サフィール踊り子時刻。 サフィール踊り子のプレミアムグリーン車の料金や座席は?事前予約はいつから?

特急サフィール踊り子の停車駅・路線図・沿線の観光情報

サフィール踊り子時刻

特急「スーパービュー踊り子」廃止で「サフィール踊り子」に置き換えへ 今回の2020年3月14日JR東日本横浜支社ダイヤ改正では、東海道線特急「スーパービュー踊り子」を廃止し、車両更新と同時に特急「サフィール踊り子」に置き換えることとなった。 東海道線特急「サフィール踊り子」はE261系8両編成での運転となり、置き換え対象となる251系「スーパービュー踊り子」の10両編成より短くなっている。 また251系「スーパービュー踊り子」は10両中8両が普通車指定席であったが、新たに導入する「サフィール踊り子」は全車グリーン車以上のほか、さらに上位座席となるプレミアムグリーン車を連結する。 これにより251系「スーパービュー踊り子」は1両当たり最大64人の定員があったが、新たに導入するE261系「サフィール踊り子」では1両当たりの定員は最大36人となってしまっている。 なおプレミアムグリーン車はJR東日本管内はグリーン車の1,500円増、伊豆急行管内はグリーン車の820円増で利用できる。 特急「サフィール踊り子」はグリーン車以上の座席しか設定がないが、普通車の多い特急「踊り子」も運転していることから大きな問題にはならないだろう。 なおダイヤについて見ていくと、1日最大2往復の運転となっている。 運転するのは東京11時00分発「サフィール踊り子1号」伊豆急下田行き、平日運転の東京12時30分発特急「サフィール踊り子3号」伊豆急下田行き、土休日運転の新宿12時25分発特急「サフィール踊り子5号」伊豆急下田行き、伊豆急下田14時12分発「サフィール踊り子2号」東京行き、臨時運転の伊豆急下田16時30分発「サフィール踊り子4号」東京行きとなっている。 ダイヤ改正前は臨時列車も含めて最大5往復の特急「スーパービュー踊り子」の運転があるのに、ダイヤ改正後は最大2往復しか「サフィール踊り子」を運転しない。 しかも 「サフィール踊り子」のうち臨時1往復はE259系 「成田エクスプレス」型車両 による特急「マリンエクスプレス踊り子」のダイヤで運転する。 そう考えると、2020年3月14日ダイヤ改正以降E259系の伊豆急下田乗り入れがなくなるのではないだろうか。 追記 2020年1月17日公表の春の臨時列車運転にて、E259系特急「マリンエクスプレス踊り子」は2020年3月14日ダイヤ改正で廃止することが確定しました。 特急「踊り子」車両置き換えで特急「スーパービュー踊り子」からの格下げへ 今回の2020年3月14日JR東日本横浜支社ダイヤ改正では、東海道線特急「踊り子」でも車両更新を行う。 特急「踊り子」は「スーパービュー踊り子」のように車両更新に伴い列車愛称を変更するわけではないが、今回のダイヤ改正で一部で車両更新を行うこととなった。 ダイヤ改正前は全ての特急「踊り子」が185系 サイコ新快速型車両 での運転となっているが、今回のダイヤ改正より一部をE257系に置き換える。 ただこの1両の減車はグリーン車であることから、影響は少ないものと思われる。 E257系による東海道線特急「踊り子」の運転は1日2往復実施する。 運転するのは東京10時00分発特急「踊り子7号」伊豆急下田行き、東京13時00分発特急「踊り子15号」伊豆急下田行き、伊豆急下田9時51分発特急「踊り子4号」東京行き及び伊豆急下田16時02分発特急「踊り子18号」池袋行きの4本で、投入早々新宿・池袋乗り入れを果たすこととなり、 新宿では古巣の中央本線特急のお隣のホームに入線することとなった。 今回のE257系の導入は伊豆急下田発着のみとなっている。 修善寺発着への導入はJR東海と調整を行う必要があるため、次回の2021年3月ダイヤ改正まで持ち越しだろう。 しかしこの運転時刻を見ると、数分ずれはあるものの全て2019年現在185系特急「踊り子」の時刻ではなく、全て251系特急「スーパービュー踊り子」の時刻なのだ。 つまり E257系特急「踊り子」が置き換えるのは185系特急「踊り子」ではなく251系特急「スーパービュー踊り子」なのだ。 ただこの格下げは悪いことだけではない。 E257系はまで中央本線特急「あずさ」「かいじ」で運用していた中古車ではあるが251系よりかは設備が新しいわけだし、特急料金も特急「スーパービュー踊り子」のA特急料金から特急「踊り子」の B特急料金に値下げする。 特急「スーパービュー踊り子」には普通車指定席がったっため普通車指定席でも同じ区間で列車により料金が異なっていたが今回の2020年3月14日ダイヤ改正で新たに設定する特急「サフィール踊り子」は全席グリーン車以上であること、特急「スーパービュー踊り子」は廃止すること、特急「サフィール踊り子」のうち1往復は259系 「成田エクスプレス」型車両 による「マリンエクスプレス踊り子」を置き換える見込みであることから、東京~伊豆急下田間では普通車指定席は全てB特急料金で乗れるようになるのだろう。 裏を返せば、今回のダイヤ改正で特急「踊り子」の185系運用は減らないと見ていい。 新快速と大して設備が変わらない自称特急は2020年も元気に走るようだ。 結び 今回の2020年3月14日JR東日本横浜支社ダイヤ改正では、東海道線特急「スーパービュー踊り子」をE261系「サフィール踊り子」及びE257系「踊り子」の置き換えることで廃止した。 今後JR東日本横浜支社でどのようなダイヤ改正を行うのか、見守ってゆきたい。

次の

【2020春改正】踊り子号ダイヤ全体像判明!サフィール踊り子号は品川・渋谷にも停車

サフィール踊り子時刻

踊り子号新旧列車対応表 今回のダイヤ改正のポイントとして、車両面の大幅な刷新がある一方で、 従来の運転体系をなるべく維持しているのが特徴的です。 中央線の2018年3月改正が小規模〜2019年3月の車両置き換え完遂と同様の動きと推測でき、ライナー列車の特急化を見越してか、E261系だけではなく、 E257系もライナーに入れないようにされています。 走行順に便宜的な読みかえ表を作成してみました。 推測を含みますので参考程度にどうぞ。 カッコ書きでE257系と記しているものは、2020年春ダイヤでは185系とされているものの、付属編成の改造・ライナー付帯運用などの制約がなくE257系に置き換えが可能=夏以降に置き換えがされる可能性がある列車です。 上野東京ライン開業以降、スーパービュー踊り子5号の送り込み回送は早朝に運転されていますが、各組合からもこれを直接の出庫に改めるよう交渉がされていた背景があります。 これに対し、 会社側は尾久でしか出来ない作業があるためにこの列車の廃止は難しいとしています。 作業メニューについては明らかにされていませんが、より複雑な設備を多く搭載しているE261系についても、同様に東大宮では出来ない何らかの作業が発生する可能性を考えると、251系同様に朝ラッシュ前に送り込む運転が行われる可能性は高そうです。 このマリン〜の臨時ダイヤですが、平日にも試運転で時折使用されてきた E257系2000番台乗務員訓練等 ダイヤですので、従来から 平日も設定が可能でした。 また、土休日の新宿駅12:25発ですが、これは新たに挿入した時刻と考えてられます。 土休日の日中であれば品鶴線 湘南新宿ラインの経路=横須賀線 に余裕がありますので、設定自体は十分可能だったものと思われます。 通常は東京発の列車を新宿駅に変えた例としては、踊り子101号の横浜以北を差し替えた新宿7:18発のはちおうじ踊り子号・リゾート踊り子号などがあり、長年に渡りこういった設定が時折されていました。 今後も、新宿発の需要があれば2021年春のダイヤ改正で設定時刻・経路を改める可能性があります。 経路については従来のスーパービュー踊り子1号・3号と同一かと思いますが、新鶴見信号場・鶴見駅経由で実施される可能性も捨てきれません こちらの方が平面交差支障が少ない。 上り列車が東京止まりとされた経緯についても推測の域を出ませんが、相鉄直通などの本数の多い時間帯を避けたものと思われます。 スーパービュー踊り子3号代替で185系の運転が行われるのはライナー維持の都合となりますので、妥当なところでしょう。 意外にも、朝の尾久車両センター回送はE257系となりました。 もしかしたらスーパービュー踊り子10号のように、繁忙期の大宮発着が実施されるかもしれませんね。

次の

踊り子車両更新でスーパービューからの格下げとマリンエクスプレス踊り子廃止へ! JR東日本横浜支社ダイヤ改正(2020年3月14日)

サフィール踊り子時刻

1号車 プレミアム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 2号車 個室 1 2 3 4 3 号車個室 1 2 3 4 4号車 ヌードルバー 5号車 グリーン 1 2 3 4 5 6 6号車 グリーン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 7号車 グリーン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 8号車 グリーン 8 7 6 5 4 3 2 1 4人 4人 C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C 展 B B B B B B B B B B 展 望 B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B 望 A A A A A A A A A A 6人 4人 4人 6人 6人 4人 4人 6人 1人 1人 1人 1人 1人 1人 1人 1人 A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A 海側。 大磯から伊豆稲取まで海の絶景。 東京・新宿👉• 景色の良い A席がおすすめ。 基本は3列で、山側C席は1人用。 伊豆急下田行きの場合、先頭となる展望車は、2列の プレミアムグリーン車。 (東京・新宿行きは、最後尾)• ヌードルバーは、席は自由ですが、ヌードルは事前予約制です()。 個室へはデリバリー。 普通の踊り子号はこちら: 随所に荷物置き場があり、トランクのほか、背が高いものも置けます。 チェーン鍵等はないため、心配な場合は、持参します。 1号車 プレミアムグリーン車の写真|サフィール踊り子 全席グリーン車のサフィール踊り子号では、伊豆急下田行きの場合、1号車が先頭となります。 1号車は、2列のプレミアムグリーン車。 海側に寄せて配置されています。 東京・新宿行きの場合、最後尾となります。 プレミアムグリーン車は、展望席機能があり、景色が見やすくなっています。 以前のスーパービュー踊り子(廃止)に比べると、傾斜がなく、後ろの方(4〜10番)は景色は見えづらくなります。 プレミアムグリーン車は、まるでコクピットのような豪華座席です。

次の