木村 屋 本店。 銀座木村家のあんぱん

麺酒場 木村本店

木村 屋 本店

Mitsunori Kimura 代表取締役社長 2001年、経営学科卒業。 家業である木村屋總本店に入社する。 02年に日本パン学校で、翌年にはアメリカに留学してパン作りを本格的に学ぶ。 05年に取締役、06年に常務取締役に就任。 同年、7代目社長となる。 明治時代から143年続く由緒ある老舗企業、木村屋總本店の7代目社長となったのは、 28歳の時だった。 先代である父親が体調を崩し、前例のない20代での社長就任が急きょ決まった。 しかし、それを大きなプレッシャーだと感じなかった。 覚えなければならないことが多すぎて、感じる暇さえなかったからだと木村光伯さんは話す。 「社長業についてよく知らなかったので、怖がらずにすんだということもあったと思います(笑)」 学生時代から木村屋總本店のパン工場でアルバイトをし、入社後は、製造現場、製品開発、百貨店内店舗での販売の仕事に従事した。 さらに、日本と米国のパン学校でパン作りの基礎も学んだ。 数々の現場経験を積み、パン作りのノウハウを身に付けたうえでの社長就任。 創業家の出身とはいえ、温室育ちでもなければ、労せずして社長の座についているわけでもない。 社員がこの若き経営者に大きな信頼を寄せているのも、木村さんがパン作りの現場を熟知し、社員と同じ視線で働くことのできる苦労人であることを知っているからだ。 社長就任以来、伝統を今の時代に合わせることに心を砕いてきた。 「創業時とは、食生活や環境が大きく変わっています。 昔ながらの製法を守りながら、現代のお客さまの嗜好にあった商品をご提供する方法を考える。 そこに社長としての私の挑戦があると思っています」 学生時代はパン工場でアルバイトをし、入社後も製造部門で働いた。 現場を知っていることが何よりの強みだ 社長室には経済や歴史に関する本が並ぶ。 伝統を受け継ぎながら、新しい時代に合った製品を作り続けることが社長としての使命だと話す 学習院の魅力は「人の縁」を作れること 父、叔父、叔母ともに学習院の卒業生。 自身、初等科から学習院に通った。 経済学部のゼミで学んだ製品開発やマーケティングの知識が、現在にも生きているという。 「5人くらいのグループでレポートを作って発表したり、他大学の学生と討論したりして身に付けた知識が、現在の会社経営に確実に役立っていると実感しています」 卒業して今年で11年。 学習院の最大の魅力は、「人の縁」にあるとあらためて感じている。 「社長に就任した時に、学習院の大先輩であるアサヒビール名誉顧問の中條高徳さんにアドバイスをいただきに行きました。 中條さんは、こうおっしゃいました。 自分が正しいことを信念をもってやっていけば、必ず誰かが評価してくれる。 そういう意味だと私はとらえ、その言葉を肝に銘じました」 人生の岐路に立ったときに、大切なアドバイスをくれる人がいる。 壁にぶつかった時に、そっと手をさしのべてくれる人がいる。 それが、学習院卒業生のネットワークの素晴らしさだと木村さんは言う。 現在は、「学習院若手経営者の会」を組織し、同世代の経営者たちと折に触れて会合を催している。 「仲間を見つけ、仲間と支え合い、仲間に感謝する。 その大切さを私は学習院で教えてもらったような気がしています」 伝統を守りながら、常に革新的であること。 そんな難題に、木村さんは社長として今後も挑み続ける。 「人の縁」が、これからの彼を支えてくれるに違いない。 Column 菓子パンの定番の生みの親.

次の

【メゾンカイザー社長】木村周一郎の経歴は?木村屋の長男ゆえの苦労も

木村 屋 本店

木村周一郎の経歴は? 木村屋の息子、木村周一郎氏のメンタルが凄まじい。 フランスに言葉もわからない状態で行って労働環境が一番厳しいと言われる店で無給で働いて技術を得たという。 東京都出身で、慶應技術大学豪学部法律学科を卒業しています。 銀座にある木村屋総本店の6代目社長の長男として生まれたので、幼いころから「将来はパン屋になる」と言われて育ちました。 周一郎さんもいずれは家業を継ぐつもりでいました。 大学を卒業してからは、社会勉強のために生命保険の会社に入社します。 そこでは法人営業を担当しました。 1997年の27歳のころ、パン業界を変えたいと考えた父親が「もうそろそろパン業界に入らないか」と声をかけ、生命保険の会社を退社します。 まずは、 父親が経営する木村屋総本店に入社するためケイアンドフーズへ入社します。 そこでは日本の職人の心構えなども学び、その後アメリカへの製パン留学を決めました。 1998年にアメリカの国立製パン研究所に行き、発酵や製パンの理論などアメリカのパンの基本を学び、卒業に至ります。 ニューヨークで製パン店での勤務を経験したのち、1999年にフランスに渡ります。 フランスでであったのがエリック・カイザーさん。 50年に一度出るか出ないかの天才パン職人と言われているかたです。 カイザーさんとの会話で、日本に帰ったらパリのパン屋さんのような店をやりたい、一緒にやろうという流れになりました。 そして2000年に、カイザーさんのパートナーとして(株)ブーランジェリーエリックカイザージャポンを設立し、フランス伝統のパンを提供する「メゾンカイザー」を日本にオープンしました。 メゾンカイザーはツイッターでも評判のいいパン屋さんです。 筆者は食べたことないのですが、東北では仙台にしかないんですね。 今度仙台に行ったら買ってみたいと思います。 木村屋の長男ゆえの苦労も メゾンカイザーの代表取締役・木村周一郎さんが、本当に良い顔をしてらっしゃって、とても良いと思いました。 ハーゲンダッツとのコラボを記事にしました。 もともとパン作りをするつもりだったので異論はなかったそうですが、エリック・カイザー氏のもとにいた フランス修業時代には、フランス語ができないというだけでいじめられた経験もあったようです。 それを見返すためには自分の立場を相手より上にするしかない、と考え相手が週に2日休んでいたら自分は週に1日の休みにして死ぬほど努力しました。 その結果、ある時立場が逆転する時が来るのだということです。 そうやって一歩ずつステップアップしてきました。 日本での売り込みについても、周一郎さんの手法が活きました。 日本人は噛む力が弱いので柔らかいパンしか売れない、フランスパン専門店は無理だろうと言われました。 そんな中で「木村屋の長男として絶対に失敗は許されない」というプレッシャーもあったようです。 従来はパン屋は待ち受け型の商売ですが、生命保険会社での経験を生かして積極的に売り込むという手法に出たのです。 「パンを売ることが一番上手だ」とカイザー氏から評価されたことが嬉しい驚きだったと語っています。

次の

木村屋總本店 木村 光伯

木村 屋 本店

Mitsunori Kimura 代表取締役社長 2001年、経営学科卒業。 家業である木村屋總本店に入社する。 02年に日本パン学校で、翌年にはアメリカに留学してパン作りを本格的に学ぶ。 05年に取締役、06年に常務取締役に就任。 同年、7代目社長となる。 明治時代から143年続く由緒ある老舗企業、木村屋總本店の7代目社長となったのは、 28歳の時だった。 先代である父親が体調を崩し、前例のない20代での社長就任が急きょ決まった。 しかし、それを大きなプレッシャーだと感じなかった。 覚えなければならないことが多すぎて、感じる暇さえなかったからだと木村光伯さんは話す。 「社長業についてよく知らなかったので、怖がらずにすんだということもあったと思います(笑)」 学生時代から木村屋總本店のパン工場でアルバイトをし、入社後は、製造現場、製品開発、百貨店内店舗での販売の仕事に従事した。 さらに、日本と米国のパン学校でパン作りの基礎も学んだ。 数々の現場経験を積み、パン作りのノウハウを身に付けたうえでの社長就任。 創業家の出身とはいえ、温室育ちでもなければ、労せずして社長の座についているわけでもない。 社員がこの若き経営者に大きな信頼を寄せているのも、木村さんがパン作りの現場を熟知し、社員と同じ視線で働くことのできる苦労人であることを知っているからだ。 社長就任以来、伝統を今の時代に合わせることに心を砕いてきた。 「創業時とは、食生活や環境が大きく変わっています。 昔ながらの製法を守りながら、現代のお客さまの嗜好にあった商品をご提供する方法を考える。 そこに社長としての私の挑戦があると思っています」 学生時代はパン工場でアルバイトをし、入社後も製造部門で働いた。 現場を知っていることが何よりの強みだ 社長室には経済や歴史に関する本が並ぶ。 伝統を受け継ぎながら、新しい時代に合った製品を作り続けることが社長としての使命だと話す 学習院の魅力は「人の縁」を作れること 父、叔父、叔母ともに学習院の卒業生。 自身、初等科から学習院に通った。 経済学部のゼミで学んだ製品開発やマーケティングの知識が、現在にも生きているという。 「5人くらいのグループでレポートを作って発表したり、他大学の学生と討論したりして身に付けた知識が、現在の会社経営に確実に役立っていると実感しています」 卒業して今年で11年。 学習院の最大の魅力は、「人の縁」にあるとあらためて感じている。 「社長に就任した時に、学習院の大先輩であるアサヒビール名誉顧問の中條高徳さんにアドバイスをいただきに行きました。 中條さんは、こうおっしゃいました。 自分が正しいことを信念をもってやっていけば、必ず誰かが評価してくれる。 そういう意味だと私はとらえ、その言葉を肝に銘じました」 人生の岐路に立ったときに、大切なアドバイスをくれる人がいる。 壁にぶつかった時に、そっと手をさしのべてくれる人がいる。 それが、学習院卒業生のネットワークの素晴らしさだと木村さんは言う。 現在は、「学習院若手経営者の会」を組織し、同世代の経営者たちと折に触れて会合を催している。 「仲間を見つけ、仲間と支え合い、仲間に感謝する。 その大切さを私は学習院で教えてもらったような気がしています」 伝統を守りながら、常に革新的であること。 そんな難題に、木村さんは社長として今後も挑み続ける。 「人の縁」が、これからの彼を支えてくれるに違いない。 Column 菓子パンの定番の生みの親.

次の