ウーバーテクノロジーズ 株価。 Uber(ウーバー)とLyft(リフト)の株価が下落、配車サービスはなぜ評価されないのか?

ウーバー・テクノロジーズIPO公募割れ!上場でソフトバンクは大儲け | IPO初値予想ブログなら、キムさんのIPO投資日記

ウーバーテクノロジーズ 株価

この記事の目次• ウーバー(UBER)の概要 ウーバー(UBER)とは? ウーバーは、 C2Cサービスを展開するテクノロジー企業です。 自動車配車サービスのUBERや、 飲食店からの宅配サービスであるUBER Eatsなどのサービスを提供しています。 同社の最大の特徴は、 一般人が自分の空き時間を使ってサービス提供者側になれるC2Cの仕組みにあります。 例えば、自動車配車サービスであれば一般人が自分の自家用車を使って、タクシーの運転手として働くことができます。 UBER Eatsも同様で、飲食店から家庭まで、料理を届けるのは一般人の配達人です。 競合には、同じく自動車配車サービスを展開しているLyft(リフト)があります。 ウーバー(UBER)の事業内容 ウーバーの主なセグメントは3つです。 (1)ライド事業(Rides) 自動車配車サービスの「UBER」で構成されるセグメントがライド事業です。 最も大きなセグメントで、 売上ベースで全体の8割程度、EBITDA(利益)ベースでも全体の8割弱を占めています。 (2)イーツ事業(Eats) 続いて、まだ小さいものの急成長しているのが「UBER Eats」を提供するイーツ事業です。 ライド事業の「UBER」は、日本ではタクシー業界の規制の関係でそこまで普及していませんが、「UBER Eats」はある程度流行っているため、使ったことのある方も多いのではないでしょうか。 ユーザーは「UBER Eats」のアプリで、 好きな飲食店の料理をECサイトのように選んで買うだけで、自宅にその料理が届けられます。 イーツ事業は、ライド事業に比べて利益率が高いことが分かります。 なお、ライド事業とイーツ事業の合計で1. (3)配送事業(Freights) UBERは配送事業も行なっています。 空き時間のある人が、物を目的地まで運ぶというサービスです。 TradingView提供の 株価分析 まだ株価分析はありません。 04上回りました。 16上回りました。 53上回りました。 01下回りました。 米国株銘柄まとめ一覧.

次の

ウーバーの株価とチャート — TradingView

ウーバーテクノロジーズ 株価

この記事の目次• ウーバー(UBER)の概要 ウーバー(UBER)とは? ウーバーは、 C2Cサービスを展開するテクノロジー企業です。 自動車配車サービスのUBERや、 飲食店からの宅配サービスであるUBER Eatsなどのサービスを提供しています。 同社の最大の特徴は、 一般人が自分の空き時間を使ってサービス提供者側になれるC2Cの仕組みにあります。 例えば、自動車配車サービスであれば一般人が自分の自家用車を使って、タクシーの運転手として働くことができます。 UBER Eatsも同様で、飲食店から家庭まで、料理を届けるのは一般人の配達人です。 競合には、同じく自動車配車サービスを展開しているLyft(リフト)があります。 ウーバー(UBER)の事業内容 ウーバーの主なセグメントは3つです。 (1)ライド事業(Rides) 自動車配車サービスの「UBER」で構成されるセグメントがライド事業です。 最も大きなセグメントで、 売上ベースで全体の8割程度、EBITDA(利益)ベースでも全体の8割弱を占めています。 (2)イーツ事業(Eats) 続いて、まだ小さいものの急成長しているのが「UBER Eats」を提供するイーツ事業です。 ライド事業の「UBER」は、日本ではタクシー業界の規制の関係でそこまで普及していませんが、「UBER Eats」はある程度流行っているため、使ったことのある方も多いのではないでしょうか。 ユーザーは「UBER Eats」のアプリで、 好きな飲食店の料理をECサイトのように選んで買うだけで、自宅にその料理が届けられます。 イーツ事業は、ライド事業に比べて利益率が高いことが分かります。 なお、ライド事業とイーツ事業の合計で1. (3)配送事業(Freights) UBERは配送事業も行なっています。 空き時間のある人が、物を目的地まで運ぶというサービスです。 TradingView提供の 株価分析 まだ株価分析はありません。 04上回りました。 16上回りました。 53上回りました。 01下回りました。 米国株銘柄まとめ一覧.

次の

ウーバー(UBER)、リフト(LYFT)いずれも株価が下落気味 とっておきのIPO直後株を紹介

ウーバーテクノロジーズ 株価

【関連記事】 上場先は米ニューヨーク証券取引所で、時期は5月となる見通し。 公募売り出し価格(公開価格)などの条件は投資家向け説明会などを経て上場直前に決定するが、米メディアの間では上場時の時価総額は900億~1000億ドルになると報じられている。 3月29日に上場した米ライドシェア2位のリフト(上場初日の時価総額は約200億ドル)を上回り、米国のIPOで今年最大規模となる。 ウーバーは申請書類の中で、現在の筆頭株主は関連会社を通じて16. 第2位株主は米有力ベンチャーキャピタルのベンチマークキャピタルで出資比率は11. 米グーグルの持ち株会社アルファベットが関連会社を通じて5. また、ウーバーの投資先としては、中国のライドシェア最大手、滴滴出行に15. 同社にはウーバーが16年に中国市場から撤退した際に事業を売却した。 売上高の伸び率が2倍を超えていた1年前に比べて成長が減速する中で、ウーバーの企業価値を株式市場がどう評価するかが焦点となる。 ウーバーは10年に米国でライドシェアのサービスを始め、現在は世界700を超える都市に進出。 料理宅配や貨物トラックの配車サービスなどを展開するほか、空飛ぶタクシーの実用化に向けた研究開発も手掛けている。 お膝元の米国のライドシェア市場では7割近いシェアを握るものの、17年には社内セクハラ隠蔽などの不祥事が相次ぎ発覚。 近年は競合の米リフトにシェアを奪われるようになっていた。

次の