人権 作文 障害 者。 障害者のテーマで人権作文を書く方法とは?

人権作文の書き方!中学生・小学生・高校生が構成とテーマで他と差をつけるコツは?

人権 作文 障害 者

2020年度 第41回 わたしからの人権メッセージ作文募集!! 2020年度 第41回 わたしからの人権メッセージ 作文募集!! わたしたちのまち堺から 人権文化の花を咲かせよう 2020年6月製作 これは、堺市人権教育推進協議会発行のチラシです。 jinkenkyo. jp みんながともに幸せに、生きるためにできること世界中が新型コロナウィルス感染症と向き合っている今、ウイルスで心まで傷ついていませんか こんなときだからこそ自分の「心」他の人の「心」も大切に・・・。 ・学校が再開して思ったこと ・在宅勤務をして気づいたこと ・医療関係者等、社会を支える全ての人へのメッセージ 書くことで、読むことで、みんなで乗り越えたい あなたからの「人権メッセージ」を募集します 募集期間 (令和2年)2020年7月2日木曜日から9月4日金曜日まで 応募資格 堺市内に在住・在学・在勤の方《かた》なら、どなたでも応募できます。 2030年までに達成をめざす国際目標。 (堺セーフシティ・プログラム) 応募方法 (1)個人応募 ・400字詰め原稿用紙を使用してください(パソコンによる印字も可)(字数は400から1200字程度) ・応募作文の表《おもて》に、題名、名前、作文のテーマ裏に住所、連絡先の電話番号、年齢を明記、下記応募先に郵送または、持参してください。 (2)団体応募(学校等の団体で応募される場合) ・400字詰め原稿用紙又は、ます目入り用紙を使用してください。 (字数は400から1200字程度)・応募作文の表に、題名、名前、学校の場合は学年、作文のテーマを明記してください。 審査・審査会を設け、特選20編《ぺん》及び入選30編《ぺん》を選びます。 特選及び入選の方《かた》には、11月に通知します。 特選作品及び入選作品の公表 ・掲載にあたっては、作文の趣旨を損なわない範囲で一部修正する場合があります。 ・公表にあたっては、原則をして名前を、児童生徒は学年も掲載します。 表彰式・メッセージ発表特選作品に選考された20名の方かたを「人権を守る市民のつどい」(12月上旬開催予定)で表彰します。 代表4名の方かたには、作文を発表していただきます。 その他《た》 (1)応募者には参加書を進呈します。 (2)応募は個人のオリジナルで、未発表の作文に限ります。 (3)特選及び入選の方《かた》には賞状及び記念品を贈呈します。 (4)特選作品は作品集及び当協議会ホームページ等《とう》に掲載します。 (5)特選作品及び入選作品の著作権は、堺市人権教育推進協議会に帰属します。 (6)応募作文は返却しません。 (7)応募者の個人情報は本事業の目的以外には使用しません。 jinkenkyo. jp 2019年度 受賞作品より(抜粋) 「親子のかたち」より(小学生) ぼくのお母さんは小ちいさいころ ネグレクトをうけていた。 ネグレクトとは「いくじほうき」というぎゃくたいのことだ。 学校には あまり行かなかった。 だれも帰ってこない家でせんたくやごはんを作ったり、かぜをひいても自分でふとんをひいてねていたんだって。 そして大きくなったお母さんは家を出て、たくさん仕事をしてぼくのお父さんと出会った。 けっこんして子どもをうんだお母さんは、たくさんぼくと遊んでくれた。 毎日おいしいごはんを作ってくれるし、家はいつもきれいだ。 お兄ちゃんとぼくと妹をとてもあいしてくれている。 ぼくが大人になって、子どもがうまれたらすごくうれしいと思う。 でも今のぼくのようにしあわせな生活をさせてあげられるだろうか。 今もさみしい思いや、つらい思いをしている子がたくさんいる。 でもぼくのお母さんのように自分の力でしあわせになれる!ということをわすれずに、人生を大切に生きていけたらいいなと思います。 「障害者と人権」より(中学生) 僕にとって障害は身近です。 何故なら僕は専門医が見ても微妙な軽いADDだからです。 友達も障害がある人が多いです。 友達のうちの一人がこう言っていました。 「気にしなくていいよ。 僕はそのとき、その友達がもし、いじめられていたら・・・と考えるととても心配で、その友達の名前を聞くだけで反応するようになっていました。 一年生になって、発達障害のことを気にしはじめた僕は、泣きながら母にこう言いました。 「発達障害になんかなりたくなかった。 そんな僕に、母はこう言いました。 「障害はそんなに特別じゃないし、悪いことでも珍しいことでもない。 個性なんだよ。 あのときの母の一言で障害は個性だと思って意識しない方が楽なこともあるということを学んだのに、友達のことを特別扱いしてしまっていたと気付かされました。 大事なのは障害の有無や年齢などいろいろなことにとらわれず、相手がどんな人でも、 その人の言葉に耳をかたむけ、気持ちに寄り添うことであり、人権を尊重するということだと思います。 「遊園地で思いっきり楽しみたい」より(高校生) 私の両親も私も耳が聞こえません。 私の弟妹も何人か聞こえません。 そんな私たち家族には共通点があります。 それは遊園地のアトラクションがとても大好きなことです。 しかし、アトラクションの説明を受けるとき、いつも聴覚障がいが あるからという理由でやんわりと乗車拒否されることが多いです。 私はせっかく家族で楽しむために来たのに、楽しい気分とがっかり感が入いり混じったまま、遊園地を回ることになります。 しかし、よく考えてみるとそれも当然かなと思います。 事故や地震など何かあった場合、スタッフとしては 私たち聞こえない人たちへの伝え方かたやどう助けたらいいのかなど、考えるのに時間をかけてしまうでしょう。 そういう理由であれば、同行者が必要だという説明を入場受付やインターネットで あらかじめ示してほしいです。 緊急事態に備えて、避難経路をはっきり表示したり、前もってゴールを明確にボードで指示をしたりして、聴覚障がい者でも健聴者でも目で見て安心してアトラクションを楽しめるような工夫をすれば、このようなことはなくなるのではないでしょうか。 「今が青春」より(成人) 私は、1941年大阪市住吉区粉浜で生まれました。 四歳の時に、大阪の空襲にあいました。 お母さんに手をひかれて逃げたのをかすかに覚えています。 戦争が終わって、何年かして、母が病気で亡くなりました。 私が九歳の時でした。 それから、家の用事と妹の世話を私がするようになりました。 小学校を卒業すると近くの織物会社に働きに出ました。 仕事は何とか人なみにしましたが、職場の友だちや近所の人たちが中学校の話をしているのを聞くのが嫌でした。 みんなとても楽しそうに、学校のことを思い出して話をするのです。 九《きゅう》年前に夫が亡くなり、それからしばらくして夜間中学に入学することにしました。 その時すでに私は七十歳になっていました。 勉強がむずかしかったらどうしよう、私でも勉強できるのかなと思いながら始まった学校生活ですが、どの教科も、やさしくていねいに教えてくれます。 勉強ができる今が幸せです。 自分に自信を持てるようになり、気持ちも明るくなりました。 生徒会役員として、大勢の人の前で話もできるようになってきました。 これからも一生懸命勉強して、前向きの人生を送りたいと思います。 私にとっては「今が青春」です。 以上で「2020年度 第41回 わたしからの人権メッセージ 作文募集」を終わります。

次の

人権作文の書き方について

人権 作文 障害 者

人権宣言と障害者の権利宣言 世界人権宣言と障害者の権利宣言 2019.3.3 1948(昭和23)年12月10日、第3回国連総会において「世界人権宣言」が採択されました。 世界人権宣言は、基本的人権の尊重を重要な原則として、すべての人民とすべての国家が達成し、確保すべき共通の基準となる人間の権利を宣言したものですが、この宣言には条約のような拘束力はありません。 しかし第二次世界大戦後の世界に大きな影響を与えました。 世界人権宣言は、人権問題を考える前提として重要です。 1971(昭和46)年の第26回国連総会では「知的障害者の権利宣言」が採択され、その4年後の1975(昭和50)年の第30回国連総会では「障害者の権利宣言」が採択されました。 「権利と自由とを享有」「基本的人権の享有」 とは 世界人権宣言の第1条には「すべての人は、生まれながらにして自由であり、かつ尊厳と権利について平等である。 」とあり、第2条には「すべて人は、この宣言に掲げるすべての権利と自由とを享有することができる。 」とあります。 なお 日本国憲法では、第11条に「国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。 この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与えられる。 」とあります。 世界人権宣言では「権利と自由とを享有」、日本国憲法では「基本的人権の享有」というように、「享有(きょうゆう)」という言葉が使われていますが、「享有」とは、生まれながらに権利や能力などを持っているという意味です。 人間は人間として生まれてきたからこそ、人間として生き、人間としてその一生を終えるわけです。 つまり人として生まれてきたということは、障害の有無等に関係なく、誰もが人として生活することができる権利を有しているわけで、その権利のことを、基本的人権(単に「人権」ともいう。 )と言います。 要するに、人権とは、人間として生きる資格を有していることを意味するわけで、その資格は人類共通のものです。 人々すべてが人としての生を全うできる有資格者であるということは、人々はその有する資格を互いに尊重し合わなければなりません。 人が人としてよく生きるためには、そのための生活意欲を育む環境条件の整備が重要であり、互いの生活意欲を損なわないような配慮が必要です。 そうした条件整備や配慮こそが人権保障の基礎になっているはずです。 それは人としての生活意欲を損なわないように、人と人とが互いに配慮し合うことを意味します。 人権問題を考えるポイントは、人がよりよく生存し、生活することに関係する欲求(生活要求 needs)にはどのようなものごとがあるかを理解することであり、それをどの程度まで、どのように認め合い、どのように尊重し合い、どのように受け入れ、どのように擁護するかというところにあります。 人の欲求(生活要求)は、大きく二つに分けて考えることができます。 一つは、人の生命(生活)の維持に直接的に関わる生理的な性質の欲求です。 もう一つは、人の生涯において、年齢や性別、病気や障害の有無、あるいは生活様式(習慣)や人生観・価値観、あるいは時代や文化レベルなどが関連する人の生き方とか生きがいなどに関わる心理的・社会的性質の多様な欲求です。 生理的欲求と心理・社会的欲求には相乗作用も考えられますが、いずれも人の暮らしに関わる欲求・要求ということでは人類共通のものがあるはずです。 そうした人類に共通するであろう基本的かつ普遍的な欲求は、人類の存亡・繁栄に関わることであり、そこに基本的人権の根拠があり、人権の保障という意味があり、世界人権宣言の意味があると思います。 知的障害者の権利宣言と障害者の権利宣言 1971(昭和46)年の第26回国連総会で「知的障害者の権利宣言」が採択されました。 そしてその4年後の 1975(昭和50)年の第30回国連総会で「障害者の権利宣言」が採択されました。 障害者の権利宣言には、知的障害者の権利宣言の補足的な意味合いがあり、知的障害だけでなく、先天的か否かにかかわらず、生活に必要なことが自分自身で確保することが困難な状態を包括的にとらえ、すべての障害者の権利を宣言したものです。 知的障害者の権利宣言で重要な点は、宣言の最初に掲げているところの「知的障害者は、実際上可能な限りにおいて、他の人間と同等の権利を有する。 」というところにあり ます。 実際上可能な限りにおいてということは、可能であるのが本来であるが、実際的には可能でない場合もあり得ることを肯定するところに宣言の意味があるわけです。 障害者の権利宣言で重要な点は、宣言の最初に掲げているところの「障害者」という言葉について「先天的か否かにかかわらず、通常の個人又は社会生活に必要なことを確保することが自分自身では完全に又は部分的にできない人のことを意味する」という定義にあります。 つまり生活に必要なことが自分自身ではできないことがあるのが障害者であるという理解を促すところに宣言の意味があるわけです。 要するに、二つの宣言の趣旨は、障害を否定せずに、障害を持っているということを当たり前に認めるように人々の意識を促すとともに、可能な限りというのは、どうすれば可能になるか、もし可能でなければ、その可能でない状態に対してどうすればよいかを実際の生活の中で、具体的に追求することを促すことにあるわけです。 そして追求しながら、不可能ならば不可能なりの、できなければできないなりの人としての生き方や生きがいがあるはずであるから、それも同じ人の生き方の一つであり、当然尊重されるべきことであるという考え方を示しているといってよいと思います。 尊重するからには、尊重するという配慮を伴うものでなければなりませんが、その配慮がどのようなものであるかが大切なことになります。 そこに「障害者の権利に関する条約」にある「合理的配慮」に関する問題があると思います。 知的障害者の権利宣言 1971.12.20 第26回国連後総会で採択 1 知的障害者は、実際上可能な限りにおいて、他の人間と同等の権利を有する。 2 知的障害者は、適当な医学的管理及び物理的療法並びにその能力と最大限の可能性を発揮せしめ得るような教育、訓練、リハビリテーション及び指導を受ける権利を有する。 3 知的障害者は経済的保障及び相当な生活水準を享有する権利を有する。 また、生産的仕事を遂行し、又は自己の能力が許す最大限の範囲においてその他の有意義な職業に就く権利を有する。 4 可能な場合はいつでも、知的障害者はその家族又は里親と同居し、各種の社会生活に参加すべきである。 知的障害者が同居する家族は扶助を受けるべきである。 施設における処遇が必要とされる場合は、できるだけ通常の生活に近い環境においてこれを行うべきである。 5 自己の個人的福祉及び利益を保護するために必要とされる場合は、知的障害者は資格を有する後見人を与えられる権利を有する。 6 知的障害者は、搾取、乱用及び虐待から保護される権利を有する。 犯罪行為のため訴追される場合は、知的障害者は正当な司法手続きに対する権利を有する。 ただし、その心神上の責任能力は十分認識されなければならない。 7 重障害のため、知的障害者がそのすべての権利を有意義に行使し得ない場合、又はこれらの 権利の若干又は全部を制限又は排除することが必要とされる場合は、その権利の制限又は排除のために援用された手続はあらゆる形態の乱用防止のための適当な法的保障措置を含まなければならない。 この手続きは資格を有する専門家による知的障害者の社会的能力についての評価に基づくものであり、かつ、定期的な再検討及び上級機関に対する不服申立の権利に従うべきものでなければならない。 障害者の権利宣言 1975.12.9 第30回国際連合総会で採択 1 「障害者」という言葉は、先天的か否かにかかわらず、身体的又は精神的能力の不全のために、通常の個人又は社会生活に必要なことを確保することが、自分自身では完全に又は部分的にできない人のことを意味する。 2 障害者は、この宣言において掲げられるすべての権利を享受する。 これらの権利は、いかなる例外もなく、かつ、人種、皮膚の色、性、言語、宗教、政治上若しくはその他の意見、国若しくは社会的身分、貧富、出生又は障害者自身若しくはその家族の置かれている状況に基づく区別又は差別もなく、すべての障害者に認められる。 3 障害者は、その人間としての尊厳が尊重される生まれながらの権利を有している。 障害者は、その障害の原因、特質及び程度にかかわらず、同年齢の市民と同等の基本的権利を有する。 このことは、まず第一に、可能な限り通常のかつ十分満たされた相当の生活を送ることができる権利を意味する。 4 障害者は、他の人々と同等の市民権及び政治的権利を有する。 「知的障害者の権利宣言」の第7条は、精神障害者のこのような諸権利のいかなる制限又は排除にも適用される。 5 障害者は、可能な限り自立させるよう構成された施策を受ける資格がある。 6 障害者は、補装具を含む医学的、心理学的及び機能的治療、並びに医学的・社会的リハビリテーション、教育、職業教育、訓練リハビリテーション、介助、カウンセリング、職業あっ旋及びその他障害者の能力と技能を最大限に開発でき、社会統合又は再統合する過程を促進するようなサービスを受ける権利を有する。 7 障害者は、経済的社会的保障を受け、相当の生活水準を保つ権利を有する。 障害者は、その能力に従い、保障を受け、雇用され、または有益で生産的かつ報酬を受ける職業に従事し、労働組合に参加する権利を有する。 8 障害者は、経済社会計画のすべての段階において、その特別のニーズが考慮される資格を有する。 9 障害者は、その家族又は養親とともに生活し、すべての社会的活動、創造的活動又はレクリエーション活動に参加する権利を有する。 障害者は、その居住に関する限り、その状態のため必要であるか又はその状態に由来して改善するため必要である場合以外、差別的な扱いをまぬがれる。 もし、障害者が専門的施設に入所することが絶対に必要であっても、そこでの環境及び生活条件は、同年齢の人の通常の生活に可能な限り似通ったものであるべきである。 10 障害者は、差別的、侮辱的又は下劣な性質をもつ、あらゆる搾取、あらゆる規則そしてあらゆる取り扱いから保護されるものとする。 11 障害者は、その人格及び財産の保護のために適格なる法的援助が必要な場合には、それらを受け得るようにされなければならない。 もし、障害者に対して訴訟が起こされた場合には、その適用される法的手続きは、彼らの身体的精神的状態が十分に考慮されるべきである。 12 障害者団体は、障害者の権利に関するすべての事項について有効に協議を受けるものとする。 13 障害者は、その家族及び地域社会は、この宣言に含まれる権利について、あらゆる適切な手段により十分に知らされるべきである。 出典:ミネルヴァ書房編集部「社会福祉小六法 2018年版」 知的障害者の人権問題の特質 すべての人が生まれながらに基本的人権を有するということではあっても、障害を持つ人の場合は、その生活において、実際的には自己の権利を主張し、自己の権利を行使することには困難があるわけです。 特に、知的障害の場合は、対人関係や周囲の状況についての的確な理解や判断がよくできないために、犯罪に巻き込まれやすく、その被害者になるだけでなく、加害者にもなりうる例が多い。 こうした例はいずれも知的障害の障害特性であるところの危険の有無や善悪に対する判断能力や、物事を正確に訴えたり、主張するという力が弱いことに起因します。 また知的障害者が何らかの訴えを起こしたとしても、証言能力がないものとして軽視され、まともに受け止めてもらえないこともあるなど、知的障害という障害そのものが知的障害者にとっては不利な理由づけに利用されてしまうという問題があります。 知的障害者が犯罪の被害者となる例に関する問題の特質として、その加害者は知的障害者にとっては身近な存在であって、その生活を支え、一番のよき理解者であるはずの 人たちであることが多いことです。 その要因としては、知的障害に対する 人々の無理解や認識不足ということと、障害者支援に関わる施設職員等の専門性の欠如であるところの資質の問題が考えられます。 偏食を矯正すると称して食事を与えない、あるいは逆に残さずに食べることを強制する。 言ってもわからないから体で覚えさせるとして暴行を加える。 集団生活であることを理由に日課を強制したり、活動を制限したりするようなことがあることも否めない。 また知的障害者が就労を希望してもなかなか職場の確保が難しいという雇用差別の問題があります。 就労の場があるにしても、賃金搾取や低賃金での過重労働が強いられているようなことがあるにもかかわらず、そうしたことが知的障害者の働く権利の侵害であるとして表面化しにくいということもあります。 それどころかそうした職場が障害者を雇用する優良事業所として称賛されるようなことさえもあるわけです。 人権意識の高まりと、ノーマライゼーション理念の広がりにより、知的障害者が安易に施設に収容されたり、保護、隔離といった侮蔑的で特別視した取り組みが行われてきたことに対する反省が促されてきたことは確かです。 「障害」についての理解も進み、現在に至っています。 しかし共生社会の実現に向けてということでは依然として問題、課題があるというのも確かだと思います。

次の

法務省:障害を理由とする偏見や差別をなくしましょう

人権 作文 障害 者

Contents• 人権作文とは 人権作文とは 「人権」をテーマに思ったことや考えたことを自由に書いた作文のことです。 これに加えて、• 「人権を守る」• 「人権に関する意識を高める」 という内容で書けると、 なおいい人権作文になります。 人権とは?テーマやネタ 人権とは人が社会で生きていく上で当たり前に持っている権利です。 例えば• 自由である• 平等である• 差別されない 男女・障がい者・外国人• いじめられない• ひどい刑罰を受けない• おどかされない• 自由に物事を考えていい• 意見や発表が自由にできる• 教育を受けられる• 政治に参加できる• 財産を奪われない• 裁判を受けられる• 休むことができる• 奴隷にならない• 一人の人間として認められる などなど、人権は 幅が広いです。 ほかにも人権にはいろいろな種類があり、 考え方によっては、命のことも、親切にすることも、環境を大切にすることも 人の生活に関わること全てが人権 です。 ただ、あやふやだと作文しづらいので上の項目を参考にしてください。 書き方、サンプル例文集 書き方にこだわる必要はありません。 ですが、もし全然書き始められない場合には参考にしてください。 書き方 作文の書く順序は• きっかけなどを簡単に• 具体的な 経験や エピソード• 自分が 思ったことや 考えたこと• これから どうしていきたいか の形がいいでしょう。 この経験から私は出身や外見などで人を判断するのではなくまず話し合うことが必要だと考えるようになりました。 すべての人と完璧に分かり合うことは出来ないかもしれません。 でも、まず話をしてみることはできると思います。 私はこれからは、自分たちとは違う、よく知らない人だからといって遠ざけるのではなく、 まずはお互いを知るために話し合うようにしていきたいです。 参考 上の「サンプル例文」のところで例文を挙げていますが、 もっといい例文が以下のサイトで紹介されています。 参考になるでしょう。 moj. html まとめ• 人権作文は 人権について思ったことや考えたことを 自由に書いた作文• 人権は生活に関わること全てと言える• 書き方の例は• きっかけ• 具体的な内容• 考えたことや思ったこと• これからどうしていきたいか 人権作文には「こう書かなければいけない!」というルールはありません。 自由に書いて提出しましょう。 いい作文を期待します。

次の