イタチ 臭い。 カワウソ・オコジョ・イタチ・フェレット、違いは何だか知っていますか?

建物に侵入したイタチをシャットアウト!イタチの駆除方法について

イタチ 臭い

イタチと他の動物のフンの違いが分かれば、追い払う時の対処もしやすくなります。 動物ごとに駆除の方法は少し違うからです。 ここではイタチと他の害獣と呼ばれる動物の糞の違いについて紹介します。 テンとイタチのフンの違い (出典:すーさんの山日記) イタチと似た動物にテンという可愛らしい動物がいます。 テンは冬と夏で毛の色が大きく変わります。 夏は顔は黒く体は黄褐色の毛色をしていますが、冬は顔が白くなり体は黄色い毛並みに生え変わります。 テンはイタチ同様に雑食なため、フンに水分が多く含んでいることが多いです。 フンの大きさはイタチとほとんど変わりませんが、イタチよりも体が大きい分少しだけフンも大きくなります。 テンの一般的なフンの大きさは1cm前後です。 イタチとテンは見た目も似ているだけでなく、フンも似ていますので見分けるのがかなり難しくなります。 ハクビシンとイタチのフンの違い (出典:ホームスター) ハクビシンは害獣の一種で、イタチ同様に天井や床下に住み着いたり畑の作物被害を起こしたりします。 大きさはネコよりも小さいくらいで、細長い体をしています。 フンの大きさは小型の犬と同じくらいで10cm前後です。 ハクビシンは雑食という特性から、フンには果実の実が入っていることが多くあります。 フンの水分はイタチよりも少ないですが、イタチ同様にため糞をするという特徴があります。 ハクビシンも糞に臭腺からでる分泌液をかける習性があるので、フンは異常に臭くなります。 ハクビシンのフンの特徴や対策はこちらの記事で解説しているので、ハクビシンの糞害に悩まされている方はぜひご覧ください。 >> たぬきとイタチのフンの違い (出典:痕跡の見分け方|札幌市) イタチのフンは10mmほどですが、たぬきのフンは2cm以上もあり大きさは2倍以上違います。 たぬきのフンの形は丸く色は黒いです。 またイタチなどと同様にたぬきもため糞をします。 たぬきの糞の中には果物の種が入ってることが多いとされています。 臭い自体はイタチよりも臭くありません。 イタチのフンは汚いだけでなく家への損害、人間の健康へも被害を及ぼします。 ここでは主なイタチの被害をご紹介します。 悪臭被害 イタチの被害の一つとして「臭い」の被害があります。 イタチの尿や糞自体も臭いですが、イタチの臭腺から出る分泌液はさらに臭いです。 イタチはこれを天敵から逃げる時に使うだけでなく、糞にかけるのです。 なぜかけるのかというと、その臭いで縄張りだということを表現しているからです。 この臭いはあまりに臭いため、 イタチが住み着いた家では人間が生活するのに困難を感じるほどです。 天井が腐る、抜ける、シミができる イタチのフンには水分が多く含まれています。 更にイタチは同じ場所にフンをするため、 屋根裏に巣を作られた場合は天井の板が腐り落ちてしまうことがあるのです。 また尿をする場合も勿論あるので、フン同様木材の板が弱ってしまったり尿が天井から滴り落ちてきたりする時もあります。 ここではフンの掃除や処理、消毒の方法を紹介したいと思います。 手袋とマスク、捨ててもいい服を着て掃除を開始 イタチのフンには病原菌がいる可能性が高く、身体にフンがつくのは大変危険です。 少しついただけでも感染症にかかる可能性があります。 そのため、 フンを掃除するときは手袋やマスクを必ず着用しましょう。 また服にフンが付いてしまう危険性もあるので、2度と着ない捨ててもいい服を使うのも大切です。 ほうきとちりとりでフンを集める イタチのフンは使い捨てのほうきとちりとりで掃除するのがいいでしょう。 理由としてはフンには感染症を引き起こす菌が存在するためです。 もし普段の家の掃除で使っている掃除機などを使えば、吸い取るノズルだけでなく掃除機の中まで菌が残ってしまう可能性があります。 これでは次に使ったときに自分や家族が感染症にかかってしまう可能性があります。 アルコールやエタノールで消毒・殺菌 掃除をしただけでは病原菌がまだ残っています。 必ず掃除の後はエタノール、アルコールなどで消毒をするのを忘れないようにしましょう。 ただ、一般的な手を消毒するような物では菌を殺しきれない可能性もあります。 そこで、フンの掃除後におすすめしたい消毒剤が 「次亜塩素酸ナトリウムを使った消毒スプレー」です。 非常に強い酸性の液体で、イタチのフンの消毒に効果的です。 糞尿の処理に使った道具は処分する フンや尿の処理に使った道具は全て捨てましょう。 フンの掃除をした物に病原菌が付着している可能性があるからです。 つまり、消毒作業に使う道具は使い捨ての物を利用したほうがいいという事です。 屋根裏の床を拭く時には新聞紙や捨ててもいい雑巾を使いましょう。 更に掃除をするときの服装も捨ててもいい服を着たり、病原菌から身を守るために肌の露出をさせないようにしましょう。 イタチの糞尿被害を再発させない対策方法 イタチは1度追い出してもまた戻ってくる可能性があります。 また戻ってきてしまうと慣れてしまい2度目は追い出せないケースもあるため、再発を防ぐことは非常に重要になります。 忌避剤の中には臭いがかなり強い物もありますので、ご近所迷惑にならないように気をつけましょう。 イタチ用の忌避剤について詳しく知りたい方は、こちらの記事でオススメ商品や効果的な使い方を解説しているのでぜひご覧ください。 >> 侵入経路になっている穴や隙間を金網で塞ぐ イタチを追い払うのも大切ですが、 家の中に入らせない対策も同じくらい重要です。 例えば屋根裏にイタチがいる事が分かった場合は、屋根裏に続く隙間などは全てチェックして下さい。 そしてイタチが屋根裏にいない時を見計らって、隙間を塞いでしまいましょう。 パンチングメタルと呼ばれる金属の板などを使えばイタチは侵入できません。 またパンチングメタル等がない場合はガムテープを何重にも貼っておくのも効果があります。 侵入のきっかけになる木の枝を切る 屋根裏など家の中にイタチは巣を作ります。 では、どのように家の中に侵入するのでしょうか? 実は家の周りにある木の枝などを登って、家の高い場所に侵入してるケースが多いのです。 イタチは木登りが得意なため簡単に木に登ってしまいます。 そうならないためにも、家に近い場所にある木の枝は切っておきましょう。 もし鳥獣保護法に違反した場合は1年以下の懲役、または100万円以下の罰金というかなり重い刑が科せられますので絶対に許可を貰うようにしましょう。 自分でイタチの糞尿処理・対策ができない場合は、専門業者に相談しましょう イタチがいることが確認できたとしても素人が対処するのは非常に難しいです。 例えば、イタチがオスなのかメスなのかの判断も素人では簡単ではありません。 メスを誤って捕まえてしまえば法律で罰せられるリスクがあります。 更にイタチに噛まれた場合は様々な健康被害が起きることが予想されます。 その他にも屋根裏に住みついたイタチを駆除する場合、素人が屋根裏に入ると屋根の床が抜けることも考えられ怪我の恐れがあり危険です。 運良くイタチを追い出せたとしても、侵入経路を見つけて塞ぐなどの再発防止が適切に行われなければまた戻ってきてしまう可能性さえあります。 そのため、少しでもイタチ駆除に不安を感じた場合は専門業者に相談しましょう。 専門業者ならイタチの追い出しや糞や尿の掃除だけでなく、糞尿跡の消毒、再発防止の対策もしっかりと行なってくれるので安心です。 見積もりや現地調査を無料で行ってくれる業者もありますので、まずは気軽に相談してみる事をおすすめします。

次の

イタチ対策で車の場合はこれ!必要な道具などもくわしく紹介

イタチ 臭い

垂直の壁でも平気で登ることができ、泳ぎも上手です。 また、グラスウールの断熱材をほぐして巣を作り、子育てすることもあります。 主食はネズミ、鳥類や昆虫などの動物食です。 よく耳にします。 こんな苦情 天井裏を走り回ってうるさい 天井裏で子育てをして、糞や尿の臭いがひどい 台所や店の中へ侵入し、食品や商品を荒らしたり、まわりを汚したりする。 どうしても困ったときは 天井裏や床下から追い出しましょう 「におい」を発するものを天井裏や床下にまいて追い出しましょう。 直接、薬剤を散布するか、紙玉(新聞紙をピンポン玉くらいに丸めたもの)に浸し固くしぼったものを撒いてください。 においが相当強いので必ず薄めてご利用ください。 イタチ用は売っていないようですが、他の動物用の ものでも効果があります。 ・ダニやゴキブリ用の燻煙剤 ご家庭のノミ、ダニ、ゴキブリを除去できるとともに、副次的な作用として煙を嫌がりイタチが出てきます。 医薬品の使用にあたっては使用上 の注意等をよく読んでご使用ください。 捕獲が必要な場合は 追い出しなどの被害防止対策を実施したが被害がなくならない場合等は、やむをえず捕獲が必要となることがあります。 イタチ捕獲するには、市町村長の捕獲許可が必要ですので、にご相談ください。 侵入されない対策を講じましょう 自宅や倉庫などを点検し金属製のネット(ホームセンターで販売しています)や網(餅焼き網で代用可)でイタチが侵入しそうな穴や場所をふさいでください(イタチは3センチ四方の穴から出入りできるといわれています)。 古い民家や早い時期に設置された公共下水道と接続している住宅の場合は下水管から進入してくる場合もあり注意が必要です。 イタチが住みやすい環境をなくしましょう 例:点滅ランプとアルミホイルによる撃退法 イタチは強く光るものを嫌います。 イタチが出没する天井裏や床下に設置して夜間に点灯させます。 手順 1.クリスマスデコレーションなどに用いる点滅灯を利用します。 2.豆電球は白色または銀白色など明るいものとします。 赤や青など 色の濃いものでは効果がありません。 3.電球と電球の間にアルミホイルをはがき大に切って吊り下げます。 このページの作成所属.

次の

イタチ豆知識

イタチ 臭い

イタチに棲みつかれないように予防するには 生ゴミやエサになりそうなものを屋外に放置しないようにしましょう。 棲みつかれる前に侵入口になるおそれがある3cm以上の隙間はふさいでおきましょう。 木登りが得意なので侵入経路にならないように庭木の枝は剪定しておきましょう。 イタチに棲みつかれてしまった場合は イタチは天井裏や床下などに棲みつき被害をもたらします。 原則として捕獲は鳥獣保護法で禁止されています。 捕獲には保健所、市町村役場に申請する必要があり、罠を使用する場合は免許も必要になります。 保健所、市町村役場に申請して捕獲が必要と判断されれば捕獲許可証が交付されます。 イタチを自分で追い出す方法 臭いで駆除することが可能です。 漂白剤や酢でも一定の効果がありますが駆除するためには効果が出るまで何度も散布しないといけません。 強い臭いを発する木酢液やクレゾール石鹸液は駆除の効果が高いです。 しかしこれらは医薬品になりますので使用上の注意をよく読んでご使用ください。 また点滅灯とアルミホイルを天井裏や床下に設置し夜間に点灯する方法も駆除に効果があります。 しかし火事の原因になるおそれがありますので、設置するときは燃えやすいものが周辺にないことを十分確認してください。 燻煙剤、動物忌避剤も有効です。 イタチを自分で捕獲する方法 エサ場や通り道に捕獲するための罠とエサを設置します。 エサは罠に固定しておきましょう。 罠に滞在する時間を長くすることができるので捕獲の成功確率がアップします。 一定期間、罠を設置しても効果がないときは設置場所を変更しましょう。 必ず1日1回は現状確認しましょう。 捕獲した場合は迅速に対応してください。 イタチを確実に駆除するなら 自分での予防や対策だと手間がかかり、確実に駆除できない場合もあります。 イタチを確実に駆除したい人は業者に依頼することをおすすめします。 それは一度捕獲に失敗すると、警戒心が強まりさらに捕獲が難しくなるからです。 くらしのマーケットではを明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。

次の