生姜 焼き。 【保存版】タモリ式「しょうが焼き」が最高に美味しい!その理由とは?

調理師直伝「生姜焼きのタレ」の黄金比!簡単すぎて丸暗記♪

生姜 焼き

肉を軽く焼いてからタレを絡めて焼けば完成!37秒で作り方がわかるレシピ動画があります。 豚ロースで作ります。 下味をつけた豚肉に小麦粉をまぶして焼いてからタレを加えて煮詰めます。 豚の生姜焼きの人気検索で1位になったレシピです。 【つくれぽ3,729】なすと豚のしょうが焼き風。 豚肉だけでなく、野菜もたっぷり摂りたいときにもいいですね。 レシピ動画あり(58秒)。 そのあとにタレを加えて焼いて完成。 豚肉は肩ロース、ロース以外にこま切れでもOK。 がっつり食べたいときにおすすめです。 塩コショウし、片栗粉を付けてフライパンで焼いてからタレを入れて加熱して完成。 レシピ動画あり(51秒)。 酒で下味をつけた豚肉と一緒に大根も焼いて、タレを加えて炒めたら完成。 レシピ動画あり(1分5秒)。 フライパンで炒めるときは油を入れないのがこのレシピのポイント。 豚ロース肉を使って、小麦粉を付けて焼いてからタレを入れて焼いて完成。 レシピ動画あり(46秒)。 お肉が薄いから子供でも食べやすいです。 15秒のクックパッド料理動画があります。

次の

定食屋の味に近づく!生姜焼きを柔らかく仕上げる簡単テク

生姜 焼き

代々木上原の「sio(シオ)」オーナーシェフ鳥羽周作さんに教わる家庭料理のレシピ第二弾は「豚肉の生姜焼き」。 これはsioの人気テイクアウト商品「バインミー」の具材でもあります。 「既存の生姜焼きに対する革命」という絶品レシピは豚肩ロースを使わずに豚バラ薄切りで作るところからスタート。 玉ねぎは豚肉の食感とのコントラストを作るためにあえて厚めに切るのがオススメ。 肉を炒めるときは面倒臭がらず丁寧に広げてから焼きましょう。 既存のレシピを疑ってかかり、美味しさのKPIを求めることで、いつも違うレベルの生姜焼きが作れます!記事を参考にぜひ作ってみてくださいね。 そしてコロナが収束したらぜひレストランに足を運んでください!(・) 新型コロナウィルスの影響により、いまだ多くの人々が自宅中心の生活を余儀なくされています。 本連載では、気軽に外食ができないこんな状況だからこそ、料理の楽しみ、ひいては食の楽しみについて、・のレストラン「sio(シオ)」でオーナーシェフを務める周作さんと一緒に考えていきたいと思います。 連載二回目となる今回は、sioの人気テイクアウト商品「バインミー」の具材である 「生姜焼き」。 家庭の味としても馴染み深いメニューを一流シェフがアレンジすると、一体どんな味になるのでしょうか。 このレシピで薄切りの豚ばら肉を使うのは、なぜでしょうか? なーんかねぇ! 何も考えずにロース肉を使うのは、 単純に愛がないですよね!! ——(今日もすごい熱量だ)愛がない、と言いますと? 僕の独断かつ個人的な見解ですけど、良い生姜焼きって 「抜きのカレー」なんですよ。 そこで僕は思うんですよ、「おい、コノヤロー」って。 ——ルーとご飯を勢いよくかき込みたいのに、が邪魔しちゃうと。 なんとなくわかります。 それと同じで「生姜焼き」も、ご飯と一緒にバクバク食べられるのが理想だと思うんです。 でも、厚めのロース肉を使うと箸で切りづらいから、歯で食いちぎるみたいな食べ方になるじゃないですか。 ——ああ、言われてみるとそうですね。 そうすると、食べるテンポが悪くなりますよね。 それって食べる人に対して全然優しくないじゃないですか。 愛がないんですよ! ——(ご飯とおかずを気持ちよくかき込むことへの情熱がすごい) なので、今回紹介するレシピは正確に言うと「生姜焼き」ではなくて 「生姜焼き・レボリューション」です。 既存の生姜焼きに対する革命だと思って聞いてください。 ——か、革命!? スケールが大きすぎて混乱してきたので、順を追って教えて下さい! 1. 肉を6〜7cmほどの長さにカットし、玉ねぎはすこし厚めにスライス、は千切りにしておく。 では、早速作っていきましょう。 まず下準備として、肉・玉ねぎ・をカットします。 タレの調味料も、このタイミングで合わせておくのが良いですね。 ——あれ、肉は薄めなのに、玉ねぎは厚めなんですね。 生姜焼きは、つい全体を炒め過ぎて食感が平坦になりがちです。 そこで、 肉の食感とのコントラストを作るために、玉ねぎは厚めに切るのがおすすめです。 ——なるほど。 玉ねぎのシャキシャキ感とお肉の柔らかさの差が良いと。 その一方で肉は火を入れると縮みます。 なので、気持ち長めにカットすることで、一口で食べやすいサイズになりますよ! 2. 油を引いたフライに豚ばら肉を入れ、色が変わるまで炒める 下準備が終わったら早速炒めていきましょう。 生姜焼きはスピード感が命なので、手早くパッパッと進めていくことが大切です。 ——肉を炒める時、なにか意識するべきことはありますか? 豚ばらを買った時、パックの中で肉が二つ折りになっていることが多いですよね。 そのまま焼くと重なっている部分に火が入らなかったりするので、面倒臭がらず、 肉を丁寧に広げてから焼いてください。 また、しっかりフライの温度を保つために、あまりあおらずに箸で軽く炒めていくのが良いでしょう。 玉ねぎとタレを入れて軽く煮詰める 肉の赤身がある程度消えたら、玉ねぎを入れましょう。 食感を残すことを意識しながら、透明になるまで炒めてください。 そして、生姜焼きのタレを投入します。 ——おお、タレが一瞬で沸騰しましたね。 ここで大事なのがフライの温度。 目安として、タレを垂らした時に「ジュウッ」と音がなるくらい熱されているのがベストです。 ここで火を入れすぎると玉ねぎの食感が失われてしまうので、強火で一気にアルコールを飛ばしてください。 1分も煮詰めれば十分だと思います。 ——ほんのり甘い香りが食欲をそそります……! ちなみに、タレに入れていたはちみつとりんごには、どんな役割があるのでしょうか? はちみつを入れるとタレに粘度がでて肉と絡みやすくなりますし、りんごのフルーティーな香りは生姜の香りの角を丸くしてくれます。 さらに、どちらの食材も豚肉との相性が抜群なので、 肉の柔らかさと旨味をより一層引き出してくれるんです。 お皿に盛り付けて完成 最後にの千切りと一緒にお肉を盛り付けて、マヨネーズを添えたら完成です。 ここに合わせるご飯は固めに炊いたものがベストです! ——とても簡単ですね! それでは早速ます……。 あ、ちょっと待って下さい! これだけでも十分おいしいのですが、 さらに半熟の目玉焼きを載せると最高です。 ——うわー! 見た目のシズル感がすごい。 とろっとした黄身のマイルドさと甘しょっぱいタレがマッチして、もう箸が止まりません。 そうなんすよ。 まず最初は肉だけ食べて、口に甘じょっぱい味わいが広がったらご飯いっちゃってください。 その次はにマヨネーズを付けてもう一回ご飯。 この繰り返しで結局ご飯が足りなくなって、おかわりしちゃうんですよね。 くー! ここまでうまいと、もはやずるいっすね! 誰かご飯持ってきてーー! ——このレシピに込められた愛は伝わってきました。 あとバインミーのように、に挟んで生姜焼きサンドにするのもオススメですね。 スクランブルエッグやポテトサラダをに塗ったり、七味をかけるのも良いですよ。 ワンポイントアドバイス ——最後に、今回のレシピのポイントを教えていただけますか? 一番のポイントはやはり厚いロース肉の代わりに、薄いバラ肉を使うことですね。 あとは玉ねぎの食感を残すために煮すぎない。 この2つさえ押さえれば基本的にはおいしくできると思います。 ——スーパーに行くと「生姜焼き用」という表記でロース肉が売られていることが多いので、今まで「生姜焼き=ロース肉」と思っていました。 もしかすると、ずっと固定概念に捉われていたのかもしれません。 そう、今回僕が一番伝えたいのは、 「レシピを疑うことの大切さ」。 生姜焼きってやっぱりご飯とどれだけマッチするかだと思うんですよね。 そこから逆算すると、厚めの豚ロースより薄切りのばら肉のほうが タレも染み込みやすいし、柔らかくて食べやすいじゃないですか。 ——完成形を事前にしっかりイメージし、設定しておく。 これはでも仰っていた 「おいしさのKPI設定」ですね。 そうなんです。 sioの料理には、新しい組み合わせの中にも日本人に馴染み深い味を忍ばせる「ネオおふくろの味」というイズムがあります。 もちろん既存のレシピ通り作ることも大切ですが、 時にはそれを疑って、自分なりの答えを出すことも料理の味の一つだと思います。 肉を6〜7cmほどの長さにカットし、玉ねぎは厚めにスライス、は千切りにしておく。 油を引いたフライに豚ばらを入れて、色が変わるまで炒める 3. 玉ねぎを入れて軽く炒めた後、タレを入れて煮詰める 4. お皿に盛り付けて完成 シェフが教えてくれた「レシピを疑う大切さ」。 そこには既存のレシピにとらわれずに料理を楽しんでもらいたいという想いがあるようにも感じました。 リモートワークの導入が進み、自宅で料理を楽しむ機会が増えた今こそ、是非普段のレシピとは一味違ったアレンジに挑戦してみるのはいかがでしょうか?この記事が1つのきっかけになれば嬉しいです。 それでは、次回のレシピもお楽しみに! 執筆: 編集: 写真(料理を除く): 取材協力.

次の

【保存版】タモリ式「しょうが焼き」が最高に美味しい!その理由とは?

生姜 焼き

美味しい生姜焼きのアレンジで代表的なのがタマネギを加えたレシピです。 これが定番という家庭も多いのではないでしょうか。 テレビでタモリさんが紹介して話題にもなりました。 ここではタモリさんの生姜焼きアレンジレシピをご紹介します。 タマネギを加えた生姜焼きの材料• 豚肉(こま切れ・ロース)・・・ 200g• タマネギ・・・適量• 天ぷら粉(小麦粉)・・・適量• 豚肉に天ぷら粉(小麦粉)をまぶしておきます。 タマネギをお好みの厚さにカットします。 油はひきません。 タマネギは焦げる寸前くらいが美味しく仕上がります。 口の中が生姜焼きで油っぽくなったらポテトサラダをいただくとスッキリとした箸休めになります。 下の記事ではポテトサラダのリメイクをご紹介していますので余った時の参考にしてみてください。 じゃがいも・・・中2個• ハム・・・2枚• マヨネーズ・・・大さじ5• 塩・・・少々• こしょう・・・少々 ポテトサラダの作り方• じゃがいもをゆでてマッシュポテトにしておきます。 たまねぎ・にんじん・きゅうり・ハムをカットしておきます。 マヨネーズ・塩・こしょうで味を調えたら出来上がりです。 きんぴらごぼうは生姜焼きの献立の付け合わせや副菜として簡単に作れるおすすめのおかずです。 常備菜として常に冷蔵庫にストックしているという人も多いのではないでしょうか。 ささっと作れて歯ごたえも楽しめるのでいいですね。 ごぼう・・・200g• にんじん・・・50g• 赤唐辛子・・・1本• ごま油・・・大さじ1• 白ごま・・・適量• ごぼうとにんじんを細切りにしごぼうは水につけてあくを抜きます。 水分がなくなったら盛り付けて白ごまをふったら出来上がりです。 お好みの野菜を生姜焼きを作ったあとのフライパンで炒めれば簡単で美味しい生姜焼きの味を生かした野菜炒めが出来上がります。 豚肉(もも薄切り肉・ロース肉・バラ肉のいずれか)・・・150g• 塩・・・少々• こしょう・・・少々• ピーマン・・・2個• しめじ・・・1パック• 鶏がらスープ・・・小さじ2• オイスターソース・・・大さじ1• サラダ油・・・大さじ2 野菜炒めの作り方• 豚肉3~4㎝幅にカットし塩・こしょうで下味をつける。 キャベツはひと口大・にんじんとピーマンは短冊切り・しめじは小房に分ける。 火が通ったら丸鶏がらスープとオイスターソースの順に加え炒めます。 生姜焼きがしょう油ベースの味付けなので味噌味のナス味噌炒めは口の中の気分転換になってとてもよい副菜です。 生姜焼きとはまた違うナスやピーマンの歯ごたえもまた楽しい一品です。 なす・・・3本• ピーマン・・・2個• 豚肉(豚バラ・切り落としなど)・・・150g• サラダ油・・・適量• ごま油・・・少々 なす味噌炒めの作り方• 一口大に切った豚肉・なす・ピーマンの順番で炒めます。 ごま油を回し入れてできあがりです。 さっぱりとしているので油の多い生姜焼きによく合います。 生姜焼きで口の中が油っこくなった時に酢の物を食べると口の中が落ち着いてまた生姜焼きを美味しくいただけます。 酢の物の作り方• たこ 刺身用 ・・・100g• きゅうり・・・1本• うすくちしょう油・・・小さじ1• みりん・・・大さじ1• 砂糖・・・小さじ1• 塩・・・少々 酢の物の作り方• きゅうりを小口切りにして塩をまぶししんなりしたら水気をしぼります。 たこをそぎ切りにします。 すべてを合わせて2~3分なじませたら出来上がりです。 ふわふわの卵が優しい口当たりで生姜焼きとのバランスがとてもよい汁ものです。 卵を溶いたときに片栗粉を少々加えておくとふわふわの柔らかいかきたまになりますよ。 卵・・・2個• 青ねぎ・・・適宜• だし汁・・・700ml• 塩・・・小さじ1• 片栗粉・・・小さじ2• 水・・・小さじ2 かきたま汁の作り方• 卵は溶きほぐし青ねぎは小口切りにしておきます。 だし汁を煮立て淡口しょう油と塩を加えたら水溶き片栗粉でとろみをつけます。 再び煮立ったら溶き卵を回し入れふんわりと固まりかけたら火を止めます。 器に入れてお好みで青ねぎを散らしたら出来上がりです。 焼肉屋さんなどで定番のわかめスープは生姜焼きにもよく合います。 手軽に作ることができるのでおすすめです。 わかめ 塩蔵 ・・・20g• ねぎ・・・6㎝• ごま油・・・小さじ2• しょう油・・・小さじ1• こしょう・・・少々• いりごま 白 ・・・適量 わかめスープの作り方• わかめは塩抜きをしてざく切りにねぎは細切りにします。 鍋にごま油を熱したらわかめとねぎを軽く炒めて鶏ガラスープを注ぎます。 ひと煮立ちしたらしょう油を加えこしょうで味を調えます。 器によそったらごまをふって出来上がりです。 千切りにした大根にドレッシングを合わせればあっという間に出来上がるのでおすすめです。 ニンジンなど他の野菜をミックスするのもいいですね。 大根にはダイエット効果もあるので下の記事を参考にして日頃から摂るようにするといいですね。 大根・・・400g• かいわれ菜・・・1パック• 油あげ・・・1枚• かつお削り節・・・2パック• 醤油・・・大さじ2. 酢・・・大さじ2• みりん・・・大さじ1• 砂糖・・・小さじ1• サラダ油・・・大さじ1• 塩・・・ひとつまみ• だし汁・・・大さじ2(あればでOK) 大根サラダの作り方• 野菜を下準備します。 大根は千切り・かいわれ菜は4~5㎝の長さ・油揚げはカリッと焼いて細めの短冊切りにします。 醤油・酢・みりん・砂糖・サラダ油・ごま油・塩・だし汁を合わせてドレッシングを作ります。 チョレギサラダは生姜焼きの付け合わせや副菜として簡単に作れるおすすめのサラダです。 レタスなどの野菜を食べやすいようにカットしたらごま油や醤油・酢などで味付けをします。 鶏がらスープを味付けに加えるとワンランクアップのおいしさになります。 鶏がらスープがないという時は下の記事を参考にしてみて下さい。 ごま油・・・大さじ1• 醤油・・・小さじ2• 酢・・・小さじ2• 砂糖・・・小さじ1• 白炒りごま・・・大さじ1• お好みの野菜・・・適量 チョレギサラダの作り方• ボールに野菜以外の材料をすべて入れて混ぜておきます。 中華サラダは生姜焼きの付け合わせや副菜として簡単に作れるおすすめのサラダです。 さっとゆでたもやしや千切りにしたハム・きゅうりを中華ドレッシングで合わせれば簡単で美味しい中華サラダの出来上がりです。 もやしは足がはやいので下の記事を参考に正しく保存しましょう。 もやし・・・1袋• きゅうり・・・1本• ハム・・・4枚• もやしをさっとゆでて水で洗い流し冷まします。 きゅうりとハムを千切りにします。 アサリの酒蒸しは生姜焼きの付け合わせや副菜として簡単に作れるおすすめの魚介メニューです。 アサリの砂抜きに多少時間がかかるので前もって下準備の時間を取る必要がありますが砂抜きがすでに済んでいるアサリを使えばその手間が省けます。 あさり(殻つき)・・・600g• 赤唐辛子・・・1本• 酒・・・大さじ2• 塩・・・少々• 小ねぎ(小口切り)・・・少々 アサリの酒蒸しの作り方• アサリの砂出しをします。 海水程度塩水にアサリを入れて冷暗所でしばらく置いておきます。 さっぱりとしているので箸休め代わりに付け合わせておくといいですね。 ホタテをマリネ液につけておくだけでできるので簡単にできますよ。 ホタテ 貝柱 ・・・5~6個• トマト・・・1個• 砂糖・・・小さじ1• サヤインゲン・・・2~4本• 塩・・・適量• ホタテを厚み2~3等分に削ぎ切りにして塩水で洗い水気をきります。 トマトを粗いみじん切りにしたら塩少々を振って5~6分置きさらに砂糖も加えて置いておきます。 茹でたサヤインゲンを縦半分にカットします。 メインの生姜焼きがお肉なので付け合わせはベーコンなど生姜焼きを邪魔しないものがいいですね。 生姜焼きを作ったフライパンで作ると旨味を吸収してより美味しくなりますよ。 ほうれん草・・・1束• ベーコン…1枚• バター・・・小さじ1• 塩・胡椒・・・適量• しょう油・・・ひとまわし ほうれん草とベーコンのソテーの作り方• ほうれん草とベーコンを食べやすい大きさにカットします。 熱したフライパンにバターを溶かしほうれん草の茎の部分を炒めます。 塩・胡椒・しょう油で味を調えたら出来上がりです。 ほうれん草とベーコンのソテーよりもガッツリとお肉を使っているので付け合わせというよりも生姜焼きとダブルでメインメニューにしてもいいですね。 オイスターソースがない時には下の記事を参考にして下さい。 ピーマン・・・6個• 合いびき肉・・・300g• 小麦粉・・・大さじ1• 塩・胡椒・・・各少々• みじん切りにして500wで3分加熱したタマネギとパン粉・卵・牛乳を混ぜておきます。 半分にカットし種を取り除いたピーマンに小麦粉をまぶしておきます。 肉の面を下にして焼き目を付けます。

次の