タクミバ マスク。 TAKUMIBA POPUP STORE

ユニファ、タクミバ、シタテル、ノーベルが協力し、保育施設2,000か所へマスクの無償提供を実施|ユニファのプレスリリース

タクミバ マスク

日本でも拡大が止まらない新型コロナウイルスの影響で、市場からマスクが消え、本当に必要な人がマスクを入手できない全国的なマスク不足に陥っていますが、 洗濯して再利用することが出来る快適なマスク「洗える超伸縮フィットマスク」をにある工房・TAKUMIBA(タクミバ)が、急遽2020年3月6日より販売開始し、SNSで大反響となっている。 TAKUMIBA(タクミバ)は、パレ・フタバの繊維製品部。 本業はストレッチプルオンパンツに特化した一貫工房。 製造上、扱いがとても難しい生地だが、 日頃から縫製等の仕様研究を重ねていたことから、洗えるマスクの制作が実現した。 洗えるマスク「できるだけ多くの人に」企業や団体向けパックも 洗えるマスクは超伸縮の素材であり、肌触りが非常になめらかで付け心地も快適。 耳が痛くなりにくく、繰り返し洗っても毛羽立ちも無し。 商品は2枚セットで1000円(税込)と価格も良心的で、企業などから「現場で働くスタッフを守りたい」と問い合わせが殺到しているという。 SNSの反響が大きく、すでに2回目の生産分まで予約完売となっており、次回は3回目の生産分を予約受付。 2020年3月17日より順次発送できるよう生産中で、企業向けパックも発売予定。 出来るだけ多くの人に届けたいため、1人で大量購入や転売はやめて欲しいとの事。 購入は、TAKUMIBAのPOPUPストアにて。

次の

タクミバマスクドライタイプの抽選受付サイトは?サイズやカラーは?

タクミバ マスク

TAKUMIBAのマスクをもうご存じでしょうか?洗えるマスクとして、広島(福山)の小さな工房で販売されているマスクです。 注目されている点の1つは、作っているのがマスク製造業者ではなく、プルオンパンツ専門のメーカーが作っている点にあります。 2つ目は今までのマスクにはない、顔にピッタリフィットするという特徴と、その着け心地についてです。 ストレッチパンツの特徴である、伸びる素材の扱いに熟知している技術を駆使して作られたといわれると、試してみたいと思いますよね。 「必要な人に届けたい」として、作られたそうですが、販売されるとすぐに売り切れてしまうという事がわかりました。 そんな素敵なマスクが欲しいと思い、 再販が いつなのかと、 購入方法を調べてみましたのでご紹介します。 Contents• TAKUMIBA たくみば の洗えるマスクは売り切れ? たくみばマスクは「必要な人に届けたい」という思いから、再販を繰り返していましたが、あっという間に売り切れてしまうという状況を繰り返していました。 ネットでマスクを販売すれば、回線がパンクしてしまう事と、必要な数に限界がある事について悩まれながら、販売を模索していました。 そこでシタテル株式会社とタッグを組むことで、ネット販売の問題点の解消に取り組まれています。 さらにシタテルの複数の提携工場からの、マスクの製作の協力も集まり、マスクの生産の個数を増やしてきました。 高まるマスク需要に応えようと、頑張りが続けられています。 最近は「マスクが必要なのに」政府や行政からの支援が届かない保育者を助けようと、多くの保育者にマスクの寄付活動も行っていました。 マスクの販売再開を楽しみにしていた一般消費者は、この間じっと見守り続け、多くの人が再開を待ち望んでいました。 今回ようやく一般消費者にもマスクの通販再開があるとの告知を知って、期待が高まっています。 ですが、次回の通販再開情報が、TAKUMIBAサイトから、ツイッターを使って告知がありました。 うれしい事に、 会員登録をした人には、登録したメルアドへ、シークレットページのURLとパスワードが送られてくる方法に変更です。 私も「注文は1人1セットなの?」かドキドキしてメールを待ちましたが、必要な数を注文していいとのことでしたので、ありがたく家族人数分を頼めました。 5月末までに届けると保証してくれたとおり、注文出来てもすぐには届きません。 それでもツイッターで続々と、「マスクが届いた~」とのツイートが掲載されているので、自分の番ももうすぐ来ると思え励みになります。 今回注文にこぎ着けた会員の全ての人へ届くようにと、TAKUMIBA(たくみば)は毎日、頑張って下さっている姿勢が目に浮かんできました。 ありがたく待ちたいと思います。 TAKUMIBA(たくみば)マスク注文に、事前の会員登録おすすめ! TAKUMIBA(たくみば)がネットでマスクの注文を受け付けられるように、以前のホームページ上ではなく、新しくを作られて再び通販開始されていましたね。 ですがマスクにしろ、switchにしろ、ネットで購入できないですね。 どこもネット販売開始と同時に、アクセス集中してストアに入れない状況には、本当に困ってしまいますよね。 だからこそTAKUMIBA(たくみば)は、新しいストアに変わったと告知されていました。 それでも「またどうせ買えないのでは…」と、予感していたとおり、当日は混乱がおこりました。 注文したくてサイトに入った人は、一向に進まない状況の中、諦めていいのか、まだ復帰を待つべきか悩みましたよね。 途中から「店舗メンテナンス中」の画面は、「いったん閉店」の判断をしたとのお詫び文が載りました。 載せてくれたことで、踏ん切りをつけさせてもらったので、評価したいです。 サイト上の「いったん閉店」のお知らせといい、日をまたぐことなく、次回のお知らせのツイートといい、安心感を感じました。 注文に漕ぎつけられなかった私たちの事を、気遣ってくれていると感じ、うれしかったです。 今回会員登録をしておいた人の分だけは、マスクの販売へとこぎつけていただけました。 1人でも多くの人にマスクを届けたい思いがひしひしと伝わってきす。 コロナの終息にはまだまだ油断は出来ませんよね。 TAKUMIBA(たくみば)マスクを手に入れるのにも、当分時間はかかるでしょう。 次回の販売告知がされた時には、 欲しい人は、ぜひ会員登録をしておくのをお勧めします。 TAKUMIBA たくみば の洗えるマスクの期待度は大きい TAKUMIBAのマスクは、『驚くほど快適な「洗える超伸縮マスク」が出来ました』との告知でした。 作っているのはマスク業界ではなく、パンツメーカーの工場です。 パンツってどんな?と思い調べてみると、ウエストにゴムが入っている、伸びの良い素材のプルオンパンツとの事。 スエットパンツやトレーニングパンツなどがその代表だといわれると、なるほどイメージが沸きますよね。 という事は、パンツがフィットする時のような、やさしく肌にフィットするのかと思うと、肌に優しそうですよね。 経験ないマスクの装着を想像してみると、なんだかうっとりしてきました。 最初のツイッターは3月5日にされていて、本業の縫製の合間を縫って、洗えるマスクを、一般販売が出来るように準備中だと、報告されていました。 人の手で1枚1枚ミシンを使って作られるそうですが、初めは 300枚縫製しますとツイートされていました。 記念すべき1回目の販売開始 3月6日に、1回目の販売を開始されたとき、「想定外の早さで売り切れてしまった」とありました。 さらに「 仕掛け中が少量あるので大急ぎで作ります」と、作業完了は11日に発送見込みとしての報告を、追記されてありました。 2回目の追加発送は! 1度目の追加分として準備した「洗えるマスク」は、3月17日納期になると告知されていました。 実は1度目の販売が無くなった日の3月6日は、 わずか1時間で無くなってしまったと報告されています。 そして再販の問い合わせも、このころからたくさん寄せられたようです。 3回目のマスク追加販売は TUKUMIBAのホームぺージの3月9日の追記を見てみましたが、「17日分納期予定分だけでなく、20日と24日納期予定分でさえ、予定していた販売在庫が、 予約注文だけで完売ですという、断りが入っていました さらに3月10日の追記では、悲鳴が上がっています。 数百件の問い合わせがされたそうで、個別での回答が出来ないところまで、状況が追い込まれていました。 TAKUMIBAのマスクは、ミシンを使って人の手で作られているので、工場のように量産はできないのも想像できますよね。 テレビでCMを流したわけではないのに、そんな小さな工房にたくさん殺到したのは、今の日本の困り感を映し出しているようです。 TKUMIBA(たくみば)マスクの以前の購入ページ から、購入ボタンをクリックして、購入できるはずでした。 今は残念ながら売り切れ中ですので、現在SOLD OUTと表示されている状態です。 そのボタンをクリックすると、購入はまだできませんが、TUKUMIBAの作っている、マスクを紹介するページに行くことが出来ます。 そのページのずっと下に、スクロールをしていくと、 「再入荷についてお問い合わせする」の黄色いボタンがあります。 ここから問い合わせメールを送った方には、再販の準備が整ったタイミングで、TUKUBAMIから再販情報を伝えてもらえる方法もあるようです。 問い合わせメールは今までは、個別に対応されてきたそうですが、数百件も問い合わせが寄せられたので、個別対応は無理だという状況に追い込まれていました。 これからは、問い合わせメールに対して、一斉送信の形で対応されていくとの事でした。 問い合わせに時間を取られて、マスクの製造に支障がきても困りますからね。 メールが届くのをじっくり待つという事で、マスクつくりを応援していきましょう。 洗えるマスクTAKUMIBAは売り切れるので再販を繰り返していた• 洗えるマスクの評判は、プルオンパンツのように伸びる素材で作られている• 工場のように大量生産されず、人の手とミシンで、1つずつ縫われている• 購入方法はホームページから、ECサイトで販売へ変更• 注文がスムーズにいくように、会員登録を呼びかけられている• 再販を繰り返してはいるが、すぐに売り切れるほど注文が殺到• TUKUMIBAのインスタをフォローすると、再販時期などの情報が届く コロナウィルスの混乱の中で出されたアイデアマスクは、緊急用だからこそ生まれたマスクですが、緊急用というには、もったいないほど機能的なので、人気が集まってしまったかもしれません。 マスクが品薄なので、洗って繰り返し使えるマスクが手に入れば、必死で毎日マスク探しをしなくても良くなりますよね。 今すぐにでも欲しいマスクですが、需要の高まりでサイトにアクセス集中がここでも起きています。 スウェット生地を扱う熟練さんの手によって作られるマスクは、さぞかし着け心地が良いのでしょう。 混乱が落ち着いてからでもじっくり待って、手に入れたいマスクだと思いました。 子供用マスクの販売がたくみばで開始されるようです。 下の記事を読んでいってくださいね。 一方、個人でマスクを手作りする方は、素材選びに注意が呼びかけが出されています。 作られる方は下の記事も読んでみてくださいね。

次の

「洗える超伸縮フィットマスク」のTAKUMIBAが大容量パックの販売を開始!ロゴ印字は無料で、当日プリントサンプル出荷対応

タクミバ マスク

私たちの元には、宅配員の方・作業現場の方・看護師さん等、マスクを着用し、屋外屋内問わず動き続ける方から、多くのお声を頂いております。 そういった方に少しでも快適に過ごしていただきたく、超伸縮FIT MASK "さらピタCOOLタイプ"を発売いたします。 基本的な、超伸縮素材「トリコット」を使った、 ・肌触りがいい ・よくのびてフィットする ・呼吸がしやすい ・耳が痛くない ・メガネが曇らない という機能に加えて、夏用は3つの特長を備えます。 更に、汗をかいてもべた付かない様、肌に触れる面は、肌離れのいいピケ調の表面感に仕上げています。 冷たさを感じるのは、つけた瞬間が最大。 一方湿度は感じ続けるものです。 長く快適が続くように、空気中の湿気を吸って放出する素材を選びました。 その機能は当社従来品の約3倍です。 その秘密はキュプラという綿の種の表皮からわずかに取れる素材。 高級スーツの裏地にも使われる、日本が誇る旭化成自慢の素材で、本来捨てられるはずの素材を、驚くほど精密な技術で糸を撚(よ)り、国内の工場で経編(たてあみ)しています。 薬剤による後加工ではない、天然素材が発揮する機能をぜひ感じて下さい。 つばのある帽子をかぶれば完璧ですね。 カラー展開と発売スケジュールについて 今回さらピタCOOLタイプは白を含めた6カラー展開になります。 緊急事態宣言も解除され、三密を防ぎながらの外出も徐々に増えてくるこのタイミングで、ファッションも楽しめる今年らしいトレンドカラーをご用意しました。 お待たせして大変申し訳ございません。 ご理解の上、お買上げいただければと思います。 フリーサイズとしてこれまで販売させて頂きましたが、何割かの方には少し大きい・少し小さいがありました。 スタッフへのテストでは、2割がSサイズ(小さ目)、6割がMサイズ(ふつう)、2割がLサイズ(大き目)となっており、半分以上の方はMサイズで問題なく着用頂けます。 図り方の目安は下記画像を参照頂ければと思いますが、社内テストでは、ほぼ自己申告で、「(顔が)小さいと思う」「大きいと思う」が当たっていました。 なお、これまで販売しておりました「フリーサイズ」はMサイズに該当します。 大人より繊細な皮膚を持つ子供たちに、(お父さんお母さんが)安心してつけてあげられるように、きっちりとモニターテストを行っており、結果としてトラブルの無かったこの素材を選んでいます。 年齢による判断が難しい場合は、サイズ表を参考にお選びください。 これまでの通年用FIT MASK「ふわピタ」タイプの方でも、大人用SとLを追加予定です。 現在、追加日は未定となっております。 発売から2か月の間に、多くの方の顔の形をモニターし、よりフィットしやすい形状に修正しました。 下記に動画を掲載しておりますので、ご参照ください。 洗い方ですが、生地を傷めないように、手洗いして下さい。 テストでは、手洗いうがいの際に、手洗い用せっけんで洗いました。 その後、ハンカチなどと一緒に干すと、翌朝には乾いて、スッキリ清潔になっており非常に簡単でした。 50回洗濯後も外観が著しく劣化しない結果が品質検査報告書で実証されております。 これも、特殊な素材のトリコットを使用しているからこそです。 厚生労働省及び経済産業省が発表している洗い方は下記になりますので、ご参考にして下さい。 ・素材:ポリエステル キュプラ ポリウレタン ・伸縮糸ポリウレタンが劣化するため、乾燥機はご遠慮ください。 ・ウイルスを防ぐ試験は未実施です。 irodoは、アイロンの要らないファブリックステッカーとして、キッズデザインアワードも受賞した、メディアで話題のファブリックステッカーです。 可愛さはもちろん、耐久性・ストレッチ性も高く、TAKUMIBAマスクとも相性バッチリです! お子様にもぴったりですし、大人の方も様々な楽しみ方、使い方がございます。 もちろん家族のマスクを見分けるなどの機能もありますので、洗えるマスクとの上手な付き合い方の一つとして、ぜひ試してみてください。 日常の中で、マスクを外すシーンは多くあると思いますが、カバンやポケットからサッと取り出し、マスクを清潔に、スタイリッシュに保管して頂けます。 【ご注文数について】 購入制限は設けておりませんが、必要な分のみをお買い求めください。 【ご変更・キャンセルについて】 大変恐縮ではございますが、大変多くのご注文が予想され、混乱を防ぐため予約のご変更・キャンセルはお受けできませんので、あらかじめご了承ください。 必要と思われる数量のみ購入ください。 【ご使用上の注意】 ・皮膚に異常がある場合や、異常が現れた場合はただちに使用を中止してください。 ・乳幼児の手の届かない場所に保管をしてください。 ・高温多湿な場所直射日光の当たる場所での保管は避けてください。 ・個人差により、眼鏡がくもることがありますので、運転の際などは十分にご注意下さい。 ・繰り返し洗濯により劣化する場合がございます。 ・繰り返し使用により、生地が内側に巻いてきますが着用に問題ありません。

次の