ゲーミングノートpc 2019。 ゲーミングノートパソコンを徹底調査|選び方おすすめPCを丁寧に解説【2019

ゲーミングノートPCの比較とおすすめ 2020

ゲーミングノートpc 2019

ノートPCのCPU• Atom・Celeron 問題外• Core i3・Pentium 物足りない• Core i5 U ちょっと厳しい• Core i7 U これくらいは欲しい• 快適にゲームすることを考えた場合、 Core i7 H以上がベターです。 GPU GeForce GTX1660Ti以上がおすすめ ゲームに大事なのがグラフィック性能です。 この性能を決めるのが グラフィックボード(GPU)。 多くのノートPCで採用されている、CPUにGPUが統合された形式の内蔵GPUでは、描画性能が低く、3Dゲームの動作自体が困難です。 一方、外付けGPUはGPU専用のメモリーを載せるなどして、 負荷の重い処理でも軽快にこなせるのが特長です。 ゲーミングノートPCは、性能の高い外付けGPUのPCが必須になってきます。 ということで、主要なGPUと3Dゲームの対応度はこんなイメージ。 ノートPCのGPU• GeForce MX250 ライトなゲームなら大丈夫• 重いゲームやFPS値を高く保ちたいFPSなどは GTX1660Ti以上は欲しいです。 GeForceにはGTXシリーズの上位モデルである RTXシリーズもあり、光の反射なども再現できるようになります。 MMOなどでもグラフィックをより楽しみたい方は、RTXシリーズを搭載したモデルがおすすめです。 メモリ16GB以上がおすすめ 同時に処理できる量に大きく関係するのがメモリ容量です。 中でもWindows10はメモリ容量を食うため、4GB以上のメモリは最低限必要。 ゲームは負荷が重く、メモリ消費量も大きいため、4GBや8GBでは動作自体が難しいです。 ゲームの快適性を考慮すると、 16GB以上のメモリを搭載しているモデルをおすすめします。 SSD 512GB以上がおすすめ PCの起動や読み書きの速度を左右するストレージ。 CドライブにHDDよりSSDを採用していたほうが基本的に高速です。 製品名 OS CPU GPU 液晶 メモり ストレージ 端子 バッテリー 質量 ドスパラ「」 Windows 10 Home 64bit Core i7-9750H 2. 6GHz GeForce GTX 1660Ti 17. 3インチワイド 1920 x 1080 16GB 512GB(SSD) USB3. 1 x 2 USB-C x 1 HDMI x 1 miniDisplayPort x 1 SD x 1 5. 0時間 2. 7kg ドスパラ「」 Windows 10 Home 64bit Core i7-9750H 2. 6GHz GeForce GTX1660Ti 15. 6インチ 1920 x 1080 16GB 512GB(SSD) USB2. 0 x 1 USB3. 1 x 2 USB-C x 1 HDMI x 1 SD x 1 10時間 1. 87kg ドスパラ「」 Windows 10 Home 64bit Core i5-10300H(2. 5GHz) GeForce GTX 1650Ti 15. 6インチ 1920 x 1080 16GB 500GB(SSD) USB2. 0 x 1 USB3. 2 x 2 USB-C x 1 HDMI x 1 SD x 1 6. 5時間 2. 1kg ドスパラ「」 Windows 10 Home 64bit Core i5-10300H(2. 5GHz) GeForce RTX 2060 15. 6インチ 1920 x 1080 16GB 500GB(SSD) USB2. 0 x 1 USB3. 2 x 2 USB-C x 1 HDMI x 1 SD x 1 3. 9時間 2. 1kg ドスパラ「」 Windows 10 Home 64bit Core i7-9750H 2. 6GHz GeForce RTX2070(Max-Q) 15. 6インチ 1920 x 1080 16GB 1TB(SSD) USB2. 0 x 1 USB3. 1 x 2 USB-C x 1 HDMI x 1 SD x 1 10時間 1. 87kg ドスパラ「」 Windows 10 Home 64bit Core i7-9750H 2. 6GHz GeForce RTX 2080 17. 3インチワイド 1920 x 1080 16GB 1TB(SSD) USB3. 1 x 2 USB-C x 1 HDMI x 1 SD x 1 5時間 2. 7kg Dell「」 Windows 10 Home 64bit Core i7-9750H 2. 6GHz GeForce RTX 2080 8GB GDDR6 Max-Q 15. 6インチ(3840 x 2160) 16GB 1TB(HDD) USB3. 0 x 2 USB-C x 1 HDMI x 1 Mini Display x 1 3. 0時間 2. 16kg HP「」 Windows 10 Pro 64bit Core i9-9880H(2. 30GHz) GeForce RTX 2080 17. 3インチ 1920 x 1080 32GB 1TB(SSD) USB3. 0 x 3 USB-C TB3 x 1 HDMI x 1 Mini Display x 1 SD x 1 5. 0時間 3. 26kg これら8製品はコスパの良いモデルというだけあり、上に挙げた5条件をいずれも満たしています。 したがって、自分がどの機能を優先したいかで選ぶといいでしょう。 大画面とキーボードで選ぶなら• 重量(2kgを切るか)• ディスプレイサイズ(13インチor15. 6インチ)• くわしい内容は、実際のゲーム性能などもふくめこちらの記事で紹介しています。 本体スペックは以下のとおり。 モバイルは左スライドで全表示 製品名 「」 「」 CPU Core i7-9750H GPU GeForce GTX1660Ti GeForce RTX2070(Max-Q) 液晶 15. 6インチ(非光沢)、リフレッシュレート144Hz 解像度 フルHD(1920 x 1080) メモリ 16GB ストレージ 512GB NVMe SSD 1TB NVMe SSD 端子 USB3. 1 Type-C Thunderbolt3対応)、USB3. 4Gbps バッテリー 10時間 質量 1. 87kg キーボードはRGB搭載ですが、独特の配列なので慣れが必要です。 ディスプレイのリフレッシュレートは 144Hzと充分な性能を持っています。 RGBを搭載しているか(付属ソフトで細かく設定できるか)• JISor英字配列・テンキー有無・スペースキーの大きさなど• キーボードタイプ(メカニカルなど) ちょっと解説 キーボードは、 ゲーミングノートPCによるモデル差がかなりあります。 バックライトのオンオフができるだけのものから、ソフトで配色やキーアサイン、マクロ設定できるものまでさまざま。 こだわる人は、対応しているモデルを選んだ方が格段に使いやすいです。 また、ゲームジャンルやタイトルによって使用頻度の多いキー(例えばスペースキー)が押しやすいか、テンキーは必要かなどは見るべきポイントになります。 メカニカルキーボードは反応も速く、クリック感があるためミスタイプが少なくおすすめです。 RGBでの配色はもちろん、キーバインドも可能で押し感も心地よい メカニカルキーボードになっています。 くわしい紹介は、実際のゲーム性能などもふくめこちらの記事で解説しています。 本体スペックは以下のとおり。 モバイルは左スライドで全表示 製品名 「」 「」 CPU Core i7-9750H GPU GeForce GTX 1660Ti GeForce RTX 2080 液晶 17. 2 Gen2 Type-C x 1、USB3. 1 Gen2 Type-A x 1、USB3. 1 Gen1 Type-A x 1、HDMI x 1、miniDisplayPort x 1、マイク入力端子 x 1、ヘッドフォン出力端子 x 1 ワイヤレス規格 Intel Wi-Fi 6 AX200(IEEE802. 7kg• ディスプレイサイズ(ベゼルの狭さ、15. 6インチ・17. 3インチ)• ディスプレイタイプ(IPS・VA、フルHD・4Kなど)• リフレッシュレート(60hz・144hz・240hz) ちょっと解説 ベゼルは狭いほうが、没入感が高まり見やすくなります。 また、リフレッシュレートの数値が高いほど滑らかに表示されます。 動きの激しいFPSやアクションジャンルをプレイする方は、 144hzか240hzのモデルを選んでください。 特に視界を激しく移動するゲームだと、60hzモニターでは酔いやすいかもしれません。 一方MMOやパーティーゲームなどでは、リフレッシュレートはそこまで高くなくても良いので、60Hzのモデルでも問題ないでしょう。 OMEN 17 ディスプレイのリフレッシュレートは 240Hzなので、激しいアクションやFPSでも快適にプレイ可能です! の詳細は、実際のゲーム性能などもふくめてこちらの記事で紹介しています。 本体スペックは以下のとおり。 モバイルは左スライドで全表示 製品名 HP「」 CPU Core i9-9880H GPU GeForce RTX 2080 液晶 17. 1 Gen1 x 3 バッテリー 約5時間 質量 3. 26kg 数少ない 4Kディスプレイを搭載しているモデルですよ! リフレッシュレートが240Hzのモデルもオプション選択できます。 の詳細は、実際のゲーム性能などもふくめてこちらの記事で書いています。 本体スペックは以下のとおり。 モバイルは左スライドで全表示 製品名 DELL「」 CPU Core i7-9750H(2. 6GHz) GPU NVIDIA GeForce RTX 2080 8GB GDDR6 Max-Q 液晶 15. 6インチ(光沢) 解像度 4K 有機EL(3840 x 2160) メモリ 16GB ストレージ 1TB PCIe SSD 端子 USB 3. 1 Gen 1 Type-A x 2、USB 3. 1 Type-C(Thunderbolt3対応)、HDMI 2. 0 b、Mini-DisplayPort、LANポート、オーディオ出力用ポート バッテリー 約3時間 質量 2. 16kg.

次の

ゲーミングノートPC部門

ゲーミングノートpc 2019

はじめに• カテゴリ別おすすめゲーミングノート• メーカー・ブランド別• グラフィックス別おすすめゲーミングノート• その他• ゲーミングノートPCとは? ゲーミングノートPCとは、3Dゲームができるほど性能が高いノートPCのことで、具体的にはCPU内蔵のグラフィックスではなくGeForceなどの"専用"グラフィックスを搭載したノートPCです。 CPUもノートパソコンとしては性能の高いものを搭載していることがほとんどです。 高性能グラフィックスは、ゲームをするとかなりの熱を発します。 そのため、冷却機構が大切になってきますが、ゲーム向けノートPCは、GPU専用のファンを搭載したり、2連、3連のファンを搭載したり、ヒートパイプを複数本(多いと10本以上)搭載したりなど工夫されています。 まだまだ放熱面ではデスクトップPCのほうが有利ですが、ノートPCも、長時間ゲームをしても大分問題のない温度になってきています。 2、3年前に比べれば、安心して使用できるようになっていると思います。 また、戦闘機やレーシングカーのような攻撃的な印象を持つデザインが多く、LEDイルミネーションが綺麗な製品もあります。 逆にあえて普通のPCを装って、中身はゲーム向け仕様といったノートPCもあります。 高価格帯のゲーミングノートPCになると、G-SYNC、300Hz駆動液晶のような機能に対応した製品もあります。 ゲーミングノートPCのメリット・デメリット デスクトップPCと比べたときのメリット・デメリットを簡単に解説します。 メリット ゲーミングノートPCのメリットは、やはり 省スペースな点です。 床設置面積が少なく、日本の住宅事情にマッチしていると思います。 またディスプレイやキーボードをつなぐケーブルを必要としないので、 配線が綺麗になります。 また、 持ち運ぶことが容易な点も大きなメリットでしょう。 デメリット ゲーミングノートPCのデメリットは、価格差は縮まっているとは言え、デスクトップPCよりコスパがやや悪い点です。 特に高価格帯の製品はかなり高額になってしまう製品もあります。 また、液晶やキーボードが自由に選べないのもデメリットです。 外部ディスプレイやキーボードをつなぐという方法もありますが、それをするならデスクトップPCのほうがいいかなと思います。 また、放熱性はデスクトップPCよりも劣るので、夏場などは冷却性能が悪くなるケースもあり、パーツの寿命も心配になります。 キーボードの表面温度が熱くなりやすく、不快に感じることもあります。 夏場はエアコンをつけたほうがいいと思います。 ACアダプターの置き場所に困るときもあります。 かなり熱くなるので、風通しの良い場所に置いておきましょう。 ゲーミングノートPCの選び方 ゲーミングノートPCの選び方を簡単に解説します。 また、ゲームによっても異なります 安い初心者向けゲーミングノートPC とにかく安いゲーミングノートPCを紹介します。 はじめてゲーミングノートPCを購入するにあたって、安価なものを買いたい方に適したエントリー向けの製品です。 また、グラフィック設定は低めでもいいので、ライトにゲームをしたいという方にも適しています。 なお、本格的にゲームをしたい方には適しません。 液晶 15. 6型 非光沢 FHD CPU Core i5-10300H GPU GeForce GTX 1650Ti 価格 9万円台(税抜)~ GTX 1650Tiでは最安値? おそらくですが、GeForce GTX 1650Ti搭載PCとしては最安値ではないかと思います。 注文してから3日で出荷可能で、ゲーミングノートPCとしては納期が早いので、すぐ欲しい方におすすめです。 ただし、Enter周りのキーボード形状・配置が特殊で、慣れが必要です。 コスパ高いミドルレンジ・ゲーミングノートPC GeForce GTX 1660TiやRTX 2060あたりのミドルレンジ性能のグラフィックスを搭載し、価格も安くコスパの高い製品を紹介します。 快適にゲームを楽しむならこのくらいのスペックのPCがおすすめです。 安心性能&24時間サポート可 CLEVOのベアボーンを使用していることが多く、また組み立ては日本国内で行っており、製品の質は問題ないです。 落ち着いたデザインが多く、ゲームPCっぽくなく普通のノートPCに見える製品が好みなら、こちらのシリーズが良いと思います。 サポート面では、24時間365日サポートが標準で付いてくる点が大きな特徴です。 さらに、 最短当日修理、初期不良新品交換、専用ダイヤルによる24時間電話サポートを1つにしたを展開しています。 加えて、2018年8月には、破損や盗難にも保証するサービスが追加されました。 ゲーミングノートを外へ持ち出す方は、是非加入しておくと良いです。 最近、新しいパーツを取り入れる時期が遅くなっていますが、ショップメーカーと違い、 しっかりと検証をとってから発売しているためだそうです。 コスパが高く人気 シェアNo. 1またはNo. 2のPCメーカーで、最近はゲーミングPCにも力を入れています。 比較的スペックは高いのに、価格が安くコストパフォーマンスが高いので、当サイトでは人気があります。 また、OMEN 15は、底面カバーを外すことを容認しており、サポート対象外にはなりません(ただし、パーツを交換したことで起因するすべての故障はサポート対象外となります)。 尖った製品が多い 台湾に本社を置き、パソコンの他に、PCパーツやスマートフォンでも有名なメーカーです。 ROGシリーズは、最高性能を追求する「ROG」、薄型ボディの「ROG ZEPHYRUS」、メインストリームとなる「ROG STRIX」の2つに分けられます。 100万円近い高級ゲーミングノートや、世界最薄のRTX2080搭載ゲーミングノートなど尖った製品を販売し、ハイエンドグラフィックス(GTX 1070)搭載のゲーミングノートPCとしては販売台数No. 1となっています。 保証は標準で1年で、最大3年の延長保証に入ることができます。 ただ、延長保証はから別途パッケージを購入し、ASUS Webサイトにて延長保証登録をする必要があり、やや面倒です。 軽量・薄型のゲーミングノートPC マザーボード、グラフィックカードで有名な台湾製のゲーミングノートPCです。 自社で研究開発し、自国(台湾)内で製造しており、ノートパソコンも意外と高い品質です。 同社のゲーミングノートPCは、ハードなゲームユーザー向けの「AORUS」、薄型・軽量で持ち運びしやすい「AERO」 、お求め安い価格の「Sabre」の3つのブランドに分かれています。 日本国内では直販サイトが無く、Amazonで販売しています。 Amazonの製品ページに、故障時の連絡先が書かれています。 基本2年保証で、延長保証はできません。 電話対応日時は、月曜日~金曜日までの午前10時から午後5時までとなっており、土日祝日のサポートは受け付けていません。 液晶 15. 6型 非光沢 FHD CPU Core i5-10300H GPU GeForce GTX 1650Ti 価格 9万円台(税抜)~ GTX 1650Tiでは最安値? おそらくですが、GeForce GTX 1650Ti搭載PCとしては最安値ではないかと思います。 注文してから3日で出荷可能で、ゲーミングノートPCとしては納期が早いので、すぐ欲しい方におすすめです。 ただし、Enter周りのキーボード形状・配置が特殊です。 GeForce GTX 1660Ti搭載のおすすめPC GeForce GTX 1660Tiを搭載したおすすめのゲーミングノートを紹介します。 RTコアを搭載していないグラフィックスですが、ベンチマークスコアはRTX 2060に近く高い性能です。 最新ドライバーで、RTコア非搭載のグラフィックスでもリアルタイムレイトレーシングが使えますが、機能的に制限があり、RTX 20シリーズほどの性能は出ないため、リアルタイムレイトレーシングを使いたいなら、RTX 2060以上がおすすめです。 使わないならGTX 1660Tiでもいいでしょう。 フルHD解像度なら、ほとんどのゲームが60fps前後は出ます。 ミドルレンジのグラフィックスとして人気が高いです。 液晶 15. 6型 FHD 非光沢 144Hz CPU Core i7-9750H GPU GeForce GTX 1660Ti 価格 14万円台(税抜)~ 約1. 87kgと軽量、価格も安い インテルと共同設計したゲーミングノートで、約1. 87kgと非常に軽い点が特徴です。 高リフレッシュレートに対応し、色域の広さもまずまずで、温度も問題ありません。 価格も安く、迷ったらこの製品でいいと思います。 国内メーカーなので、安心感もあります。 ただし、騒音値が高めです。 GeForce RTX 2060搭載のおすすめPC GeForce RTX 2060を搭載したおすすめのゲーミングノートを紹介します。 フルHD解像度なら、ほとんどのゲームが最高品質のグラフィックス設定でも60 fps前後出ます。 最新技術のリアルタイムレイトレーシングやDLSSにも対応しています。 144Hz液晶で、144 fps前後を出すのは難しいですが、グラフィック設定を低めにすれば、60 ~ 144 Hzの間のフレームレートなら出せるでしょう。 液晶 15. 6型 FHD 非光沢 120Hz CPU Core i7-10750H GPU GeForce RTX 2060 価格 16万円台(税別)~ 持ち運ぶならコレ 約1. 86kgと軽い15. 6型ノートPCです。 持ち運びをする方に非常におすすめです。 最新世代の第10世代Coreプロセッサーを搭載しており、CPU性能が高いです。 ただし、液晶の視野角がやや狭いです。 クリエイティブ作業も行おうと思っている方は、ご注意下さい。 GeForce RTX 2070搭載のおすすめPC GeForce RTX 2070を搭載したおすすめのゲーミングノートを紹介します。 フルHD解像度なら、最高品質のグラフィックス設定でも60 fpsで動くゲームが多く、綺麗な映像でゲームを楽しめます。 グラフィック品質を中程度にまで下げれば、(ゲームにもよりますが)100 fps以上出ることが多いため、144Hzなどの高リフレッシュレートの液晶でも、性能を活かすことができるでしょう。 ただ、Max-QデザインのRTX 2070はやや低めのグラフィック設定にする必要がでるかもしれません。 液晶 15. 6型 FHD IPS 非光沢 300Hz G-SYNC CPU 最大Core i9-10885H GPU RTX 2060 ~ RTX 2080 SUPER Max-Q 価格 RTX 2070 S Max-Qの場合、21万円台~ 人気の製品の後継機種 いくつかモデルがありますが、RTX 2070 SUPER Max-Qモデルが21万円台となっておりおすすめです。 狭額縁液晶を搭載しサイズがコンパクトです。 下のクーポンの影響もあると思いますが、旧モデルはかなりの人気でした。 この後継機種も人気が出るでしょう。 液晶 17. 3インチの大きい画面でゲームができる製品です。 ボディが大きく、4方向から排気しており、冷却性にも優れて、長時間ゲームをする方でも安心でしょう。 MSIの製品にしては、価格もそれほど高くはありません。 GeForce RTX 2080搭載のおすすめPC GeForce RTX 2080を搭載したおすすめのゲーミングノートを紹介します。 GeForce RTX 2080を搭載したノートPCは機種が少なく、価格もグンと跳ね上がるため、コストパフォーマンスは悪いです。 また、高性能である代わりに発熱も高くなり、ノートPCには向かない気もします。 液晶 15. 6型 FHD IPS 300Hz CPU 最大Core i9-10980HK GPU RTX 2070 ~ RTX 2080 SUPER Max-Q 価格 RTX 2080 S Max-Qの場合、31万円台(税抜)~ 持ち運べるRTX 2080搭載機 300Hz駆動の液晶を搭載した、本格的なゲーマーのためのゲーミングノートPC 液晶色域も広めで、質量も軽いため、外出先でも使うクリエイターPCとしても最適です。 バッテリー容量も99. 9Whと、ノートパソコンの限界まで搭載しています。 ゲーム毎のベンチマーク 各PCゲームの紹介や、ベンチマークスコアを掲載しています。 やりたいゲームが決まっているときは、こちらもご覧ください。 関連ページ.

次の

最新パソコン比較|2019年おすすめノートPC&デスクトップランキング

ゲーミングノートpc 2019

はじめに• カテゴリ別おすすめゲーミングノート• メーカー・ブランド別• グラフィックス別おすすめゲーミングノート• その他• ゲーミングノートPCとは? ゲーミングノートPCとは、3Dゲームができるほど性能が高いノートPCのことで、具体的にはCPU内蔵のグラフィックスではなくGeForceなどの"専用"グラフィックスを搭載したノートPCです。 CPUもノートパソコンとしては性能の高いものを搭載していることがほとんどです。 高性能グラフィックスは、ゲームをするとかなりの熱を発します。 そのため、冷却機構が大切になってきますが、ゲーム向けノートPCは、GPU専用のファンを搭載したり、2連、3連のファンを搭載したり、ヒートパイプを複数本(多いと10本以上)搭載したりなど工夫されています。 まだまだ放熱面ではデスクトップPCのほうが有利ですが、ノートPCも、長時間ゲームをしても大分問題のない温度になってきています。 2、3年前に比べれば、安心して使用できるようになっていると思います。 また、戦闘機やレーシングカーのような攻撃的な印象を持つデザインが多く、LEDイルミネーションが綺麗な製品もあります。 逆にあえて普通のPCを装って、中身はゲーム向け仕様といったノートPCもあります。 高価格帯のゲーミングノートPCになると、G-SYNC、300Hz駆動液晶のような機能に対応した製品もあります。 ゲーミングノートPCのメリット・デメリット デスクトップPCと比べたときのメリット・デメリットを簡単に解説します。 メリット ゲーミングノートPCのメリットは、やはり 省スペースな点です。 床設置面積が少なく、日本の住宅事情にマッチしていると思います。 またディスプレイやキーボードをつなぐケーブルを必要としないので、 配線が綺麗になります。 また、 持ち運ぶことが容易な点も大きなメリットでしょう。 デメリット ゲーミングノートPCのデメリットは、価格差は縮まっているとは言え、デスクトップPCよりコスパがやや悪い点です。 特に高価格帯の製品はかなり高額になってしまう製品もあります。 また、液晶やキーボードが自由に選べないのもデメリットです。 外部ディスプレイやキーボードをつなぐという方法もありますが、それをするならデスクトップPCのほうがいいかなと思います。 また、放熱性はデスクトップPCよりも劣るので、夏場などは冷却性能が悪くなるケースもあり、パーツの寿命も心配になります。 キーボードの表面温度が熱くなりやすく、不快に感じることもあります。 夏場はエアコンをつけたほうがいいと思います。 ACアダプターの置き場所に困るときもあります。 かなり熱くなるので、風通しの良い場所に置いておきましょう。 ゲーミングノートPCの選び方 ゲーミングノートPCの選び方を簡単に解説します。 また、ゲームによっても異なります 安い初心者向けゲーミングノートPC とにかく安いゲーミングノートPCを紹介します。 はじめてゲーミングノートPCを購入するにあたって、安価なものを買いたい方に適したエントリー向けの製品です。 また、グラフィック設定は低めでもいいので、ライトにゲームをしたいという方にも適しています。 なお、本格的にゲームをしたい方には適しません。 液晶 15. 6型 非光沢 FHD CPU Core i5-10300H GPU GeForce GTX 1650Ti 価格 9万円台(税抜)~ GTX 1650Tiでは最安値? おそらくですが、GeForce GTX 1650Ti搭載PCとしては最安値ではないかと思います。 注文してから3日で出荷可能で、ゲーミングノートPCとしては納期が早いので、すぐ欲しい方におすすめです。 ただし、Enter周りのキーボード形状・配置が特殊で、慣れが必要です。 コスパ高いミドルレンジ・ゲーミングノートPC GeForce GTX 1660TiやRTX 2060あたりのミドルレンジ性能のグラフィックスを搭載し、価格も安くコスパの高い製品を紹介します。 快適にゲームを楽しむならこのくらいのスペックのPCがおすすめです。 安心性能&24時間サポート可 CLEVOのベアボーンを使用していることが多く、また組み立ては日本国内で行っており、製品の質は問題ないです。 落ち着いたデザインが多く、ゲームPCっぽくなく普通のノートPCに見える製品が好みなら、こちらのシリーズが良いと思います。 サポート面では、24時間365日サポートが標準で付いてくる点が大きな特徴です。 さらに、 最短当日修理、初期不良新品交換、専用ダイヤルによる24時間電話サポートを1つにしたを展開しています。 加えて、2018年8月には、破損や盗難にも保証するサービスが追加されました。 ゲーミングノートを外へ持ち出す方は、是非加入しておくと良いです。 最近、新しいパーツを取り入れる時期が遅くなっていますが、ショップメーカーと違い、 しっかりと検証をとってから発売しているためだそうです。 コスパが高く人気 シェアNo. 1またはNo. 2のPCメーカーで、最近はゲーミングPCにも力を入れています。 比較的スペックは高いのに、価格が安くコストパフォーマンスが高いので、当サイトでは人気があります。 また、OMEN 15は、底面カバーを外すことを容認しており、サポート対象外にはなりません(ただし、パーツを交換したことで起因するすべての故障はサポート対象外となります)。 尖った製品が多い 台湾に本社を置き、パソコンの他に、PCパーツやスマートフォンでも有名なメーカーです。 ROGシリーズは、最高性能を追求する「ROG」、薄型ボディの「ROG ZEPHYRUS」、メインストリームとなる「ROG STRIX」の2つに分けられます。 100万円近い高級ゲーミングノートや、世界最薄のRTX2080搭載ゲーミングノートなど尖った製品を販売し、ハイエンドグラフィックス(GTX 1070)搭載のゲーミングノートPCとしては販売台数No. 1となっています。 保証は標準で1年で、最大3年の延長保証に入ることができます。 ただ、延長保証はから別途パッケージを購入し、ASUS Webサイトにて延長保証登録をする必要があり、やや面倒です。 軽量・薄型のゲーミングノートPC マザーボード、グラフィックカードで有名な台湾製のゲーミングノートPCです。 自社で研究開発し、自国(台湾)内で製造しており、ノートパソコンも意外と高い品質です。 同社のゲーミングノートPCは、ハードなゲームユーザー向けの「AORUS」、薄型・軽量で持ち運びしやすい「AERO」 、お求め安い価格の「Sabre」の3つのブランドに分かれています。 日本国内では直販サイトが無く、Amazonで販売しています。 Amazonの製品ページに、故障時の連絡先が書かれています。 基本2年保証で、延長保証はできません。 電話対応日時は、月曜日~金曜日までの午前10時から午後5時までとなっており、土日祝日のサポートは受け付けていません。 液晶 15. 6型 非光沢 FHD CPU Core i5-10300H GPU GeForce GTX 1650Ti 価格 9万円台(税抜)~ GTX 1650Tiでは最安値? おそらくですが、GeForce GTX 1650Ti搭載PCとしては最安値ではないかと思います。 注文してから3日で出荷可能で、ゲーミングノートPCとしては納期が早いので、すぐ欲しい方におすすめです。 ただし、Enter周りのキーボード形状・配置が特殊です。 GeForce GTX 1660Ti搭載のおすすめPC GeForce GTX 1660Tiを搭載したおすすめのゲーミングノートを紹介します。 RTコアを搭載していないグラフィックスですが、ベンチマークスコアはRTX 2060に近く高い性能です。 最新ドライバーで、RTコア非搭載のグラフィックスでもリアルタイムレイトレーシングが使えますが、機能的に制限があり、RTX 20シリーズほどの性能は出ないため、リアルタイムレイトレーシングを使いたいなら、RTX 2060以上がおすすめです。 使わないならGTX 1660Tiでもいいでしょう。 フルHD解像度なら、ほとんどのゲームが60fps前後は出ます。 ミドルレンジのグラフィックスとして人気が高いです。 液晶 15. 6型 FHD 非光沢 144Hz CPU Core i7-9750H GPU GeForce GTX 1660Ti 価格 14万円台(税抜)~ 約1. 87kgと軽量、価格も安い インテルと共同設計したゲーミングノートで、約1. 87kgと非常に軽い点が特徴です。 高リフレッシュレートに対応し、色域の広さもまずまずで、温度も問題ありません。 価格も安く、迷ったらこの製品でいいと思います。 国内メーカーなので、安心感もあります。 ただし、騒音値が高めです。 GeForce RTX 2060搭載のおすすめPC GeForce RTX 2060を搭載したおすすめのゲーミングノートを紹介します。 フルHD解像度なら、ほとんどのゲームが最高品質のグラフィックス設定でも60 fps前後出ます。 最新技術のリアルタイムレイトレーシングやDLSSにも対応しています。 144Hz液晶で、144 fps前後を出すのは難しいですが、グラフィック設定を低めにすれば、60 ~ 144 Hzの間のフレームレートなら出せるでしょう。 液晶 15. 6型 FHD 非光沢 120Hz CPU Core i7-10750H GPU GeForce RTX 2060 価格 16万円台(税別)~ 持ち運ぶならコレ 約1. 86kgと軽い15. 6型ノートPCです。 持ち運びをする方に非常におすすめです。 最新世代の第10世代Coreプロセッサーを搭載しており、CPU性能が高いです。 ただし、液晶の視野角がやや狭いです。 クリエイティブ作業も行おうと思っている方は、ご注意下さい。 GeForce RTX 2070搭載のおすすめPC GeForce RTX 2070を搭載したおすすめのゲーミングノートを紹介します。 フルHD解像度なら、最高品質のグラフィックス設定でも60 fpsで動くゲームが多く、綺麗な映像でゲームを楽しめます。 グラフィック品質を中程度にまで下げれば、(ゲームにもよりますが)100 fps以上出ることが多いため、144Hzなどの高リフレッシュレートの液晶でも、性能を活かすことができるでしょう。 ただ、Max-QデザインのRTX 2070はやや低めのグラフィック設定にする必要がでるかもしれません。 液晶 15. 6型 FHD IPS 非光沢 300Hz G-SYNC CPU 最大Core i9-10885H GPU RTX 2060 ~ RTX 2080 SUPER Max-Q 価格 RTX 2070 S Max-Qの場合、21万円台~ 人気の製品の後継機種 いくつかモデルがありますが、RTX 2070 SUPER Max-Qモデルが21万円台となっておりおすすめです。 狭額縁液晶を搭載しサイズがコンパクトです。 下のクーポンの影響もあると思いますが、旧モデルはかなりの人気でした。 この後継機種も人気が出るでしょう。 液晶 17. 3インチの大きい画面でゲームができる製品です。 ボディが大きく、4方向から排気しており、冷却性にも優れて、長時間ゲームをする方でも安心でしょう。 MSIの製品にしては、価格もそれほど高くはありません。 GeForce RTX 2080搭載のおすすめPC GeForce RTX 2080を搭載したおすすめのゲーミングノートを紹介します。 GeForce RTX 2080を搭載したノートPCは機種が少なく、価格もグンと跳ね上がるため、コストパフォーマンスは悪いです。 また、高性能である代わりに発熱も高くなり、ノートPCには向かない気もします。 液晶 15. 6型 FHD IPS 300Hz CPU 最大Core i9-10980HK GPU RTX 2070 ~ RTX 2080 SUPER Max-Q 価格 RTX 2080 S Max-Qの場合、31万円台(税抜)~ 持ち運べるRTX 2080搭載機 300Hz駆動の液晶を搭載した、本格的なゲーマーのためのゲーミングノートPC 液晶色域も広めで、質量も軽いため、外出先でも使うクリエイターPCとしても最適です。 バッテリー容量も99. 9Whと、ノートパソコンの限界まで搭載しています。 ゲーム毎のベンチマーク 各PCゲームの紹介や、ベンチマークスコアを掲載しています。 やりたいゲームが決まっているときは、こちらもご覧ください。 関連ページ.

次の