率 2倍• どちらの条件も満たしている場合は当選確率 3倍 このようにできる限り当選したいという方は、条件のクリアを目指してみるのもよいでしょう。 最後にこちらのキャンペーンの注意点です。 Amazonでのd払いの支払い方法は 電話料金合算払いのみ選択可能• Amazonでのお買い物でd払いを2回以上かつご利用総額が10,000円(税込)以上の方が対象。 エントリーが必要。 dポイントクラブ会員のみ参加・エントリーが可能。 ポイント進呈時期:9月上旬予定• ポイント進呈上限:最大30,000ポイント• 進呈ポイントの有効期限:進呈日から3か月間 特徴的なのが、支払方法が電話料金合算払いのみという点でしょう。 つまり、こちらのキャンペーンもドコモユーザーであればその恩恵を受けることができます。 また、他のキャンペーンのポイント進展上限が10,000円以下のものが多い中で、最大30,000ポイントというのは当たれば夢が大きいといえるでしょう。 キャンペーンの時は基本電話料金合算払いをした方がお得なので、ポイントの有効期限に余裕があるのであれば、すぐに使わず貯めておくのが得策と言えるでしょう。 なお、その他最新のd払いのキャンペーンについては下記記事が詳しいので併せてご参照ください。 3.d払いをAmazonで利用する際の3つの注意点 (1)電話料金合算払いには利用上限がある amazonでd払いを利用する前に知っておきたいいくつかのポイントがあります。 その一つが電話料金合算払いの 利用限度額の問題です。 この点についてきちんと理解していないと、Amazonでd払いをする際になぜかエラーになってしまい「払えない!」という事態になりかねません。 個人名義の契約の場合、利用限度額は、下記のとおり設定されています。 またドコモの携帯電話料金と合算して支払うことになるため、上の表の限度額すべてをAmazonでのショッピングの利用代金の支払いに充てることはできません。 Amazonで高額な商品を購入したい場合は、d払いではなく、代金引換(ただし代引手数料330円 税込)や、コンビニを利用した現金払い、もしくはNTTドコモが発行している「」や「」等のクレジットカードを利用した方が無難でしょう。 DoCoMoユーザーがdカード GOLDを保有している場合、 毎月のドコモケータイおよび「ドコモ光」の利用料金1000円(税抜き)につきの最大10%のポイント還元が受けられます。 そこで、dカード GOLDを保有していて、『Amazonで電話料金合算払いで支払うと、その金額も10%還元されるのでは?』という素朴な疑問が湧いて来るかもしれません。 ただ、dカード GOLDの特典は、あくまでDoCoMo携帯の利用料金とドコモ光の利用料金1000円(税抜き)につき、10%が還元されるのであって、 電話料金合算払いの請求額の10%が還元されるわけではありません。 つまり、dカード GOLDを保有しつつ、Amazonでのショッピングをd払いでするという観点では直接大きな特典はありません。 しかし、年間のdカード GOLDの利用累計100万円(税込)以上、200万円(税込)以上の方は、それぞれ 10,800円相当、21,600円相当の特典が進呈される大きなメリットがあります。 DoCoMoユーザーはAmazonでの支払いを携帯決済にするにしろ、クレジットカード払いにするにしろ、『dカード GOLD』に集中させておいたほうがお得なケースがあることを覚えておくと良いでしょう。 さらに、前年の年間ご利用額累計が、100万円(税込)以上、200万円(税込)以上のお客様にそれぞれ10800円相当、21600円相当の選べる特典があります (3)dカード保有者は、「ポイントUPモール」を経由した方がお得なケースがあり 特に「dカード」「dカード GOLD」を使っている方におすすめなのが「dカード ポイントUPモール」です。 dカードポイントUPモールを経由してAmazonにアクセスし、dカードを利用して商品・サービス等を購入すると、通常たまる dポイントが1. 5倍になります。 一方、Amazonでの支払いをd払いを選択した場合、利用金額100円(税込)につき通常1ポイントで、還元率は1%となります。 d払いのキャンペーンがない時には、「dカード」「dカード GOLD」の保有者は、dカードポイントUPモールを利用して購入したほうが良いでしょう。 下記の操作は パソコンから行うことができません。 また、Wifi接続が行われていると設定することができないため、d払いの設定を行う際は携帯かつWifiの接続を切断した状態で行いましょう。 1.Amazonにて「アカウント」を押下する。 2.「お支払い方法の管理」を押下する。 3.「お支払い方法を追加」を押下する。 4.「携帯決済」を押下する。 5.携帯電話会社の「docomo」を選択後、任意のアカウントタイプを選択し、続行を押下する。 6.4桁のSPモードパスワードを入力後、「承諾する」を押す。 しばらくするとお支払いオプションの管理画面に戻る。 管理画面にて「docomo(選択したアカウントタイプ)」の表示が出ていれば登録完了となります。 6.まとめ Amazonにおけるd払いについてお話してきましたがいかがでしたでしょうか? d払いは2018年12月よりAmazonでも利用できるようになっており、普段からd払いを使用している人からすればまとめてdポイントを貯めることができるので、よりお得になりました。 しかし、Amazonでd払いを利用するためには電話料金合算払いにする必要があります。 この電話料金合算払いはdocomo回線を契約する必要があります。 なお、『dカード GOLD』は年会費もかかり、ドコモ会員以外にはうま味が少ないクレジットカードといわざるを得ません。 しかしドコモ会員の場合は支払いを『dカード GOLD』に集中させておいたほうがお得なケースがあることは覚えておくと良いでしょう。

次の