キャラ 弁 簡単 女の子。 幼稚園の遠足のお弁当。女の子に用意したキャラ弁レシピ|子育て情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

保育園遠足のお弁当 3歳が喜ぶ簡単でかわいいキャラ弁&食べやすい工夫

キャラ 弁 簡単 女の子

幼稚園の遠足にキャラ弁を用意しよう 幼稚園の遠足に持って行くお弁当を考えたとき、子どもに喜んでもらえるようなキャラ弁を作りたいと考えるママもいるようです。 そこで、キャラ弁を作るときに気になることを聞いてみました。 「遠足に持って行きやすい、子どもが喜ぶキャラ弁を作りたいと思っています。 キャラ弁を簡単に作るコツやアイデアを知りたいです」(40代ママ) 「キャラ弁のメインは決まっているのですが、おかずはどのようにアレンジしたらよいのかわかりません。 女の子が喜ぶかわいいキャラ弁のおかずのレシピを教えてほしいです」(20代ママ) 「いつも作る遠足のお弁当はおにぎりが多いので、おにぎり以外のキャラ弁を作りたいと思っています。 遠足でも食べやすいキャラ弁のアイデアを知りたいです」(30代ママ) 遠足に持って行くキャラ弁を簡単に作るアイデアや、キャラ弁のレシピについて知りたいという声がありました。 実際に、ママたちは、女の子にどのようなキャラ弁を作っているのでしょう。 キャラ弁作りの簡単アイデア iStock. 実際に、キャラ弁を簡単に作るアイデアを聞いてみました。 ピックを使う 「子どものお弁当を作るときは、ピックをよく使います。 娘の好きなキャラクターのイラストが描かれているものや、ハートや動物の形のものなど種類がたくさんあるので、おかずに刺すだけでかわいくなります」(40代ママ) ピックを使うことでとお弁当がかわいくなるようです。 他には、さくらんぼの茎と葉の形のピックをミニトマトに刺して、さくらんぼに見せたというママもいました。 ピックは幼稚園によって使用できないこともあるので、園に確認するとよいかもしれません。 食材を型抜きする 「茹でた野菜やハムなどを星やハートの形に型抜きをしてお弁当に入れます。 型抜きをした食材を入れるだけでお弁当が華やかになり、娘も喜んでくれます」(20代ママ) 型抜きを使って食材をいろいろな形にすることで、お弁当が華やかになり、女の子に喜ばれるようです。 にんじんを小さい花形に型抜きをしてマヨネーズでブロッコリーにくっつけると木に花が咲いているように見えるという声もありました。 顔をつける 「おにぎりやウィンナー、茹で卵などに顔をつけると簡単にキャラ弁になります。 顔を作るときの材料は、スライスチーズや海苔、黒ごまで目を作り、口や頬はハムを使うと便利です」(20代ママ) 主食やおかずやに顔をつけると簡単にキャラ弁が作れるようです。 他には、おにぎりを包んだラップの上からラップ用のペンで顔を描いたり、顔が描かれた包み紙を使ったというママもいました。 女の子に用意したキャラ弁の主食レシピ ママたちが、女の子に用意した幼稚園の遠足のキャラ弁を聞いてみました。 似顔絵ご飯 「ご飯を顔の形に丸め、海苔やハムで顔や髪を作り似顔絵ご飯にしました。 遠足から帰ってきた娘は『かわいくて、なかなか食べられなかった』と言いながらも、しっかりと完食してくれました」(20代ママ) ご飯の上に海苔やチーズ、かまぼこなどを使って似顔絵を描いたというママもいました。 似顔絵のお弁当を見せると遠足に行く前からお弁当の時間を楽しみにしている様子だったという声もありました。 くまのいなり寿司 「海苔とチーズで顔のパーツ、薄焼き卵で耳を作りいなり寿司に貼りつけて完成です。 のりパンチやストローなどを使うと細かなパーツも簡単に作ることができます」(30代ママ) いなり寿司の色や形を活かしてくまの顔を作ったようです。 いなり寿司を作るときに、油揚げで全部包むのではなく、折り返して酢飯の部分を残して白くまを作ったという声もありました。 com 「サンドイッチをうさぎの顔と耳の形に型に切ってから組みあわせ、海苔とハムで顔や耳を作り貼りつけて完成です。 サンドイッチは手も汚れにくいことから、娘も大喜びで完食してくれました」(20代ママ) サンドイッチも、工夫すると女の子が喜ぶキャラ弁になるようです。 他には、四角い状態のサンドイッチにハムと海苔とケチャップを使ってうさぎの耳と顔を作ったという声もありました。 女の子に用意したキャラ弁のおかずレシピ おかずはどのようにキャラ弁にアレンジしたら女の子に喜ばれるのか気になるママもいるかもしれません。 実際に、女の子に用意したキャラ弁のおかずを聞いてみました。 ハートの卵焼き 「卵焼きを通常のようにカットした後、斜めにカットして片方をひっくり返してくっつけるとハートの卵焼きになります。 ハートの卵焼きがお弁当に入るだけで娘は喜んでくれるのでよく作ります」(40代ママ) 卵焼きにひと手間加えるだけでハートの形になるようです。 卵焼きを細長く作った後、熱いうちにラップに包んだ卵焼きを箸といっしょに、巻き簾で巻きハートの形にしたというママもいました。 お花のハム 「ハムを半分に折って、輪になっている部分に細かく切れ目を入れてから巻くとハムが花の形になります。 ハムは冷蔵庫から出して少し経ってからの方が作りやすいのでキャラ弁のパーツも作りやすいと思います」(20代ママ) ハムのみを使って、手軽にお弁当が華やかになるおかずが作れるようです。 切れ目を斜めにしたり幅を変えたりするとまた違った風合いになるかもしれません。 ママのなかには、おかずの隙間にあわせて、大きさを変えていくつか作ったというママの声もありました。 どんぐりウィンナー 「火を通したウィンナーとミートボールを半分に切ってからあわせてピックで止めるとでき上がりです。 ピックの代わりに揚げたスパゲッティを使うと全部食べられるので子どもにも喜ばれます」(30代ママ) 幼稚園によっては遠足で公園など自然とふれあうことから、どんぐりウィンナーをおかずにすると、子どもたちに喜んでもらえるかもしれません。 ミートボール以外にマッシュルームやしめじの傘の部分を使ったというママもいました。 遠足にかわいいキャラ弁を作ろう.

次の

定番おかずを使った簡単かわいいキャラ弁の作り方とは?|mamagirl [ママガール]

キャラ 弁 簡単 女の子

子どもからリクエストされることもありますし、頑張っている子どもが喜ぶお弁当を作りたい!という思いの方、そして、キャラ弁にすることで食事が進むという子どもの気持ちに働きかけたいという方も。 それぞれにきっかけはありますが、キャラ弁初心者が思うのは難しそう…ということ。 けれど、超簡単に作れる初心者向けのキャラ弁があります。 それは、おかずやおにぎりに顔をつけること! 目や口をつけるだけで急にかわいいキャラ弁に変身しますよ。 目や口の丸いパーツも、道具を使えば簡単にきれいな形が作れます。 キャラ弁作り上級者も使っているお役立ちグッズを見ておきましょう。 ・のりカッターがあれば簡単きれいに仕上がる 出典: さん キャラ弁を作るのに欠かせないのが、のりカッター。 のりをハサミでカットする方法もありますが、のりカッターを使うのがおすすめ。 のりカッターを使えば不器用さんでも簡単にきれいなハートや丸ができあがります。 のりカッターで切り取れない形は、小さなハサミを使って切り取ってくださいね。 ・クラフトパンチならかわいい種類が豊富 出典: さん のりカッターよりも種類がたくさんあるのがクラフトパンチ。 型にご飯を入れたら、振るだけできれいな丸いおにぎりが完成する道具。 そして、型にご飯をつめて押すだけできれいな三角おにぎりができる道具も。 不器用だな…という方でも簡単にきれいなおにぎりが完成するので、ぜひ100均をチェックしてみてくださいね。 ・ごはんの色を変えるにはデコふりを使ってみて 出典: さん キャラ弁を作るには、キャラに合わせてご飯の色を変えるのもおすすめです。 そんなとき、ご飯を簡単に色づけできるのが「デコふり」。 『はごろもフーズ』から販売されている「デコふり」は、たまご風味とさけ風味の2種類です。 風味は2種類ですが、カラーは全7色。 ふりかけをご飯に混ぜるだけで簡単に色つきご飯が作れます。 写真は、ラップで包んだおにぎりに顔を描き、マスキングテープで服に見立てています。 そのメイン料理を使ってキャラ弁にするアイデアをご紹介します。 こちらは、チーズとノリで目や鼻をつけ、ちくわで耳をつけたハムカツキャラ弁。 赤いリボンやほっぺはカニカマでも作れそうですね! ・子どもたちの人気者!ハンバーグでキャラ弁を 出典: kuu3333さん お弁当おかずとして人気の高いハンバーグ。 そんな人気おかずに目や鼻をつけるだけでこんなにかわいいくまさん弁当に変身しますよ。 暗くなりがちな茶色おかずは迷わず顔にするのがおすすめです。 目や口で表情を変えられるので、いろんなバージョンを楽しむこともできます。 ・おにぎりがメインのお弁当も簡単キャラ弁に 出典: kuu3333さん おにぎりがメインとなるお弁当も、簡単にキャラ弁にできます。 丸いおにぎりをのりで包み、チーズとノリで顔のパーツを作りましょう。 お口におかずを詰め込み、チーズとのりで目をつければ完成。 口とリボンはカニカマで作ることができますね。 ハート型の玉子焼きは巻きすで巻いて、ハート上部の凹み部分には菜箸などで凹み型をつけるといいですよ。 ・ウィンナーも目をつけるだけでキュートに 出典: kuu3333さん お弁当を作る家庭なら、冷蔵庫に欠かすことのできないウィンナー。 そのまま入れるのではなく、ごまで目をつけ、口は切込みを入れて顔を作ってみましょう! お弁当作りに役立つピックも種類をそろえておくと、さまざまに使えますね。 ここでは、初心者が挑戦しやすいキャラクターと、その作り方をご紹介します。 いつものオムライスに、のりとチーズでパーツを作りケチャップでほっぺを。 オムライスを作る時間がない場合は、デコふりを使って黄色ご飯を作ってもいいですね。 同じキャラクターでも、作り方を変えるだけで味も変わり子どもも喜んでくれます。 白ご飯でウィスパーの型を作り、のり・チーズ・ハムでパーツを作れば完成。 キャラ弁初心者でもマネすることができそうですね。 @nagio9iiさんは、のりとチーズ、ハムで顔を再現しています。 おにぎりで顔の形を作る必要もないので、初心者さんでも簡単にマネすることができるのではないでしょうか。 小さな子どもたちにとってはずせないキャラクターですね。 子どもからのリクエストも多いアンパンマンは、顔が丸いのでキャラ弁初心者におすすめのキャラクターでもあります。 顔のパーツはお弁当用のはさみや、100均でも手に入る眉用はさみを使ってカットしている方が多いようですよ。 ・男女ともに喜ばれるひつじのショーンだって簡単! 出典:初心者でも簡単にかわいく作れるキャラ弁おにぎり さん 小さな子どもたちに人気のひつじのショーン。 ひつじの毛はご飯で表現すればよいので、おにぎりで作りやすいキャラクターです。 うれしいことに、ドラえもんも顔が丸いのでキャラ弁初心者でも挑戦しやすいですね。 忙しい朝の時間帯にも初心者が簡単に作れるキャラ弁をご紹介しました。 キャラ弁を作る際に役立つグッズも活用しながら、簡単なキャラ弁から挑戦してみませんか?.

次の

【100均】ダイソー・セリアのキャラ弁グッズ!デコ弁アイデアまとめ

キャラ 弁 簡単 女の子

定番おかずとしてお弁当に使いたいですよね。 どんなアイデアがあるのか見ていきましょう。 さらに、海苔で頬の傷を作ればハロウィーン仕様に!少しアイテムを変えるだけで、いろんな雰囲気のひよこを作れるので、試してみてくださいね。 まず、ウインナーに顔となる切り込みを入れましょう。 左右の目と口を作るために、浅く切り込みを入れます。 次に、左右横斜めを切って手を作り、下に足の部分を切りましょう。 最後に沸騰したお湯に入れ、3分ほど茹でたら完成! 切り込みが広がって、かわいいウインナー星人ができますよ。 目と髪の毛はチーズで作って、顔のパーツは海苔を切り抜いて作っています。 ウインナーだけでも、いろんなキャラクターが作れるので、キャラ弁には欠かせないアイテムです。 赤いウインナーはイロドリとしても活躍しますよ。 まずは厚焼き卵をカットし、その上に黒ゴマを置いて目を作ります。 次に、赤ウインナーの薄い輪切りを半月状にカットし、口を作りましょう。 それぞれ、ゴマとウインナーの位置を変えれば違ったキャラクターになりますよ。 厚焼き卵の表面に黒ゴマで目と鼻を作りましょう。 海苔パンチで口を抜いて置いたら、仕上げにケチャップでほっぺを描いて完成です。 そこで、ゆで卵を使ったアイデアがこちら! ゆで卵を半分に切り、海苔とケチャップで顔のパーツをつけてあげるだけ。 とっても簡単なので不器用だから自信がないという方にもおすすめですよ。 その上に海苔パンチで目を切り抜いたものを置き、ハンバーグの上に乗せましょう。 鼻と口はマヨネーズを細く絞って描けば、完成です。 髪の毛とリボン、アイテムの一部をハムで作っています。 ハムを切るときは、小さめのはさみ、またはカッターを用いると作りやすいですよ!ただし、必ず使用する前に消毒することと、食品以外を切らないようにしてくださいね。 @keiko0424さんもとってもキュートなお弁当をつくられています。 そんなトトロをお弁当に登場させるなら@keiko0424さんのアイデアがおすすめです。 おにぎりをトトロの形に作り、海苔やチーズでパーツをつけるだけ。 このとき、おにぎりを五穀米などで作ると、また違ったトトロに仕上がります。 ・女の子のハートをつかむキャラクターで完食を目指す! 出典:キティちゃんキャラ弁、5つのテクニック!オムライスや食パンアレンジも さん 子どもがお弁当を残すのが悩み…という方もいることでしょう。 頑張って作ったお弁当は完食してもらいたいですし、健康のためにもしっかりと食べてもらいたいですね。 食べきるのが難しい子には、オムライス弁当というのもひとつの方法。 野菜やお肉はオムライスの中に入れ込み、トッピングの卵にこんな工夫を凝らしてみては? 作り方も実は簡単なんです!黄身だけで卵を焼き、キャラクターの型で型抜きをします。 そして、抜き取られた型の部分に白身を流し込んで焼けばいいだけ! お顔のパーツは、海苔やかにかまなどでつけてあげてくださいね。 ポイント使いすれば、いつものお弁当が見違えるほどカラフルになります。 ・定番おかずでもお弁当は華やかに! 出典: さん 定番のおかずにひと工夫加えると、かわいいキャラ弁をよりグレードアップさせることができます!こちらのお弁当で注目したいのが、ウインナーと卵で作られたひまわりと、プチトマトのリンゴです。 ひまわりの作り方は、ウインナーの断面に格子状に切れ目を入れ、焼きます。 次に薄焼き卵を焼き、半分におります。 袋状になった側を等間隔に切れ目を入れましょう。 あとはウインナーにくるくると巻きつけていくだけ!巻き終わりが広がる場合は、パスタで止めてください。 リンゴの作り方は、半分に切って葉っぱ型のピックをさすだけ! とっても簡単なので、時間がないときでもOKです。 特に、スライスチーズ、海苔、黒ゴマの3点があれば顔のパーツが作れちゃいます。 キャラ弁初心者さんは、まず定番おかずに顔を作ってみるところから始めてみませんか?かわいいキャラ弁で子どもやパパにもきっと喜ばれるはず!.

次の