退職 所得 の 源泉 徴収 票 書き方。 確定申告書の書き方〜給与の源泉徴収票がある場合〜【確定申告2019(平成31年)】

退職後に甲と乙の源泉徴収票2枚が送付された時どうする?その影響は?

退職 所得 の 源泉 徴収 票 書き方

退職金の源泉徴収票!見方と書き方を5つのポイントで紹介 そもそもですが、源泉徴収票というのは おおよそテンプレートがあるため、 その書き方、ひいては見方も 一定の特徴があります。 特に見方が分からなくても困ることは 稀ですが、 まったく読めないと 確定申告などで少し困るかもしれませんし、 少し読めるようになっておきましょう。 次の章から、そんな退職金における 源泉徴収票の書き方と見方を お伝えします。 マイナンバーを記載する まずは「マイナンバーを記載する」です。 これは早速、困惑するかもしれませんが、 受給者(従業員)がもらう源泉徴収票には、 マイナンバーの記載はありません。 ただ、 税務署や市区町村に 提出するものについては、 まずマイナンバーを記載します。 このため、記載がなくても 焦る必要はありません。 住所や名前を記載する 次に「住所や名前を記載する」です。 これは 「支払いを受ける者」の 欄を見れば簡単でしょう。 自分の名前と住所を思い出し、それと 合っているかを確認します。 万一、間違っているようなことがあれば、 早めに会社に修正するよう お願いしましょう。 勤続年数と退職所得控除額を記載する そして「勤続年数と 退職所得控除額を記載する」です。 これはすぐ横にある 「就職年月日・退職年月日」 の差から計算します。 一年を一日でも上回っていたら 一年に切り上げ計算し、 まず 勤続年数を確認しましょう。 そして以下の計算式で、 退職所得控除額を計算します。 退職金支払金額を記載する さらに「退職金支払金額を記載する」です。 これは素直に 「支払金額」の欄を見ます。 支払金額と横の「源泉徴収税額」との 差額が、 最終的にもらった退職金の金額と 一致するハズです。 ちなみに支払金額の計算式は、 会社の規約などで確認できるでしょう。 気になる方は、支払金額についても 計算し直してみるのもアリといえます。 源泉徴収税額等を記載する 最後は「源泉徴収税額等を記載する」です。 これは先ほど触れた通り、 支払金額の横に記載があります。 源泉徴収税(所得税)額と、 特別徴収税(住民税)額についてです。 特に気にすることはないのですが、 どのくらいの税金を支払ったのかくらいは 見ておくと良いでしょう。 源泉徴収票の再発行はできるの? 一応、源泉徴収票の再発行は、 元勤め先に連絡することで お願いすることは可能です。 ただ、中にはスンナリ応じてもらえない 会社もあります。 ケンカ別れしたような場合は 尚更かもしれません。 ナシでも何とかなる事もあるものの、 できれば無くさないようにしましょう。 退職金の源泉徴収票の提出は税務署と市町村どっちが正解? 退職金の源泉徴収票の提出は、 税務署と市区町村の両方になります。 ただし、全ての退職者の源泉徴収票を 提出する必要はなく、 提出は一部の 役員に対して支払った場合などです。 もっとも、退職者に交付する 源泉徴収票については、全員に対して 作成・交付しなければなりません。 退職金の源泉徴収票の提出はいくらが義務なの? 退職金の源泉徴収票の提出は、 金額がどうかではなく「支払ったか否か」 です。 支払ったのなら源泉徴収票が 必要になりますし、支払っていないのなら 不要になります。 つまり、退職金をもらったのなら 源泉徴収票も貰えますから、 貰えなかったならしっかり 請求しましょう。 ごく稀に、作成をサボる会社も あるようですからね。 なお、源泉徴収票が気になる方は 以下の記事も参考にどうぞ。 正しい知識を知っておきましょう。 退職金の手続きに必要な書類は? 一概には言えませんが、例えば 中小企業退職金共済での手続きにおいては、 以下のような書類が手続きで 必要になります。

次の

源泉徴収票はこう書く!書き方のポイントも徹底解説

退職 所得 の 源泉 徴収 票 書き方

退職金は普段支払う給料と違い 所得区分が退職所得という項目に分類されます。 そのため源泉徴収票も給料の金額と退職金の金額で別々の源泉徴収票を使用します。 退職金を受け取った従業員の源泉徴収票は2枚になります。 退職金、退職所得用の源泉徴収票には下記画像のように退職所得の源泉徴収票と書かれた物を使用します。 退職金は退職所得として処理されますので給料の給与所得とは控除金額も変わってきますので必ず分けるようにしましょう。 画像は退職所得の源泉徴収票の書き方の参考にして下さい。 退職金の源泉徴収票の書き方 上記で退職所得の源泉徴収票画像を掲載しました。 この画像に写っている項目は基本的に必須項目になりますので記入することになります。 退職金の源泉徴収票の書き方も普通の源泉徴収票の書き方と同じように 支払いを受ける者 従業員 を主点に書いていく書き方になります。 具体的な 退職金の源泉徴収票の書き方としては 上から順番に書いていく事で記入漏れを防ぐ事ができます。 引っ越した場合は前住所を記載する必要もあります。 ・退職金を受け取る従業員の氏名・役職 ・退職金や契約満了金の支払い金額 ・源泉徴収税額 ・特別徴収税額 市町村民税、都道府県民税 を記載 ・退職所得控除額 ・勤続年数 ・就職年月日 ・退職年月日 ・支払い者 会社 の住所・名称・電話番号 上記の項目の中で1番手間がかかる項目は 退職所得控除額になると思います。 先ほど少しお伝えしましたが 退職金は通常の給料とは違い退職所得として処理する事になりますので控除金額の計算方法も違います。 いつもと同じ計算方法では間違えになってしまいますので必ず計算方法を見直すようにしておきましょう。 ちなみに退職所得の控除額の計算には勤続年数を使用します。 勤続年数が20年以内、20年以上で 計算方法が全く違いますので計算式を確認しておきましょう。 来年平成28年から税務署に提出する 源泉徴収票はマイナンバー制度の導入にともない書式が変更されています。 これまでの源泉徴収票の書き方とは違う書き方になりますので新しい源泉徴収票の書き方と以前の書き方で間違わないように注意しましょう。 これは退職金の源泉徴収票だけでなく一般社員に使用する給料の源泉徴収票もマイナンバー記載が必要になってきます。 さらにもう一つ注意点としては、 平成27年10月2日にマイナンバー利用等に関する番号法の改正が行われ、 従業員用に発行する源泉徴収票にはマイナンバー 個人番号 の記載を行わない事と決定されました。 そのため税務署に提出する源泉徴収票はマイナンバーの記載が必要で、 従業員に渡す源泉徴収票にはマイナンバーを書きません。 どこに源泉徴収票を提出するかによっても源泉徴収票の書き方が変わりますので注意が必要です。 税務署の分は退職金の源泉徴収も平成28年分からマイナンバー 個人番号 を記載しなければならない事を覚えておきましょう.

次の

退職者に渡す源泉徴収票について:専門家の回答は?-Manegyニュース

退職 所得 の 源泉 徴収 票 書き方

退職金の源泉徴収票!見方と書き方を5つのポイントで紹介 そもそもですが、源泉徴収票というのは おおよそテンプレートがあるため、 その書き方、ひいては見方も 一定の特徴があります。 特に見方が分からなくても困ることは 稀ですが、 まったく読めないと 確定申告などで少し困るかもしれませんし、 少し読めるようになっておきましょう。 次の章から、そんな退職金における 源泉徴収票の書き方と見方を お伝えします。 マイナンバーを記載する まずは「マイナンバーを記載する」です。 これは早速、困惑するかもしれませんが、 受給者(従業員)がもらう源泉徴収票には、 マイナンバーの記載はありません。 ただ、 税務署や市区町村に 提出するものについては、 まずマイナンバーを記載します。 このため、記載がなくても 焦る必要はありません。 住所や名前を記載する 次に「住所や名前を記載する」です。 これは 「支払いを受ける者」の 欄を見れば簡単でしょう。 自分の名前と住所を思い出し、それと 合っているかを確認します。 万一、間違っているようなことがあれば、 早めに会社に修正するよう お願いしましょう。 勤続年数と退職所得控除額を記載する そして「勤続年数と 退職所得控除額を記載する」です。 これはすぐ横にある 「就職年月日・退職年月日」 の差から計算します。 一年を一日でも上回っていたら 一年に切り上げ計算し、 まず 勤続年数を確認しましょう。 そして以下の計算式で、 退職所得控除額を計算します。 退職金支払金額を記載する さらに「退職金支払金額を記載する」です。 これは素直に 「支払金額」の欄を見ます。 支払金額と横の「源泉徴収税額」との 差額が、 最終的にもらった退職金の金額と 一致するハズです。 ちなみに支払金額の計算式は、 会社の規約などで確認できるでしょう。 気になる方は、支払金額についても 計算し直してみるのもアリといえます。 源泉徴収税額等を記載する 最後は「源泉徴収税額等を記載する」です。 これは先ほど触れた通り、 支払金額の横に記載があります。 源泉徴収税(所得税)額と、 特別徴収税(住民税)額についてです。 特に気にすることはないのですが、 どのくらいの税金を支払ったのかくらいは 見ておくと良いでしょう。 源泉徴収票の再発行はできるの? 一応、源泉徴収票の再発行は、 元勤め先に連絡することで お願いすることは可能です。 ただ、中にはスンナリ応じてもらえない 会社もあります。 ケンカ別れしたような場合は 尚更かもしれません。 ナシでも何とかなる事もあるものの、 できれば無くさないようにしましょう。 退職金の源泉徴収票の提出は税務署と市町村どっちが正解? 退職金の源泉徴収票の提出は、 税務署と市区町村の両方になります。 ただし、全ての退職者の源泉徴収票を 提出する必要はなく、 提出は一部の 役員に対して支払った場合などです。 もっとも、退職者に交付する 源泉徴収票については、全員に対して 作成・交付しなければなりません。 退職金の源泉徴収票の提出はいくらが義務なの? 退職金の源泉徴収票の提出は、 金額がどうかではなく「支払ったか否か」 です。 支払ったのなら源泉徴収票が 必要になりますし、支払っていないのなら 不要になります。 つまり、退職金をもらったのなら 源泉徴収票も貰えますから、 貰えなかったならしっかり 請求しましょう。 ごく稀に、作成をサボる会社も あるようですからね。 なお、源泉徴収票が気になる方は 以下の記事も参考にどうぞ。 正しい知識を知っておきましょう。 退職金の手続きに必要な書類は? 一概には言えませんが、例えば 中小企業退職金共済での手続きにおいては、 以下のような書類が手続きで 必要になります。

次の