なめこ。 なめこの賞味期限・消費期限・日持ちについて

“なめこ”シリーズ累計3500万DL突破!! 『なめこ栽培キット Deluxe』が恋愛ゲームに? [ファミ通App]

なめこ

【材料】《2人分》• なめこ…50g• 絹豆腐…200g• 卵…2個• 塩こしょう…少々• 醤油…小さじ1• ごま油…小さじ1• 万能ねぎ…適量 〈鶏ガラスープ〉• 鶏ガラスープの素…小さじ1• 水…300cc 〈水溶き片栗粉〉• 片栗粉…小さじ2• 水…小さじ2 【作り方】• ボウルに卵を割りほぐし溶き卵を作る。 鍋に鶏ガラスープ、塩こしょう、醤油を入れて加熱する。 ひと煮立ちしたら絹豆腐をスプーンですくい入れる。 なめこを加えて混ぜながら煮込む。 具材に火が通ったら弱火にし、水溶き片栗粉を回し入れてトロみをつける。 中火で煮立たせて溶き卵を流し入れる。 固まってきたら菜箸で円を描くようにかき混ぜる。 器に盛り付けて、ごま油を回しかける。 万能ねぎを散らして出来上がり 【材料】《1人分》• 絹ごし豆腐…100g• なめこ…30g• 油揚げ…1枚• 長ねぎ…30g• 白すりごま…大さじ1• 豆乳…150cc• 青ねぎ…10g• 塩麹…大さじ1• チューブ生姜…小さじ1• チューブにんにく…小さじ1• 顆粒昆布だし…小さじ1• 酒…小さじ2• 水…50cc 【作り方】• 油揚げを細切りに、長ねぎは半分に切って斜め切りにする。 ボウルに1、豆腐、なめこ、白すりごま、豆乳、味付け用調味料を入れる。 豆腐を崩すように混ぜ合わせる。 ラップをかけて500Wの電子レンジで5分ほど加熱する。 器に盛り付け、青ネギを散らせば出来上がり。 【材料】《1〜2人分》• 木綿豆腐…1丁(350g)• シイタケ…2個• えのき茸…30g• なめこ…50g• 大根…100g• 生姜…15g• 三つ葉…適量• 片栗粉…少々(衣用)• 片栗粉…大さじ1• 水…大さじ1 〈A〉• かつお出汁…240㏄• 本みりん…大さじ2• 濃口醤油…大さじ2 【作り方】• 食べやすい大きさに豆腐を切る。 15分間位浸け置いた後に水気を切る。 三つ葉を適当な大きさにカットする。 おろし金を使って大根と生姜をおろす。 シイタケとエノキを細かめに刻む。 手鍋にAとえのき茸とシイタケを入れ、中火で1分程煮る。 なめこを加えて更に1分程煮る。 水溶き片栗粉でトロミを付ける。 器に盛り付け、8を掛けたら出来上がり。 【材料】《2人分》• 豚ひき肉赤身…80g• 木綿豆腐…300g• なめこ…100g• ミニトマト…4個• 万能ねぎ(小口切り)…1本• ごま油…大さじ1 〈A〉• 酒…小さじ2• オイスターソース…小さじ1• 砂糖…小さじ1• 粗びき黒こしょう…少々• 粉山椒…少々 【作り方】• 豆腐を2cm角に切る。 熱湯で豆腐を2分ほど湯通しして水気を切る。 なめこはザルで洗って水気を切る。 ミニトマトを4つ割りにする。 フライパンにごま油を熱し、豚肉を入れて炒める。 肉の色が変わったらAを加えてさらに炒める。 豆腐となめこを入れて蓋を閉じ、2分ほど煮る。 ふたを取って煮詰め、ミニトマト、万能ねぎを加えてサッと煮る。 器に盛り、粉山椒を振りかけて出来上がり。

次の

なめこの賞味期限・消費期限・日持ちについて

なめこ

スポンサーリンク スーパーで売っているなめこは天然の(野生の)なめこと全く違います。 天然物は赤みが強く、風味も強いです。 栽培物はおがくずの養分で育つのでぬめりも弱く、味と香りが少なめです。 色も全く違います。 天然のなめことはこんな感じの色と形をしています。 天然のなめこ スーパーのなめこ 賞味期限 スーパーでなめこを買って来たら賞味期限の記載がないことがほとんどです。 それは、なめこが野菜などと同じく生鮮食料品だからです。 加工食品には賞味期限の記載義務がありますが、生鮮食料品は消費者がその起源を見て判断します。 なめこもその一つ。 収穫して1週間~10日程度なので、流通に時間のかかるスーパーの場合3日程度しか無い場合もあります。 しかも日付が書いてないのでなめこの良し悪しは見て判断するようにしましょう。 消費期限 なめこには賞味期限がないとお知らせしましたが、同じ理由で消費期限もありません。 では、どのくらいで食べられなくなるか、と言うと賞味期限と同じく収穫後1週間から10日前後と言えます。 常温保存できるか なめこは常温保存には向きません。 「そんなことを言っても育てる時は常温じゃん」と思われるかもしれません。 なめこの育成温度は14~16度で管理されています。 20度以上にはしません。 つまり、14度以上の時は成長しちゃうんです。 収穫後の成長=劣化ですので、常温は向かないんですね。 スポンサーリンク 冷蔵保存の場合 なめこの保存方法として、冷蔵保存は適しています。 冷やすことで冬眠状態に近くしますので成長を抑えます。 その分長持ちするという訳です。 ただし、上記でお知らせした1週間~10日と言うのは冷蔵保存での期間です。 あくまで生鮮食料品なので長期保存には向きません。 冷凍保存の場合 なめこは冷凍保存可能です。 冷凍するとおよそ1か月間日持ちします。 ただし、風味が落ちることがあります。 買って来たら未開封のまま冷凍するか、冷凍バッグに移して冷凍します。 小分けして冷凍すると、必要な分だけ解凍して使えるので便利です。 なめこ汁をいつでも簡単に食べるためには「フリーズドライ」と言う方法があります。 お湯を注ぐだけで食べられるので、日常使いにも良いですし、防災食としても愛用されています。 「賞味期限」と言う物はメーカーが保証するおいしく食べられる期間です。 賞味期限切れ後は風味が落ちる可能性がありますが、食べることは可能です。 ただし、保存方法は表示の正しい方法で保存されている必要があります。 なめこは元々生鮮食料品なので、これらのルールに縛られません。 消費期限を過ぎたらどうなるか 以下のような場合は、なめこが消費期限を向かえたと思って処分しましょう。 酸っぱい臭いがする• なめこのぬめりが濁っている• ぬめりが水っぽい なめこは元々ぬめりがあるので、ぬめりで判断するのは難しいです。 おいしく食べるには なめこはそのまま食べることはほとんどなく、料理に入れたりして食べることが多いです。 なめこの味噌汁 なめこ蕎麦 鍋 まとめ なめこの賞味期限は1週間から10日。 消費期限も同じです。 生鮮食料品なので長持ちさせることよりも出来るだけ早く食べることを考えてください。

次の

「なめこのうた」 PV (うた:福原遥 )

なめこ

学名 [ ] 学名は、ににより、日本語の「なめこ」から nameko と命名された。 その後に属が移され Pholiota nameko T. Ito S. しかし、に Agaricus microsporus として記載されていた産の Pholiota microspora Berk. Sacc. と同一種だと結論付けられ、後者が有効名だと報告された。 特徴 [ ] 秋、(の年はごろにも発生)やなどの枯れ木や切り株などに単独または群生する。 湿時はおびただしい質の粘性物質のが分泌しており、 ナメタケ 、 ヌメリタケと呼ぶ地域もある。 茶褐色のと白色又は茶色の、質で茶色のをもつ。 天然のものと人工栽培のものがある。 近年は広く人工栽培が行われ、栽培の方法も主にとの二通りの方法があり、一般に市場に流通しているのは菌床栽培品である。 多くのメーカーからが販売されており、害菌に対する抵抗力が比較的強く家庭栽培も容易に行える。 食用 [ ] 栽培と流通 [ ] 広葉樹が使用され、針葉樹は使用されない。 現在では、流通しているものはほとんどが品である。 日本国内生産量推移 林野庁 年 生産量(トン) 2009年(平成21年) 26,138 2010年 27,261 2011年 25,426 2012年 25,816 2013年 23,383 2014年 21,796 原木栽培 [ ] では「短木」「普通長木」「伐根」法で栽培され、種菌の接種は「駒木」「ヌカ床」により行う。 原木栽培の場合、林間の「通風があり」「湿度が幾分多め」「水はけの良い」「比較的明るい場所」が適する。 一般には5月頃に種菌を接種し、接種後2夏を過ぎた秋から冬にかけて発生を始め、原木の樹種により3年間から7年間収穫される。 菌を原木に埋めこんだ後に蝋などでふたをした場合特に安定して育つ。 菌床栽培 [ ] 菌床栽培のナメコ かつては平箱で種菌接種後、自然状態と変わらない環境下での野外栽培も行われていた。 現在では栽培周期を短くするため、空調管理された室内で「平箱」「ブロック」「ビン」で栽培される。 効率化と栽培周期を短くするため、ビン栽培が主流となりつつある。 菌糸体が培地内に蔓延するとpHは酸性側に傾くため、培養中にpHを測定することで培地熟度を判定できる。 菌床培地には、広葉樹のオガクズに粉糠やふすまを混ぜた物が使用される。 北海道立林産試験場の研究では、「乾燥を混合した培地で生産した場合、増収と生育日数の短縮効果が得られた」としている。 栽培特性• 管理された環境での栽培周期は70日〜120日程度。 子実体発生の光量は、50〜500lx。 類似の毒キノコ [ ]• ナメコをテーマとした作品 [ ]• 用ゲーム『』 画像 [ ]•

次の