サカタのタネ 株価。 サカタのタネ(サカタタネ)【1377】株の基本情報|株探(かぶたん)

(株)サカタのタネ【1377】:株主優待

サカタのタネ 株価

もしもサカタのタネを保有しており、株価が下がるのを目の当たりにすると、不安になり投資情報を探してしまう人が多いでしょうね。 なぜ株価が下がるのか?いつ下げ止まるのか?明日の株価は上がるのか?そんな事を確実に当てる事は不可能ですから、考えるだけ無駄です。 そもそも他人頼りの売買を続ける限り、最後の買い手となるカモ投資家からは、卒業できません。 今、損しているなら間違ったタイミングで購入している訳で、撤退する選択も大切です。 実は 本当に儲かるチャンスとは、あなたのようなカモが保有株を投げ売る時なのですけどね。 サカタのタネで儲けるポイント• 1年間を通してみると年末前後が底値園になり、買い場が訪れる可能性がある• トレンド線付近までの下落で買いたいが、急激な上昇が続き、リスクも高い• 損切を事前に決めて、実行できない人にとっては難易度が高い• 儲けが僅かな短期売買を続ける限り、資金を増やすのは難しい 儲けも大きいが、リスクもデカい。 身の丈に合った資金で勝負する事も大切 (2016年7月10日公開) 株価予想を頼りにして、短気売買に挑戦する個人投資家のほとんどが損をしている では冨田康夫氏の株価予想をチェックします。 利益率の高い商品の売上が好調で増収増益の決算より、株価の上昇を期待して「買」推奨です。 予想が当たり26万円の投資に対して、利益が600円です。 そもそも 上位10%程度のセンスある人しか生き残れない、短期売買を推奨する時点で価値が無いです。 仮に株価予想を利用しても結果は同じ。 むしろ振り回される事の方が多く、自分自身の経験値も増えないので、百害あって一利なしです。 今回は予想が当たりましたが売買手数料を考慮すると、ほとんど儲けが無い訳ですよ。 負けたら確実に手数料分は損しますし、負け戦に挑むようなものですね。 チャートを見ても、上昇と下落を続けており、今後も安定して儲かる気がまったくしません。 そもそも短期売買をする事自体に、疑問を抱かないとしたら、これまた大問題です。 会社の組織で、上位10%の人になる自信がありますか?他人の力を頼りにする時点で、無理ですよね!?そんなイメージすら出来ないのであれば、カモとして相場に大切な資金を献上し続ける事になりますよ。 では個人投資家がプロ顔負けの利益を手にするために、どうすれば良いのか?そこで当サイトでは、暴落など、カモになった個人投資家が恐怖でブン投げるような時に、買い向かう事をおススメしています。 年に1,2回の取引になりますけど、投資額に対して十分に満足できる利益を、手にする事が可能だからです。 ただ暴落時に勝負するのは危険ですから、、などの手法と組み合わせて、投資タイミングを考えると、儲かる可能性が高まります。 管理人なら、年末のバーゲンセールまで静観する。 無理をしない事も大切 自らを「タネ屋」と呼ぶサカタのタネは、国内卸売事業、海外卸売事業、小売事業、その他事業の計4部門が収益源となります。 主力の卸売事業が全体の8割を占め、海外売上比率も5割を超えているグローバル企業です。 北中米、欧州、アジアとバランス良く事業を拡大しています。 本業の儲けを表す営業利益率は4%台ですから、高収益な商売ができている訳ではないようですね。 項目 内容 コメント 企業名(銘柄コード) サカタのタネ (1377) 上場市場 東証1部 業種 水産・農林業 株価 2,539円 単元株数と最低購入単価 100株:25万3,900円 時価総額 1,229億円 資本金 135億円 発行済株式数 4,841万株 浮動株数 721万株 利益剰余金 655億円 有利子負債 51億円 保有者比率 外国 8. 最終的な利益も右肩上がりで増加していますから、安定感を感じます。 キャッシュフローから資金繰りの状況を確認します。 本業の儲けである営業CFがプラスを維持しているので倒産の危険性も、まったく感じないですね。 現金同等物も増加していますので、利益が蓄積しています。 ではサカタのタネの過去チャートをチェックして、値動きの特徴を把握しましょうか。 2009年以前まで遡ってみると、年末前後が底値園になる傾向がとても強いです。 という事は、 毎年バーゲンセールが年末頃に到来するイメージを持って、株価を監視すれば良いという事ですね。 日々の株価動向、つまり明日の株価が上がるのか?下がるのか?そんな無駄な事は、あまり考えない方が利益に繋がりますよ。 このようにを上手に利用して売買すると、安定した利益に繋がります。 次に直近のチャートを見て、具体的な投資判断を考えてみます。 まずは を参考にトレンド線を引きましょう。 株価の上昇力が変わると、トレンド線も下記チャートのように変わってきます。 でも解説していますが、 基本的にトレンド線付近まで株価が下がった際に買い向かう戦略になります。 年末後頃のバーゲンセールと重なると、精神的に安心感がありますね。 例えば上述の戦略を採用して2015年10月頃 1,800円 に購入して、半年後の2015年4月頃 2,700円 に売却すると 18万円の投資に対して利益が9万円です。 利益率が50%ですが、年1回の取引でも十分な儲けになります。 現時点では投資チャンスに見えますが、トレンド線の傾きも大きく 株価が急上昇して、急下落している 、トレンド線を下抜けすると、下落が止まらない可能性が高いです。 過去の傾向を考慮しても、年末付近まで値下がりが続く可能性が高い為、かなりリスクが高いですね。 管理人なら無理せず様子見です。 リスクが取れる人は、損切する覚悟で挑むべきです。 加えて赤色エリアの高値園では、決して参入しないように。 最後の買い手となってプロに売り場を提供する事になりますし、利確する前に暴落に遭遇して、卒倒するような損失を出す事になります。 その他の注意点としては、サカタのタネを売買する為には、20万円近くの資金が必要になる事でしょうか。 これから投資を始める人にとっては大金ですし、不安が強すぎて冷静な投資判断ができないです。 よって、 できるだけ少額の取引を繰り返して、投資の経験を積みましょう。 急がば回れの精神が大切です。 SMBC日興証券のサービスのご利用を検討なさって下さい。 2016年7月時点で管理人がチェックした水産・農林業銘柄.

次の

農林水産銘柄、(1377)サカタのタネの株価分析! 今後の見通しは? 〜銘柄リサーチPart.8〜|株まとめ@元証券マン|note

サカタのタネ 株価

サカタのタネのみんかぶ目標株価は「3,832円」で【買い】と評価されています。 みんかぶリサーチによる株価診断では【割安】 理論株価 3,550円 、証券アナリストによる予想では【強気買い】 予想株価 4,300円 、個人投資家による株価予想では【売り】 予想株価 3,089円 と判断されています。 サカタのタネは、【機能性野菜、農産物輸出、種苗】などのテーマ銘柄です。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

サカタのタネ (1377)の株主優待が到着。カタログギフトが嬉しい!株価急落も回復中 │ サラリーマン研究者クロノの投資ブログ

サカタのタネ 株価

普段は割安株中心に、銘柄分析記事を連載形式で投稿しています。 今回の記事では趣向を変えて、投資指標は決して割安とは言えませんが、個人的に注目している (1377)サカタのタネについて、詳細を見ていきたいと思います。 また、自社開発品も多くあり、 ブロッコリー種は世界シェア6割と海外拡大も順調です。 生産・研究開発・販売拠点として、日本を含めて 全世界で22ヵ国に事業展開を行っております。 うち、農場及び研究施設として、国内5ヵ所、 海外で10ヵ国13ヵ所に拠点を持っております。 ちなみに、農林・水産業の一部上場企業はわずか7社しかなく、 サカタのタネは時価総額2位となっています。 サカタのタネの収益事業は、以下の4つのセグメントに分かれています。 海外展開が順調であることが分かりますね。 続いて、業績・配当の推移を見ていきましょう。 一株利益・配当ともに右肩上がりとなっています。 売上は自体も継続的に増加しているため、非常に好調な推移と言えますね! 以下は 月足チャートになります。 右肩上がりではありますが、ここ 2年ほどは横ばい気味ですね。 ちなみに、2020年1月8日終値ベースで、サカタのタネの各種指標は以下のようになっています。 特にPERは水産・農林業のセクター平均と比べても 2倍近い数字となっております。 次は、サカタのタネのリスクについて見ていきます。 サカタのタネのリスクは、 天候悪化による生産量減少リスクと 為替変動リスクがあります。 ただし、生産については 22か国に分散されているのでリスクは軽減されておりますし、為替についても、これから 極端な円高に進むこともなかなか考えにくいので、リスクは限定的と考えます。 それはひとえに、 海外展開に成功している農林水産業という点でしょう。 ブロッコリー種で 世界シェア6割というのはかなり圧倒的と言えます。 日本は人口減少が続いていますが、 世界の人口はまだまだ増加傾向にありますので、食料品の需要もそれに伴い増加していくと考えられます。 農林水産業の一部上場会社はそもそも7社しかなく、そういう意味では 需要の高い銘柄であると言えそうです。 ただし、PERがやや高すぎる印象なので、もう少し下値で拾いたいところですね。 数少ない農林水産業の上場会社ですし、 業績も好調なので非常に魅力のある銘柄だと考えます。 足元ではやや株価が高いように思いますが、ぜひ一度ご検討いかがでしょうか。 本記事の内容がよかったら、これまでの記事もぜひご覧ください。

次の