ホワイトシチュー クラムチャウダー 違い。 シチューとクラムチャウダーって?

クラムチャウダーとクリームシチューの明確な違いとは何ですか?

ホワイトシチュー クラムチャウダー 違い

海外ではbreadbowl(ブレッドボウル)と呼ばれるパンの器に、シチューやチャウダーなどのとろみ系スープなどを入れていただく「丸ごとパングラタン」。 パーティーなどのおもてなしでもインパクト大で喜ばれる一品です。 色々なパンが使えますし、ビッグサイズで作ることも、小分けのミニサイズで作ることも可能。 色々な形のパンで作ってみよう! 丸ごとパングラタンは、食パンやフランスパンの中身を切り抜いて、そのまま器にしてしまうアイデアが秀逸。 大きな丸形パンのブールや食パンを一斤分使えば、ボリュームもインパクト大のメインディッシュになりますし、小ぶりのパンを使えば個食用になります。 長細いバゲットを使えば、どこかオシャレな仕上がりに。 パン作りがお好きな方は、自分で好きな形にパンを焼き上げてパーティーなどで丸ごとパングラタンを振る舞ってはいかがでしょう。 くりぬく際は、底や周囲の壁は厚めに残すつもりで切り込みを入れていくのがポイントです。 くりぬいたパンはとっておき、出来上がりのシチューにディップして余すことなくいただきましょう。 シチューから手軽チーズフォンデュまでできちゃう さて、パンの器にはシチューやとろみのあるクラムチャウダーのほか、ホワイトソース系、トマトソース系、ドミグラス系などいずれも合います。 残り物のカレーやシチューにチーズや卵をプラスして焼き上げるだけでもOKです。 くりぬいたパンの活用法として、具材の入ってないシチューベースやソースだけを入れ、パンや野菜、ソーセージなどをディップしていただくフォンデュもパーティーなどで受けそう。 器のパンから攻めるか、シチューから攻めるか、食べるプロセスも楽しめる丸ごとパングラタンをぜひ作ってみてください。 即席カレーパン?! 余ったカレーをくり抜いたパンの中に入れ、チーズを乗せれば焼くだけ。 次の日のランチに試したい優秀なアイディアです。 パンカップ入りの具だくさんシチュー 生地から手作りすれば、モチモチ感がたまらない惣菜パンが完成!子供のおやつにぴったりです。

次の

わたしの彼女は左きき・・・:まかない飯 クラム・・・ホワイト・・・

ホワイトシチュー クラムチャウダー 違い

総菜用スープの一種。 チャウダーはアメリカが起源で、フランスの移民がアメリカで始めた料理だという。 代表的なのはハマグリを主材料としたクラムチャウダーである。 作り方は、まず水を煮立て、殻付きハマグリを少量ずつ入れ、口の開くのを待って取り出す。 汁は漉 こ してだし汁にする。 タマネギ、ジャガイモ、ベーコンなどを炒 いた め、このだし汁で煮る。 これを温めた牛乳とあわせ、塩、こしょうで調味する。 深めの皿に盛り、刻みパセリを浮かせ、クラッカーを添えて供する。 注意点は、ハマグリを煮すぎないように、最後に入れることである。 [小林文子] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について の解説.

次の

見た目が豪華!パンを器にした「丸ごとパングラタン」で1人ラン…|デイリシャス[楽天レシピ]

ホワイトシチュー クラムチャウダー 違い

Contents• チャウダー・シチュー・ポタージュの定義は? チャウダー チャウダーとは、魚介類、じゃがいも、ベーコンなどがたっぷり入ったアメリカ発祥のスープのことです。 ハマグリやアサリなどの二枚貝が入ったクラムチャウダーが有名ですよね。 その他にも白身魚のフィッシュチャウダー、スイートコーンのコーンチャウダーなどもあります。 クラムチャウダーと言えば、牛乳ベースの白いクリームスープを思い出しますが、ニューヨーク風のクラムチャウダーは赤いトマトスープになるそうです。 シチュー シチューは英語で煮込み料理を意味します。 本来は、野菜や肉、魚介類をダシやソースで煮込んだ料理の総称です。 日本でシチューと言えば、クリームシチューかビーフシチューのいずれかのことを指します。 どちらも、小麦粉を炒めて作ったルーを加えたとろみのあるものが定番です。 ポタージュ ポタージュはフランス語でスープ全般のことを指します。 つまり、フランス語では、コンソメ、ブイヤベース、ヴィシソワーズ、ビスク、ポトフなどはすべてポタージュになります。 でも、私たちは「ポタージュ=スープ」の意味では使いませんよね。 日本では、澄んだコンソメースープに対してとろみのある不透明なスープのことをポタージュと言っています。 違いはなんなの? 具の大きさを見ると、分かりやすい違いがあります。 シチューとチャウダーを比べると、シチューのほうが具が大きくなります。 シチューは元々、煮込み料理。 ということは、具がメインなので必然的に大きくなるのでしょう。 チャウダーはスープなので、シチューよりも具が小さいのかもしれませんね。 具を小さく切ることによって、短い加熱時間で手軽に作ることができます。 ポタージュは具入りのものもありますが、裏ごしをしていて具がないものが多いです。 スポンサーリンク チャウダーの素とシチューの素は代用できる? スーパーを見てみると、シチューの素と並んでクラムチャウダーの素もいくつか販売されていました。 ですが、品数は圧倒的にシチューのほうが多かったです。 クリームシチューの素でチャウダーを作っている方はたくさんいるようです。 また、メーカーからもシチューの素で作るチャウダーのレシピを提案されています。 同じように、クラムチャウダーの素でシチューを作ることもできます。 シチューを作るつもりが間違ってチャウダーの素を買っていたとしても、慌てなくて大丈夫ですよ。 どちらの素で作っても、美味しくできるということですね。 ただし、 シチューの素のほうがチャウダーの素に比べるととろみがあります。 そのため、分量どおりで作ると、シチューの素で作ったチャウダーはとろみの多いものに、チャウダーの素で作ったシチューはさらさらしたものになります。 もちろん、そのまま作ってもかまいませんが、水分量を調節したり片栗粉や小麦粉を使ったりしてお好みのとろみにしてもいいですね。 最後に.

次の