調布 市 コロナ ウイルス 感染 者 数。 【コロナ感染】調布市、市役所職員に新型コロナウイルス感染者が確認される

新コロ(covid

調布 市 コロナ ウイルス 感染 者 数

厚生労働省「新型コロナウイルス感染症に関する検査について」-「抗体保有調査結果」 日本では6月19日、新型コロナウイルス対策として自粛を要請されていた都道府県をまたぐ移動が全面的に解除されたが、その後、世界でのパンデミックが加速していることから、第2波の襲来への警戒心が高まっている。 厚生労働省は6月16日、新型コロナウイルスに関する初の大規模な 抗体検査の結果を発表したが、東京での抗体保有率は0.1%、大阪は0.17%、宮城は0.03%だった。 5月31日時点の累積感染者数を基にした感染率が、東京は0.038%、大阪0.02%、宮城0.004%であることから、実際の感染者数は報告されている人数の2.6~8.5倍に達することになり、 PCR検査の陽性者数の数倍にあたる人々が感染に気づかないまま回復したことになる。 注目すべきは欧米に比べて抗体保有率が非常に低かったことである。 大規模流行が起きた海外では、スウェーデンのストックホルム市は7.3%、英ロンドン市は17.5%、米ニューヨーク市は19.9%だった。 抗体保有率が低いことは、多くの人が免疫を獲得し感染が終息に向かうという「集団免疫」の段階に達するまでの時間が長いとされることから、日本での「第2波」は諸外国に比べて大きくなるのではないかと懸念されている。 新型コロナウイルスを退治できる「T細胞」 一方、日本などアジア地域での新型コロナウイルスによる死亡率が、欧米地域などと比べて2桁少ないことが明らかになっているが、その謎の解明に資する研究結果が出ている。 米国カリフォルニア州のラホヤ免疫学研究所が新型コロナウイルス流行前(2015年から2018年)に採取した健康な人の血液を調べたところ、半数の人の血液から新型コロナウイルスを退治できる「T細胞」が検出された(6月19日付日経バイオテク記事より)。 人間の免疫機構はさまざまな免疫細胞が連携して働いている。 大括りにすれば、自然免疫(生まれながらに身体に備わった免疫機能)と獲得免疫(病原体に感染することによって後天的に得られる免疫機能)に分かれるが、新型コロナウイルスに対処できるのは獲得免疫のほうである。 獲得免疫も2種類に分かれ、「抗体という武器をつくる」B細胞と「ウイルスなどの異物を撃退する」T細胞がある。 治療薬やワクチンの開発などで注目されているのはB細胞のほうであるが、今回の研究結果はこれまで光が当たっていなかったT細胞に関するものである。 新型コロナウイルスが出現する前から、SARSやMERSのほかに4種類のコロナウイルス(風邪の一種)が見つかっているが、半数の人たちのT細胞は、過去のコロナウイルスに感染した経験を生かして新型コロナウイルスに対応できることがわかったのである。

次の

新型コロナウイルス、現在の感染者・死者数(28日午前4時時点) 死者49.5万人に 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

調布 市 コロナ ウイルス 感染 者 数

この統計は、各地のAFP支局が各国当局から収集したデータと世界保健機関()からの情報に基づいたもので、実際の感染者はこれよりも多いとみられる。 多くの国では、症状がある人や重症患者にのみ検査を実施している。 27日午前4時以降、新たに4372人の死亡と18万1048人の新規感染が発表された。 死者の増加幅が最も大きいのはブラジルの990人。 次いでメキシコ(719人)、米国(523人)となっている。 最も被害が大きい米国では、これまでに12万5255人が死亡、249万2246人が感染し、少なくとも67万809人が回復した。 次いで被害が大きい国はブラジルで、死者数は5万5961人、感染者数は127万4974人。 以降は英国(死者4万3514人、感染者31万250人)、イタリア(死者3万4716人、感染者24万136人)、フランス(死者2万9778人、感染者19万9343人)となっている。 人口10万人当たりの死者数が最も多いのはベルギーの84人。 次いで英国(64人)、スペイン(61人)、イタリア(57人)、スウェーデン(52人)となっている。 香港とマカオ()を除く中国本土で発表された死者数は4634人、感染者数は8万3438人、回復者数は7万8444人。 地域別の死者数は、欧州が19万5832人(感染262万8116人)、米国・カナダが13万3820人(感染259万5200人)、中南米・カリブ海()諸国が10万8531人(感染237万4695人)、アジアが3万2494人(感染118万7782人)、中東が1万5195人(感染71万7659人)、アフリカが9283人(感染36万2479人)、オセアニアが133人(感染9109人)となっている。 各国の死者数・感染者数は当局による訂正やデータ公表の遅れがあるため、過去24時間での増加幅は前日の集計結果との差と一致しない場合がある。 c AFP.

次の

新型コロナウイルス感染者、世界で1000万人超に

調布 市 コロナ ウイルス 感染 者 数

2020年4月24日 国内で1万人を超えた新型コロナウイルスの感染者。 NHKでは、このうち4月17日までの9800人余りについて、年代や感染経路などのデータを詳しく分析しました。 その結果、最近の感染拡大の特徴が見えてきました。 9852人のデータを分析 NHKは、全国の放送局を通じて自治体が発表した感染者の性別や年代、職業、感染経路などのデータを集め4月17日の時点の9852人について分析しました。 人口10万人あたりの感染者、東京に続き北陸が上位に 感染者の実数で最も多いのは東京都、次は、大阪府ですが、人口10万人あたりでみるとまた違った順位になります。 東京都の20. 1人に続くのは、石川県の14. 1人、そして福井県の13. 5人でした。 高知県も9. 0人で8番目になっていて、全国平均の7. 8人を上回りました。 北陸などでなぜこのような結果になるのか。 これらの地域では、特定の企業や医療機関などで集団感染とみられるケースが発生していました。 地方でも感染拡大が深刻になっていることがうかがえます。 男女別・年代別で見ると 20代女性の感染者が多い 感染者を男女別と年代別で比較します。 男性で割合が多いのは、次の年代です。 40代 19. 50代 18. 30代 16. 20代 14. 60代 12. 9% 男性で割合が少ないのは、次の年代です。 90代以上 0. 10歳未満 1. 10代 1. 80代 4. 70代 8. 8% 女性で割合が多いのは、次の年代です。 20代 20. 50代 16. 30代 15. 40代 14. 60代 10. 3% 女性で割合が少ないのは、次の年代です。 10歳未満 1. 10代 3. 90代以上 3. 80代 6. 70代 9. 3% 注目されるのは20代女性の感染の多さです。 男女別・年代別 人口あたりで見ると 人口10万人あたりで見ると、女性で最も多い20代女性は13. 4人となっています。 男性で最も多い50代は13. 2人となっています。 20代女性の感染がなぜ多いのか。 日本感染症学会の理事長で東邦大学の舘田一博教授は、医療や介護の現場で働く人や、接客業の人たちなどに、若い世代が多い可能性を指摘したうえで、「さらに詳しい解析が必要だ。 誰もが誰かに感染を起こしてしまうリスクがあるという意識で行動することが重要だ」と話しています。 発表日ごとに年代別の割合を見ると 30代以下で増加傾向 国内の感染拡大のなかで、年代別にはどのような変化があったのか。 発表日ごとの年代別の割合を3月から見てみます。 3月上旬から中旬にかけては「60代以上」が多く、「30代以下」が少ない傾向で推移。 3月の終わりごろからは逆に「30代以下」がほかの年代を上回り、「60代以上」が比較的少なくなる傾向になりました。 これは、東京などの都市部で感染者が急増した時期と重なります。 その後、4月中旬以降では年代別の割合の差が小さくなる傾向になっています。 都市部と並行して高齢者の割合が高い地方でも感染が拡大したことで、世代の差が小さくなっていくのでしょうか。 感染経路が推定できる人 不明な人 その割合は 感染経路が分からない人が増えていることについてデータから見てみます。 3月下旬以降、1日ごとの割合の変化をみると、やはり、感染経路が推定できる青い色の割合が日に日に少なくなってきたのがわかります。 全体の半数以下にまで減る傾向になっています。 感染経路が推定できる人 不明な人 年代別では 感染経路が推定できる人とできない人の割合を年代別に見てみます。 10代以下や、70代以上では推定できたケースが半数を上回ったのに対し、20代から60代では感染経路が推定できたケースが半数を下回り、とくに、30代から50代で感染経路がうかがえない傾向が顕著になっています。 感染経路が推定できる人 不明な人 職業別でも特徴が 職業別では、介護士や介護施設の利用者などの「介護・福祉」、大学生や学校の教員など「学校・教育」、医師や看護師などの「医療関係者」などで感染経路が推定できるケースが多いのに対し、「飲食・接客」や「会社員など」は感染経路が推定できる割合が少ない傾向となっています。 感染者の職業は半数程度しか公表されず、職業の分類も自治体によって異なるため、あくまで参考のデータですが、病院や介護施設といった感染経路が推定しやすいケースと、飲食・接客のような不特定多数の人に接するケースとで、傾向に違いが出ているといえそうです。 専門家はどう見る 今回の分析結果について、日本感染症学会の理事長で東邦大学の舘田一博教授は次のように話しています。 《地方でも感染が増えていることについて》 「人口が多いところで患者数が多くて、その後、地方にと考えていたが、ある地域では3密を起こしやすい環境が作られている可能性がある。 今は感染のまん延期なので誰でも感染してもおかしくない状況だ。 患者数の多い都心から地方に移動した人を中心に集団感染が起きてしまう可能性があるので注意が必要だ」 《20代女性の割合や40代男性の割合が多いことについて》 「この感染症は人と人との接触で感染のリスクが高まるのでさらに詳しい解析が必要だ。 40代、50代の男性は働き盛りで多くの人に会い、移動もする。 夜の街に出て行く機会も多いのかもしれない」 《データ全体から言えること》 「男女、年代にかかわらず、誰でも感染を受けるリスクがあるし、誰もが誰かに感染を起こしてしまうリスクがあるという意識で行動することが重要だ」.

次の