恋 は 雨上がり の よう に。 まんが王国 『恋は雨上がりのように』 眉月じゅん 無料で漫画(コミック)を試し読み[巻]

恋は雨上がりのように

恋 は 雨上がり の よう に

現在フジテレビ系列で放送中のアニメが『恋は雨上がりのように』。 実写映画版の『恋は雨上がりのように』は2018年5月25日に公開されるらしい。 この『恋は雨上がりのように』は原作漫画が存在します。 作者は眉月じゅん。 掲載誌は小学館のビッグコミックスピリッツ。 ただ連載中のマンガだったためアニメ化ってどうなんかなぁ~と思ってたら、このたびビッグコミックスピリッツ16号でついに完結を迎えた模様。 そこで今回ドル漫は 『恋は雨上がりのように』の最終回・最終話のネタバレ感想をレビューしたいと思います。 ネタバレが嫌いな方はスルー推奨。 果たして店長と女子高生・橘あきらの恋は成就したのか? 何故か今回の最終回はちょっと炎上気味の終わり方だったらしい。 恋は雨上がりのように最終回までの経緯 まず『恋は雨上がりのように』の最終回の感想をレビューする前に、簡単にそこに行くまでの経緯も解説したいと思います。 1月1日の元旦。 店長の家に遊びに来た橘あきら。 しばらくいつものように過ごしていると、いつの間にか時間が過ぎて、あたりはすっかり夕方。 そこで店長は暗くなる前に…と車で送ってあげようとする。 ただこのまま帰るのも味気ないのか、2人で初詣に行こうと提案する店長。 思わず心の中で喜ぶ橘あきら。 無邪気に振る舞う橘あきらの一挙手一投足に、店長の心はざわめく。 そして、「店長の家に戻りましょ」と笑顔ではしゃぐ橘あきらの腕を、思わずギュッとつい掴んでしまう。 店長は「ごめん…なんかはぐれそうだったから…」と言い訳するものの、もはや自分の中で止めることができないほど恋愛感情がふくらんでいた。 そして、同時にいよいよ自分自身の気持ちにケジメをつける時間がやってきた。 「橘さんはもう走らないの?」 そして店長は決意して、橘あきらに尋ねる。 「 橘さんはもう走らないの?」。 橘あきらは激しく動揺する。 ずっと抑え込んでいた気持ちが見透かされたような気分だったから。 その後、店長に車で送っていくよと誘われても、「あたし帰りたくありません」と大声で拒否。 この時点で店長の覚悟はもう決まっていた。 「 あの部屋に戻っても、これ以上、俺が橘さんにできることは何もないよ」と決別の言葉。 そして自分をさも説得するかのように「 あの部屋で待ってるのは書きかけの原稿と使い古した万年筆。 それ以外はなにもない」と店長。 (恋は雨上がりのように80話 眉月じゅん/小学館) そして過去の自分と重ねるかのように、橘あきらに尋ねる。 「君にもあるんじゃないのか?待たせたままの季節の続きが」。 しばしの沈黙の後、橘あきらはようやく本心に気付く。 「 走りたい」。 「雨やどりしてただけだよ」 すっかり夜も更け、店長の車で送ってもらう橘あきら。 車内で店長は「俺には文学を捨てる勇気がなかった」と今の自分を振り返る。 それに対して橘あきらは「捨てなかった勇気じゃないんですか?」と店長の諦めの悪さをポジティブにとらえていた。 ただ店長にとって橘あきらの「前向きなそれ」はあまりに眩しく、改めて2人の間に存在する残酷なまでに深い溝を感じた。 過去を振り返ることしかできないオッサン、前を向いて未来だけを見つめる女子高生。 店長は「 俺はきっと一生今日のことは忘れないんだろうな」とつぶやくと、負けじと橘あきらも「 あたしも忘れません」と対抗心むき出し。 それすらも愛おしさを感じる店長だったが、もう完全に腹積もりが決まっていた。 (恋は雨上がりのように81話 眉月じゅん/小学館) 橘あきらは意気消沈しながらも帰宅後、母親に告げる。 「 雨宿りしてただけだよ。 もう大丈夫」。 そこには完全になにかに吹っ切れて、自分の夢にひたむきに邁進する少女の姿があった。 「恋は雨上がりのように」の最終話はバッドエンド? そして、いよいよ『恋は雨上がりのように』の最終回。 前置きはずいぶんと長くなりましたが、端的にまとめると「 橘あきらは陸上部に復活」します。 陸上を「捨てなかった勇気」が再びトラックに呼び戻した。 かつて疎遠になっていた部員(喜屋武)などとも再び仲良くなり、橘あきらは一年ぶりに県大会に出場を果たす。 怪我のこともあって、やはり不安な橘あきら。 ネガティブな自分が心の中に現れて、「あなたは過去の記録を追い越せない」と煽り立ててくる。 でも店長と出会ったことで、橘あきらは成長していた。 (恋は雨上がりのように最終回 眉月じゅん/小学館) 「 このまま走らなくなってしまうことの方がもっと怖い。 あの人だって同じはず」と。 そして、橘あきらは新記録を叩き出して県大会に優勝する。 そこには笑顔で喜屋武と抱き合う10代の無邪気な少女がいた。 その後、橘あきらも店長もお互い会うことはなく、それぞれの日々を送っていた。 店長はいつもどこかの頭の片隅に橘あきらの存在があり、一方的に振ることになった状況に「彼女は俺を恨むだろうか」と考えていた。 でも、しがない中年のオッサンと付き合うよりも、全力で青春を後悔なく謳歌することが橘あきらにとって最善。 むしろ恨まれてるぐらいでちょうどいいと考えていた。 一方、炎天下の中、陸上部の練習に勤しむ橘あきら。 もうすっかり店長のことを忘れているのかと思いきや、NO。 あまりの暑さに涼もうと練習を中断した直後に、その答えは発覚します。 (恋は雨上がりのように最終回 眉月じゅん/小学館) 橘あきらが涼もうと取り出したのは、 店長からプレゼントされた例の「日傘」だった。 「彼女は恋をしていた。 青い夏の、雨上がりの空に」という終わり方なんですが、今でも橘あきらは店長に恋心を抱いてることは間違いなさそう。 怪我をして人生に悩んでいた日々を「雨」と仮定すると、まさに店長と過ごした穏やかな日々を「雨宿り」だった。 でも、その状態ではまだ雨が降り続いてる状態。 もし二人が恋人関係に発展するとしたら、やはり雨上がりの晴れた状態でしかあり得ない。 恋は雨上がりのように 最終回の結末 ネタバレ感想まとめ 以上、『恋は雨上がりのように』の最終回のネタバレ感想でした。 結局、店長・近藤と橘あきらの恋愛は成就することはなかったものの、二人の関係性は絶妙に未だに繋がりあったまま。 橘あきらは「青春の世界」に戻ったものの、高校卒業後はどうなるかは分からない。 お互い未練がある中、再び関係が復活する可能性もありそう。 そのため一見するとバッドエンド風の結末に炎上したそうですが、含みが残った余韻残る終わり方だったのではないか。 『恋は雨上がりのように』の当初から橘あきらのキズは明確に描写されていたため、青春要素強めの最終回は最初から考えられていた結末だったのでしょう。 中年男性が女子高生に「かつての自分」を重ね合わせて、青春を一見すると取り戻したかのように見える。 でも、中年男性は「青春の残骸」に今でも虚しくしがみつくのが関の山。 どこかの知事のよう。 一方、現在進行系で青春を謳歌する女子高生はキラキラと輝く。 その姿はあまりに美しく、あまりに魅力的に映り、劣情も次第に抑えられなくなる。 このまま流されても良かったものの、かつての自分を思い返すと「怪我したくない」という理性的な感情が邪魔をする。 こういった二人の簡単には埋められない「様々なギャップ感」を、最後は甘酸っぱい青春たっぷりに軟着陸させた最終回だったのではないか?と個人的には『恋は雨上がりのように』のラストを結論付けてみます。

次の

【最終話】恋は雨上がりのように 最終回 ネタバレ感想まとめ【炎上?】

恋 は 雨上がり の よう に

解説 冴えないファミレス店長に片思いした女子高生の恋の行方を描き、テレビアニメ化もされた眉月じゅん原作の同名コミックを、「渇き。 」の小松菜奈と「アイアムアヒーロー」の大泉洋共演で実写映画化。 怪我で陸上の夢を絶たれた高校2年生の橘あきらは、偶然入ったファミレスの店長・近藤正己の優しさに触れたことをきっかけに、その店でアルバイトをはじめる。 45歳の近藤はあきらより28歳も年上で子持ちのバツイチだったが、あきらは密かに近藤への恋心を募らせていく。 ついに思いを抑えきれなくなったあきらは告白するが、近藤は彼女の真っ直ぐな気持ちを受け止めることができず……。 「帝一の國」「世界から猫が消えたなら」の永井聡が監督を務める。 2018年製作/111分/G/日本 配給:東宝 スタッフ・キャスト 原作未読なので映画単体としての話をすると、ちゃんと分別のある大人が、ちゃんと分別ある対応をするちゃんとした話だった。 店長とほぼ同世代の者としては、ドラマを盛り上げるために余計な色を付けがちなフィクションの世界で、こういう大人が主人公として機能していることはとても喜ばしい。 ただ、映画を観ることは「突拍子もないものに出会いたいという欲求を満たすこと」という思いもあり、折り目正しさ=面白さではないことも痛感した。 本作が面白くないのではない。 ただ「折り目正しさ」と「映画」って実はあまり相性がよくなく、品の良さが作品の上限を定めてしまうようにも感じるのだ。 もうひとつ、こういう企画物の限界を感じたのは、例えば大学の友人と居酒屋に行くシーンの「おお!学生時代の同人誌かあ、懐かしいな」(うろ覚え)みたいなセリフ。 本来は「おお!懐かしい」だけで充分なのに、過度の説明セリフや説明描写は観客をバカにしているように感じてしまう。 いい作品なだけにもったいない。 原作が漫画で、しかも恋愛映画。 いざ再生し、冒頭で感じた『あ、多分面白いぞ』と言う予感。 的中だった。 細かなコミカルな演出、音楽の良さがストーリーの良さを倍増させており、 演者陣も素晴らしかった。 恋愛映画、というよりは青春映画かな。 中高生が憧れるような恋愛模様はまったくない。 また、主役の一人、大泉洋が作家という夢を抱き、劇中にも芥川龍之介の小説が 登場してきたりしているので、漫画原作ながらより文学的な表現も多かった。 特に友人同士を演じる大泉洋と戸次重幸のナックスコンビの会話シーンは良かった。 ラストシーンにはちょっと感動してしまった。 固定概念を取り除いて観てよかった。 よくよく調べたらこの漫画も少女漫画連載ではなく、 スピリッツとやや大人向けの雑誌連載だったので、 私のような年齢層の高い人間にも受けたのかなと思う。 恐れ入った。 じわじわと小松菜奈ブームが押し寄せてきました。 小松菜奈主演の映画はかなり評価が高めですが、その中でも前々から気になっていた作品を鑑賞。 ちなみに、大泉洋は常にブームです。 ファンですね 最近ではブルーリボン賞の司会をずっと見てます。 うわぁ〜。 最高でした。 ちょっと最近観た映画、高評価過ぎるなー。 高評価が続くとちょっと怖くなるんですよ。 5になっちゃうから。 アキレス腱断裂により、大得意だった陸上から離れることになってしまった高校生のあきら 小松菜奈 は、とある雨の日に入ったファミレスのバツイチ子持ち45歳の店長 大泉洋 に惚れてしまった。 永井聡監督、あんた天才ですか。 0を付けるほど最高で、今作でもまたすっぽりハマっちゃった。 釘付け ぼく明日のレビューでも書きましたがね、 小松菜奈がめっちゃ可愛いんですよ。 好きにならん男子おらんっすよ。 ラフな格好が結構好き。 大泉洋のおかげで所々で笑えて、コメディ感強くなってます。 かなり素の大泉洋に似てる。 そういえば全然関係ないんですけど、松重豊の大泉洋モノマネ超似てますよ。 YouTubeにあります。 時系列をバラバラにしているのが非常にいい。 こっちいったり、あっちいったりして、全く飽きないので集中してみちゃう。 メイン2人のペアも凄い組み合わせですが、 周りの演者たちも中々の豪華さ。 永井聡監督あるある 清野菜名,磯村勇斗,そして山本舞香。 今日から俺は!! 劇場版のメンツじゃないの。 楽しみだな〜 なんだあの映画は。 どゆことだ と思っていたら、実在する映画なんですねw 知らなかった...。 すんません、古沢良太さん。 ちょっぴり物足りなさは感じた。 多分だけど、ファミレスでの展開が若干弱いかな。 清野菜名や山本舞香ともっと話して欲しかったし 年の差という壁はデカい。 単純に好きといってもそう簡単に響かない。 LOVEなのにLIKEと捉えられる。 日本語って難しいのよ、、、 自分のしたい、したかった、いや、出来なかったことに再挑戦する姿は一回目の挑戦よりも応援したくなる。 陸上、恋愛、雨、小説、全てが上手く繋がり、美しく、自然と「おもしろかった... 」と呟いてしまった。 どことなく、殺さない彼と死なない彼女に似ている気がしたのは気のせいかな。 終わり方もカンペキ。 最高でした... そして完全に小松菜奈ブームが到来したのであった。 『恋は雨上がりのように』鑑賞。 *主演* 小松菜奈 大泉洋 *感想* 女子高生が中年のおっさん店長に恋をする話で、期待してなかったけど、面白かった。 店長役の大泉洋さんは、あのだらしなさが似合ってるし、橘あきら役の小松菜奈さんは、見た目はクールなんだけど、何故かバイト先のファミレス店長に一目惚れをして、好きな気持ちを抑えきれない所とかツンデレ具合が可愛らしかった。 空手チョップのTシャツが地味にじわるww 橘あきらは、元々陸上のエースでしたが、怪我をしてしまい、夢が絶たれてしまい、あきらに思わず感情移入をして、観てるこっちまで切なくなりました。 まさか清野さんが出てたとは!あ!結婚おめでとうございますw 大泉洋さんが演じるだらしない店長のバックボーンが描かれて、あのだらしなさが絶妙! あと、オープニングは爽快感があって凄かった。 まるでミュージックビデオを見せられてるようでした。 エンディングも良かったです! 変に尖った恋愛映画ではなく、ほっこりしました。 清々しさもあって面白かったです。 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

恋は雨上がりのように(1) (ビッグコミックス)

恋 は 雨上がり の よう に

漫画は年々その表現手法が、発展していく。 昨今はストーリー重視と言うより、表現技法重視の偏重を感じることが多い。 強烈なキャラクターの仕草で魅了したり、意味深なキーワードの真意が気になって追わされてしまったり。 それもまた漫画と言うジャンルの一つの方向性として、実験的に行われて拡がる可能性としてはアリなんだろう。 しかし、僕はこの漫画が好きだ。 懐かしく、王道のストーリー重視の作品。 伏線はよく考えられて張られていて、きちんと回収されていく。 17歳の少女の挫折、45歳の諦めきれない夢。 この2人が出会いお互いがすこしずつに惹かれあって、 結ばれていくのかと思いきや、物語は我々の想像を超えた結末を迎える。 素晴らしい。 ただ心を掻き乱して去っていく漫画より、 一人ひとりの登場人物の心情に想いを馳せて、「良かった」と思える安堵感。 こんな小説をそのまま漫画にしたような作品を僕は待っていた。 そんな気持ちになりました。 現時点ではこのメニューの読み込みに問題があります。 window. when "data". html? html? html? html? html?

次の